1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. イチローとジュンコさん
  4. スペインの記事一覧

  海外エリア: ヨーロッパ > スペイン の他のブログはこちら|

イチローとジュンコの夫婦珍道中

~バックパッカー日記~

プロフィール

ニックネーム:
イチローとジュンコ
居住地:
東京都
自己紹介:
2000年9月 日本を旅立ったイチローとジュンコは、飛行機で、南アフリカ・ケープタウンに降り立った。
二人はそこから日本まで、飛行機を使わずに、陸路と船のみで帰る。
アフリカ大陸南端の喜望峰から日本まで、アフリカ、東西ヨーロッパ、中東、シルクロードとまるまる1年かけての、夫婦珍道中。
野宿もしました。ゴリラと挨拶もしました。サハラを越え、ヒマラヤを越え。。
大自然、世界遺産、カルチャーショック、紛争の傷跡、そして、多くの出会い。
2001年8月無事帰国した二人の旅を振り返って、番外編コラムを掲載します。

カレンダー
8月<2022年9月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

記事一覧

1 - 5件目まで(14件中)

ダリ劇場美術館  1
ダリ劇場美術館 (スペイン)バルセロナ→フィゲラス→(フランス)マルセイユ
エリア:
  • ヨーロッパ>スペイン>バルセロナ
  • ヨーロッパ>スペイン>スペインその他の都市
  • ヨーロッパ>フランス>マルセイユ
テーマ:鑑賞・観戦 
投稿日:2001/04/15 14:25
 ガウディ、ピカソにミロと、カタルーニャが生んだ素晴らしいアーティスト達の作品をバルセロナでさんざん楽しんで来たが、もう一人忘れてはならない奇才とも称されたカタルーニャが生んだ芸術家、それは天才サルバトール・ダリ。

 ダリの亡きガラも眠る、「ダリ劇場美術館」は何が何でも見逃せない。

 その美術館があるフィゲラスの駅を降り、美術館の前まで歩くと、物凄い行列が出来ている。
 その列の長さは、ピカソのゲルニカがあるマドリッドのソフィア王妃芸術センターやバルセロナのピカソ美術館、ミロ美術館の比ではない。
 そして館内の混雑ぶりは、あのプラド美術館をもしのぐ。

 これだけの人を魅了し、引き寄せる、さすがは天才ダリだ。

 館内は単に美術作品が展示してある一般的な美術館とは全く異なり、様々な仕掛けや、見る場所や角度で作品そのものが変化する、天才ダリのアイデア、ユーモアとペーソスがたっぷり。

 美術館自体は決して大きくないがお腹一杯に楽しめる。
 ただし、それを消化しきれるかどうかはあなた次第。

 「どうだ、見てみろ、この芸術性が、シュルレアリズムが、お前に理解できるかな?」
と、ダリに挑戦されている様でもある。

 一通り見終わって外に出て振り返ると、卵とパンでおおわれた美術館の壁の装飾が、我々を見送っている。

ダリ劇場美術館  1

【食事】

朝:サンドイッチ、ヨーグルト、クッキー、リンゴ
昼:サンドイッチ、リンゴ、チョコムース、クッキー
夜:サンドイッチ、リンゴ、クッキー

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 180pt(スペイン・ペセタ)
1US$ ≒ 6.5FF(フランス・フラン)
・ダリ劇場美術館 1200pt
・バルセロナ→フィゲラス(列車)1145pt 2時間
・フィゲラス→マルセイユ(夜行列車)途中セレブで乗換える 5865pt 7.5時間〈マルセイユまで〉

NoPhoto
モンジュイックの丘とミロ (スペイン)バルセロナ
エリア:
  • ヨーロッパ>スペイン>バルセロナ
テーマ:街中・建物・景色 その他 
投稿日:2001/04/14 14:20
 まだまだ記憶に新しいバルセロナ・オリンピック。今日はそのオリンピックスタジアムがあるモンジュイックの丘を中心に幾つか美術館などをまじえ、ゆっくり散歩。

 丘の上からバルセロナの街を見渡すと、小さくなったサクラダ・ファミリアと、大通りの街路樹、そして遠くの山々と、パノラマが楽しめる。

 そしてバルセロナと言えば、ガウディに勝るとも劣らぬ有名アーティストがもう一人、ジョアン・ミロだ。
 モンジュイックの丘のふもとにはミロ公園、丘の上にはミロ美術館が設けられている。

 正直に言います。はっきり言って私にはミロの芸術はわかりかねます。まるで幼稚園のラクガキの様な、誰でも描ける様な・・・。
 そんな事を思う人も多いと思いますが、絵を見ているとなんだか楽しい気分になってくるのも事実。
 でも全く同じ絵を自分が描いたとしたら、誰もほめてくれないだろうに・・・そんな事もふと思ってしまう。。。

 夜、我々が滞在する安宿のドミトリーのベッドが並ぶ大部屋に、日本人の女の子が転がり込んで来る。
 我々もバルセロナに着いた夜は、なかなか空部屋がみつからない宿探しにへとへとになったが、今夜は彼女が宿探しに疲れ果てている様子だ。

 「コーラでも飲む?」
昼間、市場近くのスーパーで無印の激安のコーラ(コカコーラではない)を、安いからって、「こんなに飲める?」なんて言い合いながら1.5リットルのペットボトルで買ってしまっていたのだ。
 くたくたの彼女にコーラとパンを差し出すと、
 「ありがとうございます!!」
と、せっせと口に運んでいる。お腹も空かしていた様だ。

 「コーラならたんまりあるから、思う存分飲んでいいよ☆」
 彼女は、ドイツや東欧の数カ国をまわってここに来たそうだ。

 「このガイドブック、もう要らないんで、良かったらいりますか?」
と、彼女が手にしているのはチェコ、ポーランド、スロバキアの地球の歩き方。

 我々はこの後、フランスから船でチュニジアに渡り、リビアを越えてトルコまで行く予定だが、リビアのVISAが取れない場合、再びヨーロッパへ戻り、東欧からトルコへ抜ける事も考えている。

 「いいんですか?どうもありがとう!!」
とその本を頂き、お互いホクホク顔。
 安いからって言って、1.5リットルも買いすぎたと思っていたコーラがこんな風に役に立つとは。

 本を開くと、キレイなプラハのカラー写真が。
 「プラハか、行ってみたい気がするね。」


【食事】

朝:サンドイッチ
昼:サンドイッチ、イワシの酢漬、タコマリネ
夜:クリームチーズサンド、コーラ

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 180pt(スペイン・ペセタ)
*本日まわったバルセロナの見所*
・ミロ公園 :無料
・モンジュイックの丘
・国立カタルーニャ美術館 :600pt
・オリンピックスタジアム :タダで中を覗ける
・ミロ美術館 :800pt
・メルカート(市場)
 →(アフリカで汚れましたイチローの)ズボンを新調しました。これでもうヨーロッパを歩いても恥ずかしくない???

【宿】
(バルセロナ)Hotel Colon 2900pt/ドミトリー1人

アントニオ・ガウディ  2
アントニオ・ガウディ (スペイン)バルセロナ
エリア:
  • ヨーロッパ>スペイン>バルセロナ
テーマ:街中・建物・景色 世界遺産 
投稿日:2001/04/13 14:13
 バルセロナと言えば、アントニオ・ガウディ。
 今日は、アントニオ・ガウディの建築物を精力的に見てまわる。

 ガウディの作品は、バルセロナの街の広い範囲に散らばっている。
 これまでもヨーロッパでは美術館巡りで何度も足を棒にしているが、バルセロナにいたっては街全体が屋外美術館と言っても良いだろう。

 地下鉄を駆使し、地下鉄駅を出ては、地図とにらめっこしながらおろおろと歩き回り、見逃せないガウディの作品を探し出す。

 バルセロナの街そのものは、これまで旅したセビーリャやグラナダの様な趣きはなく、観光客が溢れる単なる陽気な大都会。そんな街で割高でしょぼい宿につめ込まされながらも、それでも一つ一つのガウディーの作品を見ていると、「来て良かった。」と思わさせられる。

 その形状、色合い、光輝くモザイクの装飾・・・
 Junkoもすっかりガウディのとりこになってしまっている。
 サクラダ・ファミリアがことに有名だが、その他の作品もどれも素晴らしい。

アントニオ・ガウディ  2アントニオ・ガウディ  1

 主なガウディの建物を一通り見て回った我々だが、ライトアップされた夜の姿も見てみたいと、夜、再びサクラダ・ファミリアの前へ。

 そして、夜の街にライトに浮かび上がるカサミラと、妖艶に色彩々の壁のモザイクを光らせるカサバトリョにうっとりさせられながら、長い一日を終える。

【食事】

朝:サンドイッチ
昼:サンドイッチ
夜:中華(歩き回ってお腹が空いたので)

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 180pt(スペイン・ペセタ)
*本日まわったバルセロナの見所*
・グエル邸(ガウディ作)
 →外から見るのみ
・サクラダ ファミリア(ガウディ作):入場料800pt
 →塔を昇るエレベーター :200pt(歩いても登れる)
・カサミラ(ガウディ作)
 →中にも入れるが(有料)、我々は外から見ただけ。
・カサ バトリョ(ガウディ作)
 →外から見るのみ。Junkoのお気に入り
・カサ アマトリェール(ガウディではない)
 →外から見るのみ
・カサ リュオ モレラ(ガウディではない)
 →外から見るのみ
・ピカソ美術館
 →マドリッドのプラド美術館で見たラスメニナスのピカソ版が面白かった。
・グエル公園(ガウディ作):無料
 →ガウディアートが凝縮された傑作!!素晴らしい!!
・カサビセンス(ガウディ作)
 →外から見るのみ
・グエル別邸(ガウディ作)
 →外から見るのみ

【宿】
(バルセロナ)Hotel Colon 2900pt/ドミトリー1人
※昨日と同じ宿。部屋をドミトリーに移る。

NoPhoto
難航、バルセロナの宿探し (スペイン)トレド→マドリッド→バルセロナ
エリア:
  • ヨーロッパ>スペイン>トレド
  • ヨーロッパ>スペイン>マドリード
  • ヨーロッパ>スペイン>バルセロナ
テーマ:ホテル・宿泊 
投稿日:2001/04/12 14:08
 トレドからマドリッドでバスを乗り継ぎ、スペイン随一の観光地バルセロナへ。
ところが夜、バルセロナに着いたものの、宿探しが難航を極める。

 安宿街と思われるエリアを歩いて歩いて、目に付いた宿をあたってもあたっても、宿はどこも満室。
 一つ星の安宿はもちろん、バルセロナ中心街に何件かあるユースホステルも全て訪ねたが満室。2つ星、3つ星クラスのホテルでさえ、空いているところは全く無い。
 我々以外にも、荷物を背負ったバックパッカー達が街中をウロウロしている。皆、宿探しをしている様だ。

 それもその筈、今はイースター(復活祭)のお休み期間で、ヨーロッパのゴールデンウィークとも言える、春一番の行楽シーズンなのだ。
 丁度、いい季節にヨーロッパを旅できたのは良かったが、宿が見つからないのは困り物だ。

 そしてようやく見つけた宿は、大部屋に数十人分もの2段ベッドが並べられたドミトリーの1ベッドが2900ペセタ≒1700円と、これは高い。
 一度は割高でもっといいホテルでもあればとそこは見送り、更に宿を探しまくったが、相変わらずどこも満室。

 他にもう一軒だけ空いている安宿を見つけたのだが、何とそこは偽ユースホステル。
 掲げられた「ユースホステル」と日本語でも書かれた黄色い看板には、木と家の位置が逆になった手書きの偽ホステル・インターナショナルのマークまで付けている。
 料金を聞くと最初は、1ベッド2700ペセタと言うので、チェックインしようとチェックインカードを書き終えると、やっぱり2800ペセタだと言う。おまけに明日からは3000ペセタになると言い始める。
 さすが偽ユースホステルをやっているだけあり、完全にこちらの足元を見ているとしか思えない。こんな宿には安心して泊まっていられない。

 仕方なく、その前に見つけた安宿にチェックイン。そこでは今日一日だけダブルの部屋も空いていると言うので、今夜だけはダブルに、翌日からは大部屋のドミトリーに泊まる事にする。

 まあ、高いが仕方ない。せっかくのバルセロナ、宿探しにエネルギーを使い果たしたくない。ここはあきらめて、この宿に数泊して、明日からはゆっくりバルセロナの街を楽しむとしよう。

 シャワーを浴びてベッドに就いた頃には、時刻は深夜12時を越えていた。

【食事】

朝:サンドイッチ
昼:サンドイッチ
夜:サンドイッチ、ソーセージ

【トラベルメモ】

1US$ = 180pt(スペイン・ペセタ)
・トレド→マドリッド バス 1時間 605pt
・マドリッド→バルセロナ バス 8時間 3530pt

【宿】
(バルセロナ)Hotel Colon 8000pt/W-1室
※ここも大きくYouth Hostelと掲げられていたが、ホステル・インターナショナルのマーク(または偽マーク)はなかったので、プライベートのユースホステルと言うことなのでしょう。本文に書いた偽ユースホステルは偽ホステル・インターナショナルマークを付けているので注意!!

ラマンチャ・ドンキホーテの風車  1
ラマンチャ・ドンキホーテの風車 (スペイン)トレド→コンスエグラ
エリア:
  • ヨーロッパ>スペイン>トレド
  • ヨーロッパ>スペイン>スペインその他の都市
テーマ:街中・建物・景色 
投稿日:2001/04/11 14:02
 今、我々がいるのはスペインのラマンチャ地方。
 そして、そう、ラマンチャと言えば、ラマンチャの男、ドンキホーテ。

 今日はそのドンキホーテが戦いを挑んだ、昔ながらの風車が立ち並ぶコンスエグラへ、トレドからローカルバスで日帰り旅行。

 小さな小さなローカルタウン、コンスエグラを見下ろす緑の野の丘。そのなだらかな丘の尾根のカーブの上に並ぶ風車の羽は、残念ながらどれも動いてはいない。
 十字に組まれた羽がもげて欠けている風車も目立つ。

ラマンチャ・ドンキホーテの風車  1

 それでも、丘の上で、かつてこの風車を回していたラマンチャの風を受けながら、風にざわめく野の草の上に哀愁いっぱいに静かにたたずむ、回らぬ風車達は中々の味わいだ。

 わびしくものどかな丘に春の訪れを知らせる花々が咲く野道を、風車を見上げながらゆっくり下る。

 近くで見ると思っていたよりも小さく見えた風車だが、丘のふもと街から見上げると、大きく、たくましく見える。

 今はもう動かない古風車だが、日本の古い家の動かない振子の古時計のボンボン時計のように、ラマンチャの小さな街を見守ってくれているのかも知れない。

【食事】

朝:サンドイッチ
昼:サンドイッチ、菓子パン、ポテトチップ、リンゴ
夜:サンドイッチ、サーディーン、リンゴ

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 180pt(スペイン・ペセタ)
・トレド→コンスエグラ(バス)1時間 570pt/片道

【宿】
(トレド)Residencia Juvenil de San Seruand 1800pt/W-1室

1 - 5件目まで(14件中)