1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. たびぃじょさんの旅行ブログ
  4. たびぃじょさん ビーチ・島の記事一覧

  海外エリア: 中南米 > ペルー の他のブログはこちら|

現役たびぃじょが語る!おちゃめな旅バナ通信

~かわいくて、おしゃれ・おちゃめなひとり旅女子を目指して日々奮闘中!~

プロフィール

ニックネーム:
たびぃじょ
居住地:
東京都
性別:
女性
会社名:
学生団体mof.
会社英字名:
会社所在地:
東京都
業種:
その他
自己紹介:
たびぃじょ=かわいくて、おしゃれ・おちゃめなひとり旅している女子!

そんなたびぃじょを応援しよう!
というコンセプトのもと、私たち学生団体mof.はフリーペーパーを作ったり、各種イベントを行ったりと活動をしています!

そんな現役たびぃじょが、女子ならでは学生ならではの旅の楽しさをたくさんレポートしていきます!
秘境大好き、世界中の美味しいもの大好き…たくさんのエピソードをどうぞお楽しみに♪

カレンダー
10月<2019年11月    
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

記事一覧

1 - 5件目まで(7件中)

プーノ1
【春旅2012】南米16日間初ひとり旅!〜ペルー編(プーノ)〜
エリア:
  • 中南米>ペルー>プノ[チチカカ湖]
テーマ:観光地 ビーチ・島 自然・植物 
投稿日:2012/06/26 14:59
コメント(0)
こんにちは!
学生団体mof.の藤枝です。
前回はボリビアについて書きましたが、今回からペルー編になります。

ボリビアからはバスでペルーへ向かったのですが、国境がすっごい地味なんです。


プーノ2
「えっ、これ!?」って感じでしょ。笑

その後またバスに乗り、ペルー最初の都市プーノへ。

プーノの町はとても小さく、観光するところもそんなにないのですが、この町からはウロス島に行くことができます。

桟橋からボートで30分
トトラという植物でできた浮島であるウロス島に到着!
ふかふかしていて不思議な感じがしました。

プーノ3

ここの子供たちがとにかく可愛い!

プーノ4
兄弟かなー?すっごい仲良さそうでした^^

プーノ5
私のスマホを使いこなしています。笑


その後プーノに戻って偶然会った日本の方と一緒にご飯を食べました。
広場の前で目があった瞬間
「ご飯食べました?」
『いや、まだです。』
「じゃあ行きません?」
『行きます!行きます!』
ってな感じで、一緒に行くことに。
日本だったら絶対ありえないし、こういう出会いも旅ならではですよね♪


プーノ6
この写真はその時飲んだインカコーラです。
甘くてとっても美味しいんです!
ペルーならどこでも売っているので、飲んでみてください!

それでは今回はこのへんで!
次回はいよいよマチュピチュです。

コーニーアイランド2
【春旅2012】あまり知られていないおすすめスポット@NY
エリア:
  • 北米>アメリカ東部>ニューヨーク
テーマ:街中・建物・景色 ビーチ・島 自然・植物 
投稿日:2012/04/25 15:38
コメント(0)
【Coney Islandコニーアイランド】

コーニーアイランド3


マンハッタンから電車で約1時間の場所にある
コニーアイランド。(地下鉄Nライン、Qラインの終点)


こーにーアイランド1

駅から出るとすぐに目の前に海が広がっています。
夏はたくさんの人で賑わうようですが
真冬に訪れたビーチは全然人がいなかったです。笑


でも冬の海はとっっってもきれいでしたー。

ベーグルと飲み物を持ってピクニックしたら
最高に気持ちよかったですよ^__^


コーニーアイランド2


ニューヨークって世界の最先端で
ありとあらゆるものに触れられて、
でも自然も豊かだし、1時間電車に乗るだけで
きれいな海もあってニューヨークに住んでる人が
うらやましくなりました。笑


コーニーアイランド4


暮らすようにのんびり旅をするのが好きな人は
コニーアイランドを断然推します!


夏に行くときは、水着を忘れないでね♪


以上、たびぃじょうちだがお送りしました〜(・O・)!!

メイス4
【夏旅2011】入り江のリゾート・カシュと青の洞窟
エリア:
  • 中近東>トルコ>カシュ
  • ヨーロッパ>ギリシャ
テーマ:ビーチ・島 クルーズ 
投稿日:2011/10/23 00:37
コメント(0)
こんにちは、学生団体mof.の大門です。

前回は北欧のリゾート地についてだったので、
今回は中東トルコのリゾート地について書きたいと思います^^
訪れたのは地中海に面した入り江の小さな町、カシュ。

目当ては、カシュから船で20分ほどのところにある
ギリシャ領の島メイス島。
ここにある青の洞窟に行きたくて、バスのチケットをとりました。
イスタンブールからは、夜行で15時間ほど。
トルコのバスは快適なのでそこまでつらくなかったです。


ただ、今回のわたしの日程は
トルコ人のラマダン明けの休暇(バイラム)とかぶってしまっていました。
そして、目指すのはリゾート地。

まさかの「宿が(予算に合わないとかじゃなくて)ない」という事態になり、あわてました。
最終的に、家族経営のペンションのテラスに泊めてもらう形で落ち着きましたが、
その後もバスがとれなかったり、いろいろ大変でした…。
イスラムの暦はきちんとチェックするようにしよう、と肝に命じました。
みなさまもお気をつけて!

そんなこんなでたどり着いたカシュ。
泊まることになったテラスからの眺めです。
カシュ昼

夜景もよく見えたのはよかったかな。
カシュ夕

カシュはパラグライダーやマリンスポーツをじっくり楽しめる町のようです。
わたしは体調的に泳げなかったので、海辺で
エフェスビール片手にくつろいでみたり。
海辺
エフェスはわたしの口には合いませんでした…

町のはずれには古代の劇場も残っています。
このてっぺんでなぜか2時間ほど寝てみたり。
古代劇場
普通にごつごつするので寝心地は良くないです。笑

そして、翌朝10時のフェリーでメイス島に向かいました。

かわいい島!
メイス2

降り立ったら、青の洞窟へのボートに乗り換えます。
看板を出しているので、すぐに見つけられると思います。
五人集まったら出発、とのことでしたが、さほど待たずに人数が集まりました。
洞窟にたどり着くまでの海の青さで、すでに満足してしまいそう。

そして、青の洞窟!
洞窟
くらくらするほど青かったです。
船頭のおじさんがなにか解説をしてくれていたと思うのですが、
耳に入りませんでした。
すぐに外に出てしまって、あまり長居できなかったのが残念。

その後は帰りのフェリーの時間まで、メイス島をぐるぐる散策しました。

地中海
なんてぜいたくな海!

メイス4
こういう教会をみると、ギリシャだなあという感じがします。

?
ギリシャといえばにゃんこ。

トルコからこんなに近いのに、間違いなくギリシャなのが不思議でした。

バイラムの時期以外は、本当に静かで落ち着いたリゾートだというカシュ。
欧米からの観光客も多い割に英語が通じなくて驚きましたが、
そういった面も、田舎の情緒が味わいたい方におすすめです。
日帰りでギリシャの香りも楽しむことができてお得ですよ!

NoPhoto
【春旅2011】ワイキキと穴場ビーチ
エリア:
テーマ:ビーチ・島 
投稿日:2011/08/22 14:34
コメント(0)
ハワイと言えばやっぱりワイキキビーチ!!

waikiki

2


ということで、私たちも旅行中毎日行って
女二人海を眺めながら語らいました。
一人で行ってぼーっと人間観察するのもいいかもしれません。


オススメは日没頃です。
空と海の色がアンニュイでとてもきれいなのです。
3

活気のある昼間に比べ、夕方はみんなゆったり思い思いビーチで過ごしています。




もうひとつ紹介したいのがハナウマ湾です。

ハナウマ湾はオアフ島随一のスノーケリングスポットと言われています。
海水の透明度が高く、浅瀬でも間近で熱帯魚たちを見れるのです。
ここは海洋生物保護区にも指定されています。


私たちはツアーに組み込まれていたので車で連れて行ってもらいましたが、
中心部からバスで行けます!


2

hanauma



潜って海の中を見てみると、すぐ隣に熱帯魚が泳いでいるのです。
日本や他の国でもなかなかできない体験なのではないでしょうか。


これができるのも自然を愛するハワイだからこそかなと思いました。

オアフにはたくさんの美しいビーチがあるので、
自分のお気に入りを探すのも面白いかもしれません。

?
【番外編】たびだんの2010年夏旅「ウクライナのリゾートビーチ」
エリア:
  • ヨーロッパ>ウクライナ
テーマ:ビーチ・島 ホテル・宿泊 歴史・文化・芸術 
投稿日:2010/12/06 17:54
コメント(0)
こんにちは!

学生団体mof.の三宮です。
前回と同様に自分が担当します。男です!!



今回はウクライナについて書きます。
東南アジアを旅していたのに、何でウクライナ?と思う方もいると思います。

実は、今回の旅は、ロシア・ウクライナがメインなんです!
しかし、ロシア・ウクライナはヨーロッパ並みの物価なのです。
そのため、行った事もないし物価安い、と言う理由で
3週間だけ東南アジアを旅行しました。

まずロシアの首都・モスクワから電車でウクライナの首都キエフへ。
電車の中で仲良くなったウクライナ人女性。デザイナーだそうです。
ウクライナ
きれいですね…
ノーメイクだから恥ずかしいと言っていました。

キエフの駅に着いたら、彼氏がお出迎え(泣)
お幸せに!!と思い別れようと思ったら

「ホステル探してあげる!」

彼ら2人は、色々なホテルやホステルに電話して確認してくれました。
しかもホステルまで車で送ってくれました…。

なんて優しいウクライナ人だ!!

キエフの町並みはとてもきれいでした。
詳しくは同じ団体の河野さんが過去の記事で書いているので、
気になる方は河野さんの記事を見てください!

自分はウクライナを有名にしたある出来事に興味があったので、
その博物館に行きました。

その出来事とは、チェルノブイリ原子力発電所事故です。

おそらく皆さんも一度は聞いたことがあるでしょう。
1986年に起こった原爆事故ですね。
なんでも、広島に投下された原爆の500発分に相当する量の放射能だとか。
チェルノブイリ
ケチって撮影許可料金払わなかったので、これしか写真ありませんん。

写真の真ん中には、たくさんのお人形が飾られています。なんか怖いです…
たくさんの現場写真から、原爆の被害がとても大きかった事が分かります。

その中で、広島市がチェルノブイリ救済金を送った事、
広島市民によるチェルノブイリへの応援メッセージや、
ボランティア活動が載っていました。

同じ日本人としてなんだか誇らしいですね!

キエフの町を観光した後は、10時間かけて電車でヤルタへ。

ここでは、隣のウクライナ人が食事をわけてくれました。
なんで他人の自分なんかに…
お金のあまりない自分としては大変助かります。
ウクライナ人って優しいんですね!!

シンフェロポリ駅に着いてから、バスで2時間、ようやくヤルタに到着。

ヤルタと言えば、第二次世界大戦中に開かれたヤルタ会談が有名です。
世界史をやっていた方ならわかるでしょう!(笑)
ヤルタ
ヤルタ2
いや〜、めっちゃ綺麗です。
山に囲まれていて、エメラルドブルーの海が広がる海岸。

ヤルタはリゾート地としても有名であるために、
たくさんの観光客が訪れます(アジア系は皆無ですが…)

自分は、旅でリゾート地に行ったことがなかったので、
ひとつ心配なことがありました。

それはホテルです。
リゾート地でなのでホステルなんてありません。ホテルも安くないです。

どうしようかとバックパックを背負っていると、
おじさんおばさんが話しかけてきます。
ほとんどウクライナ語なので何言っているかわかりませんが、
自分のアパートや家の空き部屋を貸してくれるみたいです。

30分ほど交渉して、12ドルでアパートの隣部屋を貸してもらうことに。
(自分をお持ち帰りするために、客引き同士で言い争いをしていて、
大変なことになっていました笑)

トイレ、風呂は住民と共同でしたが、キッチンもあり、
ベットも4つ?あり、テレビもあったのでとても快適でした。

宿も決まり、まずは世界遺産アループカ宮殿へ
アループカ宮殿

次はヤルタを代表する観光名所、ツバメの巣。
ツバメの巣
ツバメの巣2

そして、ヤルタ会談が行われたリヴァディア宮殿
リヴァディア宮殿

また、ヤルタからバスで約2時間かけてセヴァスト-ポリに行きました。
セヴァストーポリ
セヴァストーポリは、クリミア戦争や第二次世界大戦で有名な戦場です。

正直、セヴァストーポリにはあまり見所がありませんでした(笑)
しかし、教科書で読んでいた場所に来ると、
歴史の舞台に立っているという実感がわき、感動してしまいました!

セヴァストーポリからヤルタへの帰りのバスからは、
とても美しい光景が見えました!
夕日によって淡くなったエメラルドブルーの海岸と、
海岸の町の明かりで、なんとも幻想的な光景。

自分の安いカメラでは良いものが撮れないので、
しっかり目に焼き付けておくことに。
バスの中から人々のため息が聞こえます。
自分は生まれて初めて自然の景色で感動しました!

こういう時って、色々なこと考えますよね〜
将来とか、人生とか、社会の事とか…

恥ずかしいので詳しくは書かないです(笑)

ウクライナ最終日は、ヤルタの海を堪能。
海岸
実は、旅していて海に入るのは初めてです。
なので、興奮して、入った瞬間にしゃぎたかったのですが…

アジア人は自分ひとり…しかも男ひとり…

目立っていたため静かに入りました(泣)

見渡せば、海岸には海の男が…
男
勇ましいです!!
他人の目を気にしてしゃげなかった自分が、恥ずかしい。
自分の小ささを思い知らされました。

ここには海の女も…
女
世界一美人の国、ウクライナ…
彼女も若いころは美しかったのでしょう!

ヤルタはリゾート地にふさわしい、自然に囲まれた美しい町でした!!!

でも、海でひとりは寂しいから今度は誰かと来よう。
彼女だったら最高なのに…

色々考えさせられたヤルタの旅でした。
次回も自分が担当します!ちなみに最終回です。

1 - 5件目まで(7件中)