1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. イチローとジュンコさん
  4. フランスの記事一覧

  海外エリア: ヨーロッパ > フランス の他のブログはこちら|

イチローとジュンコの夫婦珍道中

~バックパッカー日記~

プロフィール

ニックネーム:
イチローとジュンコ
居住地:
東京都
自己紹介:
2000年9月 日本を旅立ったイチローとジュンコは、飛行機で、南アフリカ・ケープタウンに降り立った。
二人はそこから日本まで、飛行機を使わずに、陸路と船のみで帰る。
アフリカ大陸南端の喜望峰から日本まで、アフリカ、東西ヨーロッパ、中東、シルクロードとまるまる1年かけての、夫婦珍道中。
野宿もしました。ゴリラと挨拶もしました。サハラを越え、ヒマラヤを越え。。
大自然、世界遺産、カルチャーショック、紛争の傷跡、そして、多くの出会い。
2001年8月無事帰国した二人の旅を振り返って、番外編コラムを掲載します。

カレンダー
8月<2022年9月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

記事一覧

1 - 5件目まで(5件中)

船でチュニジアへ  1
船でチュニジアへ (フランス)マルセイユ→(チュニジア)チュニスへ
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>マルセイユ
  • アフリカ>チュニジア>チュニス
テーマ:街中・建物・景色 鉄道・乗り物 
投稿日:2001/04/19 14:51
 マルセイユの街には、なんとも妙な雰囲気が漂う。

 街中には、ジュラバの姿の北アフリカ系の人々が徘徊し、目にするその数は白人よりも遥かに多い。
 彼らは街の中心部の広場で青空マーケットを盛大に催し、公園にたむろし、通りには、シャワルマ屋やタシンの土鍋を並べたモロッコ料理屋が並ぶ。

 パリに次ぐフランス第2の都市ながら、中心部はまるでヨーロッパに浮かぶマグレブ(北アフリカ)の小都市のようだ。

 そんな彼らがやって来たのであろう北アフリカの国の一つ、チュニジアへ、今日我々は船で航海に立つ。

 マルセイユの港の乗船ターミナルで出国手続きを済ませ、ターミナルの外のタラップに出てみると、タラップの先には何とも大きく立派なフェリー。

船でチュニジアへ  1

 側面に並んだキャビン(客室)の窓の数々に、未だ季節に達していないので水は張られていないが、大きなプールまである。

 我々がこれ迄乗った中で、最もデラックスな豪華客船だ。
 船内には、バー、レストラン、免税ショップ、インフォメーションデスクなどももちろん完備。

 我々は、そんな、チュニジアのチュニスまで一泊二日かけて地中海を渡るの豪華客船風のフェリーの中の、最も安い自由席のソファーに寝床を取ると、甲板に上がって、洋上から色々あったマルセイユの街に別れを告げる。

 マルセイユに来る途中の夜行列車でビデオカメラを盗まれてしまい、未だそのショックから立ち直り切れてはいないが、
 罪を憎んで人を憎まず。罪を憎んで街を憎まず。

 その直後は大嫌いだったマルセイユだが、海から臨むその風貌に別れを惜しむようにカメラのレンズを向ける。

 そしてこれから約24時間の地中海クルーズの後、我々は再びのアフリカ、北アフリカはチュニジアの地に足を降ろす。


【食事】

朝:サンドイッチ、リンゴ
昼:サンドイッチ、リンゴ
夜:サンドイッチ

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 6.5FF(フランス・フラン)
1US$ ≒ 1TD(チュニジア・ディナール)
・マルセイユ→チュニス(フェリー、夜行)14:00発 翌11:00着 1000FF/1人(週2便)

プロバンス  1
プロバンス (フランス)カンヌ→マルセイユ⇔エクサン・プロバンス
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>カンヌ
  • ヨーロッパ>フランス>マルセイユ
  • ヨーロッパ>フランス>エクス アン プロヴァンス
テーマ:街中・建物・景色 
投稿日:2001/04/18 14:47
 まだまだ記憶に新しい「砂漠のアリ作戦」。忘れようにも忘れられない、間違いなくこの旅のハイライト。
 その砂漠のアリ作戦を共に遂行した、アメリカ人の旅人ミートのおススメが、フランスのエクサン・プロバンス。

 フランス・プロバンス地方ではコートダジュール沿岸に次ぐ人気の観光地らしいが、西サハラを歩いて渡ろうなんて事を考えた人のおススメとはどんな所なんだろう。

 朝、宿をマルセイユに移すと、すぐ列車でエクサン・プロバンスへ。

 南欧の春の陽射しをすかして輝く街路樹の奥に、かわいらしい小さな旧市街。
 正直言ってこれといった大した見所がある訳ではないが、春のお散歩どころとしては丁度良い所だ。

プロバンス  1

 そんな旧市街の路地に並ぶ数々のショップの中で特に目を引くのは、ショーウィンドウにケーキやキッシュなどを並べた、ご当地ならではのファーストフード店。
 自分に自制心がなかったら、手当たり次第買って食べあさってしまいそうだ。
 とりあえずお昼にと、キッシュとホッカッチャをほおばる。

 気分のいい春の散歩道に、食べ歩き。まあそれだけで来たかいはあったと言う事でしょうか。

 水も食べ物も抑された砂漠とは180°全く違う、プロバンスの街歩き。
 つらい砂漠歩きの後で、このエクサン・プロバンスを思い出し我々に語ったミートの気持ちが、今わかったような気がする。


【食事】

朝:パン
昼:キッシュ、ホッカッチャ
夜:ラズベリータルト、レモンクリームドーナッツ

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 6.5FF(フランス・フラン)
・カンヌ→エクサン・プロバンス(列車)マルセイユ乗継ぎ
・エクサン・プロバンス→マルセイユ(列車)
※所要時間はカンヌ→マルセイユが2時間50分/マルセイユ→エクサン・プロバンスが片道1時間弱

【宿】
(マルセイユ)Hotel Sphinx 160F/W-1室

コートダジュール1
コートダジュール(32カ国目、モナコ) (フランス)カンヌ→(モナコ)→(フランス)ニース→カンヌ
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>カンヌ
  • ヨーロッパ>モナコ>モンテカルロ
  • ヨーロッパ>フランス>ニース
テーマ:街中・建物・景色 
投稿日:2001/04/17 14:37
 フランス・コートダジュールのカンヌは華やかだ。

 ビーチ沿いには高級ホテルが立ち並び、カジノがそびえ、通りにはブランドショップ。
 いかにもリッチそうなご婦人達が、ノンシャランとバカンスを楽しんでいる。
 ビーチにはトップレスのレディーの姿もちらほら。

 コートダジュールいちのリゾート地カンヌ、高いホテルしかないのかと思っていたら、意外にも安宿もあり、スーパーマーケットもあり、市場もあるのだ。

 マリーナの裏の路地を少し入った所にある我々が滞在する安宿、ご主人は元エールフランスのパーサーで退職後、この宿を始めたそうだ。

 小ざっぱりした清潔な宿は、ダブル一室一泊3000円位。 このカンヌで、このキレイな部屋で、これはお値打ちものだ。
 おまけに、ご主人は元パーサーだけあってとても親切。

 どうやら、リッチでなくてもカンヌをゆっくり楽しんでもいいようだ。

 路地のカフェや、山盛りのカキなどの魚介類が並ぶ高級レストランを覗いたり、ビーチ沿いのベンチでのんびりしたり、リッチにバカンスを楽しむ人々をウォッチングしたりと、街歩きは楽しいが、カジノや座っただけで何も食べなくてもテーブルチャージやサービス料、チップ代と幾らかかるか分からないレストランとは無縁の我々、ここカンヌでする事自体はあまりない。

 昨日丸一日、カンヌでのんびり街歩きを楽しんだ我々は、今日は、コートダジュールのカンヌ以外の有名な2つの街(正確には一つの街と一つの国)へ、カンヌから日帰りで周遊する事にする。

コートダジュール1

 まずはモナコ。

 正直言って特に何も無い所ですね。
 小さな入り江にビーチはなく、マリーナのみ。
 観光名所は、海を見下ろす斜面の上のシンプルなのっぺりしたパレスとカジノくらい。

 言葉はフランス語、お金もフラン、一年で最大のイベントはF1グランプリ。
 こんなフランス人のレジャーランドの様な小さな小さな街が一つの国家だって言うんだから、どう言う事なんでしょうか???

 モナコの国民はモナコのパスポートを持っているのでしょうか???(素朴な疑問)
 意外にフランスのパスポートだったりして・・・。
 それでいて、遥か彼方のタヒチやレユニオンなどは未だにフランス領だって言うんだから・・・。

 そして訪れたのはニース。

 小ぢんまりしたカンヌに比べると、ニースは意外にも都会。
 駅を出てビルが並ぶ繁華街を抜け切った所にビーチが現れる。

コートダジュール2

 バカンス気分の華やかさではカンヌに及びもしないが、ニースの海の色はコバルトブルーでカンヌよりもきれいだ。

 「訪れた事に意義がある。」
そんなネームバリューのあるコートダジュールの3つの街、カンヌ、モナコ、ニースでのバカンスの一日でした。

 「まぁこんなものか。」と、思ったのも事実ですが、
 「なかなか楽しかったな。」って言うのも事実。

 モナコに溢れていた日本人団体ツアーの皆さんも、そんな風に思ったのではないでしょうか。。。


【食事】

朝:サンドイッチ、クッキー
昼:サンドイッチ、クッキー
夜:ASIAN快食
→フランスには各街にアジア料理のファーストフード店が何軒もある。そのほとんどは中華というより東南アジア系の料理が並ぶ。もちろん本場東南アジアで食べるよりもかなり高く付くが、フランスのほかの店で食べるよりは安くてボリュームもある。この日我々はベトナム春巻き(生春巻き)、タイカレーなどを頂きました。

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 6.5FF(フランス・フラン)
・カンヌ⇔モナコ(列車)ニース経由 往復70FF(我々は復時、ニースで途中下車)
※所要時間はカンヌ・ニース、ニース・モナコがそれぞれ1時間程

【宿】
(カンヌ)Hotel Chanteclair 180FF/W-1室

NoPhoto
盗られた!!(31カ国目、フランス) (フランス)マルセイユ→カンヌ
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>マルセイユ
  • ヨーロッパ>フランス>カンヌ
テーマ:鉄道・乗り物 
投稿日:2001/04/16 14:31
 昨日、フィゲラスでダリ美術館を見た後、フィゲラスに泊まって、ゆっくりマルセイユに向かう事も考えたのだが、フィゲラスの駅のインフォメーションで、夜行列車のあると聞いて、宿代も一泊浮くし、「列車で寝てれば着くんだから」と、夜行でマルセイユへ向かう事にしたのだが、これが完全に裏目に出てしまった。

 フィゲラスを昨夜9:30に出た列車は、フランス・スペイン国境のフランス側の街、セレブに30分程で到着。ここで列車を乗換え、マルセイユ行の夜行列車はセレブを24:00に出発。

 車内は清潔で明るい。乗客もまばらだ。

 これですっかり安心してしまった訳ではないが、バックパックを網棚に上げ、カメラ、ビデオといった壊れ物の機器が入ったショルダーバックを足の間に挟んで2つ並んだ座席の上に横たわると、いつの間にかぐっすりと熟睡してしまう。

 早朝4時前、ハッと気が付くと、
 「ん、ショルダーバックのチャックが開いている。」
 まさか開けっ放しで寝てしまったのだろうか。

 バックの中に手を入れてみると、ビデオがない!!

 床に落ちてやしないかと、座席の下を探してみると、ビデオカメラを入れていたビニール袋だけが落ちている。
 拾って見てみるとビニール袋は引き裂かれている。
 「やられた!!」

 オロオロしていると、手に皮の手袋をした中年男に引き連れられたいかにも怪しい少年の群れが、列車内を何度も往復している。
 彼らは、車両の電灯のスイッチの場所を知っているらしく、彼らが通り掛かると突然車両内は真っ暗になってしまう。

 「ヨーロッパの夜行列車や駅には窃盗団が出没するので気を付けるべし」
と言う様な事を、聞いたり読んだりした事がある。
 アフリカをほぼ無傷で旅し終え、ヨーロッパに上陸し、油断やスキができていたのかも知れない。

 だが、そんな事言っても後の祭り。
 盗まれたビデオカメラの中に入っていたモロッコ以来撮影したビデオテープも消え去り、これからも動く映像は残せなくなってしまった。
 悔やんでも悔やみきれない。

 「どうして気づかなかったの?」
と、Junko。
 「全然気づかなかったよ。」
と返すと、
 「もしかしたら何か嗅がされでもしたんじゃない?」
 「まさかそれはないとは思うけど・・・。」

 体には何も無かった事、ビデオカメラ以外の荷物やカメラは無事だった事はかろうじて不幸中の幸いと言っていいだろう。

 朝5時、到着したマルセイユの駅のポリスをたずねる。
 ポリスレポートをもらい、
 「帰国したら保険請求しよう。」

 ビデオカメラ代のお金は返ってくるのだろうが、やり切れない思いをかみしめる。

 マルセイユの旅行社で聞いたところ、マルセイユ発チュニジア・チュニス行の船が出るのは3日後の4月19日。
 それ迄、フランス・コートダジュールいちのリゾート地でゆっくりして心の傷を癒そうとカンヌへ向かう。
 「マルセイユなんて大嫌いだ!!」

 やつらはプロです。ヨーロッパの夜行列車は気をつけましょう。


【食事】

朝:サンドイッチ、リンゴ
昼:シーフードマリネ、ライスサラダ、ポテトサラダ
夜:ツナサンド、クッキー

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 180pt(スペイン・ペセタ)
1US$ ≒ 6.5FF(フランス・フラン)
・マルセイユ→カンヌ(列車)2時間15分 1750FF

【宿】
(カンヌ)Hotel Chanteclair 180FF/W-1室

ダリ劇場美術館  1
ダリ劇場美術館 (スペイン)バルセロナ→フィゲラス→(フランス)マルセイユ
エリア:
  • ヨーロッパ>スペイン>バルセロナ
  • ヨーロッパ>スペイン>スペインその他の都市
  • ヨーロッパ>フランス>マルセイユ
テーマ:鑑賞・観戦 
投稿日:2001/04/15 14:25
 ガウディ、ピカソにミロと、カタルーニャが生んだ素晴らしいアーティスト達の作品をバルセロナでさんざん楽しんで来たが、もう一人忘れてはならない奇才とも称されたカタルーニャが生んだ芸術家、それは天才サルバトール・ダリ。

 ダリの亡きガラも眠る、「ダリ劇場美術館」は何が何でも見逃せない。

 その美術館があるフィゲラスの駅を降り、美術館の前まで歩くと、物凄い行列が出来ている。
 その列の長さは、ピカソのゲルニカがあるマドリッドのソフィア王妃芸術センターやバルセロナのピカソ美術館、ミロ美術館の比ではない。
 そして館内の混雑ぶりは、あのプラド美術館をもしのぐ。

 これだけの人を魅了し、引き寄せる、さすがは天才ダリだ。

 館内は単に美術作品が展示してある一般的な美術館とは全く異なり、様々な仕掛けや、見る場所や角度で作品そのものが変化する、天才ダリのアイデア、ユーモアとペーソスがたっぷり。

 美術館自体は決して大きくないがお腹一杯に楽しめる。
 ただし、それを消化しきれるかどうかはあなた次第。

 「どうだ、見てみろ、この芸術性が、シュルレアリズムが、お前に理解できるかな?」
と、ダリに挑戦されている様でもある。

 一通り見終わって外に出て振り返ると、卵とパンでおおわれた美術館の壁の装飾が、我々を見送っている。

ダリ劇場美術館  1

【食事】

朝:サンドイッチ、ヨーグルト、クッキー、リンゴ
昼:サンドイッチ、リンゴ、チョコムース、クッキー
夜:サンドイッチ、リンゴ、クッキー

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 180pt(スペイン・ペセタ)
1US$ ≒ 6.5FF(フランス・フラン)
・ダリ劇場美術館 1200pt
・バルセロナ→フィゲラス(列車)1145pt 2時間
・フィゲラス→マルセイユ(夜行列車)途中セレブで乗換える 5865pt 7.5時間〈マルセイユまで〉

1 - 5件目まで(5件中)