1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. イチローとジュンコさん
  4. モロッコの記事一覧

  海外エリア: アフリカ > モロッコ の他のブログはこちら|

イチローとジュンコの夫婦珍道中

~バックパッカー日記~

プロフィール

ニックネーム:
イチローとジュンコ
居住地:
東京都
自己紹介:
2000年9月 日本を旅立ったイチローとジュンコは、飛行機で、南アフリカ・ケープタウンに降り立った。
二人はそこから日本まで、飛行機を使わずに、陸路と船のみで帰る。
アフリカ大陸南端の喜望峰から日本まで、アフリカ、東西ヨーロッパ、中東、シルクロードとまるまる1年かけての、夫婦珍道中。
野宿もしました。ゴリラと挨拶もしました。サハラを越え、ヒマラヤを越え。。
大自然、世界遺産、カルチャーショック、紛争の傷跡、そして、多くの出会い。
2001年8月無事帰国した二人の旅を振り返って、番外編コラムを掲載します。

カレンダー
11月<2022年12月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

記事一覧

1 - 5件目まで(11件中)

ジブラルタル海峡を越えヨーロッパ1
ジブラルタル海峡を越えヨーロッパ・スペインへ(28カ国目)(モロッコ)タンジェ→(スペイン)アルヘシラス→ラリネア→(イギリス)ジブラルタル
エリア:
  • アフリカ>モロッコ>タンジール
  • ヨーロッパ>スペイン>スペインその他の都市
  • ヨーロッパ>イギリス>ジブラルタル
テーマ:街中・建物・景色 鉄道・乗り物 
投稿日:2001/03/29 15:57
 朝、小ギレイなタンジェの港の乗船タ-ミナルでモロッコ出国のスタンプを押してもらうと、スペイン・アルヘシラス行の大型フェリーの客室に乗り込む。

 ゆとりのある明るい船内に乗客もまばら。そこに置かれたソファに横になっていれば、わずか3時間余りでスペインに到着だ。

 こんな快適な船が、朝から晩まで、一時間に一本ものひん度でモロッコのタンジェとスペインのアルヘシラスを行き来している。
 サハラを越えてモーリタニアからモロッコへ渡るのは本当に大変だったが、それに比べモロッコから、ヨーロッパはスペインへ、国境を越えるのは何とも容易な事か。

 日本の都会の殺伐さをも思い出させるアルヘシラスの顔のないコンクリートのビル群。我々がイメージするヨーロッパの街の趣とはまるで無縁だ。

 「特に何もなさそうな街だね。先へ進もうか。」
 地中海を渡り、アフリカ大陸からヨーロッパに上陸したという喜びもつかの間、スペインの中にある小さな小さなイギリス領ジブラルタルへ。

 モロッコ→スペイン、スペイン→イギリス領ジブラルタルと、1日で2つもの国境を越えるのは、この旅始まって以来だ。

 実は我々2人、イギリスへは行った事がないので、これが初イギリス。

 そうは言ってもここジブラルタル、看板や標識などは全て英語だが、街中で聞こえてくるのはほとんどスペイン語ばかり。

 「これでイギリスへ行った事があるって言っちゃっていいんだよね?」
 「いいんじゃないの。ハワイやグアムに行っただけでもアメリカへ行った事になるんだから。」

 全く国境って一体何だろう・・・。

 ジブラルタルの小さくかわいらしい街を見下ろすようにそびえる丘の上の砦には、イギリスの国旗が高らかに、地中海からの風になびいている。

ジブラルタル海峡を越えヨーロッパ1

【食事】

朝:スープ
昼:クリームチーズサンド、ピーナッツ
夜:ハムサンド、オレンジ

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 9DH(モロッコ・デュラハム)
1US$ ≒ 180pt(スペイン・ペセタ)
1US$ ≒ 1.5PD(ジブラルタル・ポンド)
(レートはイギリスポンドと同じ。紙幣、コインのデザインが異なるだけ。)
・タンジェ→アルヘシラス(フェリー)3時間強 210DH/1人+10DH/荷1コ/TAX
・アルヘシラス→ラリネア〈ジブラルタルの隣のスペイン側の街〉(バス)1時間弱 245pt
・ラリネア→ジブラルタル(徒歩)国境まで5分程/ジブラルタルの中心街まで30分弱

【宿】
(ジブラルタル)Emile YouthHostel 12PD/ドミトリー1人

アフリカ最後の街  1
アフリカ最後の街 (モロッコ)タンジェ
エリア:
  • アフリカ>モロッコ>タンジール
テーマ:街中・建物・景色 
投稿日:2001/03/28 15:52
 ついにやって来ました、やって来てしまいました、モロッコのタンジェ。
 我々のアフリカ縦横断の旅のアフリカ最後の街。

 メディナ(旧市街)の高台から、地中海にせり出す港を見下ろしてみると、地中海はジブラルタル海峡の青い海原を挟んで対岸に迫って見えるのは、もうヨーロッパだ。

アフリカ最後の街  1

 明日にはその港から出る船で、ヨーロッパへ立つ。

【食事】

朝:クリームチーズサンド
昼:鯛(たい)のタシン、パエリア、オレンジ、イチゴ
夜:鯛のタシン、スープ

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 9DH(モロッコ・デュラハム)

【宿】
(タンジェ)Pension Palace 75DH/W-1室

NoPhoto
地中海へ (モロッコ)カサブランカ→タンジェ
エリア:
  • アフリカ>モロッコ>カサブランカ
  • アフリカ>モロッコ>タンジール
テーマ:街中・建物・景色 
投稿日:2001/03/27 15:46
 なだらかな大地にどこまでも拡がるパステルカラーの淡い緑の畑地、牧草地では羊が草をはみ、オリーブの木の葉が枝にざわめき、麦畑では整列する麦の穂が小さく風に揺れる。

 そしてバスは大西洋をバックに従えたラバト城をまわり込み、地中海沿岸へ。

 カサブランカからタンジェまでの道のりは、バスで通り過ぎるのが惜しくなる程、穏やかで、すがすがしい。

 美しいモロッコの初春。

 時に蒸し暑く、時に乾ききった猛暑だった、長い長いアフリカの夏を、ようやく脱した様だ。

 風が少々肌寒いような、日が照るとポカポカしてくるような、そんな地中海性の穏やかな気候が心地よい。


【食事】

朝:バゲット、カフェオレ
昼:サフラン・ライス、イカリングフライ、ケフタ(焼ミンチ肉のサンドイッチ)
夜:小エビのタシン

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 9DH(モロッコ・デュラハム)
・カサブランカ→タンジェ(バス)5時間半 110DH/1人+3DH/荷1コ

【宿】
(タンジェ)Pension Palace 75DH/W-1室

哀愁のカサブランカ?1
哀愁のカサブランカ? (モロッコ)カサブランカ
エリア:
  • アフリカ>モロッコ>カサブランカ
テーマ:街中・建物・景色 グルメ 
投稿日:2001/03/26 15:29
 青い空をバックに、大西洋の荒波を従えて、カサブランカの街外れにドーンとそそり立つモザイクの装飾が美しい塔、モロッコが誇る大モスク、ハッサン?モスクだ。

哀愁のカサブランカ?1哀愁のカサブランカ?2

 実は昨日も訪れたのだが、その時は小雨がちらつく肌寒いあいにくの天気だったので、晴天の本日、再び訪れたのだ。
 大モスクを飾り立てる幾つもあるモザイク飾りの一つ一つに、モスク前の大広場の柱の一本一本に、そしてモスクそのものが、モロッカン・イスラミックの美しさと装厳さが活きづいている。

 宿からこのハッサン?モスクの途中に見付けた安食堂で、お昼、高級レストランのビーフシチューのようにとろける牛肉のタシンに舌筒み。2人で食べてお腹いっぱいになる程の量の一皿(一鍋)で、わずか200円程。

 思わず、
 「カサブランカもなかなかいい所だね。」

 おいしいものに勝るものなし。


【食事】

朝:バゲット、カフェオレ
昼:タシン
夜:パン、ヨーグルト、オレンジ

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 9DH(モロッコ・デュラハム)
・ハッサン?モスク 外から見るのは無料だが内部を見学するのは有料:100DH/1人


・今日ここカサブランカのインターネットカフェでインターネットをしました。10DH/1時間
(安い!つながり具合もなかなか良好でした)

【宿】
(カサブランカ)ユースホステル 120DH/W-1室
※朝食付+(チェックイン時入国、スタンプのコピーが必要だった)コピー代1DH

NoPhoto
哀愁のカサブランカ? (モロッコ)カサブランカ
エリア:
  • アフリカ>モロッコ>カサブランカ
テーマ:街中・建物・景色 
投稿日:2001/03/25 15:25
 「抱きしめると、いつも君は〜♪」と、日本ではヒロミ・ゴーが歌った「哀愁のカサブランカ」でも有名なカサブランカ。

 もちろんモロッコの都会なので、ビルも林立しているが、メディナと呼ばれる旧市街は小ぢんまりとしてはいるものの、エキゾチックな活気が満ち溢れている。

 昨夕、そんなメディナでJunkoはズボンを新調。約7ヶ月間、アフリカの旅で頑張ってくれたJunkoのGパンはあちこち裂けまくっていて、そろそろ「限界」に近付いていたのだ。

 ヨーロッパに近いせいか、店にはヨーロッパから来ていると思われる状態の良い衣料品が、こちらの物価に合わせて格安で売られているのだ。

 Junkoは既にガーナでシャツを新調しているので、これで上下とも服装を一新した事になる。

 ズタズタになる迄、ともにアフリカを戦ったGパンを捨てるのは、本当に心苦しいのだが、我々は長旅の途中。もうはく事もない物を持って行く余裕はない。
 「ここまで良く頑張ってくれた。どうも有難う。」

 その新しいズボン姿で、今日はカブランカの街を、あっちをふらふら、こっちをぶらちょろ。

 身だしなみも整えて、
 「これでヨーロッパへいつでも行けるね。」
と、Junko。
 私めのズボンは汚れたままなんだけどね・・・。


【食事】

朝:バゲット、カフェオレ
昼:タシン
夜:イカ、エビ、魚のフライ

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 9DH(モロッコ・デュラハム)

【宿】
(カサブランカ)ユースホステル 120DH/W-1室
※朝食付+(チェックイン時入国、スタンプのコピーが必要だった)コピー代1DH

1 - 5件目まで(11件中)