1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. たびぃじょさん
  4. 鑑賞・観戦の記事一覧

  海外エリア: ヨーロッパ > ロシア の他のブログはこちら|

現役たびぃじょが語る!おちゃめな旅バナ通信

~かわいくて、おしゃれ・おちゃめなひとり旅女子を目指して日々奮闘中!~

プロフィール

ニックネーム:
たびぃじょ
居住地:
東京都
性別:
女性
会社名:
学生団体mof.
会社英字名:
会社所在地:
東京都
業種:
その他
自己紹介:
たびぃじょ=かわいくて、おしゃれ・おちゃめなひとり旅している女子!

そんなたびぃじょを応援しよう!
というコンセプトのもと、私たち学生団体mof.はフリーペーパーを作ったり、各種イベントを行ったりと活動をしています!

そんな現役たびぃじょが、女子ならでは学生ならではの旅の楽しさをたくさんレポートしていきます!
秘境大好き、世界中の美味しいもの大好き…たくさんのエピソードをどうぞお楽しみに♪

カレンダー
8月<2022年9月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

記事一覧

1 - 2件目まで(2件中)

レーニン
【番外編】たびだんの2010年夏旅「わたしはロシアになりたい」
エリア:
  • ヨーロッパ>ロシア
テーマ:街中・建物・景色 鑑賞・観戦 歴史・文化・芸術 
投稿日:2010/12/06 17:55
コメント(0)
どうも!

学生団体mof.の男、三宮です!
自分が書くのも三回目。これが最終回です。

最後はロシアについて書きます。

ロシア…

それは、自分が最も行きたかった国。

あまり情報がなく、外見も日本人とはまったく異なるため、
謎の国という印象を持っていた。

ただひとつ言える事…

そこには絶対的存在であるプーチン元大統領がいるということだ。
実は、幼いころ、父親はプーチン元大統領に似ていると言われていた。
そのため、ロシア=プーチン元大統領というイメージが出来上がっていた。

まあそんなことはどうでもいい。

とりあえず、モスクワとサンクトペテルブルクの有名な教会などは、
ウクライナのときと同様に河野さんが過去に書いているので、
興味のある方は見てください!

まずは、サンクトペテルブルクにある世界三大美術館、エルミタージュ美術館。

これがエルミタージュ美術館だ!
エルミタージュ
ロシアに興味がない方でも一度は行ってみたいと思う宮殿、エルミタージュ美術館。

展示室全てを歩くと、20km以上もあるらしい…。
エルミタージュ美術館が旅の最大の目的なら、1〜2日間かけてもいいだろう。
なんと!!!学生は入場料無料。ぜひ国際学生証を作りましょう!

廊下
いや〜綺麗ですね!エルミタージュ美術館は所蔵品だけでなく、
内部の様式も様々なものがあり、歩いていて飽きません。

しかし、ものすごく広いので道に迷ってしまいます…。
実際自分も出口が分からず、同じところを何度も周っていました(笑)

美術品1
おっ、素晴らしい作品です(笑)
これは…水タバコですね。

こんな幼い子供が水タバコを吸っている銅像を作るなんて、
やはり芸術家は発想が違いますね!!

美術品2
これは…コブラツイストをしているのかな??
今にもあばら骨が折れてしまうぐらいしっかり極まっています。
ケンタウロスがコブラツイストをしている銅像を生まれて初めて見ました(笑)
見ていて飽きないです!!

美術品3
これ絶対、作品名「家政婦は見た」でしょ!笑
おばさんが市原悦子さんを連想させます。
覗き見しているおばさんと、二人だけの世界に入っている男女の描写が、
なんともいえないいやらしさをかもし出しています!

作品の見方は人それぞれなので、自分の楽しみ方を見つけてください!笑

今度はキジ島へ行くために、サンクトペテルブルクから
北にあるペトロザヴォーツクへ。
キジ島へ行く理由は、ある教会があるからです。

船
船の耐久テストは、北極圏で行われるそうです。
ペトロザヴォーツクからは、この船で約1時間かけてキジ島へ。

教会
これです。自分が見たかったのは…プレオブラジェーンスカヤ教会です。
この教会は、釘1本も使わず、雨の影響を受けにくい構造になっているとか。

ユネスコによって緊急修理必要建築に指定されていますが、
300年近くたった今でもその方法が見つからないというのです。
まさに人知を越えた教会。

教会2
写真では分かりにくいかもしれないですが、迫力やばいです!

さらに北へ。今度は北極圏の町、ムールマンスク。
電車からはこんな景色も!
景色
景色2
ロシアの広大な土地にはたくさんの自然があります。
季節によって自然が変化するので、いつの季節でも楽しむことができます。

外の景色に見とれながら10時間、ムールマンスクに到着。

わざわざ北極圏に来た理由はただひとつしかないでしょ!

オーロラだ!!!!!!

しかし、着いてすぐ気づきました。

曇りだ…
雨降ってきた…

記念撮影
結局、北極圏に来たという記念撮影をしただけで帰りました(泣)

その後15時間かけてモスクワへ。電車ばっかりですね…

モスクワでは、ホステルで知り合ったタイ人のレックと2人で観光しました。
彼は、公認会計士で大学の教授をしてます。
年齢は40歳と離れていますが、いいやつです!
ただ半分の年齢の自分と行動するのは、体力的に大変だったようです(笑)

モスクワ大学
これはなんだか分かりますか?

ロシアの東大、モスクワ大学です。
なんと高さ約240m…男らしい大学ですね!

観光後、レックと夕食へ。ウズベキスタン料理屋に行きました。
料理
おごってくれました(笑)

次の日は、モスクワ市立教育大学へ。
前日に日本人の日本語教師と知り合ったので、
日本語の授業にゲストとして出ることに。

校内
学食です。

学生
日本語学科の生徒たちです。
自分と少し距離が開いているのは気にしないでください…笑

彼らの日本人に対するイメージなどを聞いたり、
とても楽しい時間をすごしました!

2つの授業に出た後、先生と食事へ。
ロシアの寿司レストランへ行くことに。

ここでもおごっていただきました(笑)
寿司
左は天ぷら巻き、右は神風巻き
寿司2
こちらは、みやこ巻き

がり巻きもありました(笑)。
どれも見た目が綺麗ですね!味は普通においしかったです。

夏旅最後の夜
ホステル
ホステルにあるロビーのソファーです。自分のベットです(笑)

中国人の集団がモスクワ中のホステルに押し寄せてきたので、
こんなところに泊まることに…。もちろん料金は半額です!

ロシアは自分のイメージしていた国とまったく違いました。
社会主義をまったく感じさせない国です。

そのギャップに惚れること間違いないです。
ぜひ皆さんも一度訪れてみてください!

結論:わたしはロシアになりたい
※ロシアが好き!ということです(笑)

以上、3回にわたって三宮が担当しました。
たくさんの人々と出会い、大変貴重な経験ができた旅でした。

どうもありがとうございました!

ムーミン谷
【夏旅2010】フィンランドの博物館事情
エリア:
  • ヨーロッパ>フィンランド>ヘルシンキ
  • ヨーロッパ>フィンランド>タンペレ
テーマ:鑑賞・観戦 
投稿日:2010/10/29 21:57
コメント(0)
旅行と言えば美術館・博物館めぐり!
という方も多いのではないでしょうか。(特にヨーロッパがお好きな方)

かくいうわたしもそうなので、今回のフィンランドも、
行きたい美術館がある都市を考えてスケジューリングしました。
ということで、今回はフィンランドの博物館について書きたいと思います!

行ってみると、フィンランドは
とても美術館・博物館が充実した国という印象。
ヘルシンキなどは中心部に見どころが集中しているので
(これはトラムなどの仕組みがよくわからない私にはありがたかったです)
歩いていける範囲に5つの博物館があります。

その中で、わたしが一番楽しんだのはデザイン博物館でした。
デザイン博物館

クラシックな外観ですが、中は意外とポップで、
何時間でも見ていたいような楽しい展示。
ガラス器にセラミック、椅子やテキスタイルなど、
多様なジャンルの『かわいいもの』がたくさん!

持って帰りたくなるようなデザインの世界。
写真撮影禁止だったのがほんとうに残念です。
服飾の企画展をやっていたのですが、こちらもとても楽しめました。

もうひとつ、さらに博物館が充実しているのが、
ヘルシンキの北にある都市タンペレ。
タンペレ2

フィンランド第二の都市らしいのですが、
都会のせわしなさなどは感じられず、ちいさくて落ち着いた印象です。

わたしはムーミン谷博物館を目当てに行ったのですが、
観光案内所でもらった冊子を見てびっくり。
大小合わせて20以上の博物館があるみたいです!

レーニン博物館や靴博物館、スパイ博物館など、
ユニークなものも多いみたいです。
博物館がお好きな方、是非制覇してみては?(笑)

そして、ずっと行きたかったムーミン谷博物館。
市立図書館の建物内にあり、少しわかりづらいかもしれません。
ムーミン谷

日本人が毎日来るらしく、日本語のパンフレットも完備。
そして日本の学生証しか持っていなかった私ですが、
学割で入れていただけました。感謝!

ここでは原作者トーベ・ヤンソンの原画と、
お話のシーンを再現した立体ミニチュア模型を見ることができます。

原画は思っていたよりずっと小さいサイズでしたが、
ムーミンたちの世界が確かに息づいています。
また、細部まで凝ったミニチュアはぬくもりのある仕上がり。
小さいけれどすてきな空間の博物館でした。

また、美術館はカフェを併設していることが多く、
そこもおしゃれでおいしい素敵空間です。

詳しくは次回書きたいと思います。
もうひとつ、ユヴァスキュラの美術館についてもそちらで!

1 - 2件目まで(2件中)