1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. 韓国
  5. グルメ
  6. サムゲタン 慶州→釜山

イチローとジュンコの夫婦珍道中

~バックパッカー日記~

プロフィール

ニックネーム:
イチローとジュンコ
居住地:
東京都
自己紹介:
2000年9月 日本を旅立ったイチローとジュンコは、飛行機で、南アフリカ・ケープタウンに降り立った。
二人はそこから日本まで、飛行機を使わずに、陸路と船のみで帰る。
アフリカ大陸南端の喜望峰から日本まで、アフリカ、東西ヨーロッパ、中東、シルクロードとまるまる1年かけての、夫婦珍道中。
野宿もしました。ゴリラと挨拶もしました。サハラを越え、ヒマラヤを越え。。
大自然、世界遺産、カルチャーショック、紛争の傷跡、そして、多くの出会い。
2001年8月無事帰国した二人の旅を振り返って、番外編コラムを掲載します。

カレンダー
8月<2022年9月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

サムゲタン 慶州→釜山

2001/08/20 18:01
エリア:
  • アジア > 韓国 > 慶州(キョンジュ)
  • アジア > 韓国 > 釜山(プサン)
テーマ:
  • グルメ
 慶州から釜山まで、バスでわずか1時間余り。
 これまで長く辛い移動も多かっただけに、この旅最後の街へは、あっけに取られてしまう程素気ないもの。あっという間に到着だ。

 釜山の長距離バスターミナル前の大通りは、ただいま工事中。その道の上を車がひしめき、都会の喧騒が街をおおう。
  物腰静かだった古都慶州と比べると、随分と落着かない雰囲気だ。

 そこから釜山港近くまで、市バスを乗り継ぎ、下町風の一帯にあるこの旅最後の宿、金剛(クムガン)旅人宿の間口をくぐる。

 「アンニョハセヨー!!」
部屋を案内してくれたのは若女将。宿の玄関の前の部屋で、子供の世話をしながらカウンター業務をこなしているのだ。

 宿に荷物を置くと、釜山一の繁華街、南浦洞へ散歩に出る。
 「お腹すいてきたね。」 時刻は丁度昼時だ。

 そしてランチに舌筒を打たせてもらったのが、韓国を代表する高級名物料理「サムゲタン」。
 お腹にもち米と高麗人参をふんだんにつめこんだ鶏を、丸一匹煮つめたチキンスープだ。
 日本と同様に、蒸し暑い韓国の残暑。サムゲタンは夏ばて解消の滋養強壮のこちらの定番料理なのだ。

 一見小さな鍋に入ったサムゲタンだが、食べてみるとかなりのボリュームだ。
 韓国料理の中にあってはかなりあっさりとしていて、それでいてコクがある。
 お味の方も中々ではあるが、栄養が体に染み込んでいく感じが何よりいい。

 このサムゲタンで、この旅最後の街、韓国釜山でのラストスパートが始まったのだ。
 ラストスパートとは言っても、気分の方はのんびりリラックスしている。胃袋だけが気合を入れ直させられているのかも。。。


【食事】

朝:ナシ
昼:サムゲタン
夜:カップメン

【トラベルメモ】

1$≒1000W(韓国ウオン)
慶州→釜山 バス1時間3300W

【宿】(釜山)金剛(クムガン)旅人宿 13000W/W一室
サムゲタン  1
  • この記事が参考になった人(1)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない