1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. イチローとジュンコさん
  4. 中国の記事一覧

  海外エリア: アジア > 中国 の他のブログはこちら|

イチローとジュンコの夫婦珍道中

~バックパッカー日記~

プロフィール

ニックネーム:
イチローとジュンコ
居住地:
東京都
自己紹介:
2000年9月 日本を旅立ったイチローとジュンコは、飛行機で、南アフリカ・ケープタウンに降り立った。
二人はそこから日本まで、飛行機を使わずに、陸路と船のみで帰る。
アフリカ大陸南端の喜望峰から日本まで、アフリカ、東西ヨーロッパ、中東、シルクロードとまるまる1年かけての、夫婦珍道中。
野宿もしました。ゴリラと挨拶もしました。サハラを越え、ヒマラヤを越え。。
大自然、世界遺産、カルチャーショック、紛争の傷跡、そして、多くの出会い。
2001年8月無事帰国した二人の旅を振り返って、番外編コラムを掲載します。

カレンダー
8月<2022年9月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

記事一覧

1 - 5件目まで(20件中)

船で韓国へ  1
船で韓国へ (中国)天津→韓国へ
エリア:
  • アジア>中国>天津(テンシン)
テーマ:鉄道・乗り物 
投稿日:2001/07/29 11:37
 朝、宿をチェックアウトすると、道をはさんで向かいにある団地の入口に出ていた屋台で、露天のテーブルの横に荷物を置いて、朝食に、豆乳やワンタンスープを取る。中国最後の朝に、湯気とともに漂うようこの雰囲気を、しみじみと味わう。

船で韓国へ  1

 「○×○△◎…?」
 「???」
市バスに乗って、早目に港に行って、チェックインカウンターが開くのを待っていると、突然、おじさんとお姉さんに、ハングル語(韓国語)で話し掛けられる。

 我々の様子を見て、韓国人ではない事が分かった様だ。
 「日本人ですか?」
日本語が喋れるようだ。

 「アルバイトをしませんか。荷物を運んでもらうと、1人50000ウォン(5000円)です。税関は問題ありません。韓国に着いた後、少し時間が掛かります。」
 見ると、そのおじさんとお姉さんの仲間らしき人達が、客船ターミナルの建物の前で、何やら荷物をダンボールから出して、大き目の手提げに小分けに梱包している。その手提げを、韓国行きのフェリーの乗客に、バイト代を払って運んでもらうつもりのようだ。

 荷は、くつか何かの様に見える。周りを見渡すと、どうやら船の乗客のほとんどは韓国人。そのあやしげなバイトを頼んでいるのも受けるのも韓国人だ。
 でも我々は日本人、税関は問題ないと言われても、韓国語はわからないし、くつの様に見えても実際何を運ばされているのか分からない。

 だいたい、ただ荷を運ぶだけで5000円のバイト代は、割が良すぎる気がする。上手い話程気を付けなければ。
 「ごめんなさい。」
と、お断り。

 ただでさえ、天津の街のそちこちにはハングル文字が見られ、朝鮮半島が近付いて来たなと思わせられていたのだが、船に乗り込んで見ると、中国の天津に停泊中にも係らず、もうそこはすっかり韓国の雰囲気だ。

 乗客、乗員は皆韓国人、船内の表示は全てハングル文字、そして、レストランでは韓国料理のメニューが並び、全て料金表示は、韓国通貨のウォンになっている。自動販売機では、日本のコインとそっくりの、ウォンのコインのイラストが描かれている。レストランから立ち込める、コチジャンの臭いがたまらない。

 船は中々立派なもので、我々は一番安いエコノミー切符だったのだが、指定席ならぬ指定ベッド、共同浴場やカジノまである。
 ロビーのTVでは韓国のWow Wowのような衛星放送で、次から次へとひっきりなしに映画が放映されている。韓国映画やハリウッド映画に混じって、シャル・ウィ・ダンス他、日本映画も字幕付で放映されている。韓国では日本の映画は上映禁止だと聞いていたが、それはあくまでも一般的な映画館での話らしく、もう長く、このような形や、ビデオでなら、公然と黙認されているらしい。

 「海の上に出ちゃえば、船から見える景色は、インド洋も地中海もここも、そう変らないね」
船の丸い窓の外に、暗み行く、何だか不気味にも思える、えんえんとくねり動き続ける広大な海原を見ながら、ロビーのソファーに腰掛けて、暇つぶしにくつろいでいると、後ろから、
 「日本人ですか?」

 またあやしいバイトか何かの話かと思って振り向くと、若い女性が2人、にこにこしている。彼女達は大学生で、夏休みを利用して中国を旅行した帰りだそうだ。
 一人は学校で日本語を勉強していたそうで、お互い暇な船上と言う事もあって、カタコトの日本語であれこれ談笑にふける。

 「韓国は初めてですか?」
 「はい、初めてです。」
 「韓国では何をしますか?」
 「おいしい物を色々食べたいですねぇ。キムチにカルビ、プルコギにチジミ…」

 「よかったらソウルに着いたら連絡下さい。案内しますよ。」
と、電話番号とe-mailアドレスをメモしてくれる。
 何だか幸先いいね。

 アフリカから旅を始めて11ヵ月余り、ついに日本のお隣、この旅最後の国、韓国に入る。
 最後の最後、おいしい物をいっぱい食べて、いっぱいゆっくりして行こう。


【食事】

朝:揚げパン、豆乳、ワンタン、麻花(天津の名物のお菓子)
昼:チーズパン、クッキー、月餅
夜:チャーシュー、パン

【トラベルメモ】

1$=8元(中国元)
・天津→韓国・仁川 11:00発 翌14:30着 両替は船のカウンターでしてくれる。又、韓国の中国大使館前のおばさんもしてくれるそうだ。

天津・塘沽  1
天津・塘沽 (中国)北京→天津
エリア:
  • アジア>中国>北京(ペキン)
  • アジア>中国>天津(テンシン)
テーマ:街中・建物・景色 ホテル・宿泊 
投稿日:2001/07/28 11:28
 我々は、明日の船で、天津港から韓国へ向かう。そういう訳で、今日は大事をとって、一日早く列車で天津へ向かう。

 天津駅のある天津市内は、北京程大きくはないが、北京以上に洗練された大都会で、安宿の情報もない。そこで、天津駅よりぐっと港寄りの塘沽駅まで、列車に乗る。

 中国沿岸部の主要都市をひんぱんに結ぶ路線は、これ迄乗って来た長距離列車より更に近代的な車両で、今回我々が乗った列車もオール2階建車両だ。

 天津の塘沽駅へ降り立つと、背中の荷物をおろし、Junkoに荷物の見張番を頼んで、一人街へ探索に出る。実はここは塘沽地区の情報はほとんど持ち合わせておらず、地図もない街で、足と勘を頼りに、安宿探しに出たのだ。

 これ迄旅してきたシルクロードの街のような観光地でもなければ、北京や天津市内の様な大都市でもない。きっと安宿があるはずだとふみ、情報不足を承知で塘沽に乗込んできたのだ。
 人や車の流れをよみ、にぎわいを漂わせる方へと足を向け、道行く人や路端で立話をしているおばさんなどに話をきく。

 そうして幾つか見つかった宿の内、一軒の「招待所」では宿泊を拒まれてしまう。恐らく外国人の宿泊は許可されていない宿だったのだろう。
 そして一軒は、中に入ると未だ建設中。
 バスターミナル近くの一軒は、悪くない感じではあったが、Junkoが待つ駅からは遠い。明日向かう港行の市バスは駅前から出るし、重い荷物を背負うのであんまり遠くは避けたい。

 ようやく見つけた一軒、外から見るとかなり老朽化した建物に見えたので、恐る恐る中に入ってみると、外から見えたのは事務所か何かの建物で、客室の建物はまあそこそこだ。
 カウンターには英語の表示もある。「海晶賓館」という名前から見て、港に出入する外国人も使うホテルなのだろう。

 ドミトリーは一人15元(200円位)、うん安い。でも今日は中国最後の夜、せっかくいい安宿を見つけたのだからと、ふん発して、W一室80元の部屋にチェックイン。
 窓から入るそよ風が気持ちよく、静かでいい所だ。

 そして、事前にほとんど情報を持っていないここ「知らない街」を、ぶらぶらと歩いてみる。
 観光地でも繁華街でもない天津・塘沽。団地風のアパートが並び、天津市内行のバスがひっきりなしに行き交う住宅地だ。

天津・塘沽  1

 その中心にある小さな市場が、また、住宅地ならではの極めて庶民的な趣き。そんな市場で買い食いしたり、明日の船の旅に備えて、おやつや食料を買ったりするのが楽しいのだ。

 「ここ、中々落ち着けていい所だね。」
 「最初からわかってたら、何泊かするんだったね。」

 既に韓国行の切符は購入済、明日には立たねばならない。

 夜は、市場前の屋台でのテーブルでディナー。
 チャーハンに、野菜炒めに、海鮮スープ。どれも相変わらずの大盛なのに、相変わらずの安さ。これで15元しかしない。

 ついこの間まで胃疲れしてたと思ったら、
 「こんなに食べれるかな?」
とか言い合いながら、今日は2人でぺロッとたいらげてしまった。
 どうやら、胃の方も、中国に慣れて来てしまったようだ。

 「こんな調子で毎日食べてたら、きっと太っちゃうよ。」
それで中国人は、毎朝、毎晩、外で太極拳やダンスをして体を動かしているのだろうか。

 そう言う訳で、ここら辺が潮時で、丁度良かったのかも、少々心残りがある程度で中国をたつ位が。
 何でも腹8分目がいいって言うもんね(?)


【食事】

朝兼昼:セロリ、キクラゲ等がのった中華冷麺とサラダ、桃、梨
夜:野菜炒、海鮮スープ、チャーハン

【トラベルメモ】

1$=8元(中国元)
・ 北京→(天津)塘沽 列車 2時間 40元

【宿】天津(塘沽)海晶飯店 82元/W(ドミは一人15元より)

北京ダック  1
北京ダック (中国)北京
エリア:
  • アジア>中国>北京(ペキン)
テーマ:街中・建物・景色 グルメ 
投稿日:2001/07/27 11:23
 昨夜、万里の長城・黄花城の上で夜を明かした我々。
 夏の北京の街中はかなり蒸し暑いのだが、さすがに、郊外の黄花城の上で迎える明け方は、冷え込み、朝は寒さに目を覚まさせられる。

 すがすがしい朝の空気を肺いっぱいに深呼吸すると、長城・黄花城を下りる。

 畑地に囲まれてた黄花城、細い道路によって2つに分断されている。
 「この道は、日本がここの長城を壊して作ったんだよ。」
と、道沿いただ一軒あるお店のおばさん。もちろんの事の真偽は定かではない。

 全く未整備で草ぼうぼうの黄花城、観光客向けの施設など全くないのかと思っていたら、池の向こうに小さい真新しいホテルが一軒ばかり。ここもいつまで、こうして無料で自由に立入る事ができるだろうか。

 今日は、我々2人の最後の北京。明日は天津へ立つ。

 黄花城上で一泊して万里の長城も満足した。そして最後の最後は、「最後の晩餐」だ。 北京で、最後の晩餐にふさわしくは、そう、「北京ダック」!!

 黄花城へ一緒に行った面々と、更に2人の日本人旅行者を加え、総勢7人で夜、わざわざ北京中心街、前門の繁華街へくり出す。

 レストランの個室の真中のには、もちろん円くクルクル廻るテーブル。
 そして、表面がこんがりと焼かれた北京ダックが登場。エビアンカケのオコゲも「ジュワッ」といい音を鳴らしている。湯葉料理も美味しそうだ。

北京ダック  1

 テーブルをぐるぐる廻して、さんざん舌筒を鳴らし、お腹いっぱい食べて、お会計をきくと、一人当り16元。250円もしない。
 北京ダックまで頼んだフルコースで250円なんて、マクドナルドより安い!!皆その価格に感動している。

 北京ダックを北京で食べて、ここに北京での日々のクライマックスを迎えたのだ。


【食事】

朝兼昼:キクラゲ他中華炒め料理
夜:(レストランディナー)北京ダック、湯葉包料理、おこげ、スープ他

【トラベルメモ】

1$=8元(中国元)

【宿】(北京)京 飯店 25元/ドミ一人

万里の長城で一夜  1
万里の長城で一夜 (中国)北京
エリア:
  • アジア>中国>北京(ペキン)
テーマ:世界遺産 
投稿日:2001/07/26 11:16
 昨日までで、北京で行きたかった所はほぼまわった我々だが、このまま北京を去ってしまうには心残りがある。
 それは、おととい万里の長城・八達領へ行った時、あいにくの雨に見まわれ、その雄姿がほとんど見えなかった事。

 「ねえねえ、ここへ行くのよ。」
先日、ドミトリーの隣のベッドのスペイン人のお姉さんが、ロンリープラネット(英語の有名なガイドブック)を開いて見せてくれながら、
 「ただで万里の長城に上がれるところがあるの。」
と、教えてくれたのだ。

 日帰りでそこから帰ってきたお姉さんは、
 「草ぼうぼうで大変だったけど、登ってきたわ。」
と、楽しげに話していた。

 おととい行った八達領は入場料に40元も払った。
 「ただ?そんな所があるんだ!」
と、我々2人に、昨晩一緒にご飯を食べた3人の日本人旅行者、合わせて5人のチームで、そのタダの万里の長城へ行って見る事にする。

 皆でギョーザを囲んでエネルギーを補給して、お昼過ぎ、出発する。

 北京の中心からバスを乗り継いで2時間余り、「黄花城」と呼ばれる万里の長城の一端に到着。
 時刻は間もなく夕方、そろそろ帰途につく白人旅行者の姿もちらほら。

 そして我々の方は、所々崩れ、草ぼうぼうに放置された、長城登りを開始する。

 下から見るとガレキの様にも見えた黄花城だが、上まで登ってみると、険しい山の尾根づたいにくねり続くその姿は万里の長城そのもの。期待通りだ。

 今日は天気にも恵まれ、夕焼けに染まる紅の空中に、静かに巨龍のごとくシルエットを作る万里の長城・黄花城。しばしその姿に皆で見とれる。

万里の長城で一夜  1

 辺りがすっかり暗くなると、ロウソクを灯し、スーパーで買い出して持ってきた食料を並べ、皆で囲む。

 こんな時間に、こんな所で、こんな事していると言う事は、そう、今夜は我々、ここ万里の長城の上で野宿を決め込んでいるのだ。

 「万里の長城の上で寝たんだよ!!」
 「エーウソだろー」
 「ホントだよ。」
…って言ってやりたい!! 皆で口を揃える。

 長城の上は、所々草ぼうぼう。その隙間の砂の上に、タンザニアで買って持っていた、アフリカンな柄の布を敷き、掛け、眠りに就く。

 知る人ぞ知る穴場、黄花城。
 先日訪れた、有名な八達領の様な人ごみとは無縁、長城の上は、我々だけの貸しきり状態。登るも寝るもタダで、自由なところは、正に我々旅人向けだ。

 アフリカでは世界自然遺産、ビクトリアの滝のへりギリギリで泳いだ、自分とJunko。
 今回は世界文化遺産、万里の長城の上で夜明かしだ。

 長城の上で、夜は静かにふけ行く。


【食事】

朝:包子
昼:ギョーザ(1コわずか2角=0.2元≒3円) 5人で60コ注文し、皆でつついた。
夜:(長城上にて)お菓子色々、チャーシューetc.

【トラベルメモ】

1$=8元(中国元)
◎タダ万里の長城・黄花城への行き方(行は本日、帰りは明日の記録より)

・北京中心部の東直門バス乗場→懐柔 片道2時間
行:空調バス8元
帰:空調無バス 5元
・ 懐柔→黄花城 片道30分
行:乗合ワゴンタクシー 一台30元/5人(6元/1人)
帰:バス2.5元
・ 今日朝、インターネットをしました。
北京で利用している宿、京華飯店近くのインターネットカフェ 10元/30分(1時間だと15元)。中々快適。

NoPhoto
北京・下町歩き (中国)北京
エリア:
  • アジア>中国>北京(ペキン)
テーマ:街中・建物・景色 グルメ 
投稿日:2001/07/25 11:10
 今日で北京5日目。
 昨日迄の4日間で、中心部の繁華街にも足を伸ばした、天安門広場も、故宮も、万里の長城も行った。

 そこで今日は、アフリカから旅して来た我々の真骨頂、宿のある北京中心地の外れにある一帯を、気のままにふらふらと散策に出る。

 まず、ゆっくりと宿の近くに架かる橋を渡る。橋下を流れる川は、見るからに汚れまくっている都会のドブ川だ。
 日本の都会でも、今でこそ川の水はキレイになってきたが、一昔前は悪臭が立ち込める程のドブ川だった。発展めざましい大都会北京、まだまだ環境に配慮するまでにはいたっていない様だ。

 橋を渡った所にあるマクドナルド前の広場には、屋台が立っている。そこでせいろで蒸されて湯気のあがる包子(パオツ)と、ワンタンスープを、朝食にする。
 異国の街角でゆっくりと朝食を取る。たったそれだけの事が、実にぜいたくな時間を過ごしている気にさせてくれる。これも旅の楽しさだ。

 更に中国の旅のいい所は、我々日本人は、街角でもバスの中でも、同じ顔立ち由に、地元の人にうもれてしまえる事。時々、中国語で話し掛けられてしまう程だ。

 朝食を済ますと、朝から車や自転車が元気に行き交う大通りに沿って、しばらく歩く。

 「ここにもマクドナルドがある。」
 「あそこには原色の派手なデコレーションのケーキが並ぶケーキ屋さん。」
 「スーパーもあちこちあるね。」

 やがてお店もまばらになり、通りが殺伐として来た頃、何だかにぎやかそうな路地を発見。
 「きっと庶民的な市場じゃない?」

 近寄って見ると、その通り。路地沿に露天がズラッと並ぶ市場だ。

 体育館の様な建物に入って見ると、中には巨大なクツ市場。カワグツ、サンダル、スニーカーどれも激安だ。
 クツ市場を出る頃には、Junkoの手には、おしゃれなサンダルが入った手さげ袋。一足わずか20元(300円位)。
 「日本で売られているのもほとんど中国製だもんね。さすがに卸元のこっちは安いよ!!」
と、Junkoはホクホク顔だ。

 外の露店では、果物から日用品から様々な物が売られている。
 その奥の更に一段と活気があるエリアに、魚市場を発見。食用から金魚まで威勢良く売られている。

 そんな市場の一角の中華弁当屋、様々な種類の作り立ての惣菜が、屋台の上に並ぶ。
 「あれとこれとそれ。あ!あっちもおいしそう、あっちも入れて。」
発泡スチロールの容器が閉まらない程、いっぱい、てんこ盛りに入れてもらって、更にもう一つ容器にはご飯が山盛り。これでわずか2.5元(=30円)。

 相変わらずすごい量なので、一人前を2人で分けても胃が苦しい。
 デザートにアイスやヨーグルトも頂いて、蒸し暑い北京の昼時の体をクールダウン。

 「胃が疲れてるはずなんだけど、朝、昼と、結構食べちゃったね。」
なんて言い合いながら宿に戻ると、同じドミトリー(合部屋)に居る日本人の人から、
 「あのー…」と話し掛けられる。

 「みんなで夜、どうですか?」
晩ご飯のお誘いだ。

 中華料理は、目移りしそうな位、色んなおいしい物があって、どれも安いんだけど、何しろ量が多くて。大勢で行って色々頼む方が、楽しめるのだ。

 夜、我々2人を含めて総勢5人で、レストランのオープンエアのテーブルに座る。
 「胃は疲れているハズだったんだけど…。」

 熱々のアンカケがおこげの上に垂らされ、「ジューッ!!」といい音を立てている。


【食事】

朝:包子、ワンタン
昼:野菜炒め盛り合せ弁当、中華菓子、アイス、ヨーグルト
夜:(レストランでディナー)おこげ、スープ、各種肉や野菜料理、5人で食べきれない程食べて、一人わずか10元=120円。

【トラベルメモ】

1$=8元(中国元)

1 - 5件目まで(20件中)