1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. イチローとジュンコさん
  4. ザンビアの記事一覧

  海外エリア: アフリカ > ザンビア の他のブログはこちら|

イチローとジュンコの夫婦珍道中

~バックパッカー日記~

プロフィール

ニックネーム:
イチローとジュンコ
居住地:
東京都
自己紹介:
2000年9月 日本を旅立ったイチローとジュンコは、飛行機で、南アフリカ・ケープタウンに降り立った。
二人はそこから日本まで、飛行機を使わずに、陸路と船のみで帰る。
アフリカ大陸南端の喜望峰から日本まで、アフリカ、東西ヨーロッパ、中東、シルクロードとまるまる1年かけての、夫婦珍道中。
野宿もしました。ゴリラと挨拶もしました。サハラを越え、ヒマラヤを越え。。
大自然、世界遺産、カルチャーショック、紛争の傷跡、そして、多くの出会い。
2001年8月無事帰国した二人の旅を振り返って、番外編コラムを掲載します。

カレンダー
9月<2022年10月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

記事一覧

1 - 4件目まで(4件中)

NoPhoto
7カ国目、マラウィへ (ザンビア)ルサカ→(マラウィ)リロングウェ
エリア:
  • アフリカ>ザンビア>ルサカ
  • アフリカ>マラウィ>リロングウェ
テーマ:鉄道・乗り物 
投稿日:2000/10/07 15:44
 午後3時のバスでマラウィのリロングウェへ向かう予定。バスステーションでバスを待つ。ところが午後2時頃、バスが到着すると、たちまちバスは7〜8人のすごい剣幕の男性に取り囲まれ、ドライバーと乗務員は彼らと共にどこかへ行ってしまった。
 
 このリロングウェ行のバス、ボルボ製の大型バスなのだが、最近運行し始めたらしい。そこで、今まで運行していたワゴンのミニバスの関係者達が客を取られると抗議しているとの事だ。何だかやばい雲行きだ。このバスはちゃんと出発するんだろうか。

 バスの乗務員とミニバスの関係者達は、バスステーションの柱の陰で何やら大声で話し合っている。バスが来たらすぐ乗れると思っていた乗客達は、バスの前にたむろして、バスの搭乗を待つ。

 出発予定時間の午後3時、バスのドライバーと乗務員がサーッとバスに駆け寄ってくると、瞬く間にバスの扉を開け、手を振り上げて急いでバスに乗り込むようにと乗客を誘い込む。事情を察した乗客は一斉にバスに乗り込み、間もなくバスは出発。ほぼ定刻通りだ。「ホッ」。

 先日、リビングストンからルサカ行のバスの中は静かだったと言う事を書いたが、どうもそれは、その時その路線に限った事だったらしい。このインターナショナル路線のバス内は、両替屋がしつこく両替しないかと言い寄り、ごく一部だが、酔っ払いの客がうるさい。

 見掛けは立派な大型バス、ところが一時間ほど走ると、例によって故障。道端で止まってしまう。一時間ちょっと修理後、再出発。順調な再走ぶりを見て、車内では3流アメリカ映画のビデオ上映し始める。ところがこれHなシーンの連続で、そのたび乗務員が慌ててビデオを止めては早回し。乗客の一部からは「ハーッ」とがっかりしたようなため息も漏れていた。

 日が暮れると涼しくなるだろうと思っていたら、車窓から吹き入る風がやけに生暖かい。いくら日中暑いからって、これは変だと思って外を見ると、何と夕闇に、山のあちこちから炎がメラメラと上がっている。山火事かとも思ったが、どうやら焼畑の為に野火が放たれているらしい。

 野火はかなりの広範囲に渡り、闇夜に連なる低い山並みが炎に紅く染まり、その中の山道をバスは進む。何だか幻想的な雰囲気だ。


【食事】

朝:パン
昼:パン
夜:パン

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 3000ZK(ザンビア・クワチャ)
1US$ ≒ 70MK(マラウィ・クワチャ)

・夜行バス ルサカ→リロングウェ 15:00発 翌8:00着 50000ZK/1人+1000ZK/荷物1個
 バスは週4便(月、火、土、日)。
 ルサカには新しいバスが次々運行されており、ツーリストインフォメーションや宿チャチャチャバックパッカーズの情報は古く、全くアテにならない。自分でバスステーションに行って、情報を収集した方が良い。
 バスステーションは「インターシティバスターミナル」と、線路を挟んで反対側、スーパーマーケット「ショップライト」裏にも「コーチステーション」がある。バスステーション周辺には両替屋他、怪しいやからも多いので、情報はインターシティではインフォメーションカウンターに、コーチステーションではチケット販売員に直接聞く事。

・マラウイ入国にはビザが必要。  我々はザンビアのルサカで取得。

NoPhoto
ルサカで一日 (ザンビア)ルサカ
エリア:
  • アフリカ>ザンビア>ルサカ
テーマ:旅行準備 
投稿日:2000/10/06 15:32
 今日はお隣のマラウィのビザを取らなくてはならない。実は昨日、ガイド本の地図を頼りに、マラウィ・ハイコミッションまで行こうとしたのだが、地図に記されてあったその場所に、目的のハイ・コミッションは見つからない。近くのツーリスト・インフォメーションにて尋ねると、マラウィ・ハイコミッションは、かなり遠くに引っ越してしまっているとの事。暑い中、わざわざ歩いてきたのに! 仕方ないので、今日は朝から、インフォメーションで教えてもらった場所へ、マラウィ・ハイコミッションを訪ねる。

 ミニバスや道行く人に道を聞きながら、ハイコミッションに到着し、ビザの申請をすると、ビザ代はUS$では受け付けず、ZK(ザンビアクワチャ)でないとダメとの事。その額は2人で540000ZK(≒180US$)。「えー! US$なら用意してきたけど、そんな大金のZKは持ってないよー!!」と声を上げると、「待ってるから、街まで行って両替して来なさい。」
 仕方ないなぁ、もう。バス代ももったいないので、Junkoをハイコミッションに残し、一人でバスに乗って銀行のある市街まで行き、両替してUS$を手にし、またバスでトンボ返り。今日は金曜日、土日はハイコミッションは休みだ。なるべく今日中にビザを取っておきたい。

 そんなこんなで何とかマラウィ・ビザの取得に成功。ホッとして宿までのバスに乗ったら、宿の近くを通り過ぎ、鉄道の線路を越えて、ルサカの中心街のカイロ通りまで乗り過ごしてしまった。バスの車掌さんに地図を見せて、「ここら辺で降ろして」って言っておいたのに、車掌さん、すっかり忘れてる。仕方なく、カイロ通りからは歩って宿に帰る事に。

 宿は線路の反対側。ぐるっと回り込んで高架の陸橋を渡って越えて行かなくてはならない。暑い中、ゼエゼエしながら陸橋を上って行くと、眼下には平気で線路の上を歩って横断する大勢の人の姿が。線路の両脇の金網は所々穴が空いていて、皆そこから通り抜けている。「なんだ。あっちの下を通れば楽ちんだったんだ。」

 すっかり疲れきって、午後は2人で宿で休憩。夕食後、マラリア予防薬を飲み、明日のマラウィに備える。


【食事】

朝:パン
昼:パン
夜:(自炊)野菜炒め

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 3000ZK(ザンビア・クワチャ)
・マラウィ・ビザ 270000Z/1人(6ヶ月。マルチ)(シングルは180000ZK) 即時発給。9:00〜 午前のみ。事前に両替して行く必要がある。US$払い不可。
 マラウィ・ハイコミッションは「旅行人」や「ロンリープラネット」の地図とは違う「Kabulonga(カブロンガ)」という地区に移っている。中心街から4〜5kmある。バスで片道1000ZK。乗務員にカブロンガと言えば連れていってくれる。カブロンガで降りると、マラウィ・ハイコミッションの大きな看板がすぐ目に入るし、そこら辺の人に聞けば道を教えてくれる。

【宿】 (ルサカ)チャチャチャ・バックパッカーズ ドミトリー 20000ZK/1人
 中心街から遠い。キッチンもあり、悪くはないがキレイとも言えず、スタッフの態度もイマイチ、価格の割には良くもない。平均点以下。他に手頃な宿があったら、そちらの方がいいと思う。

NoPhoto
6カ国目、ザンビア (ザンビア)リビングストン→ルサカ
エリア:
  • アフリカ>ザンビア>リビングストン
  • アフリカ>ザンビア>ルサカ
テーマ:鉄道・乗り物 
投稿日:2000/10/05 15:27
 「所変われば人変わる。」朝、リビングストンからルサカ行のバスに乗ると、どうも雰囲気がいつもと違う。

 これまで、ジンバブエなどでは、バスの中はそれなりに賑やかで、色々なものが食べ散らかしたり、バスが途中停車すると、物売りが群がって来たりしていたのだが、このバスの中では、皆とても大人しい。早朝発のバスだというのに、食事をしたり飲み物を飲んだりする人は皆無。車内に流れるBGMも穏やかなポップスで、音量もかなり控え目だ。

 朝9:00頃、バスが休憩所のような所でしばらく停車すると、そこで乗客は一斉に食事を取る。バスの外にジュースや果物などの物売りがいるのだが、これがまたいたって控え目。バスから5〜6m離れた所から、こちらを向いて、笑顔で商品を手に提げてぶらぶら見せるだけ。窓際までしつこく売り込みに来たりしない。もちろん車内にまで入ってくる事もない。
 人の顔もバスの感じも、ジンバブエとそう変わらないのに、ちょっと国境を越えただけで、この変化はちょっと面白い。


 それにしても、旅が進めば進むほど、どんどん暑くなって行く。どんどん赤道に近づいて来ているからなのだが、時に肌寒いこともあった南アから上がって来ているので、この暑さ、結構こたえる。

 夕方になると「プーン」と蚊の羽音も。宿のベッドには蚊帳も吊ってある。夜は虫除けをぬり、蚊取り線香をたいて寝る。それでも2人とも既に数ヶ所、蚊に刺された跡が。

 そろそろ「来た」ようだ。明日の夕食後からはマラリヤの予防薬を服用しなくては。


【食事】

朝:パン
昼:パン
夜:(自炊)野菜炒め

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 3000ZK(ザンビア・クワチャ)
・バス リビングストン6:00→ルサカ11:40
他にも1日に2便(計3便)あるとのこと。 30000Z/1人 前日に予約した方が良い。

【宿】 (ルサカ)チャチャチャ・バックパッカーズ ドミトリー 20000ZK/1人
 中心街から遠い。キッチンもあり、悪くはないがキレイとも言えず、スタッフの態度もイマイチ、価格の割には良くもない。平均点以下。他に手頃な宿があったら、そちらの方がいいと思う。 6カ国目、ザンビア1

ビクトリアの滝で泳ぐ! 1
ビクトリアの滝で泳ぐ! (ジンバブエ)ビクトリアフォールズ→(ザンビア)リビングストン
エリア:
  • アフリカ>ジンバブウェ>ビクトリアフォールズ
  • アフリカ>ザンビア>リビングストン
テーマ:世界遺産 
投稿日:2000/10/04 15:16
 ビクトリアの滝は、今は乾季。ナイアガラやイグアスを知っている人は、この時期のビクトリアの滝は、意外にそれ程大きくないなと思うかもしれない。雨季だったらそれはもう大迫力なのだろうが(ただし、水煙で良く見えないとの情報あり)。しかし今日は、乾季のビクトリアの滝ならではお楽しみがあるのだ。昼過ぎ、滝を挟んで反対側にあるザンビアの街、リビングストンの宿のピックアップサービスで、国境を越えザンビアへ。

 何とザンビア側では、滝に続く谷の絶壁の上を歩いて行って、滝の上で泳ぐ事ができるのだ。

 遊歩道を越えて、ゴロゴロの大きな岩肌を歩く。遠くの森の陰ではゾウの家族が砂浴びをしている。

 2〜30分歩くと、滝の上に到着。もちろん水着を着て来たので、すぐに、川の水が落ちて滝になるギリギリのところに飛び込む。

 滝の落ちて行く崖を覗き込むと、すごい勢いで水が下へ下へなだれ落ちて行く。じっと見てると吸い込まれてしまいそうだ。滝のヘリには二重の虹のアーチがかかっている。

ビクトリアの滝で泳ぐ! 1

 暑い中、汗だくで岩の上を歩いてきたので、ザンベジ川の水は肌にとても心地良い。それにしても滝の真上でおよげちゃうなんて、こんな楽しみ方ができる世界遺産はここしかない!!

 ビクトリアの滝、満喫させてもらいました☆


 滝になる前のザンベジ川、流れは穏やかに見えて、特に浅い所の流れはかなり強い。そりゃそうだ。もうすぐまっ逆さまに落ちて行くのだから。
 なので、川を渡る時は要注意。足が付く浅い所の方が歩き易いだろうと思って渡ろうとすると、強い流れに足を取られそうになって、とても危険。我々も何度か、冷や冷やさせられた。なんでも年に1人はここから滝壷に落ちて「事故」を起こす人がいるとか。
 また、滝へ至る岩肌も滑りやすいので、泳ぐからといってサンダル等で行かず、スニーカーで行った方が良い。


【食事】

朝:パン
昼:パン
夜:ステーキとコーラ♪

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 50Z(ジンバブエドル)
1US$ ≒ 3000ZK(ザンビア・クワチャ)
・Jolly Boysの10$セット
 ジンバブエ・ビクトリアフォールズからザンビア・リビングストンへの車、ザンビアVISA(我々のは2週間有効だった)、ザンビア側の滝の入場料、一泊分の宿泊、ディナー+ビールorソフトドリンク、全て付いてたったのUS。これはお得。オススメ! 宿の人はとても親切。ジンバブエ・ビクトリアフォールズの宿で予約できる。TC払いOK。
・滝で泳ぐ時は貴重品は宿に預けた方が良い。

・リビングストンの街から滝の公園入り口まで10km。タクシーで片道2000〜2500ZK。

・午前中、ジンバブエ・ビクトリアフォールズのインターネットカフェでインターネットにトライ。
 15分100Z(ジンバブエドル)。30分150Z。日本語のホームページは全く見れない。フォントがインストールされていないため。ものすごく遅いので、画像を短時間で見るのは困難。hotmailで英字のメールが数件、何とかやり取りできる程度。がんがんつなぎたい人は、南アの主要都市でやった方が良い。南アでは「Internet.Digital」という看板を掲げている所もあった。

【宿】(リビングストン)Jolly Boys の10$セット 詳細は上記参照

1 - 4件目まで(4件中)