1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. イチローとジュンコさん
  4. マラウィの記事一覧

  海外エリア: アフリカ > マラウィ の他のブログはこちら|

イチローとジュンコの夫婦珍道中

~バックパッカー日記~

プロフィール

ニックネーム:
イチローとジュンコ
居住地:
東京都
自己紹介:
2000年9月 日本を旅立ったイチローとジュンコは、飛行機で、南アフリカ・ケープタウンに降り立った。
二人はそこから日本まで、飛行機を使わずに、陸路と船のみで帰る。
アフリカ大陸南端の喜望峰から日本まで、アフリカ、東西ヨーロッパ、中東、シルクロードとまるまる1年かけての、夫婦珍道中。
野宿もしました。ゴリラと挨拶もしました。サハラを越え、ヒマラヤを越え。。
大自然、世界遺産、カルチャーショック、紛争の傷跡、そして、多くの出会い。
2001年8月無事帰国した二人の旅を振り返って、番外編コラムを掲載します。

カレンダー
8月<2022年9月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

記事一覧

1 - 5件目まで(10件中)

NoPhoto
バスでタンザニアへ (マラウィ)リロングウェ→タンザニアへ
エリア:
  • アフリカ>マラウィ>リロングウェ
テーマ:鉄道・乗り物 グルメ 
投稿日:2000/10/20 18:23
 バスは夕方の7時発。それ迄、マーケットを散策したりしながら時間をつぶす。

 ひまつぶしに、ここら辺の屋台で良く見掛けるマンゴに初挑戦。
 値段を聞くと、2個で1MKのものから、1個5kwのものまで色々ある。値段が安いからといって小さい訳でもなく、高い物と大きさは変わらない。緑の皮でくるまれた見掛けも変わらない。
 まあ、試し食いなので安い方を選択。2個1MKでJunkoと2人で1個ずつ皮をむいて、ワイルドにかぶりつく。
  味はなかなか熟れていておいしいのだが、食べる所は少なく、種の周りの繊維にしゃぶりつく感じで、慣れていないせいもあって、かなり食べずらい。手もベタベタ。
 次回は高いマンゴも試してみよう。

 車体は大きいが、お世辞にも立派とは言いがたいオンボロのタンザニア行のバス。
 実は昨日、エンジンルームを開けて、大きな太いパイプを外したり付けたりしているのを目撃してしまい、「あれは整備しているのだろうか、それとも修理だろうか」と心配していたのだが、バスはリロングウェを定刻通りに出発、快調に夜道を飛ばす。

 シートは、壊れたリクライニングシートのように、かなり傾斜した背もたれに、クッションも効いている。小さいプラスチック製の窓ガラスからの隙間風も、車内の空気の循環を促し、乗り心地は悪くない。

 このバス、「VIDEO COACH」と車体に大きく描いてあるのだが、実際にはテレビもビデオも付いていない。「ホッ。これなら静かに寝られる。」 付いていない方がうるさくなくていいのだ。

 車内の電灯が、カラフルに赤や青なの位は気にしてはいけない。
 「プポ、プポ、プポ…」 時折、意味もなく鳴らされるクラクションも子守り歌替わりだ。


【食事】

朝:パン、バナナ
昼:パン、ゆで玉子
夜:パン、ポテト

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 1500MT(メディカシュ)
・夜行バス リロングウェ→ダルエスサラム 2500MK/1人
所要28〜30時間 月・木以外毎日夜7時発 前日までに予約した方が良い。
・タンザニアはビザが必要。 我々はジンバブエのハラレで取得。

NoPhoto
水がない!! (マラウィ)リロングウェ
エリア:
  • アフリカ>マラウィ>リロングウェ
テーマ:ホテル・宿泊 
投稿日:2000/10/19 18:19
 宿のマスターの指示通り、早朝5時、宿の支払いを済ませ、バスステーションへ向かう。途中ポリスに道を尋ねると、こっちの方が近道だと警察署の敷地内を通してもらったりしてバスステーションへ。

 ところが、バスステーションで尋ねると、今日、タンザニア行のバスはなく、明日夕方7時の出発だと言う。
 もう、宿のマスター、いい加減な。自信満々で言うからすっかり信用してたのに。そうとわかってれば朝、宿でゆっくりするんだったよ。
 安宿とはいえ、昨晩チェックインしたのは夜11時頃だから、正味6時間ほどしか宿にいなかったことになる。何だか損した気分だ。

 仕方ないので、タンザニア行のバス停のすぐ隣にあるレストハウスに今日の宿を取る。バスステーション周辺には地元の人用の安宿が沢山あるのだが、その中ではここはかなりきれいで、レストランも併設されており、広い敷地でゆっくりできそうだ。

 ところが…。夕方シャワーを浴びようとすると、6時にならないと水が出ないから待ってと言う。シャワーは例によりバケツでくみ置き水を浴びるのだが、その水が来る迄待てと言うのだ。
 6時、尋ねると、今度は7時迄待てと言う。仕方ないので、併設のレストランでシマ(トウモロコシの粉で練ったこちらの主食)とチキンを手づかみで食べながら待つ。
 7時、宿はガランとして従業員の姿もない。
 8時過ぎ、ようやく現れた従業員に尋ねると、今度は9時だと言う。

 結局、浴びれたのは夜10時過ぎ。この宿、水道の設備は全く無く、シャワーを浴びる迄(正確にはバケツで水浴)、ずーっと顔も手も洗えず、かなり苦しい状態だったので、夜の水浴び、かなりさっぱり生き返った。
 
 水は命の源。水の大切さを実感させられる一日だった。


【食事】

朝:ポテト
昼:ポテト、チキン唐揚げ
夜:シマ、チキン 60MK シマは1人分がかなりの量なので、2人で1人分を分けて食べるも、それでも胃にもたれる感じ。

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 1500MT(メディカシュ)

【宿】(リロングウェ)MSUNGAMA Resthouse 200MK/W1室

NoPhoto
夜のリロングウェ (モザンビーク)エントレ・ラゴス→(マラウィ)ナユチ→リオンデ→リロングウェ
エリア:
  • アフリカ>モザンビーク>モザンビークその他の都市
  • アフリカ>マラウィ>マラウィその他の都市
  • アフリカ>マラウィ>リロングウェ
テーマ:街中・建物・景色 鉄道・乗り物 
投稿日:2000/10/18 18:09
 朝、エントレ・ラゴスの駅のホームにあるイミグレが開くの待って、モザンビークの出国スタンプをもらいに行く。

 モザンビーク出国の手続きを終えると、マラウィ側の国境の街、ナユチまでの1.5Km強を歩いて、国境を越える。
 クアンバからここエントレ・ラゴス、そしてマラウィ迄も鉄道は敷かれているのだが、クアンバからマラウィ国境迄は貨物専用で客車は運行されていないのだ。

 面白いのは国境を境に、モザンビーク側の景色とマラウィ側の景色がガラッと変わる事。モザンビーク側は木々が茂り、起伏もあるランドスケープなのに、国境を越えると、マラウィ側は、地平線までどこまでも真平らで平坦な湿原が広がっている。
 昨日、エントレ・ラゴスの宿まで一緒に行った家族の少年の話だが、マラウィ側に広がるのは湖だそうだ。なる程、今は乾季。湖は干上がり、湿原のように見えた訳だ。そしてこの湖を境に国境が定められていたのだ。

 お昼過ぎ、12時15分、列車はナユチを出発。モザンビークへ行った時はバラカという街から乗ったのだが、バラカの手前、リオンデと言う街からもマラウィの首都リロングウェ行のバスが拾えそうだと言う情報をシルビアからもらっていたので、今日はリオンデで列車を降りて、バスに乗り継いでリロングウェに向かう事にする。
 ナユチからリオンデ迄3〜4時間、リオンデからバラカまでは更に1時間掛かる。なるべく早い時間の方が、バスが捕まり易いだろうと判断し、リオンデで降りてバスに乗り継ぐ事にしたのだが、リオンデではバスは難々捕まらず、道路脇の砂地に座り込み、かなり待たされる事になる。

 列車がリオンデに着いたのが午後3時。「意外に早く着いたな」と思っていたのだが、リオンデのバスジャンクションで、ひたすらリロングウェ行のバスを待つも、別の行先のバスは幾つか来るものの、目的のバスはなかなか来ない。
 ひたすら待つ事、3時間余り、日も暮れかけた頃、ようやくリロングウェ行のバスが通りすがり、これをキャッチ。

 リロングウェへはここから更に4時間余り、バスは夜道をひた走り、夜10時、リロングウェの旧市街のバスステーションに到着。

 ところが、夜のリロングウェの旧市街、首都にも関わらず、ほとんど街灯も無く、夜道は真暗。Junkoと2人でどうしようかという顔をしていると、他のバスの乗客や乗務員が察したらしく、心配してくれて、
 「どこに泊まるんだい?」
 「アニーズ。」
と事前に調べておいた安宿の名前を言うと、
 「よし、アニーズまで連れてってやるよ。」
ホッ、助かった。

 アニーズで次の目的地、タンザニアのダルエスサラム行のバスについて尋ねると、何と明日の朝出発だから、明日は朝5:30には宿を出て、バスステーションへ向かった方が良いとの事。
 少しはここリロングウェでゆっくりしようかと思ったけど、まあ進めるうちに進んでおこう。

 今日はもう遅い。そして明日は早い。
 シャワーを浴びて、アニーズのドミトリーのベッドで寝る前に水を飲もうと水筒に手を掛けるが、水はもうない。ノドはカラカラ。仕方なく水道の水をそのまま飲む。 お腹を壊したりしませんように。


【食事】

朝:パン
昼:パン
夜:パン

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 1500MT(メディカシュ)
・列車 ナユチ→リオンデ 3時間 72MK/1人
・バス リオンデ→リロングウェ 4時間 250MK/1人

【宿】 (リロングウェ)Annie's ドミトリ 200MK/1人 

アフリカの大地をオンボロ列車は走る1
アフリカの大地をオンボロ列車は走る (マラウィ)バラカ→ナユチ→(モザンビーク)クアンバ
エリア:
  • アフリカ>マラウィ>マラウィその他の都市
  • アフリカ>モザンビーク>モザンビークその他の都市
テーマ:鉄道・乗り物 
投稿日:2000/10/13 17:12
「モザンビーク島は遠かった。」

 マラウィからは、北の隣国タンザニアのダルエスサラムまで直行バスが出ている。それで一気に北上してタンザニアへ行こうかとも考えたのだが、マラウィの東の隣国モザンビークっていったいどんな所なんだろうと、言わばつまみ喰い的にちょっとだけ寄ってみる事にしたのだ。

 モザンビークで我々が目指すのはモザンビーク唯一の世界遺産、モザンビーク島。ところがモザンビーク島は遠かった。 だいたい、モザンビークとの国境ナユチ行きの列車待ちで既に2日間も費やしている。そしてこれからモザンビーク島へ到達するまでの更なる2日間、珍道中が繰り広げられる事になる。

 列車は朝5時発と聞いていたので、まだ暗い早朝4時前には駅に行って待っていたのだが、目の前に貨物列車は停まっているのだが、客車の姿は見えない。

 4時50分、もう出発予定時刻の10分前だ。おかしいなと思って目をこらすと、はるか貨物列車の後方、日の出前の暗闇に、人が動めく気配が見える。 行ってみると、何両も長く繋がれた貨車の最後尾に、たった3両だけ客車が繋がれているではないか。

 駅にはホームなどなく、明りは小さな駅舎に裸電球だけ。客室内には電気などないし、客車の前には貨車が連なっていて、はるか後方の客車は闇に隠れて見えなかったのだ。

 乗り込もうとしている人に行先を確認して、慌てて客車に走って乗り込む。 汽笛とともに暗闇の中、列車は定刻通り朝5時出発。

 「ふう、危なかった。」 2日も待って乗り過ごす所だった。

 駅員さんは、古ぼかしいものの一応つばのついた制帽をかぶり、手に何ともレトロなカンテラの信号を持っている。青いのと黄色いのと2つのカンテラの信号を持った駅員さんが、列車の外で忙しそうにしていた。

アフリカの大地をオンボロ列車は走る1

 電気がないので列車内は真っ黒。朝早いという事もあってか、乗客は皆大人しく、車内はシーンと静まり返り、列車のきしむ音と時折発せられる汽笛の音だけが響く。

 間もなく空が白み始めると、窓の外には幾つもの巨大なバオバブのシルエット。まるで地球を離れ、銀河鉄道に乗っているかのような幻想的な雰囲気だ。

 日が昇り、すっかり明るくなると、とたんに乗客達は活発になる。

アフリカの大地をオンボロ列車は走る2

 列車は途中、小さい村などで停車するのだが、停車時に何か買い求めようと皆窓から体を乗り出し、列車を取り囲む物売り達と大声でやり取りしている。物売りたちは、パン、野菜、果物、魚、チキン等々、様々な物をカゴに入れ、頭に乗せて列車を取り囲む。すごい活気だ。

 我々も朝食に、まずは昨日食べておいしかった焼きイモを購入。焼きイモを食べ終わった頃停車した村で、何やらサツマ揚げのようなキツネ色の食べ物が売られているのを発見。旅人の好奇心はもう抑えられない。自分も窓から身を乗り出し、
 「How much?」
 「ワン、クワチャ」
えー、1MK(≒2円)しかしないの。安い。買った!

 1クワチャのコインを売り子の少年に投げ渡し、少年が両手で持ち上げたザルの中から、サツマ揚げのようなものを大き目のを一つ選んで取る。かじってみると、ほんのり甘い。小麦のパンとは違う。そばがきを揚げたような食べ物だ。しつこくない控え目の甘さがおいしい。まわりはカリカリに揚げられており香ばしい。なかなかいける。

 明るくなって車内をよく見ると、人間と一緒にニワトリも大人しく乗車している。あんまり大人しいので息絶えてやしないかしらとつい見てしまうと、ニワトリと目があってしまったりする。

 リウォンデという比較的大きな駅で、我々と別の車両にバックパック姿の白人女性が乗り込むのを発見。「あの人も旅行者なんだなぁ」この時はまだそう思っていた。

 リウォンデを出てしばらくして、列車は何もない所で突然停車し、今来たレールを逆に戻り始めてしまった。
 「ウソでしょ。また何かあったの? 勘弁してよ。」
貨車の積み荷を落としてしまったのだそうだ。不幸中の幸いか、逆走して数分ですぐに落とし物は発見。落とした積み荷というのが何とマットレスたった一枚。
 「もうハラハラさせられる。ちゃんとくくり付けといてよ!」
すぐにマットレスは回収され、列車は再びモザンビーク国境の街ナユチへ向かって正しい方向へ出発。
 「ホッ、大した事なくて良かった。」

 ナユチに近付くと、窓の外にはどこまでも真っ平らな平坦な地形と地平線が続いている。どうもここら辺は湿原地帯らしい。

 国境の街ナユチにはバラカを出てから4時間後の朝9時頃到着。

 駅にあるイミグレで出国の手続きをして、モザンビークのクアンバ行きのシャパ(荷台に乗客を乗せる小型トラック)に乗り込むと、リウォンデで見掛けた白人の女の人が先に乗っていた。聞くと、何でもモザンビークのナンプラに住んでいるドイツ人で、GTZと言う、多分ドイツのJAICAの様な組織で、働いているのだそうだ。

 これは心強い味方を見付けた。この人についてナンプラ迄行けば安心だ。もう10ヶ月もモザンビークに住んでるって言うし、慣れたもんだろう。この時はそう思っていた。

 シャパは一旦、モザンビークのイミグレ前で停まり、乗客はモザンビーク入国の手続きをしなければならない。イミグレではおじさんが帳面に入国者の名前や国籍、パスポートNo.を写して、パスポートにスタンプを押すのだが、このおじさん、老眼らしく、差し出されたパスポートの字が良く見えなくて、一向に作業が進まない。
 仕方ないので皆、パスポートNo.や名前を1字ずつ読み上げて伝えている。ところがモザンビークの公用語はポルトガル語。我々が英語で読み上げてもどうも判らないらしい。その時、さっとあのドイツ人の女の人がポルトガル語で助けてくれた。
 彼女の名前はシルビア、26才。シルビア、どうも有難う。

 モザンビーク入国の手続きを済ませ、シャパの荷台に乗ってクアンバへ。クアンバへの道はもちろん舗装などされておらず、シャパが走るとすごい砂ぼこりが我々の顔、体に降りかかる。おまけに荷台の乗客はギュウギュウ詰め。道も良くないので、振り落とされないように荷台にヘリに一生懸命しがみつく。

 4時間近くこの状態で、クアンバに着くと、自分もJunkoもシルビアも全身砂だらけ。まぶたや鼻の上には砂が降り積もっている。鼻穴や耳穴も砂だらけ。思わずお互いの顔を見て3人で吹き出してしまった。

 クアンバのバスジャンクション(正確にはシャパジャンクション)で尋ねると、ナンプラ行のバスやシャパは今日はもうないとの事で、明日早朝の列車でナンプラへ行く事にする。

 「泊まる所はどうするの?」
とシルビアに聞くと、
 「大丈夫、任せなさい。」
シルビアに付いて入った建物からドイツ人のおじさんが現れ、今日はここに泊めてくれると言う。このカルロスというおじさん、シルビアと同じ組織の人で、ここの大学の先生をしてるそうだ。

 泊まってもいいと言われたものの、カルロス宅には3人も泊まれる程充分なスペースはないので、カルロス宅にはシルビアが、我々2人はカルロス宅の庭にシルビアのテントを張って、そこで寝る事になった。

 事前にほどんど何の情報も持っていなかった街だったので、本当に助かった。おまけにテントまで借りてしまって。更におまけに、カルロス宅でお昼も夜もごちそうになってしまった。感謝、感謝。

 カルロス宅でシャワー(と言ってもくみ置き水をひしゃくでかける。モザンビークの一部の大都市以外のほとんどの街は、水道はないか、機能していない。)を浴び、砂と泥だらけの体もさっぱり。
 お昼も頂いて、クアンバのメルカド(市場)へ散策に出る。

 シルビアの話では、明日早朝発の列車に乗れば、ナンプラからバスを乗り継いで明日中にモザンビーク島に行けると言う。ホッと一安心。「明日にはモザンビーク島に着くんだなぁ」この時にはそう思っていた。

 そんな事を思いながら、土の上に木に組まれた露天の商店が並ぶクアンバのメルカド(市場)を散策などしていると、駅の近くで向うから日本人らしき人がこっちへ向かって来てる。
 「こんにちは。」と話し掛けるが「Sorry?」と返されてしまった。彼は台湾人で木材の仕入れでここクアンバに滞在しているのだそうだ。

 散策も終え、カルロス宅へ帰ると、皆で夕食作りの手伝いにジャガイモの皮むき。タダメシ頂く訳だからこれ位のお手伝いはしないとね。

 夕食の席でカルロスから、イスラエルとパレスチナが軍事衝突を起こし、ヨルダンの米軍基地も攻撃されたとの話を聞く。まだ先の話だが、アフリカから中近東を抜けるルートも情勢次第では考え直す必要があるかもしれない。

 明日の列車も早朝5時発。またもやの早朝発だが、どうもこれがここら辺のペースらしい。早目にシルビアのテントで就寝。昼も夜もたらふくごちそうになったので、いつの間にやらぐっすりと眠ってしまったようだ。

 カルロスとカルロスの奥さん、そしてシルビア、本当に有難う。困った時はお互い様。この旅が終わって、日本に帰ったら自分も困った人を助けてあげよう。


【食事】

朝:焼きイモ サツマ揚げ風お焼き
昼:フィッシュフライ
夜:ジャーマンポテトとベーコン

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 70MK(マラウィ・クワチャ)
1US$ = 1500MT(メディカシュ)
・列車 バラカ→ナユチ 毎月水金 5:00発 9:00着 90MK/1人
・シャパ ナユチ→クアンバ ナユチで列車の到着に合わせて待っている。
 4時間 30000MT/1人
・モザンビーク入国税 5US$/1人
 国境の出入国はどちらもスムーズ。
・モザンビーク入国にはビザが必要。 我々はジンバブエのハラレで取得。

【宿】(クアンバ)カルロス宅泊 無料

青空マーケット1
青空マーケット (マラウィ)バラカ
エリア:
  • アフリカ>マラウィ>マラウィその他の都市
テーマ:街中・建物・景色 
投稿日:2000/10/12 16:52
 朝食後、宿のレストランのキッチンに、Junkoが水筒を持ってお湯をもらいに行くと、キッチンのおじさん、快くOK! なんてやさしいおじさんだ。昔、サイパンの日系ホテルでカップラーメンを食べようと、レストランにお湯をもらいに行ったら、「ダメだけど10$払うんなら分けてやる」なんて言われた事もあったから心配していたけど、マラウィの人は親切だ。感謝、感謝。本当に水は有り難いものです。夕方ももらいに行ってみよう。
 
 今日は、明日発の列車の待機日。特にする事もないのでバラカの街の散策に出る。

 ここバラカは活気のある元気な街だ。これまでアフリカ南部のちょっとした大きな街では、近代的な建物が目立ち、アフリカらしさはビルの陰に追いやられてしまっていたが、バラカの街ではドーンとでっかい青空マーケットが街の中心にあり、食べ物、日用品、布や服類などが売られ、朝から晩まですごい活気だ。ガソリンスタンドやスーパーマーケットなどは、この青空マーケットの外側でひっそりと営業している。

青空マーケット1

 見慣れぬ東洋人の我々が通ると、カラフルだけど使い古されてちょっと色あせた、布の腰巻きをしたママ達が、「ヘーイ、どこから来たんだい」「これ食べると元気が出るよ!!」と陽気に声を掛けてくれる。

 見た事もない果物や食べ物が並んでいて、興味をそそられるが、我慢、我慢。最近、失敗続き、変なもの食べてお腹でも壊したら大変だ。と、キャッサバの隣のカゴの中に焼きイモらしき姿を発見。「おばさん、これいくら?」と尋ねると、何と大きいのが1個5MK(≒8円)。安い。
 試しに一個購入。おイモを割ると、中身はまるでかぼちゃのようなオレンジ色。2人でホクホクとほおばると、旨い! 甘い!

 モザンビークに行く都合で全く予定外の滞在をしてしまったバラカ、アフリカらしいなかなかいい所だ。こういう予想外のステキな街との出遭いも旅の楽しみ方の一つ。ちょっと昼寝でもして、夜もマーケットに晩御飯でも物色しに行こう。


【食事】

朝:目玉焼き
昼:焼きイモ バナナ
夜:フライドポテト

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 70MK(マラウィ・クワチャ)

【宿】(バラカ)MLAMBE MOTEL 550MK/W 1室1泊 朝食付き。

1 - 5件目まで(10件中)