1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. イチローとジュンコさん
  4. マリの記事一覧

  海外エリア: アフリカ > マリ の他のブログはこちら|

イチローとジュンコの夫婦珍道中

~バックパッカー日記~

プロフィール

ニックネーム:
イチローとジュンコ
居住地:
東京都
自己紹介:
2000年9月 日本を旅立ったイチローとジュンコは、飛行機で、南アフリカ・ケープタウンに降り立った。
二人はそこから日本まで、飛行機を使わずに、陸路と船のみで帰る。
アフリカ大陸南端の喜望峰から日本まで、アフリカ、東西ヨーロッパ、中東、シルクロードとまるまる1年かけての、夫婦珍道中。
野宿もしました。ゴリラと挨拶もしました。サハラを越え、ヒマラヤを越え。。
大自然、世界遺産、カルチャーショック、紛争の傷跡、そして、多くの出会い。
2001年8月無事帰国した二人の旅を振り返って、番外編コラムを掲載します。

カレンダー
8月<2022年9月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

記事一覧

1 - 5件目まで(6件中)

NoPhoto
ダカール行き国際列車 (マリ)バマコ→(セネガル)ダカール
エリア:
  • アフリカ>マリ>バマコ
  • アフリカ>セネガル>ダカール
テーマ:街中・建物・景色 鉄道・乗り物 グルメ 
投稿日:2001/03/07 14:48
 我々を乗せたセネガルのダカール行のオンボロ列車は、朝9:15、マリのバマコ駅をほぼ定刻通り出発。

 「ジェンネにドゴンにトンブクゥ・・・。見所満載で西アフリカの旅のハイライトと言われてるマリをもう出ちゃうの?」とお思いの方、済みません。実は約5年前、マリは2人で一度旅してまわってるんです。その様子は、自分のホームページで写真と併せて少し載せてあるので、興味のある方は見てみて下さい。

 犠牲祭の翌日だからなのだろうか。車内はガラガラ、8人乗りのコンパートメントはどこも2人から4人位までしか乗っていない。
 通常列車出発日の前日の朝から売出される切符も、昨日は犠牲祭の祝日なので、夕方からのわずかな時間だけの売出しだった。

 話はそれるが、昨日面白かったのが、バマコの駅の切符を買いに行った時。
 エアコンがガンガンに効いた、切符売りのおじさんが座る窓口内は、何故か明かりがなく、薄暗い室内にはロウソクが立てられ、おじさんはこちらが支払ったお金をロウソクの火にかざして金額を確認している。
 「エアコンを動かす電気があるんなら、電灯位付ければいいのに・・・。」
 そう言えばバマコの駅には幾つも時計が設置されているのだが、そのどれもが止まっているか、全くもって狂ったまま。まともな時間を指し示す時計は一つもなかった。

 列車はバマコの街を抜けると、やがて一面マンゴの木々が茂るマンゴのプランテーションの中を走り抜ける。
 列車がマンゴの木々を抜けた所にある小さな駅に停車すると、乗客はこぞってマンゴを買い求めている。
 赤ピンクや黄色いよく熟れたマンゴからは、甘くいい匂いがする。

 窓から身を乗りだして、我々もマンゴを購入。
 皮をむいてかじり付くと、
 「ウン、甘くて美味しい」
しかもとってもジューシーだ。

 手はマンゴの蜜でベトベト、顔と体は、風と一緒に窓から入り込むディーゼル機関車の出すススだらけ。
 楽しいのか、ツライのか・・・。

 列車は快調に、ダカールに向かって走り続ける。


【食事】

朝:パン、ゆで玉子
昼:パン、バナナ、みかん、マンゴ
夜:パン、バナナ、みかん、マンゴ

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 660CFA(西アフリカセーファ・フラン)
・バマコ→ダカール(夜行列車)1等 34625CFA/1人 9:15発 翌23:30着

NoPhoto
犠牲祭 (マリ)バマコ
エリア:
  • アフリカ>マリ>バマコ
テーマ:街中・建物・景色 
投稿日:2001/03/06 14:40
 朝、バマコの街のドブ川のヘリで、子供達が羊を洗っている。
 街中は昨日の喧騒ぶりとは打って変わって、人も車もまばらで、静まり返っている。
 ほとんどの商店は閉店。
 各家の軒先では、つながれた、洗われて白くキレイな毛並の羊達がオロオロしている。

 今日はイスラムの祝日、犠牲祭。

 静かな街角に腰を降ろし、ハイビスカスジュースを飲んで休んでいると、一頭の羊が首を上に吊るされ、一家の主らしき男が包丁を手にする。
 犠牲祭では、各家庭でいけにえの羊やヤギをさばき、食して祝うのだ。

 吊るされた羊から血がしたたる。
 まるで魚やニワトリでもさばくかの様に、鮮やかな手さばきで男は羊を解体して行く。
 皮、肉、内臓、その他、各パーツに分けられたいけにえ達。
 落とされた首が、こちらを向いて飾られている。

 やがて、街の所々からマトン肉を焼く香ばしい煙が立ちこめる。

 我々が泊まっている宿でも、もちろん犠牲祭を祝っている。

 お昼、宿のおかみが、焼いたマトン肉を数切れおすそ分けしてくれる。
 恐る恐る口に運ぶと、「ウン、旨い」。しょうが焼きされている。

 夜には羊肉の煮込スープを頂いたのだが、内臓が原型のままスープの上でゴロッとしたまま。味もかなり脂っぽくにおいも臭くてとても食べれたもんじゃない。
 せっかくのお祝い気分大判振る舞いのおカミも、我々のその様子を見て、首を振ってあきれている。
 「申し訳ない。これは日本人には食べられないよ。」

 夕方、車もまばら、リヤカーの姿に至っては影も形もない静かな通りを、ここ一番の晴れ着をまとった女性達がくり出してくる。

 昨日はゴミゴミとした喧騒の街、今日の午前中はいけにえの血がしたたる街。
 そして今は、華やかな祝い気分が街に溢れる。

 それにしても今日、バマコで、マリ国内で、世界中のイスラム教の国で、一体どれだけの羊がいけにえにされ人々の胃袋に入っていったのだろう。
 その羊達の姿に、つい丑用(どよう)のウシの日のウナギを連想してしまう日本人の旅人であった。


【食事】

朝:パン、カフェオレ
昼:リソース(炊込ご飯ソース掛)
夜:ごはん、羊モツ肉スープ(脂こくて食べられず)、羊肉のしょうが焼き

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 660CFA(西アフリカセーファ・フラン)

【宿】
(バマコ)Chez Fanta 3500CFA/ドミトリー1人
※名物の情報ノートはもう無いとの事。
※近くの de la Paix(3000〜3500CFA/1人)の方が評判が良く過ごし易い様だ

NoPhoto
犠牲祭前日の賑わい (マリ)バマコ
エリア:
  • アフリカ>マリ>バマコ
テーマ:街中・建物・景色 
投稿日:2001/03/05 14:33
 それにしても、マリの首都バマコの街中はすごい人混み。
 車やリヤカーの数も多く、その人混みや溢れる車やリヤカーをかいくぐり、道を渡り、通りを歩くだけでも骨が折れる。

 ゆっくりと注意しながら慎重に歩いていたつもりだったのだが、
 「危ない!!」
Junkoが叫ぶ。

 車道の端でオロオロ進む、横たわった羊を乗せたリヤカーが、道行く車と接触し、歩道を歩く自分に向かってハジキ飛ばされたのだ。

 「痛!!」
 ハジキ飛ばされたリヤカーは、瞬時の事によけ切れなかった自分に突っ込む。
 足がリヤカーと歩道の間に挟まってしまったのだ。

 後からわかった事なのだが、この日の翌日は、イスラムの祝日、犠牲祭。
 犠牲祭では、各家庭では生きたヤギや羊をさばいて食するのがならわしだ。

 多分この尋常でない街のゴミゴミ振りも、犠牲祭前日の買出しなどの人々で賑わっているのだ。

 リヤカーに挟まれ右足のももとふくらはぎが少々痛いが、どうやら軽い打撲だけで大事には至らなかった様だ。
 「本当に骨でも折れたら大変だった。羊と一緒に犠牲祭の犠牲(いけにえ)にされるトコだったよ。」

 ローカルバスステーションの端の屋台で昼食を取っていると、マーケットの方角からモクモクと黒い煙が上がりだす。
 「ウーーー!」
 しばらくして、煙が立つ方向に向かって目の前を消防車が走り過ぎる。
 「火事だ。」

 ほったて小屋の様な小さな商店が密集するマーケットも、通り同様。まるで年末のアメ横の様な物凄い人混み。
 人々はそこで平気で炭(すみ)を炊いて茶をわかし、食事を作り、タバコをポイ捨てする。
 いつどこで火事が起きても不思議ではない。

 「もしあの近くを歩いていたら・・・」
 この人混みでは逃げる事も容易ではない。
 今日はハラハラさせられ放しの、バマコでの1日だった。


【食事】

朝:パン、バナナ
昼:炊込ご飯
夜:パン、ゆで玉子、バナナ

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 660CFA(西アフリカセーファ・フラン)
※今日モーリタニアのビザを取得しました。
午前申請 午後受取 17500CFA/1人 30日間シングル

【宿】
(バマコ)Chez Fanta 3500CFA/ドミトリー1人
※名物の情報ノートはもう無いとの事。
※近くの de la Paix(3000〜3500CFA/1人)の方が評判が良く過ごし易い様だ

NoPhoto
猛暑のバマコ (マリ)セグー→バマコ
エリア:
  • アフリカ>マリ>セグー
  • アフリカ>マリ>バマコ
テーマ:鉄道・乗り物 
投稿日:2001/03/04 14:27
 朝乗ったバマコ行のバスは、エアコン車。
 窓は開けられない様になっている。

 ところが、こちらマリも、この時期日中は40℃近くにまでなる一年で一番暑い時季。
 その暑さに、バスのエアコンは完全にパワー不足。車内は、出足こそ涼しかったが、すぐに息苦しい程の熱がこもり出す。
 バマコに着く頃には乗客は皆、ぐったりだ。

 バマコで取った安宿でも、部屋の中も外も物凄い暑さ。何もしないでじっとしてるだけで、気力と体力が消耗して行く。

 「暑さにやられない様に、ご飯だけはしっかり食べないとね。」
と、ギラギラの日差しが照りつける猛暑のバマコの街にくり出す。

 どうやら元気の素、食欲だけは消耗していない様だ。


【食事】

朝:パン、バナナ
昼:ゆでジャガイモ、炊込ご飯、ビサップ(ハイビスカスジュース)
夜:パン、ゆで玉子、バナナ

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 660CFA(西アフリカセーファ・フラン)
・セグー→バマコ(SOMATRA社バス)3時間半 2000CFA/1人

【宿】
(バマコ)Chez Fanta 3500CFA/ドミトリー1人
※名物の情報ノートはもう無いとの事。
※近くの de la Paix(3000〜3500CFA/1人)の方が評判が良く過ごし易い様だ。

ニジェール川の営み  1
ニジェール川の営み (マリ)セグー
エリア:
  • アフリカ>マリ>セグー
テーマ:街中・建物・景色 
投稿日:2001/03/03 14:21
 「ゲホッゲホッ・・・」

 昨日、深夜、宿にチェックインした所、部屋の中は蚊だらけだったので、殺虫剤を部屋中に念入りに噴霧した上に、蚊取線香をムンムンに炊いて寝たので、息苦しいのだ。

 「これじゃマラリヤの予防になっても、蚊と一緒に人間もやられちゃうよ・・・。」

 朝の穏やかな日差しを浴び、て小さなセグーの街をとうとうと流れるニジェール川。
 川辺では大人も子供も、うら若き女性さえも裸で水浴びをしている。

 その脇で洗濯をする者、食器を洗う者。
 ヤギに行水させている者もいる。

 川の対岸に架かる橋はない。
 小さな手漕ぎのボートや帆かけの渡し舟が、鮮やかな色彩の布でおシャレしたマダム達を乗せて、ゆっくりと行き来している。

 川の流れに合わせて、静かに、ゆっくりと時も過ぎる。

ニジェール川の営み  1

【食事】

朝:ジャガイモ、炊込ご飯
昼:パン、揚バナナ、バナナ
夜:フラワーボールの煮タマネギ掛、リソース(煮込ソース掛ライス)、バナナ

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 660CFA(西アフリカセーファ・フラン)

【宿】
(セグー)Hotel France 7500CFA/W-1室

1 - 5件目まで(6件中)