1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. イチローとジュンコさん
  4. ハンガリーの記事一覧

  海外エリア: ヨーロッパ > ハンガリー の他のブログはこちら|

イチローとジュンコの夫婦珍道中

~バックパッカー日記~

プロフィール

ニックネーム:
イチローとジュンコ
居住地:
東京都
自己紹介:
2000年9月 日本を旅立ったイチローとジュンコは、飛行機で、南アフリカ・ケープタウンに降り立った。
二人はそこから日本まで、飛行機を使わずに、陸路と船のみで帰る。
アフリカ大陸南端の喜望峰から日本まで、アフリカ、東西ヨーロッパ、中東、シルクロードとまるまる1年かけての、夫婦珍道中。
野宿もしました。ゴリラと挨拶もしました。サハラを越え、ヒマラヤを越え。。
大自然、世界遺産、カルチャーショック、紛争の傷跡、そして、多くの出会い。
2001年8月無事帰国した二人の旅を振り返って、番外編コラムを掲載します。

カレンダー
8月<2022年9月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

記事一覧

1 - 4件目まで(4件中)

41カ国目、スロベニア 1
41カ国目、スロベニア (ハンガリー)ブダペスト→(スロベニア)リブリャーナ→ブレッド
エリア:
  • ヨーロッパ>ハンガリー>ブダペスト
  • ヨーロッパ>スロヴェニア>リュブリャナ
  • ヨーロッパ>スロヴェニア>ブレッド湖畔
テーマ:街中・建物・景色 
投稿日:2001/05/14 11:30
 いよいよ、今日から東ヨーロッパの旧ユーゴスラビアの国々へと分け入る。

 その中で、まず我々が目指したのはスロベニア。

 朝、ブダペストの駅で昨日買っておいた切符を手に、スロベニアの首都リブリャーナ行の列車に乗って出発を待っている途中、パンなどの食料を買出しに行って戻って来ると、Junkoが荷物と一緒に列車の外、ホームに降りて何やら乗務員ともめている模様。

 何でも我々の持っている切符では、この「インターシティ」と言う列車には乗る事ができず、夜出発する夜行列車にのみ有効との事。
 昨日駅の窓口で切符を買った時、この朝発の列車の時刻を確認してから買ったのに、どうしてこの朝発のインターシティ列車に有効なチケットを売ってくれなかったんだ。

 時計を見ると、列車「インターシティ」、リブリャーナ行の出発時刻まであと10分を切っている。

 大慌てで、走って線路を横切り、切符売場で差額を払って切符を切り換えてもらい、ギリギリでインターシティに乗車。
 車内検札で、さっきもみ合った乗務員に、切り換えた切符を差し出すと、その乗務員おじさん、「うん、それならいい」とばかりにうなずく。
 「ホッ」と一安心だ。

 季節は春、車窓の景色はのどかでキレイだが、うららかな春に誘われるまま、列車の揺れも心地良く「春眠暁を覚えず」、ぐっすりと眠ってしまう。

 リブリャーナに着くと、すぐバスで、スロベニアいちの景勝地、ブレッド湖へ。

41カ国目、スロベニア 1

 夕暮れに暮らみ行く湖の沖には、浮かぶ小島の教会。

 静か。そして澄んだ見えない筈の空気まで何ともキレイに瞳に映る。

 今はもう暮れて見えない湖の向こうには、雪の頂をたずさえたユルリナ・アルプスが控えている筈だ。

 静かな薄暮の湖畔のベンチで、明日を想う。


【食事】

朝:パン
昼:ポテトサンド
夜:ホットドッグ

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 300FT(ハンガリー・フォリント)
1US$ ≒ 240ST(スロヴェニア・トラール)
・ブダペスト→リブリャーナ(列車)7:50発 16:00着(14:05着予定が時間遅れ)
・リブリャーナ→ブレッド(バス)1.5時間 960ST

【宿】
(リブリャーナ)Youth Hostel Bledec 3227ST/ドミトリー1人
※豪華朝食付き、でも我々2人だけだった。キレイで◎。

NoPhoto
フォアグラ☆ (ハンガリー)ブダペスト
エリア:
  • ヨーロッパ>ハンガリー>ブダペスト
テーマ:グルメ 
投稿日:2001/05/13 11:24
 おととい、昨日で、ブダペストの主な見所を一通り見て回った我々だが、もう一つだけ、どうしてもこのブダペストで見逃せない名物がある。

 それは、「フォアグラ」。

 日本で食べると、一体いくら位するものなのでしょうか。
 何でも、ガチョウの肥大化したレバーなのだそうだ。

 ここブダペストで食べなければ、もう一生食べる事は無いかも知れない超高級食材だ。

 ブダペストのレストランでは、そんなフォアグラが500〜600円前後で食べれてしまうのだ。
 物価の安いこちらでは、それでもメニューに並ぶ他の料理と比べると最も高い料理なのだが・・・。

 レストランのイスに座り、期待に胸をふくらませながら、「登場」を待つ。

 そしてやって来ました。平たいお皿の上にはスライスされた、ミディアムに焼かれたが10数枚。

 そのひと切れをフォークに刺してそっと口に運ぶ。

 まわりはパリパリ、中身は日本の珍味、アンキモのごとく柔らかい。

 お味の方は、うーん、やっぱりレバーと言えばレバー。すごーくおいしい、大きな焼き鳥のレバーの様でもある。

 ともかく、これでもし、自分が全く子供で、学校で先生に、
 「皆さーん、皆さんの中でフォアグラを食べた事のある人!!」
と、聞かれたなら、
 「ハイッ!!」
と、まっ先に手を挙げられるのだ☆

 ・・・なんてすっかり童心に返って楽しませてもらった、ブダペスト究極の名物。

 皆さんはフォアグラ、食べた事ありますか?

【食事】

朝:パン
昼:フォアグラ、グヤーシュスープ
夜:(自炊)野菜炒め、トマトスパゲティ
【トラベルメモ】

1US$ ≒ 300FT(ハンガリー・フォリント)
◎本日訪れたブダペストの見所

・ ヤノーシュ山 ブダペスト郊外の見晴らしのいい丘。
展望台の脇には野バラが咲き、かわいらしい花からいい香りを漂わせていた。
行→ ピオニール鉄道と言う、切符売りから、車掌、改札まで子供が運営する列車。一生懸命働く子供の姿がカワイイ。 140FT
帰→ リフト 300FT

フォアグラ☆ 1

・ 国立オペラ座見学ツアー 1200FT
※  中は一見の価値はあるが、高い料金の割にはあっさりと30分程で終了。
 おととい夕方来たら、丁度オペラ開演前で、バッチリオシャレした人々でにぎわっており、中には入れなかったのだが、この時の方が面白かった。
 ここ一週間内に蝶々婦人等の公演があり、チケット売場で尋ねたが、かなり先までチケットは完売だそうだ。
 オペラのチケットは高くても5000円程で、現地の物価からすると決して安くはないとは思うが、それでもチケット一枚何万円もする日本よりは気軽に良質の芸術を最高のオペラ座で楽しめる地元の人々がうらやましかった。

【宿】
(ブダペスト)Herena's House 1000FT/ドミトリー1人 <

40カ国目、ハンガリー 1
40カ国目、ハンガリー (ハンガリー)ブダペスト
エリア:
  • ヨーロッパ>ハンガリー>ブダペスト
テーマ:街中・建物・景色 
投稿日:2001/05/12 11:18
 自動車と並んで行き交うトラム(市電)。
 その道沿いには、あちこちにスーパーマーケットが並び、様々な商品を売る商店が並ぶ。

 開かれた鉄のカーテンの向こうから、ドナウ川の流れのごとく西から資本が流入し、ブダペストの街を活況づけている。

 そんな街中に点在する重厚な昔ながらの建物を仰ぎながら、ドナウ川に向かって歩く。

 視界が開けると、川辺に到着。
 昨日も船上から見た景色だが、対岸の丘の上に並ぶ、彫像、王宮、教会。どっしりとした重厚なパノラマは、実に味わい深い。

 しばらく川辺の公園前のトラム乗場の脇に座り、このパノラマや、トラムに乗り降りする人々の様子など見ながらのんびり過ごす。

 この後、どーんとでっかいライオンの像が入口に構えるくさり橋を渡って、その対岸の王宮の丘にも行ってみたのだが、結論から言うと、王宮より川岸から眺める景色が一番良かった。

40カ国目、ハンガリー 1

 ただ、王宮の丘の教会では、純白のウェディングドレスの新婦を馬車で招き入れ、結婚式が行われていたり、ハンガリーの有名な高級ブランド・セラミック(磁器)、ヘレンドのショーウィンドウの中のカップやお皿を覗いたりと、Junkoの方は王宮の丘を中々楽しんでいる様だった。

 夜は、宿のキッチンで、朝スーパーで買った食材で自炊。
 メニューはピーマンの替わりに、パプリカを使ってのチンジャオロースに野菜スープ、そしてご飯。

 アフリカですっかり鍛えられて、自炊ももうお手の物。鍋でのご飯炊きも朝メシ前(晩メシ時だけど)。

 パプリカのチンジャオロース、これも又、我々ならではのハンガリーはブダペストの味わいだろう。


【食事】

朝:パン
昼:パン
夜:(自炊)パプリカのチンジャオロース、野菜スープ、ご飯

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 300FT(ハンガリー・フォリント)
◎本日訪れたブダペスト・王宮の丘の主な見所
・マチャーシュ教会、漁夫の砦、マーリア・マグドルナ塔、王宮(いすれも入場していないので無料)
・王宮の丘から国会議事堂等の眺め良し
◎本日訪れたその他のブダペストの主な見所
・くさり橋、聖イシュトバーン教会

【宿】
(ブダペスト)Herena's House 1000FT/ドミトリー1人

ドナウ川クルーズ 1
ドナウ川クルーズ (スロバキア)ブラチスラバ→(ハンガリー)ブダペスト
エリア:
  • ヨーロッパ>スロバキア>ブラチスラバ
  • ヨーロッパ>ハンガリー>ブダペスト
テーマ:街中・建物・景色 鉄道・乗り物 
投稿日:2001/05/11 14:46
 わざわざスロバキアのブラチナスラバまで来た理由は一つ。
 「ハンガリーのブダペストまで、ドナウ川を船でクルーズして行ってみたい。」

 朝、まずは朝日に輝くドナウ川の流れを眺めながら優雅にコンチネンタル・ブレックファースト。

 そして、客船ターミナルに出向いてブダペスト行の船について尋ねると、船は午前10:30の出発だと言う。

 まだ時刻は8時半過ぎ。
 ここブラチナスラバの旧市街は猫の小判程、見所もごくわずか。1時間もあれば十分ゆっくり見て回れるだろうと、今日の船の切符を購入。

 ところが、切符売場のお姉さん、切符を購入し、クレジット・カードでの支払を済ませた後に、船は9時半の出発だと言い直す。
 「何だよう。さっき10時半って言ってたのにぃ・・・。仕方ないなぁ、もぅ、・・・急げ!!」
と、優雅な朝食とは打って変わって、急ぎ足でブラチナスラバの旧市街へ。

 競歩レースのごとく足腰を動かし、一コマずつだけ見所を見て回り、ホテルに駆け足で戻って、大急ぎでチェクアウト。
 タクシーを拾ってトランクにバックパックをのせ、客船ターミナルへ。

 ビザまで取ってわざわざ来たのに、スロバキアでの滞在はわずかなものでした。
 船はほぼ定刻通り、ブラチナスラバを出航。

 丘の上から見下ろすブラチナスラバ城に別れを告げる。

 優雅なドナウクルーズを期待していたのだが、船は小型の高整艇、凄いスピードでドナウ川を疾走する。

 おまけに、船には小さな躍り場の様なスペースしか外に出られる場所がなく、そこには座席もない。
 せっかく奮発して乗ったんだからと、そこで立ったまま、ドナウ川を眺める。

 ところが、川辺には堤防が築かれ、まるで利根川か江戸川の様。
 そしてみるみる堤防は高くなり、やがて船はコンクリートで囲まれた中を航行。景色はついに隅田川の様になってしまった。

 目前にコンクリートの壁が現れると、船はここで一休み。
 後方の水門が閉ざされ、水位を調整。水カサが増し、頭上にあった水門のてっぺんが、目線より下になると、船は再び航行を開始。

 ドナウ川はスロバキアとハンガリーの国境付近で人工的にせき止められており、小さなダムのようになっていたのだ。
 恐らくダムと言うより、氾濫防止の為の水位調整が目的と思われる。

 船がハンガリー側に入ると、ようやく堤防もなくなり、川辺に緑や家並みも見え始める。

 そして現れたのは丘の上の、ドーム状の屋根を携えた大きなカテドラル。エステルゴムの大聖堂だ。

ドナウ川クルーズ 1

 ここら辺は、ドナウベンドと呼ばれる地域で、ハンガリーのドナウ川沿いの見所となっている。

 ドナウベンドの他の見どころである、ヴィシェグラードのシャラモン塔やセンテンドレの街並を川辺に、船は高速で躍ばし、やがてブダペストに到着。

 重厚な橋、見下ろす王宮と彫像。
 ドナウ川はハンガリーのふところに流れ込み、一気にブダペストと言う由緒ある街並の一員となる。

 明日は船でくぐり抜けたこの橋を、足で渡ろう。


【食事】

朝:スクランブルエッグ、パン、コーヒー
昼:パン
夜:(自炊)ツナパスタ

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 48SK(スロバキア・コルナ)
1US$ ≒ 300FT(ハンガリー・フォリント)
・ブラチスラバ→ブダペスト(船)9:30出発 13:30着 2357.5SK
・本日訪れたブダペストの見所(英雄広場)宿から徒歩にて

【宿】
(ブダペスト)Herena's House 1000FT/ドミトリー1人

1 - 4件目まで(4件中)