1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外の旅行ブログ
  3. たびぃじょさんの旅行ブログ
  4. たびぃじょさん チュニジアの記事一覧

  海外エリア: アフリカ > チュニジア の他のブログはこちら|

現役たびぃじょが語る!おちゃめな旅バナ通信

~かわいくて、おしゃれ・おちゃめなひとり旅女子を目指して日々奮闘中!~

プロフィール

ニックネーム:
たびぃじょ
居住地:
東京都
性別:
女性
会社名:
学生団体mof.
会社英字名:
会社所在地:
東京都
業種:
その他
自己紹介:
たびぃじょ=かわいくて、おしゃれ・おちゃめなひとり旅している女子!

そんなたびぃじょを応援しよう!
というコンセプトのもと、私たち学生団体mof.はフリーペーパーを作ったり、各種イベントを行ったりと活動をしています!

そんな現役たびぃじょが、女子ならでは学生ならではの旅の楽しさをたくさんレポートしていきます!
秘境大好き、世界中の美味しいもの大好き…たくさんのエピソードをどうぞお楽しみに♪

カレンダー
10月<2019年11月    
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

記事一覧

1 - 3件目まで(3件中)

スース5
【番外編】たびだんの2010年夏旅「宿を探して三千里」
エリア:
  • アフリカ>チュニジア>スース
テーマ:観光地 ホテル・宿泊 世界遺産 
投稿日:2010/12/02 23:28
コメント(0)
「ニーハオ!ジャパニーズ!ジャッキーション」
と、叫ばれました。

いやいや

まず、ニーハオじゃないし・・・

それに、ジャッキーションじゃないし・・・
そもそもジャッキーチェンは日本人じゃないし・・・

いきなり、出鼻をくじかれました

こんにちは!学生団体mof.の牟田です。
「たびぃじょ」といいつつ男です。

そんな男ですが、この夏にチュニジアに行ってきましたので、
その時の旅日記を書こうと思います!今回が最終回!



・・・宿を探して三千里・・・


※某有名フリーペーパーの影響を受けました
※明らかな誇張表現でしたことをお詫び申し上げます


チュニジア第3の都市であるスースでのことです。

新しい土地に降り立つと、わくわく感と不安が混在します。
スース市街地に着いたのが5時、もう夕方。

ここから宿探しをするわけですが、探すのがめんどくさいので
地球の歩き方に掲載されている宿に向かいます。

そしたら、シングルルームは25Dの部屋しかないと言うのです。

ちなみに25Dとは、
1D=57円なので1425円です。

と、冷静に日本円に換算してみるとかなり安いのですが、
今まで1泊15D以下で抑えてきた私にとっては破格の値段でした!

ここで、いつもなら「じゃあ別のところ探します!」
と、言ってその場を立ち去るのですが、もう動くのがめんどくさいので、
結局この破格のシングルルームに泊まることにしました。

そんなお部屋がこちら
スース1

でも、
よーく部屋を見渡すとバスタブがあることに気づきました。

バスタブ!!!
スース2

特に湯船に浸かりたいというわけでは全然ないのですが、
25Dも払っているので、優雅に音楽なんか聴きながら1時間ほど入りました。

バックパッカー的な旅をしている私は、
この25Dも払ってしまったことを、悔やみます。

反省して次の日は1泊15Dの宿に泊まりました(笑)

部屋はまあ問題ないんですが、なんといっても
共同の風呂とトイレがひどすぎます。

15Dも払っているんだから水周りはしっかりしてもらいたいものです。
これだけ払えば、南部ではきれいなトイレとシャワーつきです。

さらにはエアコン、朝食もついていました!
それが、ちょっと都会ともなるとこの現状です。
これでは風呂もトイレも行く気になれないので、宿を変えます。

スース3日目にして3つ目の宿です!

スースに拠点を置いて各地に飛ぼうと思っていた私にとって、
この拠点が定まらないことは、非常に精神的に落ち着きません。

3つ目の宿に向かうと、シングルルームはないと言われます。

あーーーーー
さがすの面倒!!

ということで、結局1日目と同じ宿に25D払って戻りますw

これで全てが落ち着きましたね(笑)

本当はスースの街について書こうと思ったのですが、
この街は観光地化しすぎてしまっているので、
個人的にはあまり居心地がよくありませんでした…。

ただ、英語の通用度は非常に高いのは便利です。
そして、世界遺産に指定されています

スース4

スース5

スース6

スース3

私の連載はこれでおしまいですが、
次に登場するのも団体で数少ない「たびだん」です。

読んでくださってありがとうございました!




【超コア!情報】
スースのファルハット・ハシェド広場からメディナに入ると、
スーラ・ショッピングセンターがあるのですが、
販売員がヤマダ電機の販売員の比にならないくらい大勢立っています。
しかも美人さんなので非常に買い物しにくいです。
と言いつつ、毎日行きました(笑)

クサールギレン2
【番外編】たびだんの2010年夏旅「砂漠の中で何を思う」
エリア:
  • アフリカ>チュニジア>クサール ギレン
テーマ:観光地 自然・植物 散歩・自転車 
投稿日:2010/12/01 20:51
コメント(0)
---クサールギレン

ここに行くために日本からトータル25時間もかけて
チュニジアにわざわざ来たようなものだ。

砂漠への入り口の町であるドゥーズからさらに138km、
車で1時間30分程度走ると砂漠の中に突如オアシスが現れる。

ここがクサールギレンだ。


こんにちは!学生団体mof.の牟田です!
「たびぃじょ」といいつつ男です。

そんな男ですが、この夏にチュニジアに行ってきましたので、
その時の旅日記を書こうと思います。今回は第二弾!



・・・砂漠の中で何を思う・・・


車を降りると、ラクダたちが待ち構えている。
車はもちろん世界のTOYOTAだ。

このクサールギレンは公共交通機関がないためツアーで来た。
外人さんを含め6人でシェアだ。

ひとりひとりラクダに乗せられ、砂漠の旅にでる。
クサールギレン1

ラクダの振動は予想以上で、快適なのは5分ほど!
途中から骨盤矯正の治療になる。

360°見渡すかぎり砂漠である。
クサールギレン2

そして砂漠はどこまでも果てしなく続いている。

地平線にまで砂漠が続いている。

その中をラクダと共に歩く。

風が砂漠の表情を一瞬一瞬変えていく。

ラクダが歩いた足跡をたちまち緩やかな風が消していく。

クサールギレン4

クサールギレン3

1時間ほどラクダと歩いていると、砂漠の中にひっそりと建つ遺跡があった。
上に登ってみると砂漠を上から見下ろせる。

自分がこの場所にいることが不思議でならない。

クサールギレン5

その後、Uターンして出発地点に戻った。
帰りはサンセット付きだ。

太陽の丸い形が地平線に吸い込まれ行く。
クサールギレン6

感動しつつも股と腰は痛すぎた。
ラクダの振動はきつい(笑)

宿は観光客用に作られたテントで泊まる。
クサールギレン7

夜の11時

テント場の明かりが全て消えた。

停電かと思い外へ出てみる。


そこには今まで見たこともない、
またこれから先、一生をかけても見ることがないかもしれない星空があった。

1日で一生分の星を見たような気がする

輝かしすぎる星が空を埋め尽くす

自分の視野の左右が丸くゆがんでいるような感覚に陥る

自分が小さな地球の中心にいるようだ

聞こえる音は、はるか遠くで鳴いている虫の声、
鳥が羽ばたいている音、風が吹く音のみ

人間の声・人工物の音が完全に聞こえない世界

まさに静寂の世界だ

空をずっと見ていられる

この空間にいると、若干20歳という年齢で
こんな体験をできる素晴らしさを感じる

贅沢な時間だ

人生はやはり楽しまなければいけない

そう思った

この星空の下にいるといろいろなことを考えさせられる

世界はなんのためにあるのか?

自分はそもそもなにがしたいのか?

なにをするのか?

なにをしないといけないのか?

そもそも、なぜ砂漠のど真ん中にいるのか?

不思議と答えのない疑問ばかりが浮かんでくる

「自分が思ったように、好きなように生きる!」

砂漠の中で出た結論は結局これだった


次回、最終回!

シディブサイド3
【番外編】たびだんの2010年夏旅「チュニジアン・ブルーを夢みて」
エリア:
  • アフリカ>チュニジア>シディブサイド
テーマ:観光地 街中・建物・景色 散歩・自転車 
投稿日:2010/11/30 09:45
コメント(0)
こんにちは!

今回ブログを担当します、学生団体mof.の牟田です。
「たびぃじょ」といいつつ男です。

学生団体なので普通に男も所属しているってことで・・・
まあ女の子パワーの陰で細々と生活しています(笑)

そんな男ですが、この夏にチュニジアに行ってきましたので、
その時の旅日記を書こうと思います!!


・・・チュニジアン・ブルーを夢みて・・・


シディブサイド

ここは私がどうしても行きたかった街

街全体がどうやらチュニジアン・ブルーと
真っ白な建物で統一されているらしい。

これを自分の目で見るために
チュニジア行きを決めたといっても過言ではない。

「シディブサイドは、チュニジアで最も美しい町と言われている。
フランスの植民地時代には、パウル・クレー、ボーヴォワール、
アンドレ・ジェットがこの土地を訪れた。
スペインの占領地時代には、ドン・キホーテの作者である
セルバンテスも守備隊兵士として駐屯していた」

以上、地球の歩き方参照

まあ、芸術に興味のない私はボーヴォワールという名前しか知りません(笑)
結局、何が言いたかったというと、シディブサイドはすごいということです。

バックパッカー的な旅をしている私は、
バスで優雅にシディブサイドへ行くツアーの欧米人を尻目に、
この風情ある電車で向かいます。
シディブサイド1

シディブサイドに到着すると、観光客で賑わっています。
さすがにチュニジア屈指の観光地だけであって人が多いです。
というより、欧米人で埋め尽くされています
シディブサイド2

ここばかりはラマダンの影響があまり無いようで、飲食店もやっていました。
実は私が旅行していた期間はラマダン(断食)だったのです!

サンドウィッチを頼んだはずなのですが、出てきたのはコレ。
よくわからないですがチュニジア料理に飽きてしまっていた私は満足!
シディブサイド5

そんなこんなでシディブサイドの探索です。

美しすぎます!!!!
シディブサイド9

こうなると全てがおしゃれに見えます!!
シディブサイド7

街全体の色を統一するとここまできれいに見えるのですね。
シディブサイド6

さらに町を歩いて行くと海を見渡せる場所へ。

海!!!!!!!

これぞチュニジアン・ブルー!!
シディブサイド4

おれここで将来プロポーズします!

失敗したらそのまま海に飛び込みます(笑)

景色はご覧のように素晴らしいのですが・・・
シディブサイドという街は意外にも坂道だらけなのです。

上ったり、下ったり・・・正直疲れます。
おかげで4時間のシディブサイド探索の中の2時間は
カフェのような場所でダラダラしていました。
しかもwi-fiが繋がるところもあるので快適です!

次に続く。。。

1 - 3件目まで(3件中)