1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. 韓国
  5. 釜山(プサン)
  6. グルメ
  7. 最後の晩餐・炭焼き骨付カルビ! (韓国)釜山

イチローとジュンコの夫婦珍道中

~バックパッカー日記~

プロフィール

ニックネーム:
イチローとジュンコ
居住地:
東京都
自己紹介:
2000年9月 日本を旅立ったイチローとジュンコは、飛行機で、南アフリカ・ケープタウンに降り立った。
二人はそこから日本まで、飛行機を使わずに、陸路と船のみで帰る。
アフリカ大陸南端の喜望峰から日本まで、アフリカ、東西ヨーロッパ、中東、シルクロードとまるまる1年かけての、夫婦珍道中。
野宿もしました。ゴリラと挨拶もしました。サハラを越え、ヒマラヤを越え。。
大自然、世界遺産、カルチャーショック、紛争の傷跡、そして、多くの出会い。
2001年8月無事帰国した二人の旅を振り返って、番外編コラムを掲載します。

カレンダー
8月<2022年9月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

最後の晩餐・炭焼き骨付カルビ! (韓国)釜山

2001/08/24 18:23
エリア:
  • アジア > 韓国 > 釜山(プサン)
テーマ:
  • グルメ
 約一年間に渡った、アフリカ喜望峰から始まったこの旅も、いよいよ明日のフェリーで日本へ向う。
 今日こそが本当の、最後の最後の晩餐だ。

 ビビンバ、チヂミに冷麺、と美味しい物いっぱいのここ韓国でも、やはり最後はこれ、韓国料理の王様炭焼骨付きカルビ焼肉だ。やっぱり韓国と言えば焼肉、それは日本中に溢れる焼肉店も証明している。

 ソウルでは、ガイド本をうのみにして小じゃれた高級焼肉店に行って期待を裏切られたりしたが、最後の日にもうそんなへまはしない。
 釜山の繁華街、南浦洞の外れのお世辞にもしゃれてるなんて言えない飲食店街に、地元客でひときわ賑わう焼肉店の扉をくぐる。

 家族連れが幼子を膝に立たせ、サンチェに巻かれたカルビを手握みさせながら大勢でテーブルを囲んでいる。
 隣ではおじさん同士が、赤ら顔で酒をくみかわす。すっかりいい気分の様だ。
 はじけるような奇声に笑い声をあげながら話に華を咲かす若者達もいる。

 そんな、ワイワイ、ガヤガヤ、活気溢れる店内で、ハシを動かすのを忘れる者は見当たらない。
 汗だくの男の店員が、焼かれた炭を運ぶ。
 テーブルの真中の網の上で、肉を食べつくして残った骨付カルビの骨まで焼いて、血のしたたる骨にしゃぶり付き、骨についたわずかな肉まで味わうやからまでいる。

 ヤンニョム(タレ)によくつけこまれた大きな骨付カルビが、4骨分が1人前で11000W(1100円)。我々の旅のスタイルからすると贅沢ではあるが、日本でのことを考えると破格値と言っていいだろう。

 店員のおばさんが骨付カルビ肉をハサミで切って網の上にのせてくれる。
 サンチェ、キムチ、ツルニンジンやイカや小魚などのお惣菜の小皿も、付合わせとして目の前のテーブルの上に所狭しと並ぶ。

 炭でジュージュー焼かれた、よくつけこまれたカルビ肉は、歯応えは柔らかく、しかも絶妙の味わい。
 脂が網の下に落とされるので、しつこそうでしつこくない。
 つけあわせのサンチェや惣菜との相性も抜群。

 もし胃袋がブラックホールなら、飽きる事無くいくらでもたいらげる事が出来るのに。その証拠に我々は昨夜もこの店でカルビをほおばっている。

 「ちょっとおばさん、その骨まだ下げないでよ。焼いてしゃぶるんだから。」
 前でJunkoが笑っている。いくらおいしいからって、「今日も骨まで食べるの?」
 「食べ収めだからね。」

 旅の収めが食べ収め、そして笑い収め。
 「おいしかったねー。お腹一杯だー!!」
と、手で胃をおさえながらも、
 「明日の船旅のおともの食料を仕入れとかなきゃ。」
と、スーパーで買出し。

 変わらないこの旅の一コマの、最後の一コマが、明日の日本への出航なのだ。


【食事】

朝:パン、リンゴ
昼:冷麺
夜:炭焼骨付カルビ

【トラベルメモ】

1$≒1000W(韓国ウオン)

【宿】(釜山)金剛(クムガン)旅人宿 13000W/W一室
最後の晩餐・炭焼き骨付カルビ!  1
  • この記事が参考になった人(1)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない