1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. イチローとジュンコさん
  4. イタリアの記事一覧

  海外エリア: ヨーロッパ > イタリア の他のブログはこちら|

イチローとジュンコの夫婦珍道中

~バックパッカー日記~

プロフィール

ニックネーム:
イチローとジュンコ
居住地:
東京都
自己紹介:
2000年9月 日本を旅立ったイチローとジュンコは、飛行機で、南アフリカ・ケープタウンに降り立った。
二人はそこから日本まで、飛行機を使わずに、陸路と船のみで帰る。
アフリカ大陸南端の喜望峰から日本まで、アフリカ、東西ヨーロッパ、中東、シルクロードとまるまる1年かけての、夫婦珍道中。
野宿もしました。ゴリラと挨拶もしました。サハラを越え、ヒマラヤを越え。。
大自然、世界遺産、カルチャーショック、紛争の傷跡、そして、多くの出会い。
2001年8月無事帰国した二人の旅を振り返って、番外編コラムを掲載します。

カレンダー
8月<2022年9月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

記事一覧

1 - 4件目まで(4件中)

ローマの休日? 2
ローマの休日? そして36カ国目、オーストリアへ (イタリア)ローマ→(オーストリア)ウィーンへ
エリア:
  • ヨーロッパ>イタリア>ローマ
  • ヨーロッパ>バチカン市国>バチカン市国その他の都市
テーマ:街中・建物・景色 世界遺産 
投稿日:2001/04/30 15:57
 今日は朝一番で、バチカンへ向かう。

 昨日、午後に行ったら、あまりの行列ぶりにあのシスティナ礼拝堂を見送ったのだが、今日こそはと朝早目に宿を出る。

 しかし、バチカンの壁の周囲には既に太い帯の様な行列がざわめいている。

 行列に並んで待たされて、ようやく入場し、ラファエロの間などを通ってシスティナ礼拝堂へ。

ローマの休日? 1

 システィナ礼拝堂は人だらけ。

 ミケランジェロの天井画はさすがの迫力だが、あまりの人の多さに礼拝堂と言うよりむしろ万国博覧会のパビリオンの中に居るかのようだ。

 ミケランジェロが神の為に精根尽き果てて描いた天井画が、荘厳な礼拝堂で祈る人々を見守るどころか、世界中から集まった物凄い数の興味本位の観光客に見上げられる事になるとは。

 「こんなはずじゃ・・・」
なんて、天国のミケランジェロは思っちゃいないだろうか。

 その後は、ベネチア広場、フォロ・ロマーノ、コロッセオなどを通りゆっくり散歩。

ローマの休日? 2

 今日は夜、夜行列車でローマを立ち、ウィーンへ向かう。

 夕方、宿に預けた荷物を取りに行く途中、駅の裏手の路地を少し入った所にある露天の大きなマーケットで旅のおともにと、リンゴやクッキーを仕入れる。

 このマーケット、早朝、バチカンに向かう前にふらふらしていて偶然見つけたのだが、少々奥まった所にあるとは言え、サミットの一員でもある先進国イタリアの首都ローマの中心街に、こんな庶民的な活気のある青空マーケットがあるとは驚きだ。
 野菜や果物他様々な物が、沢山の屋台の上にズラッと並べられている。

 白人、黒人、アジア人・・・売り手にも買い手にも色々な顔がいる。

 「これがローマなんだ!」
 最後の最後に、ほんのちょっとだけローマの真髄に触れ、わずかな滞在だったイタリアを後にする。

 明日は森の都とも音楽の都とも称される、ウィーンだ。


【食事】

朝:チーズサンド、クッキー、リンゴ
昼:ピザ、チーズサンド、リンゴ
夜:パン、クッキー、リンゴ

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 2000L(イタリア・リラ)
1US$ ≒ 15AS(オーストリア・シリング)
・ローマ→ウィーン(夜行列車)19:00発 翌9時着 195900L

ローマの休日? 1
ローマの休日? (35カ国目、バチカン) (イタリア)ナポリ→ローマ⇔(バチカン市国)バチカン
エリア:
  • ヨーロッパ>イタリア>ナポリ
  • ヨーロッパ>イタリア>ローマ
  • ヨーロッパ>バチカン市国>バチカン市国その他の都市
テーマ:観光地 街中・建物・景色 世界遺産 
投稿日:2001/04/29 15:49
 人、ひと、ヒト・・・。
 ローマは春の観光シーズン真っ盛り。世界中から観光客、旅行者が押し寄せるのだ。
 加えて日本は今GW、日本人の団体ツアーやハネムーン・ツアーの観光客も目立つ。

 朝、列車でナポリからローマに移動し、宿を取った後、真っ先に向かったのがバチカン市国。

 昼下がりに目にしたバチカンのサンピエトロ寺院は、東京ディズニーランドに勝るとも劣らない黒山のヒトだかり。
 とぐろを巻く延々の行列に、システィナ礼拝堂への入場は断念、バチカンを後にする。
 「天気も良いし、今日はゆっくり散歩にしようよ。」

 青空をバックに程良く離れた所から眺めるバチカンのサンピエトロ広場と寺院は、さすがのたたずまいだ。
 「でも、あの中は人が溢れてるんだよね。」

 そのままゆっくり、川岸に建つサンタンジェロ城まで歩く。そして、城の前の公園のベンチで一休み。
 緑多く気持ち良い公園だ。一息入れるには丁度良い。

 一息ついた後、城の前の川に架かるサンタンジェロ橋を渡る。橋の両サイドには見事な立像が立ち並んでいる。

 その橋の上には、数mおきにカバンなどを並べた出店が出ているのだが、どれも見るからに偽物ブランド品。
 イタリアの首都ローマのど真ん中で、これ程堂々とルイビトンなどの偽ブランド品が売られているとは・・・。

 橋を渡って少し歩くと、噴水で有名なナボナ広場に到着。
 3つある噴水の造形は素晴らしいが、ここも人が多くて、イメージ通りの写真を撮るのが難しい。

 そしてパンテオンをまわり込んで訪れたのが、トレビの泉。
 本日は、相変わらずの人ごみだ。

ローマの休日? 1

 人をかき分け、かき分け、どうにか泉の前にお尻2人分のスペースを陣取り泉に背を向けて座る。

 実は我々ローマに来るのは2回目。数年前ここトレビの泉に来た時も同じ様に2人で泉に背を向けて後ろの泉にコインを投げたのだ。
 そうすると再びローマに返るという謂われ通り、我々は今2度目のローマを歩いている訳だが、
 「人混みと犬の落し物ばかりだし、別にもう何度もローマに来なくてもいいよね。」
 「物価も高いしね。」

 「だったら、何か願い事でもしながらコイン投げようよ。」
 別に、日本のお寺のおさい銭じゃあるまいし、トレビの泉でそうすれば願いが叶うなんて、聞いた事ないが、両替できなかったフランスの小さなコインを2人で泉に放り投げる。

 本日最後に訪れたのは、スペイン広場。
 有名な広場の階段を見て唖然。人だかりに囲まれた階段はまるで人の段、階段の石などまるで見えない程、人でぎっしりだ。
 スペイン広場周辺の通りなどは、まるでお正月前のアメ横の様な人混み。

ローマの休日? 2

 「これは厳しいね。この分じゃ、フィレンツェやベニスもすごい人なんだろうね。」

 我々は前回イタリアを旅した時、フィレンツェもベニスも行っている。その素晴らしさにせっかく再びイタリアに来たのなら、もう一度行ってみたいと思っていたのだが、
 「とばしちゃおうか。」
と、宿に帰る途中、駅へ立ち寄って明日発のオーストリア、ウィーン行きの列車のチケットを購入。
 駅の切符売場も混雑しており、切符を買うだけでもかなり待たされた。

 「よしっ!」
 これでウィーンへ、そして東欧へと、まだに見ぬ世界へ心の針路がぐぐっと振れ向く。

【食事】

朝:パン、クッキー
昼:パン、牛乳(おやつにジェラート)
夜:チーズサンド
【トラベルメモ】

1US$ ≒ 2000L(イタリア・リラ)
・ナポリ→ローマ(列車)2.5時間 19400L
(バチカン サンピエトロ寺院は無料)

【宿】
(ローマ)PinkFloyd 30000L/ドミトリー1人

カプリ島、青の洞窟  1
カプリ島、青の洞窟 (イタリア)ナポリ⇔カプリ
エリア:
  • ヨーロッパ>イタリア>ナポリ
  • ヨーロッパ>イタリア>カプリ島
テーマ:観光地 街中・建物・景色 
投稿日:2001/04/28 15:39
 「青の洞窟」、この至高のネームバリュー。
 それはナポリの沖、それはそれは美しいカプリ島と言う島に青く輝く海の洞窟の事だそうだ。

 朝、チュニスから、フェリーで遠くにサンタルチア港などを眺めながら、ナポリに到着。
 まずは宿探しが、バルセロナ以上に難航を極める。

 駅にあるツーリストインフォメーションで尋ねるも、
 「ムリだよ、この時期空いている宿なんかナポリにはないよ。」
と、門前払い。
 何でもこちらは今日から3連休で、安宿、ホテルともほとんど予約でいっぱいなのだそうだ。

 ナポリには泊まらずに、このまま列車でローマかどこかへ立ってしまおうかとも思ったのだが、せっかくナポリまで来て、素通りはもったいなさ過ぎる。
 沖には、「青の洞窟」が今日も輝いている筈だ。

 ツーリスト・インフォメーションがアテにならないのなら、自分の足であたって探すしかない。
 駅周辺の安宿らしき看板を掲げる宿を、かたっぱしから尋ね歩く。

 ようやく見つけた空き部屋は、典型的なヨーロッパの都市型安宿のトリプルルームで一室100000リラ(50$位)。安宿でこの料金は高いが、仕方なく妥協。
 宿に荷物を置いて、顔を洗うと、ゆっくり歩いてフェリー乗場へ向かう。

 今朝、着いた国際船乗り場の隣の国内船乗り場でチケットを買う。
 「カプリ島往復2枚!」
 1人往復40000リラ(20$位)、近い割には安くない。おまけに現金でしか支払えず、クレジットカードは使えないと言う。

 沢山の観光客と一緒に船に乗り込むと、船上には日本人の団体ツアーの人達の姿が目立つ。
 皆口々に、「青の洞窟、青の洞窟」とつぶやきながら連れ添い同士で会話し、その溢れんばかりの期待の大きさを隠し切れない。

 ナポリからの船がカプリ島に着くと、すぐ青の洞窟行のボート乗場へ直行。
 ナポリからの船が到着したカプリ島の港から、内部が青く輝くと言うその小さな洞窟まで、往復10000リラ(5$位)。

 更に洞窟の前で小さな手こぎボートに乗りかえ、手こぎボート代と洞窟の入場料を併せて15000リラ(8$位)を支払う。
 洞窟の入口は狭く、大きなボートでは中に入って行けないのだ。

 乗換えた小さなボートは、まるで日本の佐渡島のタライ舟をラグビーボール状に変形させた程の、本当に小さなもので、そこに我々2人と他に3人の計5人がヒザをつき合せてギュウギュウに押し込まれ、その真ん中でこぎ手がオールをまわす。

 洞窟の入口は、幅が狭いだけでなく、天井も低い。
 こぎ手の指示に従って、我々が頭をすくめると、こぎ手は洞窟の入口の天井に設置された鎖をわしづかみにして、ボートを一気に洞窟内部へたぐり入れる。
 「ハーイ、どう、見て見て、きれーね。」
と、こぎ手は日本語で連発。

 確かに狭い洞窟内部の水面が、底から沸き上がって来るようなブルーの輝きで波打っている。

カプリ島、青の洞窟  1

 と、思った瞬間、再びこぎ手は入口の鎖をたぐり、ボートはあっと言う間に洞窟の外へ。
 「エッ?」
思わず2人で顔を見合わせる。

 青の洞窟内に居られたのはものの数秒足らず。
 こぎ手からしきりにチップを請求されるも、これは無視。

 その後、歩いたカプリの街中には、グッチ、フェラガモ、プラダ・・・そうそうたるイタリアの高級ブランドショップがズラッと並ぶ。
 その奥には高級ホテルに高級レストラン。
 もちろん我々はその雰囲気だけ少々うかがわせてもらって、どの店の扉をくぐる事なく、カプリ島を後にする。

 期待が大きかった分、「カプリ島」、「青の洞窟」、このまま行けば、間違いなくこの旅のガッカリTOP1。

 夜、夕食後、ナポリの乗船場から宿に帰る途中、犬の落し物を踏んづけてしまうおまけ付き。
 犬が大好きなこちらの方々、ヨーロッパの街中は犬の落とし物がよくあるのだが、特にナポリをはじめ、イタリアの街中にはそれが多く目立つ。道中ウンチだらけだ。

 どうなってるんだ。イタリアさんよ!どう言う事なんだ。青の洞窟!!

 最後に、誤解の無い様に言っておきます。
 青の洞窟自体は美しいんです。問題はそれを見るシステム。

 せめてあの幻想的な青い光が波打つ洞窟内に、1分、いや30秒だけでも静かに浮いていられたなら、そんな風に思うのです。


【食事】

朝兼昼:モッツァレラチーズ、パン、クッキー
夜:四季ピザ、スパゲティ

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 2000L(イタリア・リラ)
・ナポリ→カプリ(船)片道1時間弱 40000リラ/往復
・カプリの港→青の洞窟(小船)25000リラ(ボート往復と入場料)

【宿】
(ナポリ)Hotel Zzra 100000リラ/トリプル-1室(他に空きがなく、トリプルを2人で使用)

NoPhoto
船でイタリア(34カ国目)へ (チュニジア)チュニス→(イタリア)ナポリへ
エリア:
  • アフリカ>チュニジア>チュニス
  • ヨーロッパ>イタリア>ナポリ
テーマ:街中・建物・景色 鉄道・乗り物 
投稿日:2001/04/27 15:15
 朝、フェリー乗場でチュニスの通貨、ディナールをイタリアのリラに両替すると、ナポリ行きの小型のフェリーに乗り込む。
 チュニジアとは、これでお別れだ。

 カルタゴの遺跡、ベルベル人の伝統住居クサールなど、見所とされているものの多くは廃墟だった。
 チュニスのメディナ(旧市街)でも南部のオアシス都市でも人々は皆、洋服を着こなし、街自体にはエキゾチックな気分にひたれる様な空気は漂ってはいなかった。
 旅する前はそれなりに期待していたチュニジアだが、正直言って期待には及ばず。どちらかと言えば、モロッコの方が旅先には断然おススメだ。

 それでも、タタウィンでは大好きなアラブ菓子を久しぶりにたんまり食べたし、チュニスのマーケットも中々。
 何より、肌で感じる治安の良さは、ヨーロッパよりも格段にリラックスして街歩きや旅そのものを楽しめる。

 地中海の沖に出たナポリ行きの船の甲板に出てみると、
 「寒い・・・。」
洋上の風は冷たく、とてもじゃないがいたたまれない。
 今日は早めにおやすみする事にしよう。

 とは言っても、我々のチケットは一番安いクラス。 フェリーのキャビン(客室)のベットとは無縁。
 ロビーのソファーの上に横になる。


【食事】

朝:パン、オレンジ
昼:チーズサンド、オレンジ
夜:バゲット、オレンジ

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 1TD(チュニジア・ディナール)
・チュニス→ナポリ(フェリー、夜行)94TD 11:00発 翌9:30着

1 - 4件目まで(4件中)