1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. イチローとジュンコさん
  4. スロバキアの記事一覧

  海外エリア: ヨーロッパ > スロバキア の他のブログはこちら|

イチローとジュンコの夫婦珍道中

~バックパッカー日記~

プロフィール

ニックネーム:
イチローとジュンコ
居住地:
東京都
自己紹介:
2000年9月 日本を旅立ったイチローとジュンコは、飛行機で、南アフリカ・ケープタウンに降り立った。
二人はそこから日本まで、飛行機を使わずに、陸路と船のみで帰る。
アフリカ大陸南端の喜望峰から日本まで、アフリカ、東西ヨーロッパ、中東、シルクロードとまるまる1年かけての、夫婦珍道中。
野宿もしました。ゴリラと挨拶もしました。サハラを越え、ヒマラヤを越え。。
大自然、世界遺産、カルチャーショック、紛争の傷跡、そして、多くの出会い。
2001年8月無事帰国した二人の旅を振り返って、番外編コラムを掲載します。

カレンダー
8月<2022年9月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

記事一覧

1 - 2件目まで(2件中)

ドナウ川クルーズ 1
ドナウ川クルーズ (スロバキア)ブラチスラバ→(ハンガリー)ブダペスト
エリア:
  • ヨーロッパ>スロバキア>ブラチスラバ
  • ヨーロッパ>ハンガリー>ブダペスト
テーマ:街中・建物・景色 鉄道・乗り物 
投稿日:2001/05/11 14:46
 わざわざスロバキアのブラチナスラバまで来た理由は一つ。
 「ハンガリーのブダペストまで、ドナウ川を船でクルーズして行ってみたい。」

 朝、まずは朝日に輝くドナウ川の流れを眺めながら優雅にコンチネンタル・ブレックファースト。

 そして、客船ターミナルに出向いてブダペスト行の船について尋ねると、船は午前10:30の出発だと言う。

 まだ時刻は8時半過ぎ。
 ここブラチナスラバの旧市街は猫の小判程、見所もごくわずか。1時間もあれば十分ゆっくり見て回れるだろうと、今日の船の切符を購入。

 ところが、切符売場のお姉さん、切符を購入し、クレジット・カードでの支払を済ませた後に、船は9時半の出発だと言い直す。
 「何だよう。さっき10時半って言ってたのにぃ・・・。仕方ないなぁ、もぅ、・・・急げ!!」
と、優雅な朝食とは打って変わって、急ぎ足でブラチナスラバの旧市街へ。

 競歩レースのごとく足腰を動かし、一コマずつだけ見所を見て回り、ホテルに駆け足で戻って、大急ぎでチェクアウト。
 タクシーを拾ってトランクにバックパックをのせ、客船ターミナルへ。

 ビザまで取ってわざわざ来たのに、スロバキアでの滞在はわずかなものでした。
 船はほぼ定刻通り、ブラチナスラバを出航。

 丘の上から見下ろすブラチナスラバ城に別れを告げる。

 優雅なドナウクルーズを期待していたのだが、船は小型の高整艇、凄いスピードでドナウ川を疾走する。

 おまけに、船には小さな躍り場の様なスペースしか外に出られる場所がなく、そこには座席もない。
 せっかく奮発して乗ったんだからと、そこで立ったまま、ドナウ川を眺める。

 ところが、川辺には堤防が築かれ、まるで利根川か江戸川の様。
 そしてみるみる堤防は高くなり、やがて船はコンクリートで囲まれた中を航行。景色はついに隅田川の様になってしまった。

 目前にコンクリートの壁が現れると、船はここで一休み。
 後方の水門が閉ざされ、水位を調整。水カサが増し、頭上にあった水門のてっぺんが、目線より下になると、船は再び航行を開始。

 ドナウ川はスロバキアとハンガリーの国境付近で人工的にせき止められており、小さなダムのようになっていたのだ。
 恐らくダムと言うより、氾濫防止の為の水位調整が目的と思われる。

 船がハンガリー側に入ると、ようやく堤防もなくなり、川辺に緑や家並みも見え始める。

 そして現れたのは丘の上の、ドーム状の屋根を携えた大きなカテドラル。エステルゴムの大聖堂だ。

ドナウ川クルーズ 1

 ここら辺は、ドナウベンドと呼ばれる地域で、ハンガリーのドナウ川沿いの見所となっている。

 ドナウベンドの他の見どころである、ヴィシェグラードのシャラモン塔やセンテンドレの街並を川辺に、船は高速で躍ばし、やがてブダペストに到着。

 重厚な橋、見下ろす王宮と彫像。
 ドナウ川はハンガリーのふところに流れ込み、一気にブダペストと言う由緒ある街並の一員となる。

 明日は船でくぐり抜けたこの橋を、足で渡ろう。


【食事】

朝:スクランブルエッグ、パン、コーヒー
昼:パン
夜:(自炊)ツナパスタ

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 48SK(スロバキア・コルナ)
1US$ ≒ 300FT(ハンガリー・フォリント)
・ブラチスラバ→ブダペスト(船)9:30出発 13:30着 2357.5SK
・本日訪れたブダペストの見所(英雄広場)宿から徒歩にて

【宿】
(ブダペスト)Herena's House 1000FT/ドミトリー1人

NoPhoto
49カ国目、スロバキア (ポーランド)クラクフ→(スロバキア)ブラチスラバ
エリア:
  • ヨーロッパ>ポーランド>クラクフ
  • ヨーロッパ>スロバキア>ブラチスラバ
テーマ:街中・建物・景色 
投稿日:2001/05/10 14:35
 プラハ、クラクフとあまり天気に恵まれなかったが、今日は青空。

 菜の花、タンポポなどが咲き乱れ、時々満開の桜も姿を現し、ブラチスラバまでの列車の窓の外はのどかですがすがしい春色の景色が拡がる。

 ポーランドのクラクフを午後出発した列車は夜10時過ぎ、スロバキアの首都、ブラチナスラバに到着。

 ところがのどかにのんびり過ごした列車内とは打って変わり、夜の宿探しが難航する。

 事前に入手した情報に従って、駅から歩いてYMCAに向かうも、YMCAの宿泊施設は閉鎖されている。
 警備員の人に別の安宿の場所を教えてもらって、夜道をそちらに向かうも、その宿は発見できず。

 しばらくウロウロと歩いていたら、いつのまにか大きな川に突き当たる。ドナウ川だ。

 ドナウ川に沿って、自分の目と勘を頼りに更に歩き、目にした宿にあたっても満室。

 ようやく見付けた宿は、とても安宿には見えないが、高級ホテルでもなさそうな、ドナウ川に浮かんだ客船ホテル。
 お古の客船を川辺にくくり付け、ホテルとして営業しているようだ。

 フロントをたずねると、W-1室50$程。高いが仕方ない。
 もう時刻も夜半過ぎ、今晩はこれで妥協しよう。

 朝食も付いてるって言うし、明朝はドナウ川の流れでも眺めながらブレックファーストを楽しもう。

 50$も払えばさすがにベッドはフカフカ。
 ぐっすりと床に就く。

【食事】

朝:パン
昼:ホットドッグ、ベーグル、プリッツ、リンゴ
夜:パン、クッキー
【トラベルメモ】

1US$ ≒ 4.3ZT(ポーランド・ズオティ)
1US$ ≒ 48SK(スロバキア・コルナ)
・クラクフ→ブラチスラバ(列車)14:20発 22:15着 101ZT

【宿】
(ブラチナスラバ)Hotel Fairway 2200SK/W-1室

1 - 2件目まで(2件中)