1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. みゅうフランスさんのブログ
  4. 「星の伝説」のあるフランスで最も美しい村「ムスティエ・サント・マリー」

  海外エリア: ヨーロッパ > フランス の他のブログはこちら|

みゅう・フランス発信現地情報

プロフィール

ニックネーム:
みゅうフランス
居住地:
ヨーロッパ>フランス>パリ
会社名:
みゅうフランス
会社英字名:
会社所在地:
ヨーロッパ>フランス>パリ
業種:
旅行業
自己紹介:
パリを中心にフランス国内、ヨーロッパの旅行関連手配をしています。オリジナル定期観光バス・みゅうバス、通訳、ガイド、アシスタント、送迎サービスなどを手配しています。お気軽にご相談下さい!

カレンダー

9月<2018年10月    
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

「星の伝説」のあるフランスで最も美しい村「ムスティエ・サント・マリー」

2017/06/09 00:00
ムスティエ・サント・マリー
エリア:
  • ヨーロッパ > フランス > パリ
テーマ:
  • 観光地
  • / 歴史・文化・芸術
  • / 自然・植物

フランスで最も美しい村の一つであり、2013年には、フランスの人気テレビ番組でプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏から「地域でもっとも美しい村」に選出された、「ムスティエ・サント・マリー」村を訪れてきました。

 

なんと、断崖の上に教会があります。村に2つあるノートル・ダム寺院のうちの1つで、こちらは、岩山の上に造られた修道士たちの教会。こちらまで階段で登れますので、村を訪れた際は、ぜひ登っておきたいです。上からの村の眺めも抜群です

そして、岩と岩の間をズームすると・・・。

 

見えますか?星が、鎖につながれた星が吊るされています

なぜ星が吊り下げられたのかは明らかにはなっていませんが、2つの有力説があります。

 

ひとつは、1210年にサラセン(イスラム教徒)の捕虜となっていた十字軍兵士ブラカス騎士が、「もし私が無事にムスティエ村に戻ることができたら、聖母に捧げる星を掲げましょう」と祈り誓い、後に村に戻った兵士が約束どおり星を掲げた、という説。   

もうひとつの説は、村で敵対する2つの家族の子供同士が、恋に落ちてしまったのですが、家族に反対され、それを苦にした子供達が心中してしまいました。その後両家族が、敵対するのはやめようと星を掲げた、という説です。
 
オリジナルの星は、谷底に沈んでしまったとのことで、現在は、1882年に掲げられたもだそうです。 
 

こちらが、村の中心に立つレンガ造りのもう一つの教会です。塔の隙間からも緑の葉っぱがのぞいていて、微笑ましいです。

 

村の看板もかわいい

 

村のマルシェにも行ってみました。星の伝説にあやかった、素朴なはちみつとラベンダーの星の形のクッキーが売っていました 村歩きのお供に買っておくと小腹がすいても大丈夫です

 

そして、ムスティエ・サント・マリーは、あのマリー・アントワネットも大好きだったという、「ムスティエ焼き」という陶器の村でもあります。

17世紀に、イタリアのマジョリカ陶器の製法が、この村に伝えられ、上薬をかけて美しい装飾を施したファイアンス焼きの一種、「ムスティエ焼き」が、その後の伝統産業となりました。

ルイ14世が、領土の拡張政策をとり、戦費の調達に銀食器を供出させ、陶器に変えることを命じたことから、ムスティエのファイアンス陶器への需要が急増しました。19世紀以降は、競合する産地が現れ、徐々に勢いを失って行きましたが、それでもこうやって味わいのあるムスティエ焼きを生み出しています。

大事な方へのおみやげにもオススメです。

(桃)

タグ:
美しい
ムスティエ
アントワネット
マリー
  • この記事が参考になった人(2)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

PR
フランスのオプショナルツアーは、みゅう!
フランスのオプショナルツアーは、みゅう!
コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧

ヨーロッパ
フランス(1941)
イタリア(4)
ベルギー(2)
フィンランド(1)