1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. たびぃじょさん
  4. ウクライナの記事一覧

  海外エリア: ヨーロッパ > ウクライナ の他のブログはこちら|

現役たびぃじょが語る!おちゃめな旅バナ通信

~かわいくて、おしゃれ・おちゃめなひとり旅女子を目指して日々奮闘中!~

プロフィール

ニックネーム:
たびぃじょ
居住地:
東京都
性別:
女性
会社名:
学生団体mof.
会社英字名:
会社所在地:
東京都
業種:
その他
自己紹介:
たびぃじょ=かわいくて、おしゃれ・おちゃめなひとり旅している女子!

そんなたびぃじょを応援しよう!
というコンセプトのもと、私たち学生団体mof.はフリーペーパーを作ったり、各種イベントを行ったりと活動をしています!

そんな現役たびぃじょが、女子ならでは学生ならではの旅の楽しさをたくさんレポートしていきます!
秘境大好き、世界中の美味しいもの大好き…たくさんのエピソードをどうぞお楽しみに♪

カレンダー
8月<2022年9月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

記事一覧

1 - 4件目まで(4件中)

?
【番外編】たびだんの2010年夏旅「ウクライナのリゾートビーチ」
エリア:
  • ヨーロッパ>ウクライナ
テーマ:ビーチ・島 ホテル・宿泊 歴史・文化・芸術 
投稿日:2010/12/06 17:54
コメント(0)
こんにちは!

学生団体mof.の三宮です。
前回と同様に自分が担当します。男です!!



今回はウクライナについて書きます。
東南アジアを旅していたのに、何でウクライナ?と思う方もいると思います。

実は、今回の旅は、ロシア・ウクライナがメインなんです!
しかし、ロシア・ウクライナはヨーロッパ並みの物価なのです。
そのため、行った事もないし物価安い、と言う理由で
3週間だけ東南アジアを旅行しました。

まずロシアの首都・モスクワから電車でウクライナの首都キエフへ。
電車の中で仲良くなったウクライナ人女性。デザイナーだそうです。
ウクライナ
きれいですね…
ノーメイクだから恥ずかしいと言っていました。

キエフの駅に着いたら、彼氏がお出迎え(泣)
お幸せに!!と思い別れようと思ったら

「ホステル探してあげる!」

彼ら2人は、色々なホテルやホステルに電話して確認してくれました。
しかもホステルまで車で送ってくれました…。

なんて優しいウクライナ人だ!!

キエフの町並みはとてもきれいでした。
詳しくは同じ団体の河野さんが過去の記事で書いているので、
気になる方は河野さんの記事を見てください!

自分はウクライナを有名にしたある出来事に興味があったので、
その博物館に行きました。

その出来事とは、チェルノブイリ原子力発電所事故です。

おそらく皆さんも一度は聞いたことがあるでしょう。
1986年に起こった原爆事故ですね。
なんでも、広島に投下された原爆の500発分に相当する量の放射能だとか。
チェルノブイリ
ケチって撮影許可料金払わなかったので、これしか写真ありませんん。

写真の真ん中には、たくさんのお人形が飾られています。なんか怖いです…
たくさんの現場写真から、原爆の被害がとても大きかった事が分かります。

その中で、広島市がチェルノブイリ救済金を送った事、
広島市民によるチェルノブイリへの応援メッセージや、
ボランティア活動が載っていました。

同じ日本人としてなんだか誇らしいですね!

キエフの町を観光した後は、10時間かけて電車でヤルタへ。

ここでは、隣のウクライナ人が食事をわけてくれました。
なんで他人の自分なんかに…
お金のあまりない自分としては大変助かります。
ウクライナ人って優しいんですね!!

シンフェロポリ駅に着いてから、バスで2時間、ようやくヤルタに到着。

ヤルタと言えば、第二次世界大戦中に開かれたヤルタ会談が有名です。
世界史をやっていた方ならわかるでしょう!(笑)
ヤルタ
ヤルタ2
いや〜、めっちゃ綺麗です。
山に囲まれていて、エメラルドブルーの海が広がる海岸。

ヤルタはリゾート地としても有名であるために、
たくさんの観光客が訪れます(アジア系は皆無ですが…)

自分は、旅でリゾート地に行ったことがなかったので、
ひとつ心配なことがありました。

それはホテルです。
リゾート地でなのでホステルなんてありません。ホテルも安くないです。

どうしようかとバックパックを背負っていると、
おじさんおばさんが話しかけてきます。
ほとんどウクライナ語なので何言っているかわかりませんが、
自分のアパートや家の空き部屋を貸してくれるみたいです。

30分ほど交渉して、12ドルでアパートの隣部屋を貸してもらうことに。
(自分をお持ち帰りするために、客引き同士で言い争いをしていて、
大変なことになっていました笑)

トイレ、風呂は住民と共同でしたが、キッチンもあり、
ベットも4つ?あり、テレビもあったのでとても快適でした。

宿も決まり、まずは世界遺産アループカ宮殿へ
アループカ宮殿

次はヤルタを代表する観光名所、ツバメの巣。
ツバメの巣
ツバメの巣2

そして、ヤルタ会談が行われたリヴァディア宮殿
リヴァディア宮殿

また、ヤルタからバスで約2時間かけてセヴァスト-ポリに行きました。
セヴァストーポリ
セヴァストーポリは、クリミア戦争や第二次世界大戦で有名な戦場です。

正直、セヴァストーポリにはあまり見所がありませんでした(笑)
しかし、教科書で読んでいた場所に来ると、
歴史の舞台に立っているという実感がわき、感動してしまいました!

セヴァストーポリからヤルタへの帰りのバスからは、
とても美しい光景が見えました!
夕日によって淡くなったエメラルドブルーの海岸と、
海岸の町の明かりで、なんとも幻想的な光景。

自分の安いカメラでは良いものが撮れないので、
しっかり目に焼き付けておくことに。
バスの中から人々のため息が聞こえます。
自分は生まれて初めて自然の景色で感動しました!

こういう時って、色々なこと考えますよね〜
将来とか、人生とか、社会の事とか…

恥ずかしいので詳しくは書かないです(笑)

ウクライナ最終日は、ヤルタの海を堪能。
海岸
実は、旅していて海に入るのは初めてです。
なので、興奮して、入った瞬間にしゃぎたかったのですが…

アジア人は自分ひとり…しかも男ひとり…

目立っていたため静かに入りました(泣)

見渡せば、海岸には海の男が…
男
勇ましいです!!
他人の目を気にしてしゃげなかった自分が、恥ずかしい。
自分の小ささを思い知らされました。

ここには海の女も…
女
世界一美人の国、ウクライナ…
彼女も若いころは美しかったのでしょう!

ヤルタはリゾート地にふさわしい、自然に囲まれた美しい町でした!!!

でも、海でひとりは寂しいから今度は誰かと来よう。
彼女だったら最高なのに…

色々考えさせられたヤルタの旅でした。
次回も自分が担当します!ちなみに最終回です。

ビーフストロガノフ
【夏旅2010】ロシア&ウクライナの食べ物あれこれ
エリア:
  • ヨーロッパ>ロシア>モスクワ
  • ヨーロッパ>ロシア>サンクトペテルブルグ
  • ヨーロッパ>ウクライナ>キーウ(キエフ)
テーマ:グルメ 
投稿日:2010/10/10 21:40
コメント(0)
こんにちは、学生団体mof.河野です!

これまで3回に渡ってご紹介してきた私の今夏のひとり旅
ロシア&ウクライナシリーズ、今回が最後です;

最終回の今回はやっぱり食べるの大好きな私なので、ロシア&ウクライナの食べ物をご紹介します♪

ロシアと言えばやっぱりピロシキ!
本場のピロシキは油で揚げてある日本で売られているものと違い、いたってシンプルな見かけです。

ピロシキ
中にはキャベツの煮物(?)やサーモン、肉などさまざまです。

駅や町中には下の写真のようなベーカリーの車やベーカリースタンドがところどころにあったので、お昼によく利用していました。
貧乏旅行にはありがたいかぎりです☆

ベーカリースタンド

ベーカリースタンド2

私が行った9月にはもう肌寒い気候だったので、あったかいスープがやはりおいしかったです!

スープとパイ

ロシアのスープと言えばやっぱりボルシチ!
とみなさん思いませんか?

実はボルシチはウクライナの料理なんです!
こちらがウクライナでの本場のボルシチです☆

ボルシチ

ウクライナではボルシチはガーリックオイルつきのパンと一緒に出てくるのですが、このパンがとってもおいしかったです!

ロシア語&ウクライナ語が全くしゃべれない私がよく利用してたのが下の写真のようなレストラン。

ムームー

セルフサービス形式で、食べたいものを指差しで注文してとっていきます。
ロシアでもウクライナでもところどころこういったセルフサービス形式のレストランを見かけました。

ムームー料理
あっという間に豪華な食事が!


といっても学生的な貧乏旅行なので、普段はベーカリースタンドやスーパーでパンなど購入して食費を抑えていました。

滞在先の最終日や特に素敵なことがあったり素敵な場所に行った日など何か特別な日に、

それまで節約した分でレストランに行って食事をするのが私のひとり旅での食スタイルです!

下の写真はウクライナに行く前日、ロシア最終日にちょっとリッチなレストランで食べたビーフストロガノフです。

ビーフストロガノフ
この時久々にちゃんとした食事を食べたので、胃がびっくりしてました(笑)

ロシア・ウクライナともに素朴で優しい味の料理が多くて、
食べてなんだか心がほっこりしました。

さてこれまで私のロシアとウクライナの旅についてご紹介させていただきましたが、この2つの国についてちょっとおわかりいただけたでしょうか?

みなさんが何かこの2カ国に魅力を感じていただけたら、嬉しい限りです。

この2週間の旅を通じて、食、町、建物、人、文化、宗教...etcロシア・ウクライナのことをちょっと知ることができたと同時に、もっともっと知りたくなりました。
またいつか絶対にこの場所を訪れたいと思います!

次回からは担当の塚原がペルー旅行のご紹介をいたします♪
お楽しみに!

アンドレイ坂3
【夏旅2010】キエフのアンドレイ坂歩き
エリア:
  • ヨーロッパ>ウクライナ>キーウ(キエフ)
テーマ:買物・土産 観光地 
投稿日:2010/10/08 23:41
コメント(0)
こんにちは!
本日も担当は河野です☆

今日はロシアからところ変わって、ウクライナの首都キエフにあるアンドレイ坂のご紹介です!

このアンドレイ坂はキエフきっての観光通りでもあって、お土産物を売る露店がたくさんあるのですが、
それに加えてウクライナならではの石畳の床が続く町並みが作りだす雰囲気が
最高におしゃれで、歩いているだけでわくわくしてきます!

アンドレイ坂1

アンドレイ坂3

↓ふとしたドアもおしゃれ!
アンドレイ坂4

アンドレイ教会

↑これは坂の途中にあるアンドレイ教会です。
まるでお城みたいですよね?

アンドレイ坂を歩いていたら階段を見つけ、
気になったのでちょっと登ってみました。

アンドレイ坂階段

5分くらい急な階段を上ると、
見晴らしのいい広場がありました!

アンドレイ坂丘


広場というよりは丘に近かったのですが、
そこではアンドレイ教会を間近に町全体を見渡すことができて
とってもきれいでした!


アンドレイ坂ゴミ ↑広場の付近にはゴミがいっぱい。
ウクライナの人によるとウクライナ名物だそうです(笑)

アンドレイ坂には露店が立ち並んでいて、見ているだけで楽しいです。
お土産物が多く、ロシア名物のマトリョーシカ人形をたくさん見つけました。

アンドレイ坂露店


ウクライナはロシアよりも物価が安いので、
場合によっては同じお土産物がロシアでよりも安く買えちゃったりします!

これはロシアで買うか迷った結果高かったので断念したけど、
ウクライナでちょっと安めの値段で見つけたので購入した
The Beatlesのマトリョーシカです!

マトリョーシカ
The Beatlesフリークな私にはたまりません♪


アンドレイ坂ネックレス
↑日本円で30円ほどだったお気に入りのネックレス。
手作りっぽいところが気に入ってます!

露店には掘り出し物がいっぱい!
お店の人はだいたい片言の英語が話せるので、値段交渉してディスカウントできることもあります。

こんな魅力が凝縮したキエフのアンドレイ坂、
みなさんもウクライナに行った際には是非足を運んでみてください!

ロシア1
【夏旅2010】ロシア&ウクライナ 寝台列車で旅する2週間
エリア:
  • ヨーロッパ>ウクライナ>キーウ(キエフ)
  • ヨーロッパ>ロシア>サンクトペテルブルグ
  • ヨーロッパ>ロシア>モスクワ
テーマ:観光地 
投稿日:2010/10/04 23:45
コメント(0)
こんにちは!学生団体mof.河野です。

ひとり旅好き女子“たびぃじょ”である私は、

今年の夏ももちろんひとり旅をしてきました!

今回の旅は『ロシア&ウクライナ 寝台列車で旅する2週間』です!

全2週間のうち

まず成田空港からアエロフロート航空の直行便でロシアの首都モスクワへ。

モスクワ1

6日間のモスクワ滞在後、同じくロシアのサンクトペテルブルグに4日間

サンクトペテルブルク1

そしてその後ウクライナの首都キエフに4日間

キエフ2

というスケジュールで旅をしました。

これらの都市間の移動はすべて寝台列車を利用し、

憧れの寝台列車初体験もすることができました!

ロシア寝台列車1

観光にもビザ取得が必要で、また物価も高いことから

“世界一バックパッカーに優しくない国”

などと言われることもあり日本からの観光客は決して多くないロシアですが、

その美しい町並み、またどこか保守的な雰囲気に

モスクワ2

私はすっかりとりこになってしまいました。

そしてどこかロシアと似ているようで、全く違う雰囲気を持つ

キエフの町、ウクライナの文化にも

キエフ1

すっかり魅せられてしまいました!

そのロシア&ウクライナの旅の様子を

ひとり旅ならではのエピソードも混ぜつつ

これから数回に渡ってこのブログでお伝えしていきたいと思います☆

1 - 4件目まで(4件中)