1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. イチローとジュンコさん
  4. ルワンダの記事一覧

  海外エリア: アフリカ > ルワンダ の他のブログはこちら|

イチローとジュンコの夫婦珍道中

~バックパッカー日記~

プロフィール

ニックネーム:
イチローとジュンコ
居住地:
東京都
自己紹介:
2000年9月 日本を旅立ったイチローとジュンコは、飛行機で、南アフリカ・ケープタウンに降り立った。
二人はそこから日本まで、飛行機を使わずに、陸路と船のみで帰る。
アフリカ大陸南端の喜望峰から日本まで、アフリカ、東西ヨーロッパ、中東、シルクロードとまるまる1年かけての、夫婦珍道中。
野宿もしました。ゴリラと挨拶もしました。サハラを越え、ヒマラヤを越え。。
大自然、世界遺産、カルチャーショック、紛争の傷跡、そして、多くの出会い。
2001年8月無事帰国した二人の旅を振り返って、番外編コラムを掲載します。

カレンダー
9月<2022年10月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

記事一覧

1 - 2件目まで(2件中)

10カ国目、ルワンダ1
10カ国目、ルワンダ (ルワンダ)キガリ→(ウガンダ)カバレ
エリア:
  • アフリカ>ルワンダ>キガリ
  • アフリカ>ウガンダ>ウガンダその他の都市
テーマ:街中・建物・景色 鉄道・乗り物 旅行準備 
投稿日:2000/11/08 14:07
 朝、キガリの中心街の散策に出る。

 キガリは山間にある坂の多い街で、通りは、山肌の地形のせいかくねくねと湾曲している。

 ぐるっとマーケットを回り込み、中心街の中心、独立広場に行ってみるも、広場は工事中で、柵で覆われている。主要な通りもあちこち工事中で、正に現在復興中といった感じだ。

 手持ちの地図に記されているウガンダ大使館へVISAの申請に行こうと、その足で各国大使館街へ行くも、ここもあちこち工事中。お目当てのウガンダ大使館の姿もない。

 道を歩いていると、時々、手首や指がない人とすれ違う。すれ違うのは一瞬だが、生々しい、それも遠くない「悲惨な過去」を持つルワンダという国が、強烈に胸に焦げ付いてくる。

10カ国目、ルワンダ1

 ここキガリ、特に見るべき所もなく、ウガンダ大使館の場所も不明。おまけに物価も高い。ほんのわずかな滞在ではあったが、もう充分だろう。
 ルワンダを発ち、ウガンダへ行く事にする。
 バスステーションでは、ウガンダ行のミニバスの出発待ちの間も、手や指が無い子供達を何人か目にする。

 ミニバスがウガンダ国境に近付くと、辺りの山肌には茶畑が広がる。

 ウガンダのVISAは「国境でも取れるらしい。」という少々不確かな情報だったので、出来れば事前に取得しておきたかったのだが、勢いでVISAなしで国境まで来てしまい、少し心配していたのだが、ウガンダのVISAは難無く国境で取得。
 お昼過ぎウガンダに入る。

 ウガンダに入国するとすぐ、目指すカバレという街までの呼び込みタクシーに乗車。乗客は地元の女性一人と我々二人、そしてもう一人、偶然一緒になった日本人旅行者一人の計4人。
 「さあ、これからあと何人乗ってくるやら。」
と思っていたら、何とドライバーはエンジンを始動、車を走らせ始めたではないか。
 「すごい!! さすがウガンダ!!」
 思わず、叫んでしまった。

 余計な運賃徴収係の乗務員もいない。乗員はドライバーも入れて5人しか乗っていない。
 「こんなに余裕を持って車のシートに座って移動ができるなんて、これぞタクシーだ。」
と思ったのもつかの間、カバレ迄の道中、タクシーは一人、また一人と客を拾い乗せて行き、結局タクシーには8人が詰め込まれる。
 昨日の11人よりはマシとは言え、「やっぱりね…。」とJunkoと2人で思わず笑ってしまう。

 つらいのか楽しいのか面白いのか…、それがアフリカの旅だ。

 カバレの安宿にチェックインしようとすると、宿の入口に見覚えのあるバイクが停めてある。奥平さんだ。
 「奥平さーん!!」階段の踊り場から叫ぶと、いたいた、あのイガグリ頭。早速、宿のバルコニーで奥平さんと、キガリから一緒だった日本人旅行者のジローさんと旅の情報交換など、話に花を咲かす。

 奥平さんとはこれ迄、ジンバブエのハラレ、マラウィ・ケープマクレア、タンザニア・ダルエスサラムと会っているので、これで4回目の再会だ。

 「いやー、ダルエスで両替サギにやられてな。」
と奥平さん。
 「何やってるんですか、奥平さんともあろう者が。」
と急にこっちの声が張りあがる。
 「実はうちらもやられたんですよ。」
と切り出すと、お互い目を丸くして見合って笑ってしまった。

 お互い旅の達人と称される者同士なのに、意外にもろいもの。互いに旅の安全を願う。

 つい時間を忘れて語り合ってしまい、気付いて腕時計を見ると、もう午後の2時。急いで両替に行かなければ。
 銀行は早いと午後3時位には閉まってしまうし、ウガンダにはさっき着いたばかりで、こちらのお金を準備しなければと、銀行に早足で向かうも、銀行はどこももう閉まっている。

 見ると3時閉店と書かれている。自分の腕時計を見ると、まだ2時40分。
 「おかしいな、早目に閉まっちゃうのかな。」と思った次の瞬間、「ガーン」。
 やっと気が付きました。
 ルワンダとウガンダには1時間時差があって、時計の針を1時間進めるのを忘れていたのだ。

 さっき、両替サギの話をしてたばかりなのに、これまた初歩的なウッカリミス。
 「トホホ…。明日の朝、両替しにまた来よう。」


【食事】

朝:パン
昼:なし
夜:マトケ(食用バナナ)豆スープ付山盛りで500Ush。ふかしイモのような味でまずまずおいしいのだが、すごい量で胃にもたれて、2人で1人分も食べきれない。

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 400Rf(ルワンダ・フラン)
1US$ ≒ 1500Ush(ウガンダ・シリング)
・ミニバス(マタトゥ) キガリ→ウガンダ国境 13000Rf 1.5時間
呼び込みはカバレ行と言っているが、実際には国境までしか行かない。
・ウガンダVISA 30US$/1人 国境で取れる。
・乗合タクシー 国境→カバレ 1000Ush 30分

【宿】(カバレ)Visitours Hotel 25000Ush/シングル (Wは500Ush)
シングルを2人で利用させて頂きました。とても親切。目の前がバス停で便利。お湯あり。バルコニーでゆっくりできる。オススメ!!

橋がない橋じゃない1
橋がない橋じゃない、タクシーなのにタクシーじゃない (タンザニア)ムワンザ→ベナコ→ルスモ→(ルワンダ)キガリ
エリア:
  • アフリカ>タンザニア>タンザニアその他の都市
  • アフリカ>ルワンダ>キガリ
テーマ:鉄道・乗り物 
投稿日:2000/11/07 12:51
 朝5時、まだ暗い中、ンガラ行のバスに乗って出発。

 バスは1時間程走るとパッタリ停まってしまって全く動かない。前には他のバスや車が連なっている。
 渋滞だろうか、こんな朝早くに。また行手で事故か何かあったのだろうか。

 6時半頃、あたりが明るくなり始めると、前方に水面が横たわっている。
 「もしかしたら、これは…。」と思い始めると、すぐ乗客は全員バスから降ろされ、前方の水辺に昨日のんびりと眺めていたのとそっくりなフェリーの姿。

 朝7時、連らなっていた車が次々とエンジンを始動させ、ゆっくりとフェリーに乗り始める。

 「えーっ、フェリーに乗るなんて聞いてないよ。」
 と手持ちの地図をよく見ると、我々のバスが進む道がビクトリア湖の細長く延びた入り江を横切っている。なる程、これは橋ではなくて、フェリーで越えると言う事だったんだ。

橋がない橋じゃない1

 昨日、ムワンザから見た日中のビクトリア湖は活気と喧騒に満ちていたが、朝日におぼろぐビクトリア湖は静まり返り、我々も他の乗客も静かにフェリーから朝日を臨む。
 細い入り江の部分を渡すだけのわずかな30分余りのビクトリア湖上ではあったが、中々の旅情で、予期していなかっただけに何だか得した気分だ。

 ビクトリア湖の入り江をフェリーで渡ると、再びバスはひた走る。
 ムワンザ周辺こそ舗装道路だったのだが、道はあっという間にいつものダートのラフロード。おまけに、このバス、今迄以上に見るからにオンボロ。

 このオンボロバスの特性なのか、道のせいなのか、バスは弾む、弾む。右へ、左へ、そして上下へホッピング。その度、我々乗客も体を弾ませる。居眠りする余裕なんてない。
 余裕がないおかげで、気分的には割とすぐに降車地ベナコに到着した。

 それにしても、ここベナコっていったいどこなんだろうか。我々の手持ちの地図に、そんな街載ってないし、ガイド本等でも聞いた事もない。
 昨日、バスの切符を買う時、切符売場のおじさんが、
 「ルワンダに行くなら、ベナコで降りると、キガリ(ルワンダの首都)までバスがあるよ。」
 と教えてくれたので、おじさんの言葉を信じて、ここベナコでバスを降りたのだ。

 バスを降りるとすぐ、ルワンダとの国境の街、ルスモ行のタクシーが呼び込みをしている。ムワンザでおじさんに聞いたキガリ直行のバスの姿は見当たらない。

 時間は午後2時前、朝だったらキガリまでの直通バスがあったんだろうか。見ると、国境行のタクシーに3人程乗客が乗っている。
 「よし、この人達と一緒に我々もとりあえず行ける所まで行こう。」
 と、そのタクシーに乗車する。

 このタクシー、普通の4人乗りの乗用車なのだが、我々を乗せた後も、呼び込みを続け、また1人、また1家族と乗客が乗り込んでくる。
 「ギューッ」
  もう、ギューギューで身動き一つ取れない。運転手は座っている人の上に重なって座って、半身でハンドルを握り、やっと出発。

 「一人、二人、三人…」と乗車している人数を数えてみると、「11人いる」(里中満智子ではありません)。
 想像できますか? 4人乗りの普通のセダンの乗用車、5人でもキツイのに11人も乗ってるんですよ!! 

 納得がいかないのは、11人中2人がタクシーの乗務員である事。
 1人はドライバー、もう1人は運賃徴収係、いわゆる車掌。
 つまり、これは乗用車の形をしたタクシーと呼ばれるつめ込みバスなのだ。

 それにしても、このつめ込みよう。これだけ乗客が苦しんでるのに、せめて車掌はいらないだろう。

 乗客の荷物が山積みのトランクはもちろん閉まらず、開けっ放し。
 山間の国境は時折にわか雨がパラつき、荷物がビショビショにならないかと気ももまされる。

 不幸中の幸いだったのは、乗車時間がわずか30分余りだった事。
 他の乗客の荷物の間に挟まれた我々の荷物は何とか濡れずに済んだが、それでもかなりムリな姿勢で乗車していたJunkoは、国境ルスモで降車後、足がしびれてしばらく動く事ができない。

 Junkoの回復を待って、しばらくお世話になったタンザニアと別れを告げ、歩いて国境を渡る。

 ウガンダとルワンダには1時間の時差がある。
 国境を越え、ルワンダ側の入管を済ませ、時計を1時間戻すと、時間はまだ2時半。ここから首都キガリ迄、車で3時間余りと聞いていたので、何とか明るい内にキガリに着くだろうと思ったが、甘かった。

 キガリ行のマタトゥ(ワゴンの乗合ミニバス)で国境ルスモを午後3時に出るも、我々を乗せたマタトゥは、ひんぱんに乗客の乗り降りを繰り返し、明るい内に着いて欲しいという我々の願いもむなしく、キガリに近づく頃には日はすっかり落ちてしまう。
 不安がつのる。

 午後7時頃、ようやく街らしき明りが見えてくる。キガリだ。

 キガリに入ると、何と街灯があって、結構明るいではないか。
 マラウィのリロングウェイは首都のくせに夜は真暗だったし、タンザニアのダリエスサラムでさえ、街灯は少なく暗かったので心配していたのだが、ここキガリは中々あか抜けた感じで、首都らしい洗練された都会の趣がある。

 キガリでマタトゥを降りると、乗用車に乗った英語のできるおじさんが、ホテルまで連れて行ってくれると言う。
 街灯があるとはいえ、もう夜だし、重いバックパックを背負ってウロウロ宿探しをするのも大変なので、おじさんの好意を甘える事にする。

 「中心地で安ホテルならどこでもいい。」
とリクエストすると、おじさん、少し車を走らせ、
 「あそこはどうだい、7500フランだよ(2000円位)。」
とホテルの看板を指差す。

 「1人1000円か、ルワンダが物価は高いって言うし、あんまりおじさんに迷惑を掛けられないから、ここでいいか。」
とホテルにチェックインしようとすると、何とダブル1室18000ルワンダフラン(4500円)。高い!!おじさんが言ってたのは一人7500フランくらいってことだったのだろうか?

 でももう夜も9時過ぎなので、あえなくここでギブアップ。とりあえず、今夜の所はここで一泊。
 テレビもあり、部屋はそこそこ立派だが、シャワーは例によって汲み置き水。4500円でこれか…。

 少しでも元を取らないとと、いつもの安宿にはめったに付いていない石けんやトイレットペーパー、それにナフタリンをカバンにしまう。ナフタリンは安宿のベッドに南京虫対策に置くのだ。

 「ドロボウじゃ…?」いえいえ、これらは全て消耗品です。(只今、消耗致しました。)


【食事】

朝:抜き
昼:パン
夜:パン

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 800TS(タンザニアシリング)
1US$ ≒ 400Rf(ルワンダ・フラン)
…タンザニア・ルワンダ国境越に付いて…
主なガイドブック(lonly Planetや旅行人)の情報はどれも不正確でしたので、ここで2000.11.7現在の正しい情報を記します。
((タンザニア→ルワンダ))
(1)ムワンザからンガラ(Ngara)行のバスに乗り、ベナコ(Benako)で降車。ムワンザ5:00発 ンガラ13:30着(我々の場合)。8000TS/1人+フェリー代50TS/1人
(2)ベナコから国境ルスモまでタクシー30分 1500TS/1人。(ベナコからキガリまで直通バスもあるらしいが、出発時刻等不明。聞いた話では4500TSとの事)。
(3)ルスモ→キガリ ミニバス(マタトゥ)1800Rf 4時間
((ルワンダ→タンザニア))
・ルスモからベナコへ行き、バスはンガラ始発なので、ベナコからでは座れない可能性が高くなる。できればンガラまで行き、ンガラからムワンザ行のバスに乗った方が良いと思われる。

・要ルワンダビザ 我々はタンザニアのダルエスサラムで取得。

【宿】(キガリ)Isibi Hotel 18000Rf/W一室 トイレ くみ置きシャワー、TV、Tel付き

1 - 2件目まで(2件中)