1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. 韓国
  5. 釜山(プサン)
  6. 街中・建物・景色
  7. 国際都市釜山 (韓国)釜山

イチローとジュンコの夫婦珍道中

~バックパッカー日記~

プロフィール

ニックネーム:
イチローとジュンコ
居住地:
東京都
自己紹介:
2000年9月 日本を旅立ったイチローとジュンコは、飛行機で、南アフリカ・ケープタウンに降り立った。
二人はそこから日本まで、飛行機を使わずに、陸路と船のみで帰る。
アフリカ大陸南端の喜望峰から日本まで、アフリカ、東西ヨーロッパ、中東、シルクロードとまるまる1年かけての、夫婦珍道中。
野宿もしました。ゴリラと挨拶もしました。サハラを越え、ヒマラヤを越え。。
大自然、世界遺産、カルチャーショック、紛争の傷跡、そして、多くの出会い。
2001年8月無事帰国した二人の旅を振り返って、番外編コラムを掲載します。

カレンダー
8月<2022年9月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

国際都市釜山 (韓国)釜山

2001/08/23 18:14
エリア:
  • アジア > 韓国 > 釜山(プサン)
テーマ:
  • 街中・建物・景色
 宿の部屋のテレビのスイッチを付けると、韓国のテレビ放送はもちろん、日本の衛生放送や台湾の放送も幾つか見る事ができる。

 「日本では有料の日本の衛星放送を、何でこっちではタダで見られるんだろう。」
 「台湾のテレビでは日本のミュージックビデオがよくやっているんだな。」

 釜山の街に溢れる日本人。看板などにも日本語の表示が目立つ。
 そんな中にポツポツと見慣れない文字の表示がある事に気づく。ハングルでもない、漢字でもない、アルファベットとも違う。

 それはロシア語。街中で見掛ける白人はすっかり西欧からの観光客だと思い込んでいたのだが、そうでばかりではない様だ。

 連日、無料インターネットをお目当てに訪れている釜山港近くの観光案内所。主な掲示、表示は、全て、日本語とともにロシア語が並んでいる。

 いつも日本語で対応してくれる観光案内所のカウンターの女性とイスを並べる女性スタッフが、ロシア語で白人来訪客と話している。
 観光客だろうか、買出しだろうか船員だろうか?
 いずれにせよ、日本人観光客と変わりなくロシア人の人々を親切に迎え入れている姿が印象的だ。

 今、我々の隣で我々と同じ様にPCに向い、無料インターネットに打ち込んでいるのもロシア人男性。ロシア語のサイトを閲覧している。

 港町釜山、今も昔も東アジアは朝鮮半島の先っぽの国際都市だ。


【食事】

朝:パン
昼:ジャジャメン
夜:骨付カルビ

【トラベルメモ】

1$≒1000W(韓国ウオン)

【宿】(釜山)金剛(クムガン)旅人宿 13000W/W一室
国際都市釜山1
  • この記事が参考になった人(3)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない