1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外の旅行ブログ
  3. たびぃじょさんの旅行ブログ
  4. たびぃじょさん ヨルダンの記事一覧

  海外エリア: 中近東 > ヨルダン の他のブログはこちら|

現役たびぃじょが語る!おちゃめな旅バナ通信

~かわいくて、おしゃれ・おちゃめなひとり旅女子を目指して日々奮闘中!~

プロフィール

ニックネーム:
たびぃじょ
居住地:
東京都
性別:
女性
会社名:
学生団体mof.
会社英字名:
会社所在地:
東京都
業種:
その他
自己紹介:
たびぃじょ=かわいくて、おしゃれ・おちゃめなひとり旅している女子!

そんなたびぃじょを応援しよう!
というコンセプトのもと、私たち学生団体mof.はフリーペーパーを作ったり、各種イベントを行ったりと活動をしています!

そんな現役たびぃじょが、女子ならでは学生ならではの旅の楽しさをたくさんレポートしていきます!
秘境大好き、世界中の美味しいもの大好き…たくさんのエピソードをどうぞお楽しみに♪

カレンダー
10月<2019年11月    
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

記事一覧

1 - 2件目まで(2件中)

NoPhoto
【春旅2011】ヨルダンと言ったら…
エリア:
  • 中近東>ヨルダン
テーマ:観光地 
投稿日:2011/07/01 23:19
コメント(0)
どうも!!3回目のブログです。


シリアの後は、ヨルダンに行きました。


ヨルダンには、大変有名な世界遺産、ぺトラ遺跡があります。


正直ヨルダンの見どころと言ったら…



このぺトラ遺跡と死海ぐらいです(笑)



ただ、ぺトラ遺跡の入場料がものすごく高い!!!!!



地球の歩き方には日本円で2500円位と載っていたのですが…




ドミトリーの旅行者に聞いたら、7000円ほどすると(泣)




ただ、せっかく来たのに行かないなんてもったいない、、、しかも妹は初めて海外旅行をするので、やはり見せてあげたい



とそこで、ドミトリーの日本人旅行者から提案が



「2dayチケット買ったけど、結局1日で回れたから、このチケット売ろうか?」



もちろん買います(笑)ということで2000円位でチケット購入。2dayチケットの売買は結構行われているそうです^^


自分は日本人男性旅行者から、妹は韓国人女性旅行者から購入しました。まさかそれが事件を引き起こすとは…





ぺトラには夕方に到着したので、次の日にぺトラ遺跡に行くことに、、、



ちなみに、バレンタイン イン という宿に泊まったのですが、ここはお勧めです^^




夕食付きで1泊1000円いかない位でした。しかも夕食はバイキング形式でさまざまな料理があります。
バレンタイン 食事
シュワルマなどの中東料理に飽きている人には嬉しいです。あと、チェックインの際に頼めば、ぺトラ遺跡を回る時の昼ごはん用に弁当を作ってくれます。しかもぺトラ遺跡までの無料送迎バス付^^。日本人旅行者も多いです。


また、砂漠ツアーなどの周辺ツアーも良心的な値段で扱っています。ただ、宿のスタッフはあまり良心的ではないです(笑)

おまけですが、映画インディージョーンズのビデオを無料で見れます^^



で、次の日の朝7時のバスに乗ってペトラ遺跡へ^^



自分はチケットを見せ、入場できたのですが…


妹がチケットを見せると係員が「君は本当に韓国人なのか?」

j実は、チケットには購入者の氏名が載っています。自分は日本人のチケットを持っていたのに、妹が韓国人の名前の入ったチケットを持っていることに疑問を持ったらしく、パスポートの提示を求めてきました。


自分が「パスポートを宿に忘れた」というと、宿の名前を教えろと言われ、「宿の名前も忘れた」というと、


「お前も怪しい、昨日は遺跡に入場したなら写真を撮っているはずだ。写真見せろ」



「1日目は写真撮ってない」





アウトです(笑)結局自分も妹も入場できず、しかも犯罪だから罰金7000円を払えと…



拒否したところ、逮捕されて裁判にかけられることになるぞ、と脅されました><


両替してくるといい、その場を去ってすぐにバスに乗りペトラを去りました(泣)


2dayチケットの売買はよくあるそうなのですが、バレるとホントに逮捕されるそうなので、くれぐれも気を付けてくださいね!!


ペトラ
ペトラ
ペトラ
これペトラの写真です、、、
実は妹はヨルダンで帰国し、自分はイスラエルに行き、そのあとまたヨルダンに戻り、見に行きました(笑)まあ、なぜヨルダンに戻ったかというと、イスラエルから、直接エジプトに行くとスタンプを押されてしまうからです。詳しくは次に書きますね^^

ペトラの後はヨルダンの首都アンマンに行ました。

アンマンでは、マンスールホテルがお勧めです!!
ここのスタッフのロアイがめちゃくちゃいい奴^^
結構有名です。地球の歩き方にも載っていて、日本人旅行者多いです。


アンマンにはこんなかわいらしいヤギが…笑
ヤギ
デモもありましたが、平和的な感じでした。。
デモ
時間になるとみんな集まってモスクの前でお祈りします。
祈り



アンマンを満喫した後は、いざ死海へ!!
ちなみに死海に行くときは、宿で一緒に行く人を募集してタクシーをチャーターするといいです。

自分は日本人女性と韓国人男性と一緒に死海に行きました。場所は、アンマンビーチです。あと、忘れてはいけないことがあり、死海はイスラエルとの国境付近なのでパスポート提示が求められます。



死海


死海はマジで楽しいです。やっぱりこういうところは人数集めたほうが楽しい。以前一人でウクライナのリゾートビーチに行った時の倍楽しめました(笑)はしゃぎまくってました(笑)とにかくほんとに浮くんです。頑張って潜ろうとしても潜れません。
滝

名前の通り死海には生物が存在していないし溺れることもないので、海で深いところまで行った時のような恐怖を感じません。しかもそのまま泳ぎ続ければイスラエル、、、


泳いで渡れるな、と考えたのですが、きっとイスラエル領域に入ったら射殺されますね(笑)

泥パックなるものもあったので、全身に泥塗って遊んでいました(笑)

泥
ただ、残念なことに一緒に来た韓国人のジョンは、浜辺に行く途中に階段で転んでしまい入れず。。。



死海の後は、近くにハママート・マインという滝の温泉があるということで締めの温泉へ。

死海


修行みたいなことしてました(笑)ただ結構痛い><髪の毛が抜けてしまったのではないかというほど、、、
温泉


ミストサウナのような場所もあり、非常に楽しめました!!
とにかく、絶対死海は行ったほうがいいです!!


次回は最後!!イスラエル・エジプトについて書こうと思います。

ペトラ
【春旅2011】話題の中東へ…
エリア:
  • 中近東>ヨルダン
  • 中近東>シリア
  • 中近東>イスラエル
テーマ:観光地 
投稿日:2011/06/27 21:24
コメント(0)
どうも!学生団体mof.のあきらです!!


自分は2010夏旅でもこちらの特派員ブログで書いたので、今回は2回目のブログになります^^




今回の春旅では、トルコ→シリア→ヨルダン→イスラエル→エジプトを回りました。でも、一ヶ月ないぐらいだったので、一カ国の滞在期間は短いですけどね><


中東と言うと、「危険そう!!」「テロリストが多そう!!」と思われる方も多いのではないでしょうか??


自分も行くと決めたときには、周りに「やめたほうがいいよ〜」などと言われました^^




いくと決めたときは、実際みんな「やめたほうがいいよ〜」など言いながら、自分の場合何度か旅しているので、そんな心配はされていなかったと思うのですが、




チケットを購入した3日後から、状況が変わり、周りからは「絶対に行かないほうがいい!!」「死んじゃうよ!!」などと言われました…


mof.のメンバーにも、同じような事言われました。まあ、「面白そうじゃん♪」って人もいましたが(笑)




挙句の果てには、両親から「チケットをキャンセルしろ!!海外行くのはいいけど、行き先変更しろ!!」と言われました…




自分がチケットを購入したのは、1月半ばあたりなのですが、皆さんは何が起こったか覚えていますか??




エジプトの革命です!!!!!!!チュニジアにおけるジャスミン革命に触発されたとされる革命です。




実は、父親からはジャスミン革命の時点で「今回の革命は今までと違ってネットから飛び火しているから、中東あたり危ないいんじゃないか」と言われていました、、、


あの状況下だったら、普通にチケットをキャンセルするように言いますよね(笑)






自分は「そっか〜、じゃあキャンセルするわ」と、両親に言いましたが、心の中では「革命の地にいける!!激アツじゃん!!」と思っていました(笑)まあ、両親もそんなことはお見通しで、面白そうだからとかそんな理由で行くな、と言われましたが…










キャンセルする、キャンセルする、いい続けて一ヶ月、、、とうとう出発の日(笑)
ということで、行ってきました!!まあ、両親も自分のこと分かっていたと思うので、どうせキャンセルしないとは思っていたのではないかな^^






そうそう、チケット購入した代理店さんからはこんな誓約書を書かされました。




今回の「 エジプト 」渡航に関し、外務省より海外危険情報・危険度
「渡航の延期をお勧めします。」が通達されていること、及び現地の情勢を十分に認識し
た上で、自己の責任において渡航致します。
尚、現地において事件・事故等に遭遇し、生命・身体・財産等に危害や損害が及ぶことに
なったとしても、貴社には一切の責任を問わないことを誓約致します。


簡単に言えば、代理店側は死んでも責任を取らないということです(笑)


実際ヨルダンとエジプトではデモありました。
デモ




ところで今回、実は一人旅ではないのです!




大切な人も一緒についてきました!!初のふたり旅^^








彼女はこんな旅初めてだったし、話題の中東だったので少し不安がっていました。
















やっぱり、自分が今まで旅をしていたのを見て、バックパッカー的な旅をしてみたい!、と思ったそうです。








まあ、彼女は一言で言ったら家族みたいなもんですかね^^








そう!!家族!!








てか、妹(笑)










ということで、団体のコンセプトである「たびぃじょ」の誕生のお手伝いです^^



では、次回から、今回の旅について書いていきます!!




ただ、大変大変ショックなことに、、、、



SDカードを無くしてしまった…


成田空港に帰ってきたときに気づきました。。。


ということで、写真少なめですが、よろしくお願いします。

1 - 2件目まで(2件中)