1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. イチローとジュンコさん
  4. ポーランドの記事一覧

  海外エリア: ヨーロッパ > ポーランド の他のブログはこちら|

イチローとジュンコの夫婦珍道中

~バックパッカー日記~

プロフィール

ニックネーム:
イチローとジュンコ
居住地:
東京都
自己紹介:
2000年9月 日本を旅立ったイチローとジュンコは、飛行機で、南アフリカ・ケープタウンに降り立った。
二人はそこから日本まで、飛行機を使わずに、陸路と船のみで帰る。
アフリカ大陸南端の喜望峰から日本まで、アフリカ、東西ヨーロッパ、中東、シルクロードとまるまる1年かけての、夫婦珍道中。
野宿もしました。ゴリラと挨拶もしました。サハラを越え、ヒマラヤを越え。。
大自然、世界遺産、カルチャーショック、紛争の傷跡、そして、多くの出会い。
2001年8月無事帰国した二人の旅を振り返って、番外編コラムを掲載します。

カレンダー
8月<2022年9月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

記事一覧

1 - 3件目まで(3件中)

NoPhoto
49カ国目、スロバキア (ポーランド)クラクフ→(スロバキア)ブラチスラバ
エリア:
  • ヨーロッパ>ポーランド>クラクフ
  • ヨーロッパ>スロバキア>ブラチスラバ
テーマ:街中・建物・景色 
投稿日:2001/05/10 14:35
 プラハ、クラクフとあまり天気に恵まれなかったが、今日は青空。

 菜の花、タンポポなどが咲き乱れ、時々満開の桜も姿を現し、ブラチスラバまでの列車の窓の外はのどかですがすがしい春色の景色が拡がる。

 ポーランドのクラクフを午後出発した列車は夜10時過ぎ、スロバキアの首都、ブラチナスラバに到着。

 ところがのどかにのんびり過ごした列車内とは打って変わり、夜の宿探しが難航する。

 事前に入手した情報に従って、駅から歩いてYMCAに向かうも、YMCAの宿泊施設は閉鎖されている。
 警備員の人に別の安宿の場所を教えてもらって、夜道をそちらに向かうも、その宿は発見できず。

 しばらくウロウロと歩いていたら、いつのまにか大きな川に突き当たる。ドナウ川だ。

 ドナウ川に沿って、自分の目と勘を頼りに更に歩き、目にした宿にあたっても満室。

 ようやく見付けた宿は、とても安宿には見えないが、高級ホテルでもなさそうな、ドナウ川に浮かんだ客船ホテル。
 お古の客船を川辺にくくり付け、ホテルとして営業しているようだ。

 フロントをたずねると、W-1室50$程。高いが仕方ない。
 もう時刻も夜半過ぎ、今晩はこれで妥協しよう。

 朝食も付いてるって言うし、明朝はドナウ川の流れでも眺めながらブレックファーストを楽しもう。

 50$も払えばさすがにベッドはフカフカ。
 ぐっすりと床に就く。

【食事】

朝:パン
昼:ホットドッグ、ベーグル、プリッツ、リンゴ
夜:パン、クッキー
【トラベルメモ】

1US$ ≒ 4.3ZT(ポーランド・ズオティ)
1US$ ≒ 48SK(スロバキア・コルナ)
・クラクフ→ブラチスラバ(列車)14:20発 22:15着 101ZT

【宿】
(ブラチナスラバ)Hotel Fairway 2200SK/W-1室

アウシュビッツ 1
アウシュビッツ (ポーランド)クラクフ⇔アウシュビッツ〈=オシフィエンチム〉
エリア:
  • ヨーロッパ>ポーランド>クラクフ
  • ヨーロッパ>ポーランド>ポーランドその他の都市
テーマ:街中・建物・景色 世界遺産 
投稿日:2001/05/09 14:27
 クラクフの旧市街の特色は、緑とレンガ。

 旧市街には、緑いっぱいの公園の多い事。
 旧市街自体もぐるっと、太帯状の緑の公園にすっぽり囲まれてしまっている。

 そしてクラクフならではの味わいをかもし出すのは、黒ずみ古ぼけたレンガ造りの旧市街の建物。
 川のほとりに建つバベル城も、そんなレンガがいい趣きを見せる。

 旧市街の中心、中央市場広場からメインストリートを直進すると、交差する細い路地の前には見通しをさえぎるフロリアンスカ門。このフロリアンスカ門も、そのレンガ造り。
 見通しがきかない分、狭苦しいスペースの中に立つと、中世そのままの趣きだ。 

 どの旧市街とも混同することなく、クラクフならではの独特の街並と味わいが、確かに感じられる。
 小ぢんまりし、華やかさには欠けるものの、一見の、ひと歩きの価値は充分にある。

 クラクフ旧市街は程小さい。

 午前中で一通り歩いて回ると、午後は近郊にある、ポーランドいち有名な世界遺産、人類の歴史上、最悪の負の世界遺産と言っていいだろう、あのナチス・ドイツのアウシュビッツへ。

アウシュビッツ 1

 実は当初は、あんまり気が進まなかったんだよね。
 こう言うのは2人とも苦手で、以前カンボジアのツールスレン収容所(ポルポト派が知識人や市民を収容し、拷問の上、多くの人命を奪った所)に行った時も、気分が悪くなってしまったものだ。

 それでもクラクフまで来たのなら行って見ておかなければならないだろうと、訪れてみたのだが、案の定、収容所を一歩進む度に現れる、恐ろしい展示物。

 囚人服を着せられ犠牲となった顔写真がズラッと並ぶ。
 そして髪の毛の山、有刺鉄線の鉄条網、銃殺に使われた壁、ガス室・・・。

 すっかり気分が滅入ってしまい、一通り見た後、入口のベンチで一休み。

 でも、それでも来て良かったと思う。

 戦争の様な悲惨な現実や人間の狂気とは、今のところ全く無縁な我々。
 本や映画で読んだり見たりしても、まるで作り話の出来事の様に感じてしまう。

 ここに来て、それがそう遠くない過去に起こった確かな現実だったのだと思い知らされる。


【食事】

朝:パン、リンゴ
昼:パン、ベーグル、リンゴ
夜:(自炊)ゆでキャベツ、即席ラーメン、ベーグル

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 4.3ZT(ポーランド・ズオティ)
・クラクフ→オシフィエンチム(バス)片道1時間半 10ZT
※アウシュビッツはドイツ語読みで、現地名はオシフィエンチム
・アウシュビッツ収容所は入場無料

【宿】
(クラクフ)Youth Hostel PTSM 22ZT/ドミトリー1人
※巨大なユースホステル。宿泊者が多く、うるさくて落ち着けない。

NoPhoto
38カ国目、ポーランドの古都クラクフ (チェコ)プラハ→(ポーランド)クラクフ
エリア:
  • ヨーロッパ>チェコ>プラハ
  • ヨーロッパ>ポーランド>クラクフ
テーマ:その他 
投稿日:2001/05/08 14:23
 プラハの街は本当に美しい。すっかり気に入ってしまった。
 日本に帰ったら、部屋の壁にその写真を大延ばしして飾っておきたい位だ。

 それ程、いつまでもプラハに居てその街並を眺めていたいものなのだが、我々には日本までの長旅の途中。進まなければ、帰れない。

 後ろ髪を引かれる思いで列車でプラハを後にし、ポーランドの古都、クラクフへ。

 夕方着いたクラクフは、あいにくの小雨混じり。

 ユースホステルに宿を取って、食料調達にとぶらぶらと街に出ると、スーパーマーケットの前を流れる川の向こうの方に、小雨にかすむ城のシルエット。

 そもそも東欧なんて、当初、全く来る予定も無かったのだが、その中でもポーランドなんて全く眼中になかった。

 それが、ウィーンのユースホステルで会った何人もの旅人が、「クラクフはいいよ。」と、口を揃えて言っていたので、そこまで言うのならと来てみたものだが・・・。

 ポーランドの古都クラクフ、一体どんな街なんだろう。


【食事】

朝:ホットドッグ
昼:ホットドッグ
夜:ロールキャベツ、ピエロギ(ギョウザみたいなもの)、即席ラーメン
※ロールキャベツとピエロギは、スーパーのお惣菜コーナーで買ったポーランド料理

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 40CK(チェコ・クローネ)
1US$ ≒ 4.3ZT(ポーランド・ズオティ)
・プラハ→クラクフ(列車)7:50発 16:50着 671CK

【宿】
(クラクフ)Youth Hostel PTSM 22ZT/ドミトリー1人
※巨大なユースホステル。宿泊者が多く、うるさくて落ち着けない。

1 - 3件目まで(3件中)