1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外の旅行ブログ
  3. たびぃじょさんの旅行ブログ
  4. たびぃじょさん ロシアの記事一覧

  海外エリア: ヨーロッパ > ロシア の他のブログはこちら|

現役たびぃじょが語る!おちゃめな旅バナ通信

~かわいくて、おしゃれ・おちゃめなひとり旅女子を目指して日々奮闘中!~

プロフィール

ニックネーム:
たびぃじょ
居住地:
東京都
性別:
女性
会社名:
学生団体mof.
会社英字名:
会社所在地:
東京都
業種:
その他
自己紹介:
たびぃじょ=かわいくて、おしゃれ・おちゃめなひとり旅している女子!

そんなたびぃじょを応援しよう!
というコンセプトのもと、私たち学生団体mof.はフリーペーパーを作ったり、各種イベントを行ったりと活動をしています!

そんな現役たびぃじょが、女子ならでは学生ならではの旅の楽しさをたくさんレポートしていきます!
秘境大好き、世界中の美味しいもの大好き…たくさんのエピソードをどうぞお楽しみに♪

カレンダー
10月<2019年11月    
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

記事一覧

1 - 4件目まで(4件中)

レーニン
【番外編】たびだんの2010年夏旅「わたしはロシアになりたい」
エリア:
  • ヨーロッパ>ロシア
テーマ:街中・建物・景色 鑑賞・観戦 歴史・文化・芸術 
投稿日:2010/12/06 17:55
コメント(0)
どうも!

学生団体mof.の男、三宮です!
自分が書くのも三回目。これが最終回です。

最後はロシアについて書きます。

ロシア…

それは、自分が最も行きたかった国。

あまり情報がなく、外見も日本人とはまったく異なるため、
謎の国という印象を持っていた。

ただひとつ言える事…

そこには絶対的存在であるプーチン元大統領がいるということだ。
実は、幼いころ、父親はプーチン元大統領に似ていると言われていた。
そのため、ロシア=プーチン元大統領というイメージが出来上がっていた。

まあそんなことはどうでもいい。

とりあえず、モスクワとサンクトペテルブルクの有名な教会などは、
ウクライナのときと同様に河野さんが過去に書いているので、
興味のある方は見てください!

まずは、サンクトペテルブルクにある世界三大美術館、エルミタージュ美術館。

これがエルミタージュ美術館だ!
エルミタージュ
ロシアに興味がない方でも一度は行ってみたいと思う宮殿、エルミタージュ美術館。

展示室全てを歩くと、20km以上もあるらしい…。
エルミタージュ美術館が旅の最大の目的なら、1〜2日間かけてもいいだろう。
なんと!!!学生は入場料無料。ぜひ国際学生証を作りましょう!

廊下
いや〜綺麗ですね!エルミタージュ美術館は所蔵品だけでなく、
内部の様式も様々なものがあり、歩いていて飽きません。

しかし、ものすごく広いので道に迷ってしまいます…。
実際自分も出口が分からず、同じところを何度も周っていました(笑)

美術品1
おっ、素晴らしい作品です(笑)
これは…水タバコですね。

こんな幼い子供が水タバコを吸っている銅像を作るなんて、
やはり芸術家は発想が違いますね!!

美術品2
これは…コブラツイストをしているのかな??
今にもあばら骨が折れてしまうぐらいしっかり極まっています。
ケンタウロスがコブラツイストをしている銅像を生まれて初めて見ました(笑)
見ていて飽きないです!!

美術品3
これ絶対、作品名「家政婦は見た」でしょ!笑
おばさんが市原悦子さんを連想させます。
覗き見しているおばさんと、二人だけの世界に入っている男女の描写が、
なんともいえないいやらしさをかもし出しています!

作品の見方は人それぞれなので、自分の楽しみ方を見つけてください!笑

今度はキジ島へ行くために、サンクトペテルブルクから
北にあるペトロザヴォーツクへ。
キジ島へ行く理由は、ある教会があるからです。

船
船の耐久テストは、北極圏で行われるそうです。
ペトロザヴォーツクからは、この船で約1時間かけてキジ島へ。

教会
これです。自分が見たかったのは…プレオブラジェーンスカヤ教会です。
この教会は、釘1本も使わず、雨の影響を受けにくい構造になっているとか。

ユネスコによって緊急修理必要建築に指定されていますが、
300年近くたった今でもその方法が見つからないというのです。
まさに人知を越えた教会。

教会2
写真では分かりにくいかもしれないですが、迫力やばいです!

さらに北へ。今度は北極圏の町、ムールマンスク。
電車からはこんな景色も!
景色
景色2
ロシアの広大な土地にはたくさんの自然があります。
季節によって自然が変化するので、いつの季節でも楽しむことができます。

外の景色に見とれながら10時間、ムールマンスクに到着。

わざわざ北極圏に来た理由はただひとつしかないでしょ!

オーロラだ!!!!!!

しかし、着いてすぐ気づきました。

曇りだ…
雨降ってきた…

記念撮影
結局、北極圏に来たという記念撮影をしただけで帰りました(泣)

その後15時間かけてモスクワへ。電車ばっかりですね…

モスクワでは、ホステルで知り合ったタイ人のレックと2人で観光しました。
彼は、公認会計士で大学の教授をしてます。
年齢は40歳と離れていますが、いいやつです!
ただ半分の年齢の自分と行動するのは、体力的に大変だったようです(笑)

モスクワ大学
これはなんだか分かりますか?

ロシアの東大、モスクワ大学です。
なんと高さ約240m…男らしい大学ですね!

観光後、レックと夕食へ。ウズベキスタン料理屋に行きました。
料理
おごってくれました(笑)

次の日は、モスクワ市立教育大学へ。
前日に日本人の日本語教師と知り合ったので、
日本語の授業にゲストとして出ることに。

校内
学食です。

学生
日本語学科の生徒たちです。
自分と少し距離が開いているのは気にしないでください…笑

彼らの日本人に対するイメージなどを聞いたり、
とても楽しい時間をすごしました!

2つの授業に出た後、先生と食事へ。
ロシアの寿司レストランへ行くことに。

ここでもおごっていただきました(笑)
寿司
左は天ぷら巻き、右は神風巻き
寿司2
こちらは、みやこ巻き

がり巻きもありました(笑)。
どれも見た目が綺麗ですね!味は普通においしかったです。

夏旅最後の夜
ホステル
ホステルにあるロビーのソファーです。自分のベットです(笑)

中国人の集団がモスクワ中のホステルに押し寄せてきたので、
こんなところに泊まることに…。もちろん料金は半額です!

ロシアは自分のイメージしていた国とまったく違いました。
社会主義をまったく感じさせない国です。

そのギャップに惚れること間違いないです。
ぜひ皆さんも一度訪れてみてください!

結論:わたしはロシアになりたい
※ロシアが好き!ということです(笑)

以上、3回にわたって三宮が担当しました。
たくさんの人々と出会い、大変貴重な経験ができた旅でした。

どうもありがとうございました!

ビーフストロガノフ
【夏旅2010】ロシア&ウクライナの食べ物あれこれ
エリア:
  • ヨーロッパ>ロシア>モスクワ
  • ヨーロッパ>ロシア>サンクトペテルブルグ
  • ヨーロッパ>ウクライナ>キエフ
テーマ:グルメ 
投稿日:2010/10/10 21:40
コメント(0)
こんにちは、学生団体mof.河野です!

これまで3回に渡ってご紹介してきた私の今夏のひとり旅
ロシア&ウクライナシリーズ、今回が最後です;

最終回の今回はやっぱり食べるの大好きな私なので、ロシア&ウクライナの食べ物をご紹介します♪

ロシアと言えばやっぱりピロシキ!
本場のピロシキは油で揚げてある日本で売られているものと違い、いたってシンプルな見かけです。

ピロシキ
中にはキャベツの煮物(?)やサーモン、肉などさまざまです。

駅や町中には下の写真のようなベーカリーの車やベーカリースタンドがところどころにあったので、お昼によく利用していました。
貧乏旅行にはありがたいかぎりです☆

ベーカリースタンド

ベーカリースタンド2

私が行った9月にはもう肌寒い気候だったので、あったかいスープがやはりおいしかったです!

スープとパイ

ロシアのスープと言えばやっぱりボルシチ!
とみなさん思いませんか?

実はボルシチはウクライナの料理なんです!
こちらがウクライナでの本場のボルシチです☆

ボルシチ

ウクライナではボルシチはガーリックオイルつきのパンと一緒に出てくるのですが、このパンがとってもおいしかったです!

ロシア語&ウクライナ語が全くしゃべれない私がよく利用してたのが下の写真のようなレストラン。

ムームー

セルフサービス形式で、食べたいものを指差しで注文してとっていきます。
ロシアでもウクライナでもところどころこういったセルフサービス形式のレストランを見かけました。

ムームー料理
あっという間に豪華な食事が!


といっても学生的な貧乏旅行なので、普段はベーカリースタンドやスーパーでパンなど購入して食費を抑えていました。

滞在先の最終日や特に素敵なことがあったり素敵な場所に行った日など何か特別な日に、

それまで節約した分でレストランに行って食事をするのが私のひとり旅での食スタイルです!

下の写真はウクライナに行く前日、ロシア最終日にちょっとリッチなレストランで食べたビーフストロガノフです。

ビーフストロガノフ
この時久々にちゃんとした食事を食べたので、胃がびっくりしてました(笑)

ロシア・ウクライナともに素朴で優しい味の料理が多くて、
食べてなんだか心がほっこりしました。

さてこれまで私のロシアとウクライナの旅についてご紹介させていただきましたが、この2つの国についてちょっとおわかりいただけたでしょうか?

みなさんが何かこの2カ国に魅力を感じていただけたら、嬉しい限りです。

この2週間の旅を通じて、食、町、建物、人、文化、宗教...etcロシア・ウクライナのことをちょっと知ることができたと同時に、もっともっと知りたくなりました。
またいつか絶対にこの場所を訪れたいと思います!

次回からは担当の塚原がペルー旅行のご紹介をいたします♪
お楽しみに!

血の上の救世主教会
【夏旅2010】ロシア正教の聖堂めぐり
エリア:
  • ヨーロッパ>ロシア>サンクトペテルブルグ
  • ヨーロッパ>ロシア>モスクワ
テーマ:世界遺産 歴史・文化・芸術 
投稿日:2010/10/06 23:24
コメント(0)
こんにちは!

前回に引き続き、ロシア&ウクライナ旅行について書かせていただく
学生団体mof.の河野です☆


私はキリスト教系の大学に通っていることもあって
キリスト教文化、そして宗教文化が好きなので、

旅(特に西洋)に行くと必ずと言っていいほど
教会や聖堂に足を運びます!

ロシアの宗教は事実上国教とも言えるロシア正教がやっぱり有名ですね。

今日は今回私が訪れたロシア正教の聖堂たちをご紹介します!

まずはこちら
ロシア1

みなさんも写真やTVなどで
一度は見たことがあるのではないでしょうか?

これはかの有名なモスクワにある、
赤の広場の南側に建つポクロフスキー聖堂です。

赤の広場のすぐそば、これまた有名なクレムリンには
クレムリン外部
クレムリンの外壁

聖堂広場と言って周囲を聖堂で囲まれた広場もあります!
クレムリン聖堂広場
聖堂広場の様子

共通入場券ではそのうちの4つを見学することができます。

救世主キリスト聖堂
↑こちらはモスクワの救世主キリスト大聖堂です。

宿泊していたホステルがここから近いこともあり、
この大聖堂は滞在中何度も訪れました☆

ソ連時代に宗教弾圧の対象として爆破された歴史をもつこの大聖堂。
(現在の建物は2000年に再建されたものです)

聖堂内の地下にはその歴史を展示した博物館もあり、
とっても興味深かったです!
(何が書いてあるのかはさっぱりわかりませんでしたが。涙)

場所を移して今度はサンクトペテルブルクにあるイサク聖堂です↓
イサク聖堂

この聖堂には展望台があり、上まで登ることができました!

イサク聖堂展望台
展望台からの見晴らしのいい風景。

とってもきれいだったので
ひとりで30分くらいこの展望台でボーっとしてました。

ひとり旅の醍醐味ですね(笑)

血の上の救世主教会内部1
↑内部の様子。

サンクトペテルブルクではモスクワよりは観光化が進んでいるためか
内部写真撮影可の聖堂が多かったです。(大抵は撮影料がかかりますが)

カザン聖堂
↑カザン聖堂

血の上の救世主教会
↑血の上の救世主教会

みなさんもうお気づきだと思いますが、
ロシア正教の聖堂はなんといっても、
この玉ねぎのような形をしたドームが特徴です!

色もカラフルなものが多いです☆
まるでディズニーラ○ドにありそうですよね。(笑)

内部は一面にフラスコ画やモザイク画で
宗教画が描かれていて、圧巻です!

血の上の救世主教会内部2
天井のドーム部にまで描かれています。

ロシア正教では聖堂内に入る時に
女性は頭にベールを被ることが義務付けられているようで
そのことを初めて行ったときに周囲の人たちを見て知ったのですが、

下の写真でも使っている、旅中に巻いていたストールが
ベール代わりにできて大活躍でした!

ストール
ストールが写っている写真がこんなものしかなくてすみません(笑)

最後に今回の旅で私の一番のお気に入りの
ノヴォデヴィチ修道院のご紹介です☆
ノヴォデヴィチ修道院1

ここは世界遺産にも登録されているのですが、
本当に本当にきれいな場所です!

モスクワの中心地から少し離れていてるのであまり人が多くないのも
好きな理由の1つです。

修道院内には聖堂と教会、それぞれ2つあります。

私が行った時には人がほとんどいなく、閑散としていたのですが
その分思いっきり自分の時間に浸ることができました。

この修道院周辺には湖があり、散歩するのに最適です!
ノヴォデヴィチ修道院2

かの有名なチャイコフスキーはその湖を散策して
「白鳥の湖」の構想を練ったと云われているそうですよ!

ロシアの宗教文化を知ることができるロシア正教の聖堂、
みなさんもロシアを訪れた際にはぜひどれか足を運んでみてはいかがですか?

ロシア1
【夏旅2010】ロシア&ウクライナ 寝台列車で旅する2週間
エリア:
  • ヨーロッパ>ウクライナ>キエフ
  • ヨーロッパ>ロシア>サンクトペテルブルグ
  • ヨーロッパ>ロシア>モスクワ
テーマ:観光地 
投稿日:2010/10/04 23:45
コメント(0)
こんにちは!学生団体mof.河野です。

ひとり旅好き女子“たびぃじょ”である私は、

今年の夏ももちろんひとり旅をしてきました!

今回の旅は『ロシア&ウクライナ 寝台列車で旅する2週間』です!

全2週間のうち

まず成田空港からアエロフロート航空の直行便でロシアの首都モスクワへ。

モスクワ1

6日間のモスクワ滞在後、同じくロシアのサンクトペテルブルグに4日間

サンクトペテルブルク1

そしてその後ウクライナの首都キエフに4日間

キエフ2

というスケジュールで旅をしました。

これらの都市間の移動はすべて寝台列車を利用し、

憧れの寝台列車初体験もすることができました!

ロシア寝台列車1

観光にもビザ取得が必要で、また物価も高いことから

“世界一バックパッカーに優しくない国”

などと言われることもあり日本からの観光客は決して多くないロシアですが、

その美しい町並み、またどこか保守的な雰囲気に

モスクワ2

私はすっかりとりこになってしまいました。

そしてどこかロシアと似ているようで、全く違う雰囲気を持つ

キエフの町、ウクライナの文化にも

キエフ1

すっかり魅せられてしまいました!

そのロシア&ウクライナの旅の様子を

ひとり旅ならではのエピソードも混ぜつつ

これから数回に渡ってこのブログでお伝えしていきたいと思います☆

1 - 4件目まで(4件中)