1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. イチローとジュンコさん
  4. 鉄道・乗り物の記事一覧

  海外エリア: アジア > 韓国 の他のブログはこちら|

イチローとジュンコの夫婦珍道中

~バックパッカー日記~

プロフィール

ニックネーム:
イチローとジュンコ
居住地:
東京都
自己紹介:
2000年9月 日本を旅立ったイチローとジュンコは、飛行機で、南アフリカ・ケープタウンに降り立った。
二人はそこから日本まで、飛行機を使わずに、陸路と船のみで帰る。
アフリカ大陸南端の喜望峰から日本まで、アフリカ、東西ヨーロッパ、中東、シルクロードとまるまる1年かけての、夫婦珍道中。
野宿もしました。ゴリラと挨拶もしました。サハラを越え、ヒマラヤを越え。。
大自然、世界遺産、カルチャーショック、紛争の傷跡、そして、多くの出会い。
2001年8月無事帰国した二人の旅を振り返って、番外編コラムを掲載します。

カレンダー
8月<2022年9月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

記事一覧

1 - 5件目まで(83件中)

出航・さよなら韓国1
出航・さよなら韓国「アンニョンヒ ケセヨ」 (韓国)釜山→下関へ
エリア:
  • アジア>韓国>釜山(プサン)
テーマ:鉄道・乗り物 
投稿日:2001/08/25 18:28
 釜山港の国際客船ターミナルのカウンターで、出航時間よりかなり早目にチェックイン。チケットをボーディングパスに換える。

 「韓国は初めてですか?」 待合室で座って待つ我々に、ひょろっとした痩せたおじいさんが日本語で話し掛けてくる。
 おじいさん、若い頃、日本で働いていた事があるそうだ。広島などに何年も居た事があるそうだが、それなりの事情があった事だろう。今は韓国釜山で隠居生活をしているそうだが、暇を持て余しては、こうしてここにやって来て、日本人旅行者に話し掛けているそうだ。

 そういえば、釜山滞在中、無料のインターネットやりたさに連日訪れた観光客案内所にも、入口入ってすぐのカウンター前の踊り場のイスにたむろする数人のお年寄りの姿があった。
 最初、暑い夏日の日中、冷房目当てに入り込んで居ついているのかと思っていたのだが、そこを訪れる日本人に日本語で話しかけ、旅行の相談にのっていた。
 なかなか話を切らず、相談の域を出て世間話や長話をするボランティア相談員に、日本人客らは少々戸惑い気味のようではあったが、カウンターの観光客案内所のスタッフ達はその様子を目を細めて見ていた。
 効率重視の日本ならついイライラしがちなこんな場面でも、なごやかな空気は韓国ならではのいい所だ。ただ、それは役立つボランティアなのか時間を持て余したお年よりの趣味なのかは微妙なとところだ。

 「今日の船で日本に帰るんですよ。」
客船ターミナルのおじいさんとたわいもない話をしている内に、時刻は乗船時間を迎える。
 「今度来る時はご馳走してあげるから。」と、おじいちゃんは名前も居所も告げずに姿を消した。

 じゃあね、おじいちゃん。じゃあね韓国。
 長旅の最後に美味しい物をいっぱい食べさせて貰って、人情もたっぷり、ゆっくりさせて貰ったけど、そろそろ日本に帰るよ。どうも有難う。

 釜山から日本までの船便は下関、博多へと一日に5便もある。 一番速いジェットフォイルなら片道わずか3時間で結ぶ。
 今も昔も、日本と大陸、シルクロードをつなぐ海の路(みち)なのだ。

出航・さよなら韓国1

 我々の船は下関行きの夜行フェリー。
 客席には日本人ばかりでなく、韓国の団体さんや、修学旅行風の若い人達もいる。

 ザコ寝の大床間に場所を取ると、共同浴場へ。中国から韓国へのフェリーにも浴場があったのだが何となし入らずじまいだった。

 シャワーばかりのこの旅、約1年ぶりにお風呂につかる。
 「あー☆日本はもうすぐだ。」


【食事】

朝:パン、リンゴ
昼:ビビンバ、ホットク(黒糖入お焼き)、スルメ足バター焼き
夜:キンパブ(韓国のり巻)、キムチシーチキンおむすび

【トラベルメモ】

1$≒1000W(韓国ウオン)
釜山→下関 毎日19:30発 翌8:30着 ザコ寝部屋75000W/片道 
チケットは事前にソウルで購入。船のスケジュールやチケット購入の詳細については、ソウル、釜山の観光案内所に尋ねるべし。

NoPhoto
慶州へ (韓国)ソウル→慶州
エリア:
  • アジア>韓国>ソウル
  • アジア>韓国>慶州(キョンジュ)
テーマ:街中・建物・景色 鉄道・乗り物 
投稿日:2001/08/10 14:06
 今はまだ南北に分断されている朝鮮半島、その南半分の韓国の国土は広くない。
 そんな韓国の旅の移動に最も便利なのがバスだ。

 首都ソウルのバスターミナルからも、韓国内の各方面へのバスがひっきりなしに発着している。
 本日これから目指す慶州までは、5時間余りの道のりで14600W(1460円)と安い。

 午前中、ソウルのバスターミナルでバス待ちをしている時のこと、一見立派なターミナルビルのエスカレーターに乗って上の階へ昇ってみると、ここでもコリアン・パワーに驚かされる。

 ビルの1フロア全てが花市場になっていて、所狭しと並べられた花束を売買する人でごった返し、花の鮮度を保とうとまかれる水、胴長グツをはいた卸売人と、まるで日本の魚市場さながらのものすごい活況なのだ。

 夕方バスで着いた韓国随一の古都、はるか2000年前の新羅の都、慶州(キョンジュ)。
 古都とは言っても今や押しも押されぬ先進国、韓国の一都市だから、東京と変わらぬあのソウルの大都会ぶりを拝まされた我々は、すっかり慶州も京都並の都会かと思っていたが、意外にその街並は物静かで落着いている。

 「13000Wでいいよ。」
 ハルモニ(おばあさん)の流暢な日本語で通された民宿の広いオンドル部屋。
 「なかなか居心地が良さそうな所だね。」

 ソウルの都心のけんそうを離れ、ホッと一息の古都慶州の第一夜を迎える。


【食事】

朝:パン
昼:ジャージャーメン、キンパプ、揚ギョーザ
夜:カップメン、パン

【トラベルメモ】

1$≒1000W(韓国ウオン)
ソウル→慶州(バス)5時間 14600W/普通バス。(他に広い座席の割高な高等バスもあり、そちらの方が本数は多い。)

【宿】(慶州)西川旅人宿 13000W/W1室

船で韓国へ  1
船で韓国へ (中国)天津→韓国へ
エリア:
  • アジア>中国>天津(テンシン)
テーマ:鉄道・乗り物 
投稿日:2001/07/29 11:37
 朝、宿をチェックアウトすると、道をはさんで向かいにある団地の入口に出ていた屋台で、露天のテーブルの横に荷物を置いて、朝食に、豆乳やワンタンスープを取る。中国最後の朝に、湯気とともに漂うようこの雰囲気を、しみじみと味わう。

船で韓国へ  1

 「○×○△◎…?」
 「???」
市バスに乗って、早目に港に行って、チェックインカウンターが開くのを待っていると、突然、おじさんとお姉さんに、ハングル語(韓国語)で話し掛けられる。

 我々の様子を見て、韓国人ではない事が分かった様だ。
 「日本人ですか?」
日本語が喋れるようだ。

 「アルバイトをしませんか。荷物を運んでもらうと、1人50000ウォン(5000円)です。税関は問題ありません。韓国に着いた後、少し時間が掛かります。」
 見ると、そのおじさんとお姉さんの仲間らしき人達が、客船ターミナルの建物の前で、何やら荷物をダンボールから出して、大き目の手提げに小分けに梱包している。その手提げを、韓国行きのフェリーの乗客に、バイト代を払って運んでもらうつもりのようだ。

 荷は、くつか何かの様に見える。周りを見渡すと、どうやら船の乗客のほとんどは韓国人。そのあやしげなバイトを頼んでいるのも受けるのも韓国人だ。
 でも我々は日本人、税関は問題ないと言われても、韓国語はわからないし、くつの様に見えても実際何を運ばされているのか分からない。

 だいたい、ただ荷を運ぶだけで5000円のバイト代は、割が良すぎる気がする。上手い話程気を付けなければ。
 「ごめんなさい。」
と、お断り。

 ただでさえ、天津の街のそちこちにはハングル文字が見られ、朝鮮半島が近付いて来たなと思わせられていたのだが、船に乗り込んで見ると、中国の天津に停泊中にも係らず、もうそこはすっかり韓国の雰囲気だ。

 乗客、乗員は皆韓国人、船内の表示は全てハングル文字、そして、レストランでは韓国料理のメニューが並び、全て料金表示は、韓国通貨のウォンになっている。自動販売機では、日本のコインとそっくりの、ウォンのコインのイラストが描かれている。レストランから立ち込める、コチジャンの臭いがたまらない。

 船は中々立派なもので、我々は一番安いエコノミー切符だったのだが、指定席ならぬ指定ベッド、共同浴場やカジノまである。
 ロビーのTVでは韓国のWow Wowのような衛星放送で、次から次へとひっきりなしに映画が放映されている。韓国映画やハリウッド映画に混じって、シャル・ウィ・ダンス他、日本映画も字幕付で放映されている。韓国では日本の映画は上映禁止だと聞いていたが、それはあくまでも一般的な映画館での話らしく、もう長く、このような形や、ビデオでなら、公然と黙認されているらしい。

 「海の上に出ちゃえば、船から見える景色は、インド洋も地中海もここも、そう変らないね」
船の丸い窓の外に、暗み行く、何だか不気味にも思える、えんえんとくねり動き続ける広大な海原を見ながら、ロビーのソファーに腰掛けて、暇つぶしにくつろいでいると、後ろから、
 「日本人ですか?」

 またあやしいバイトか何かの話かと思って振り向くと、若い女性が2人、にこにこしている。彼女達は大学生で、夏休みを利用して中国を旅行した帰りだそうだ。
 一人は学校で日本語を勉強していたそうで、お互い暇な船上と言う事もあって、カタコトの日本語であれこれ談笑にふける。

 「韓国は初めてですか?」
 「はい、初めてです。」
 「韓国では何をしますか?」
 「おいしい物を色々食べたいですねぇ。キムチにカルビ、プルコギにチジミ…」

 「よかったらソウルに着いたら連絡下さい。案内しますよ。」
と、電話番号とe-mailアドレスをメモしてくれる。
 何だか幸先いいね。

 アフリカから旅を始めて11ヵ月余り、ついに日本のお隣、この旅最後の国、韓国に入る。
 最後の最後、おいしい物をいっぱい食べて、いっぱいゆっくりして行こう。


【食事】

朝:揚げパン、豆乳、ワンタン、麻花(天津の名物のお菓子)
昼:チーズパン、クッキー、月餅
夜:チャーシュー、パン

【トラベルメモ】

1$=8元(中国元)
・天津→韓国・仁川 11:00発 翌14:30着 両替は船のカウンターでしてくれる。又、韓国の中国大使館前のおばさんもしてくれるそうだ。

NoPhoto
中国・列車の旅 (中国)蘭州→北京へ
エリア:
  • アジア>中国>蘭州(ランシュウ)
テーマ:鉄道・乗り物 
投稿日:2001/07/20 11:30
「駅の切符売場は恐ろしい程混み合っており、外国人旅行者がそこで直接切符を買うのは困難。」
 「2〜3日前には切符を買っておく必要がある。当日に切符を買う事はまずムリ。」
 「いつも満員の列車は、きゅうくつで乗り心地は良くない。特に長距離の場合、硬座と呼ばれる一番安い座席は、シートは硬く、最悪。」

 ・・・様々な悪評を、ガイド本や、中国を旅行した事があるという人から聞いていた。
 我々が数年前に中国を列車で旅した時も、その印象は悪評にふさわしいものだった。

 ところが今回、中国に入って出会った、中国に留学している何人かの日本人などに聞いてみたところ、列車は意外に快適で、切符の購入も難しくないとの事。
 その言葉を信じて、主に列車で中国を旅している我々だが、実際、21世紀の中国の、列車での旅は、思った以上に快適だ。

 駅の切符売場はコンピュータ化されており、切符の購入は実にスムーズ。一見切符売場に人が溢れているように見えても、列に並んで待っていればそれ程待たされる事もなく、自分の順番がくる。
 並ぶ必要はなくても、整理券を持たされてひたすら待たされる、イタリア・ローマの駅で切符を買うより、中国の方がずっと早い。

 時々、列の途中から割り込もうとするやからもいるが、整列係の駅員がちゃんと見張っていて、そういうやからは厳しく列からつまみ出してくれる。

 列車の乗り心地の方もなかなか。空調完備、シートはクッションが効いていて、恐れていた様な悪いものではなかった。
 どんな長距離でも、そこで食べたり寝たりしてれば目的地についてしまうんだから、現代のシルクロードは随分気楽なものだ。

 どうやら悪評の方は昔の話で、発展めざましい今頃の中国では列車も随分良くなったようだ。

 車内に設置されている給湯器のお湯で入れたお茶をすすりながら、近くに座った中国人の家族と筆談を交えながら雑談などしたり、夜寝ている間に、昨日敦煌を出た列車は今日の朝、大都会、蘭州に到着。たった一晩でずい分東へ来たもんだ。

 蘭州で北京までの今日の列車の切符を買おうとすると、指定席は全部売り切れとの事で、「無座」と書かれた、「席が空いていれば座れる」と言う切符を購入。

 蘭州から北京まで一泊二日、もし席がなかったらキツイなと思っていたのだが、列車に乗り込むと空いている席がチラホラあり、ホッと一安心。

 実は、切符売場はコンピュータ化されていると言ってもオンライン化はされておらず、始発列車以外の通過列車の切符を買おうとすると、座席指定が出来ず、「無座」になってしまう事がよくあるそうだ。
 そういう訳なので、例え「無座」となってもそんなに悲観する必要はなく、特に長距離列車では途中駅での人の乗り降りもひんぱんで、座れる確立は高い。

 また、列車内で乗務員に頼んで差額を払えば、「無座」から空いている指定席や寝台に振りかえてもらえる。

 実際旅して、わかってくれば、意外に快適な中国の列車の旅。
 「明日はもう北京だ」
と、車内の厨房で作り立ての、熱々の中華弁当を晩メシにと、口にほおばる。


【食事】

朝:包子
昼:パン
夜:車内弁当の野菜炒め

【トラベルメモ】

1$=8元(中国元)
・蘭州→北京 硬座無座(座席指定なし)12:45発 翌18:30着 215元

中国シルクロード・列車の旅  1
中国シルクロード・列車の旅 (中国)カシュガル→トルファンへ
エリア:
  • アジア>中国>喀什(カシュガル)〔新彊ウイグル自治区〕
テーマ:鉄道・乗り物 
投稿日:2001/07/13 10:39
 真新しいビルが並ぶカシュガルの繁華街から、真っすぐに延びる広い大きな道路。

 その道沿にある、これまた大きく立派なカシュガル駅の駅舎。

中国シルクロード・列車の旅  1

 カシュガルにはごく最近、鉄道がひかれたそうだ。

 昨日切符を買いに来た時も、切符売場のお姉さんは、コンピュータを操作し、こちらの希望の列車の予約状況を照会すると、我々2人分の予約を済ませ、プリントアウトした切符をあっと言う間に渡してくれた。

 乗り込んだ硬臥(2等)寝台車も、乗り心地は思っていたよりずっと良い。

 こうやって小ギレイな列車で寝ていれば次の街に着いてしまうなんて、現代のシルクロードは変わったものだ。

 カシュガルではその意外な発展ぶりに驚かされたが、明日目にするトルファンでは、期待通りシルクロードの旅情緒を味わう事ができるだろうか。


【食事】

朝:パン
昼:パン、クルミ、干杏
夜:カップメン

【トラベルメモ】

1$=8元(中国元)
・ カシュガル→トルファン 夜行列車 10:20発 翌11:00着 154元/硬臥(2等寝台)1人

1 - 5件目まで(83件中)