1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. イチローとジュンコさん
  4. トーゴの記事一覧

  海外エリア: アフリカ > トーゴ の他のブログはこちら|

イチローとジュンコの夫婦珍道中

~バックパッカー日記~

プロフィール

ニックネーム:
イチローとジュンコ
居住地:
東京都
自己紹介:
2000年9月 日本を旅立ったイチローとジュンコは、飛行機で、南アフリカ・ケープタウンに降り立った。
二人はそこから日本まで、飛行機を使わずに、陸路と船のみで帰る。
アフリカ大陸南端の喜望峰から日本まで、アフリカ、東西ヨーロッパ、中東、シルクロードとまるまる1年かけての、夫婦珍道中。
野宿もしました。ゴリラと挨拶もしました。サハラを越え、ヒマラヤを越え。。
大自然、世界遺産、カルチャーショック、紛争の傷跡、そして、多くの出会い。
2001年8月無事帰国した二人の旅を振り返って、番外編コラムを掲載します。

カレンダー
9月<2022年10月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

記事一覧

1 - 2件目まで(2件中)

21カ国目、ガーナ  1
21カ国目、ガーナ (トーゴ)ロメ→(ガーナ)アクラ
エリア:
  • アフリカ>トーゴ>ロメ
  • アフリカ>ガーナ>アクラ
テーマ:街中・建物・景色 
投稿日:2001/02/08 18:35
 昨夜泊まったロメの宿から、ガーナ国境までわずか500m余り。バイクタクシーを拾うとものの5分で国境に到着。

 「どこへ行きますか?」
出入国手続きをしている我々に、後ろから東洋人のおじさんが日本語で声を掛けてくれたのだ。
 「私の車で一緒に行きましょう。」

 声を掛けてくれたのは、船舶関係の会社を経営する韓国人の南さん。仕事で日本にも何回も来たことがあるそうで流暢な日本語を話す。出入国手続きの様子から見ていると、英語も仏語も喋れる様だ。
 この南さん、今はスペイン領カナリア諸島に住んでいてスペインの市民権を持っているそうで、パスポートはスペインのパスポートだ。と言う事はスペイン語もペラペラなんですね・・・。

 このアフリカの旅でも、中国人やインド人の他に、韓国人の姿も時折目にする。
 また、日本車に混じって、現代や大宇などの韓国車をはじめ、韓国製品がアフリカ中に溢れており、韓国の人達の頑張り振りが伺える。

 日本ではチョコレートで有名なガーナの首都アクラに入ると、都会の洗練度は更にアップ。
 おまけにガーナでは英語が公用語なので、あちこちから陽気で威勢のいい英語が聞こえてくる。
 まるでアメリカの小都市の様だ。 銀行のATMでは、24時間クレジットカードでキャッシュも引き出せる。

 午後にはブルキナファソ大使館でビザの申請もした。
 ここアクラで態勢を整え直してヨーロッパを目指そう!!

 この時ばかりは勢いが良かったのだが・・・。

21カ国目、ガーナ  1

【食事】

朝:パン、パイナップル
昼:魚切身、スープ掛けライス
夜:揚魚、ココナッツスープ、ライスボール、バンクー (とうもろこし粉を練ったもの。これはすっぱくて食べれなかった)

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 660CFA(西アフリカセーファーフラン)
1US$ ≒ 6600C(ガーナ・セディ)
・ロメ→ガーナ国境(バイクタクシー)5分 100CFA/1人
・(ガーナ側の国境)アフラオよりテマまでは本文の通り、韓国人の車に乗せてもらう。2時間 無料
・テマ→アクラ(タクシー)40分 30000C/1台

・ガーナのビザ 必要 我々はベナンのコトヌーで取得

【宿】
・(アクラ)Hotel Calfornia 28000C/W-1室
※1階の部屋は暗くて息苦しい。翌日2階の部屋に変えてもらった。2階の部屋は広くて明るい。しかしどちらもメンテナンスは悪く、しかも蚊だらけ。宿のスタッフの態度も悪く、安いだけがとりえと言って良いと思う。

20カ国目、トーゴの大西洋ビーチ  1
20カ国目、トーゴの大西洋ビーチ (ベナン)コトヌー→(トーゴ)ロメ
エリア:
  • アフリカ>ベナン>コトヌー
  • アフリカ>トーゴ>ロメ
テーマ:街中・建物・景色 
投稿日:2001/02/07 18:30
 昨夜熱を出してしまい、熱にうなされて眠ったので心配していたのだが、朝、目が覚めると気分は悪くない。
 熱も治まった様だ。ホッと一安心。

 朝一番でガーナのビザを受理すると、すぐ乗合タクシーでトーゴの首都ロメへ。

 高層ビルも建ち、車が行き交う脇に、ヤシの木とビーチ、そして大西洋から押し寄せる波音。
 ここはサンタモニカ?と見間違える程、ロメの町はアカ抜けている。

 フランス人のおじさんがやっている小さなカワイイ安宿にチェックインすると、午後は久しぶりにビーチのヤシの木陰に座って、ボーッと海や行き交う人を眺めて過ごす。

20カ国目、トーゴの大西洋ビーチ  1

 思えば昨年9月、南アフリカの喜望峰に立ち、左手にインド洋、右手に大西洋を臨みこの旅が始まったのだ。

 それから5ヶ月ぶりの大西洋、ここロメも相変わらずの蒸暑さだが、浜風が心地いい。


【食事】

朝:ゆで玉子、スープ掛けライス&パスタ
昼:魚、フーフー
夜:パン、バナナ、ゆで玉子、パイナップル

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 660CFA(西アフリカセーファーフラン)
・コトヌー→ロメ 乗合タクシー コトヌーのRueSt.Michel通りの教会前より。 国境でミニバスに乗り換えさせられた。 あわせて2時間、2100CFA/1人
・トーゴのビザは国境で取得 7日間有効、10000CFA

【宿】・(ロメ)Auberge le Goleon 6500CFA/W-1室(ファン、シャワー、トイレ付) ビーチに近く、きれいでお勧め。

1 - 2件目まで(2件中)