1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. たびぃじょさん
  4. デンマークの記事一覧

  海外エリア: ヨーロッパ > デンマーク の他のブログはこちら|

現役たびぃじょが語る!おちゃめな旅バナ通信

~かわいくて、おしゃれ・おちゃめなひとり旅女子を目指して日々奮闘中!~

プロフィール

ニックネーム:
たびぃじょ
居住地:
東京都
性別:
女性
会社名:
学生団体mof.
会社英字名:
会社所在地:
東京都
業種:
その他
自己紹介:
たびぃじょ=かわいくて、おしゃれ・おちゃめなひとり旅している女子!

そんなたびぃじょを応援しよう!
というコンセプトのもと、私たち学生団体mof.はフリーペーパーを作ったり、各種イベントを行ったりと活動をしています!

そんな現役たびぃじょが、女子ならでは学生ならではの旅の楽しさをたくさんレポートしていきます!
秘境大好き、世界中の美味しいもの大好き…たくさんのエピソードをどうぞお楽しみに♪

カレンダー
8月<2022年9月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

記事一覧

1 - 5件目まで(5件中)

NoPhoto
【夏旅2012】北欧の宿泊施設事情
エリア:
  • ヨーロッパ>デンマーク>オーデンセ
  • ヨーロッパ>デンマーク
テーマ:旅行準備 ホテル・宿泊 
投稿日:2012/11/20 00:07
コメント(0)
今夏海外ひとり旅に初めて行ってきたのですが、宿泊先はあらかじめ日本で全て予約していきました。

本当は周りの友達がアジアでやっているように宿泊先は初日の分だけ予約して、あとは現地で考える!
みたいなことをやってみたかったのですが(笑)


パックツアーでない海外が初めてであること、
さらには英語もままならない私がひとり旅であること、
そしてなにより北欧は物価が高いこと。
これに尽きます。


したことがあるわけではないのでわかりませんが、アジア圏だったら、物価も安いので安宿も多く当日でもお手頃の宿は見つかるかもしれません。
しかし相手は北欧でした。多分そんなことをしたらとんでもなく高いホテルしか残っていなかったかもしれません。(その分素晴らしいんでしょうけど)


何ヶ月か前からホテル予約サイトなどで何度か眺めてはいたのですが、特に予約など考えずにいたところ、どんどん安くて利便性のいいYHなどが予約で埋まっていくのです!!!(当たり前ですが。)

そこで焦った私はきっちりと予定を組んで予約をするにいたりました。
旅慣れしている方でしたらそんなこと考えなくてもわかるかもですが。。苦笑


また、北欧はどこの安宿もとてもキレイです★
アジアのようにお湯が出るか、とか宿の人に貴重品は盗まれないかのような心配はいらないので、純粋に駅からの距離だったり安さで選んでしまっていいように思います。

そして、今回の旅で私はYH、ビジネスホテル、夜行列車とさまざまな場所に寝泊まりしたのですが、1番印象に残っているのはオーデンセで利用したBillesgade Bed & BreakfastというB&Bです!

BB


B&Bも対して知らないレベルだったのですが、泊まらせていただいたところがご夫婦ともに本当ににいい人で、ご飯も美味しくて、お部屋も綺麗で言うことなしでした。
これがお部屋と
室内

朝ごはんです
朝食

洗濯も、有料ですが頼めば全て洗って干してからたたんで返してくれます。

ちょっと私の手違いでごたごたがあった時には車まで出してくださり、さらには次の日チェックアウトの時間を過ぎても滞在させて下さり相当なご迷惑をおかけしつつお世話になりました><

駅からは少し離れてるんですが、家の見た目もご主人たちも、本当に安心できましたヽ(;▽;)ノ
ここ以外で宿泊先で話をしたり親しくなったりというのはYHのほかの宿泊者ばかりだったので、ご主人とおしゃべりできるB&Bもいいなあと感じました。

オーデンセに行く機会があったら、是非Billesgade Bed & Breakfast、利用してみてください^^

トラム
【夏旅2012】憧れの北欧フィンランド&デンマーク、初海外ひとり旅!
エリア:
  • ヨーロッパ>フィンランド
  • ヨーロッパ>デンマーク
テーマ:旅行準備 
投稿日:2012/11/02 23:15
コメント(0)
こんにちは!
大学3年生の夏休み、ついに初海外ひとり旅を、憧れの北欧で過ごしてきました。

私が訪れた都市は
デンマーク→コペンハーゲン、オーデンセ、ビルン
フィンランド→トゥルク、ナーンタリ、ロヴァニエミ、ヘルシンキ。

日数は往復の日数込みで17日間です。



今回の私の旅のテーマはずばり「メルヘン」!笑
かわいいもの大好きです。絵本とかキャラクターとか、子供っぽいかわいいものが特に好きです(*´`)笑

デンマークといえば、童話作家のアンデルセンの故郷ですし、カラフルな街並みもあり、カラフルなおもちゃレゴの出身でもあります。

レゴランド


フィンランドといえばムーミンの出身地ですし、サンタクロースもいるし…


ムーミンパパ


北欧に行きたかったんじゃなくて、この2カ国に行きたかったんです。笑
こういうかわいさがわかる人は是非行ってみてください!


あと、かわいいだけじゃなくて北欧は本当に治安がいいです。
私もひとり旅に戸惑いもありましたが、この2カ国は選んで正解だったと思っています。
現地の人はみんな優しいですし、YHなどもとても快適です。
どの国も英語をみなさん話せますし、ご飯も美味しいです!


ただ欠点があるとすれば、しょうがないものの、物価が高いことと、日本人の若者は少ないということくらいでしょうか…


コペンハーゲンもヘルシンキも、首都は2日もあれば全て歩きでも心ゆくまで見て回れるといった規模です。
3日以上あるとかなーりゆっくりできます。道も覚えますし行きたいけど諦めたカフェにだってゆっくり行けます。笑

また、夏といえど北欧は肌寒いんじゃないかと警戒していきましたが、晴れて要らばTシャツでも全然大丈夫です(私が訪れたのは8月上旬〜中旬)。
ただ、雨が降ったり、風が吹いている中日陰を歩くと肌寒いのでパーカーやカーディガンはあったほうがいいです。


そんな私が今夏楽しんできた北欧ですが、11月25日にフィンランドに関するイベントを行います!
来年からヘルシンキへの直行便を出すJALと、女の子のひとり旅を応援する学生団体mof.のコラボイベントです!
ほんわかとしたフィンランドの魅力を存分にお伝えする予定ですので、是非会場に足を運んでみてください♪
詳細はこちら
http://tabiijyo.jp/jal/jalpj-index.html

NoPhoto
【夏旅2011】美術館・博物館ベスト3
エリア:
  • ヨーロッパ>デンマーク>コペンハーゲン
  • ヨーロッパ>スウェーデン>ストックホルム
  • ヨーロッパ>ドイツ>ベルリン
テーマ:歴史・文化・芸術 
投稿日:2011/10/26 09:59
コメント(0)
こんにちは、学生団体mof.の大門です。

最終回の今回は、夏旅でわたしが訪れた美術館で
よかったところをランキングで紹介したいと思います。

☆3位
ノーベル博物館(スウェーデン・ストックホルム)
ノーベル

ストックホルムのガムラスタンにある博物館です。
ノーベル賞受賞者に関する展示が面白い!
いつか、子供ができたら連れてきたいなあと思いました。なんとなく。
そしてなにより写真の、ノーベル賞授賞式で出るパフェと同じものが
カフェで食べられる…というところがポイント高いです。
おいしかったです。くいしんぼうです。

個人的には、ストックホルムといえばスカンセンだと思うのですが
今回時間がなくて行けなかったのが心残りですね…。次回行きたいです!

☆2位
ベルリッシュ・ギャラリー(ドイツ・ベルリン)
ベルリン

ベルリンの現代アートの美術館です。
アーティストの保護・育成に熱心なベルリンの「いま」が見られる美術館。
シンプルな中に凝った建物といい、斬新な展示の仕方といい、楽しかったです!
ここだけではなく、ベルリンは本当に美術館・博物館が充実していて
「博物館の島」なる世界遺産の地域まであるほどだから驚いてしまいます。
かつての鉄道駅を改装したハンブルク駅現代美術館や、
展示方法に技あり! のユダヤ人博物館も興味深く見ました。
また、ダリ美術館も衝撃でした。
作品のすべてが赤裸々で壮絶で、朝イチで見に行ったら
午後行く予定だった別の美術館に行く気力がなくなってしまったほどでした。
(これは、美術館というよりはあまりにも作家の力なので
ランキングに入れていません。)

とにかく、美術館・博物館好きにはたまらない都市です、ベルリン。
3日では全く足りなかったので、じっくりリベンジしたいところです。

☆1位
ルイジアナ現代美術館(デンマーク・コペンハーゲン)
ルイジアナ

地理的にコペンハーゲンなのかちょっとわからないのですが(笑)
郊外にあります。
電車でもう少し足を伸ばすと、クロンボー城やフリーデンスボー城など
デンマークの古城を巡ることもできます。

海を望む高台にあり、一日でもじっくり楽しめるよう工夫された美術館。
展示されているのは世界屈指の現代美術のコレクションですが、
現代美術に興味がない方にもおすすめしたい場所です。
ガラスの回廊で仕切られた展示、庭園内に点在するユニークな彫刻など
とてもすてきな空間になっています。建築もえ…!
日本人では草間弥生さん(変換できないため新字体で表記させていただきます)の作品もありました。

ちなみに、コペンハーゲン市内ではダビデ・コレクションがよかったです。
無料なのにあんなに楽しいなんて!


以上が、わたしの今回のベスト3です。
現代美術に偏っていますが、現代美術にはまったく造詣が深くない人間です。
その分野に知識・関心のない人でも、楽しめる展示をしてくれる美術館が理想だなあと勝手に思っています(笑)

そして、学生さんはぜひぜひ国際学生証を作って行きましょう!
特にドイツでは、美術館・博物館の入場料が半額以下になったりします。
美術館博物館以外でも、物価の高い北欧では、あるとかなりお得。
わたしは空港からストックホルム市内までのバス代で、既に元が取れました。
行き先の物価や自分の目的と相談して、使えるものは使うことが大事ですね!


わたしの4回の更新はこれで終わりになります。
ここまで読んでくださった方、いらっしゃいましたら本当にありがとうございました!

グラフィティ
【春旅ススメ】「裏のデンマーク」Christiania
エリア:
  • ヨーロッパ>デンマーク>コペンハーゲン
テーマ:観光地 街中・建物・景色 歴史・文化・芸術 
投稿日:2011/01/19 22:17
コメント(0)
こんにちは!
2回目の更新です、学生団体mof*の新井です。

今回はデンマークのコペンハーゲンで訪れた、不思議な場所を紹介します。

その名もクリスチャニア(Christiania)、
「裏のデンマーク」とも呼ばれています。

軽く概要を。

コペンハーゲン中央駅から約15分ほどのChrischanshavenという
公園内にあるコミューン(自治区)で、住民は現在900人です。
元々デンマーク軍が所有していた地域だったのですが、
60年代後半から、使われなくなったこの地域に
ヒッピー達が敷地開放を求め、1971年から住み始めました。

1987年には「社会的な実験」としてデンマーク政府に認められ、
1991年にコミューンとして認められ、現在にいたります。

私、こんな場所があることを現地にきてから知りました。
何それー!めっちゃ面白い!見たい!って感じで行ってきました。
好奇心のかたまりですね(笑)

まずこちらがクリスチャニアを囲っている壁です。
クリスチャニア外観
9

グラフティが延々と描かれていました。
それにしてもすごく上手!誰が描いたんだろう?
グラフィティ
Bob Marleyだ!

こちらが入り口のゲート。
ゲート
敷地内の建物や車、石にまで、色んな絵が描かれています。

アリスのアートが描かれていたり。
5

中では少年達がスケボーをしてました。
7

トラックもこんなに派手に!
6

あっちにもこっちにも、そこらじゅうに。不思議です、すごい。
3

クリスチャニアには独自のルールがあります。

車の乗り入れ禁止、武器の持ち込み禁止など。
それから興味深いのがハードドラッグ禁止。
と、いうことは・・・そう、ソフトドラッグは公認なのです。
ええ、大麻がたくさん売ってました。吸ったあとの残り香もプンプン。
4

手前は広場があり、少し奥にはいると湖があります。
8

さらに奥のほうにどんどん進んでいくと、居住地区にはいっていきます。
家の煙突からは煙がモクモクでていたり、
ご飯のいい匂いがしたり、子供たちが遊んでいたり、普通に生活しています。

居住地区では「NO PHOTO」のマークがあったので、写真は撮れませんでした。

自治区だから、ちゃんと学校や病院などあるらしいです。
かなり奥まで行ってみましたが見つけることができませんでした。残念!

なにが衝撃的って、「幸福度」で世界178カ国のなかで世界一と言われている
デンマークの首都、コペンハーゲンのど真ん中に、
クリスチャニアというヒッピーのコミューンがあるという事実。

だって、コペンハーゲンの最大観光スポット、
ニューハウン(↓)の景色からじゃ想像もつかない世界。
コペンハーゲン2

「裏のデンマーク」
なるほどな〜と思いました。

とはいっても、とってもオープンなコミューンでしかも面白いので、
コペンハーゲンでは今3番目に集客力のある観光スポットにもなっているようです。

だから私みたいにひとり旅でふら〜っと入っても、大丈夫でした。
安全です。観光客いっぱいいました(笑)
大麻を無理やり売りつけられるとうこともありません。
ただ夜は避けたほうがいいと思います。明るいうちに帰りましょう!

結局私はクリスチャニアがすごく気に入っちゃって2日連続通っちゃいました。
今私のゼミ論のテーマになっています(笑)

ひとり旅だと好きなところに好きなだけいれるからいいですね。
すごく貴重な経験になりました。

次回はトルコでのバス事情についてお話します。
お楽しみに!

ウィーン
【春旅ススメ】ヨーロッパ〜中東、1ヶ月ひとり旅
エリア:
  • 中近東>トルコ
  • ヨーロッパ>ドイツ
  • ヨーロッパ>デンマーク
テーマ:街中・建物・景色 世界遺産 歴史・文化・芸術 
投稿日:2011/01/17 21:22
コメント(0)
こんにちは!学生団体mof*の新井です。

初投稿の今回は、夏休みに行ってきた
「ヨーロッパ〜中東、1ヶ月ひとり旅」のルートについてざっくりお話します!

まず、成田空港からアエロフロートに乗りモスクワ経由でベルリンへ。
モスクワで、トランジットにまさかの7時間待ち(泣)
飛行機

ベルリンには3日間滞在しました。
中央駅付近はこんなに都会!
ベルリン1

ベルリン大聖堂。
中ではパイプオルガンが演奏されていて、とってもロマンチックでした。
ベルリン2

その後デンマークのコペンハーゲンへ行って3日間滞在。
コペンハーゲン1
コペンハーゲン2

日帰りでロスキレというところにも行き、フィヨルドを見てきました。
ロスキレ

その後ドイツの第2の都市ハンブルグで2日間滞在。
港がすぐ目の前のユースホステルに泊まりました。
ハンブルグ

移動遊園地にも行ってみました!
映画で見た世界が目の前に!すっごくかわいかったです。
ハンブルグ2

チェコに移動して、プラハで3日間。
レトロなトラム!かわいい。
プラハ1

旧市街広場。昼と夜ではまったく表情がちがいます。
プラハ2
プラハ3

チェスキー・クルムロフで2日間過ごしました。
世界で1番美しい街と言われているようです。
チェスキー・クルムロフ
チェスキー・クルムロフ2

それからオーストリアのウィーンで3日間。
きれいな音符!
ウィーン

建造物ひとつひとつがスケールが大きく豪華で、圧巻です。
ウィーン2

そして飛行機に乗って、ずっとずっと行きたかった国、トルコへ!
ヨーロッパとアジアの架け橋、イスタンブールに3日間。

ブルーモスク
イスタンブール1
イスタンブール2

ほっとする田舎町、サフランボルで2日間。
サフランボル

中部アナトリアに位置するカッパドキアで3日間。
サンセットは感動して目が潤みました。
カッパドキア1

気球ツアーも参加しました。ちょっと高いけどおすすめです!
カッパドキア2

圧巻の石灰岩、パムッカレで2日間。
パムッカレ

わんちゃんも気持ちよさそう。
パムッカレ2

世界7不思議のひとつである古代都市エフェスへの貴店、セルチュクで2日間。
歴史を感じます。
エフェソス1
エフェソス2

そしてイスタンブールへ戻り3日間滞在。
水タバコにもチャレンジしました!彼はプロです。
水たばこ
すごい煙(笑)
水たばこ2

そして本気で名残おしいまま、半泣き状態で成田へ帰りました(笑)
飛行機

ウィーンからイスタンブールに着いた日は、
あまりの環境の変化にびっくり、そしてわくわくしました!
建物も食べ物も人も、当たり前だけどなにもかも違うんです!

ちょうどトルコがラマダンに突入した日でもあり、街はお祭りムード。
中東のエキゾチックな雰囲気にくらくらしちゃいました(笑)

長い期間旅ができると、全く違う地域に行けて、とっても刺激的です♪
ぜひ長い春休みを使って世界を歩いてみてください!

あと3回程更新させていただきます。よろしくお願いします!

1 - 5件目まで(5件中)