1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. イチローとジュンコさんの旅行ブログ

  海外エリア: アジア > 韓国 の他のブログはこちら|

イチローとジュンコの夫婦珍道中

~バックパッカー日記~

プロフィール

ニックネーム:
イチローとジュンコ
居住地:
東京都
自己紹介:
2000年9月 日本を旅立ったイチローとジュンコは、飛行機で、南アフリカ・ケープタウンに降り立った。
二人はそこから日本まで、飛行機を使わずに、陸路と船のみで帰る。
アフリカ大陸南端の喜望峰から日本まで、アフリカ、東西ヨーロッパ、中東、シルクロードとまるまる1年かけての、夫婦珍道中。
野宿もしました。ゴリラと挨拶もしました。サハラを越え、ヒマラヤを越え。。
大自然、世界遺産、カルチャーショック、紛争の傷跡、そして、多くの出会い。
2001年8月無事帰国した二人の旅を振り返って、番外編コラムを掲載します。

カレンダー
1月<2020年2月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

記事一覧

1 - 5件目まで(358件中)

出航・さよなら韓国1
出航・さよなら韓国「アンニョンヒ ケセヨ」 (韓国)釜山→下関へ
エリア:
  • アジア>韓国>釜山(プサン)
テーマ:鉄道・乗り物 
投稿日:2001/08/25 18:28
 釜山港の国際客船ターミナルのカウンターで、出航時間よりかなり早目にチェックイン。チケットをボーディングパスに換える。

 「韓国は初めてですか?」 待合室で座って待つ我々に、ひょろっとした痩せたおじいさんが日本語で話し掛けてくる。
 おじいさん、若い頃、日本で働いていた事があるそうだ。広島などに何年も居た事があるそうだが、それなりの事情があった事だろう。今は韓国釜山で隠居生活をしているそうだが、暇を持て余しては、こうしてここにやって来て、日本人旅行者に話し掛けているそうだ。

 そういえば、釜山滞在中、無料のインターネットやりたさに連日訪れた観光客案内所にも、入口入ってすぐのカウンター前の踊り場のイスにたむろする数人のお年寄りの姿があった。
 最初、暑い夏日の日中、冷房目当てに入り込んで居ついているのかと思っていたのだが、そこを訪れる日本人に日本語で話しかけ、旅行の相談にのっていた。
 なかなか話を切らず、相談の域を出て世間話や長話をするボランティア相談員に、日本人客らは少々戸惑い気味のようではあったが、カウンターの観光客案内所のスタッフ達はその様子を目を細めて見ていた。
 効率重視の日本ならついイライラしがちなこんな場面でも、なごやかな空気は韓国ならではのいい所だ。ただ、それは役立つボランティアなのか時間を持て余したお年よりの趣味なのかは微妙なとところだ。

 「今日の船で日本に帰るんですよ。」
客船ターミナルのおじいさんとたわいもない話をしている内に、時刻は乗船時間を迎える。
 「今度来る時はご馳走してあげるから。」と、おじいちゃんは名前も居所も告げずに姿を消した。

 じゃあね、おじいちゃん。じゃあね韓国。
 長旅の最後に美味しい物をいっぱい食べさせて貰って、人情もたっぷり、ゆっくりさせて貰ったけど、そろそろ日本に帰るよ。どうも有難う。

 釜山から日本までの船便は下関、博多へと一日に5便もある。 一番速いジェットフォイルなら片道わずか3時間で結ぶ。
 今も昔も、日本と大陸、シルクロードをつなぐ海の路(みち)なのだ。

出航・さよなら韓国1

 我々の船は下関行きの夜行フェリー。
 客席には日本人ばかりでなく、韓国の団体さんや、修学旅行風の若い人達もいる。

 ザコ寝の大床間に場所を取ると、共同浴場へ。中国から韓国へのフェリーにも浴場があったのだが何となし入らずじまいだった。

 シャワーばかりのこの旅、約1年ぶりにお風呂につかる。
 「あー☆日本はもうすぐだ。」


【食事】

朝:パン、リンゴ
昼:ビビンバ、ホットク(黒糖入お焼き)、スルメ足バター焼き
夜:キンパブ(韓国のり巻)、キムチシーチキンおむすび

【トラベルメモ】

1$≒1000W(韓国ウオン)
釜山→下関 毎日19:30発 翌8:30着 ザコ寝部屋75000W/片道 
チケットは事前にソウルで購入。船のスケジュールやチケット購入の詳細については、ソウル、釜山の観光案内所に尋ねるべし。

NoPhoto
最後の晩餐・炭焼き骨付カルビ! (韓国)釜山
エリア:
  • アジア>韓国>釜山(プサン)
テーマ:グルメ 
投稿日:2001/08/24 18:23
 約一年間に渡った、アフリカ喜望峰から始まったこの旅も、いよいよ明日のフェリーで日本へ向う。
 今日こそが本当の、最後の最後の晩餐だ。

 ビビンバ、チヂミに冷麺、と美味しい物いっぱいのここ韓国でも、やはり最後はこれ、韓国料理の王様炭焼骨付きカルビ焼肉だ。やっぱり韓国と言えば焼肉、それは日本中に溢れる焼肉店も証明している。

 ソウルでは、ガイド本をうのみにして小じゃれた高級焼肉店に行って期待を裏切られたりしたが、最後の日にもうそんなへまはしない。
 釜山の繁華街、南浦洞の外れのお世辞にもしゃれてるなんて言えない飲食店街に、地元客でひときわ賑わう焼肉店の扉をくぐる。

 家族連れが幼子を膝に立たせ、サンチェに巻かれたカルビを手握みさせながら大勢でテーブルを囲んでいる。
 隣ではおじさん同士が、赤ら顔で酒をくみかわす。すっかりいい気分の様だ。
 はじけるような奇声に笑い声をあげながら話に華を咲かす若者達もいる。

 そんな、ワイワイ、ガヤガヤ、活気溢れる店内で、ハシを動かすのを忘れる者は見当たらない。
 汗だくの男の店員が、焼かれた炭を運ぶ。
 テーブルの真中の網の上で、肉を食べつくして残った骨付カルビの骨まで焼いて、血のしたたる骨にしゃぶり付き、骨についたわずかな肉まで味わうやからまでいる。

 ヤンニョム(タレ)によくつけこまれた大きな骨付カルビが、4骨分が1人前で11000W(1100円)。我々の旅のスタイルからすると贅沢ではあるが、日本でのことを考えると破格値と言っていいだろう。

 店員のおばさんが骨付カルビ肉をハサミで切って網の上にのせてくれる。
 サンチェ、キムチ、ツルニンジンやイカや小魚などのお惣菜の小皿も、付合わせとして目の前のテーブルの上に所狭しと並ぶ。

 炭でジュージュー焼かれた、よくつけこまれたカルビ肉は、歯応えは柔らかく、しかも絶妙の味わい。
 脂が網の下に落とされるので、しつこそうでしつこくない。
 つけあわせのサンチェや惣菜との相性も抜群。

 もし胃袋がブラックホールなら、飽きる事無くいくらでもたいらげる事が出来るのに。その証拠に我々は昨夜もこの店でカルビをほおばっている。

 「ちょっとおばさん、その骨まだ下げないでよ。焼いてしゃぶるんだから。」
 前でJunkoが笑っている。いくらおいしいからって、「今日も骨まで食べるの?」
 「食べ収めだからね。」

 旅の収めが食べ収め、そして笑い収め。
 「おいしかったねー。お腹一杯だー!!」
と、手で胃をおさえながらも、
 「明日の船旅のおともの食料を仕入れとかなきゃ。」
と、スーパーで買出し。

 変わらないこの旅の一コマの、最後の一コマが、明日の日本への出航なのだ。


【食事】

朝:パン、リンゴ
昼:冷麺
夜:炭焼骨付カルビ

【トラベルメモ】

1$≒1000W(韓国ウオン)

【宿】(釜山)金剛(クムガン)旅人宿 13000W/W一室
最後の晩餐・炭焼き骨付カルビ!  1

NoPhoto
国際都市釜山 (韓国)釜山
エリア:
  • アジア>韓国>釜山(プサン)
テーマ:街中・建物・景色 
投稿日:2001/08/23 18:14
 宿の部屋のテレビのスイッチを付けると、韓国のテレビ放送はもちろん、日本の衛生放送や台湾の放送も幾つか見る事ができる。

 「日本では有料の日本の衛星放送を、何でこっちではタダで見られるんだろう。」
 「台湾のテレビでは日本のミュージックビデオがよくやっているんだな。」

 釜山の街に溢れる日本人。看板などにも日本語の表示が目立つ。
 そんな中にポツポツと見慣れない文字の表示がある事に気づく。ハングルでもない、漢字でもない、アルファベットとも違う。

 それはロシア語。街中で見掛ける白人はすっかり西欧からの観光客だと思い込んでいたのだが、そうでばかりではない様だ。

 連日、無料インターネットをお目当てに訪れている釜山港近くの観光案内所。主な掲示、表示は、全て、日本語とともにロシア語が並んでいる。

 いつも日本語で対応してくれる観光案内所のカウンターの女性とイスを並べる女性スタッフが、ロシア語で白人来訪客と話している。
 観光客だろうか、買出しだろうか船員だろうか?
 いずれにせよ、日本人観光客と変わりなくロシア人の人々を親切に迎え入れている姿が印象的だ。

 今、我々の隣で我々と同じ様にPCに向い、無料インターネットに打ち込んでいるのもロシア人男性。ロシア語のサイトを閲覧している。

 港町釜山、今も昔も東アジアは朝鮮半島の先っぽの国際都市だ。


【食事】

朝:パン
昼:ジャジャメン
夜:骨付カルビ

【トラベルメモ】

1$≒1000W(韓国ウオン)

【宿】(釜山)金剛(クムガン)旅人宿 13000W/W一室
国際都市釜山1

NoPhoto
IT先進国・韓国 (韓国)釜山
エリア:
  • アジア>韓国>釜山(プサン)
テーマ:旅行準備 
投稿日:2001/08/22 18:09
 釜山の港に日本行きのフェリーが停泊している。
 「しあさってには、あれに乗って日本へ向かうんだ。」

IT先進国・韓国  1

 もうじき長かったこの旅も終わる。
 そんな感傷的な気持ち以上に気がかりなのは、「日本でやっていけるのか?」

 日本で社会復帰して生活して行けるのかとか、そんな先の事を考えている訳ではない。
 数日後、我々はあのフェリーに乗って釜山から日本の下関に帰国する。そこから自宅のある千葉まで帰らなくてはいけないのだが、物価が世界一高い日本でどうやって千葉までたどり着こうか?
 アフリカから旅して来た気分で日本に乗り込んだら、世界一高い物価に物の見事に打ちのめされてしまう事になるだろう。

 そんな我々が向ったのが、釜山港の近くにある観光案内所。
 実はソウルの観光案内所同様、ここ釜山の観光客案内所でもインターネットが無料でやり放題なのだ。

 何でも韓国では日本よりもずっとインターネットが普及しており、光ファイバーなんて当たり前なのだそうだ。
 釜山では郵便局でも6台ほどのPCが並べられており無料でインターネットがやり放題。小さな子供がネットゲームに興じている姿が印象的だった。

 そして、プサンの観光客案内所でインターネットで情報を収集し、日本上陸に備えると言う訳だ。

 物価の高い日本で懸念される主なポイントは3つ。
 ?食事 ?移動 ?宿泊 

 食事はカップメンなどでしのげば良いし、それでひもじくなったら駅の立食いそばや、牛丼でも食べればいいだろう。不景気でデフレの日本、何でも最近は牛丼一杯290円で食べられるようになったとか。

 移動はJRの青春18切符(1日当たり2300円で普通列車が乗り放題の切符。5日分11,500円で春、夏、冬休み期間のみ販売)でのり切る予定。

 問題は宿泊だ。

 この旅はでここ韓国を含め、ほとんど1人1泊1000円以下で来ている。安いところでは数十円から数百円、物価の高かったヨーロッパでも高くても1人1泊2000円以下だった。

 だが日本での宿泊となると話しは違う。カプセルホテルやユースホステルだって1人1泊3000円以上するだろう。1人1泊5000円で泊まれれば安い方だ。
 不景気だ何だと言っても、やはり日本の物価は別格なのだ。

 そこで釜山の観光案内所のインターネットで収獲した方策はズバリ、
 「日本ではホテルは使わない。」

 ではどうするかと言うと、インターネットで情報収集しながら立てた作戦は、
 ?サウナや健康ランド ?カラオケ ? マンガ喫茶 

 サウナや健康ランドは他の2つに比べると割高だが、お風呂に入れるし、3つの中では横になって一番ゆっくり寝られそうだ。
 カラオケは夜になると一晩一室5000円位のオールナイト料金でソファーに横になれる。ただあまり落着けなさそうだ。

 そして大本命はマンガ喫茶だ。
 実は我々マンガ喫茶に行った事がないのだが、何でも最近は日本各地でかなりポピュラーな存在となっており、マンガだけでなくテレビゲームやインターネットまでやり放題なのだそうだ。 夜はカラオケと同じ様にオールナイト料金があり、1人3000円程度から利用できる店もあるようだ。
 更に驚いた事にフリードリンクは当たり前、できあいなのだろうがカレーライスが200円など格安で食事も出してくれるそうだ。中にはリクライニングの仮眠ベッド、シャワーまでも完備されている店もあるそうだ。

 長引く不景気の我が故郷日本、290円の牛丼といい格安宿泊施設の機能も備えたマンガ喫茶といい、デフレ、デフレと騒がれる一方、どうしてどうして中々たくましく頑張っているではないか。

 金にうかれるバブルより、旅人気質の我々の様な者には暮らし易くなっているような気がする。
 何よりそのたくましさが、アフリカから旅してさんざん途中途中の第3国のたくましさを見て来た我々には、嬉しい。

 我々も、日本に帰ってもたくましく、日本を進もう、日本を歩こう。


【食事】

朝:フェグクス(エイの刺身がのった辛いスープの麺)
昼:なし
夜:ラッパギ、マントゥスープ〔パオツ入中華風スープ〕

【トラベルメモ】

1$≒1000W(韓国ウオン)
* 釜山のインターネット情報・・・
・ 郵便局 無料 PC6台 地元の人で混んでいる
・ 観光案内所 無料 PC2台 比較的すいている。日本語OK、荷物預かりも無料。

【宿】(釜山)金剛(クムガン)旅人宿 13000W/W一室

NoPhoto
チャガルチ市場 (韓国)釜山
エリア:
  • アジア>韓国>釜山(プサン)
テーマ:観光地 街中・建物・景色 
投稿日:2001/08/21 18:06
 昨日ここ釜山に入った我々。釜山港、チャガルチ市場、龍頭山公園と、今日はソウルに次ぐ韓国第二の都市、港町釜山観光の定番コースを歩いてまわる。

 釜山で何と言っても有名なのがチャガルチ市場。港町ならではの韓国最大級の魚市場だ。

 気だるい蒸し暑さの中、濃い潮の香りの中からこみ上げる魚市場独特の臭い。市場の外にはイスとテーブルが雑然と並べられ、脂ののったクジラ(イルカかもしれない)肉が積まれ、ランニング下着姿のおじさんがお酒のつまみにチビチビやっている。
 もっと観光化したところなのかと思っていたのだが、庶民的と言うか、それ以上にもっと濃い雰囲気が漂う市場のように感じた。 

 そんなチャガルチ市場だが、日本の観光客には人気の場所だそうだ。その独特の雰囲気が、都会の路地裏の飲み屋が好きなような日本人の観光客を魅きつけるのだろう。

 チャガルチ市場と並んで、日本人観光客に人気なのがお買物。
 繁華街には老若男女、日本人の姿が目立つ。

 キレイな人やオシャレな人も多いが、比較的大人しい格好の韓国女性。そんな韓国の釜山の繁華街をかっ歩する、ハデな日本人コギャルの姿も発見している。
 上げ底のサンダルを履く日本のコギャルの、ピチピチのミニスカートの腰元に、地元の人々の目線が集中している。

 こんなのが出没するとはもう日本は目の前な証拠だ。せまりくる現実の日本を思い知らされる。


【食事】

朝:なし
昼:ブルコギ
夜:揚げ餅

【トラベルメモ】

1$≒1000W(韓国ウオン)

【宿】(釜山)金剛(クムガン)旅人宿 13000W/W一室

1 - 5件目まで(358件中)