1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. みゅうフランスさんのブログ
  5. 鉄道・乗り物記事一覧

特派員ブログ


  海外エリア: ヨーロッパ > フランス の他のブログはこちら|

みゅう・フランス発信現地情報

プロフィール

ニックネーム:
みゅうフランス
居住地:
ヨーロッパ>フランス>パリ
会社名:
みゅうフランス
会社英字名:
会社所在地:
ヨーロッパ>フランス>パリ
会社電話番号:
+33-(0)1 4450 1034
業種:
旅行業
自己紹介:
パリを中心にフランス国内、ヨーロッパの旅行関連手配をしています。オリジナル定期観光バス・みゅうバス、ホテル、レストラン、通訳、ガイド、アシスタント、送迎サービスなどを手配しています。何なりとご相談下さい。

カレンダー

12月<2018年1月    
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

記事一覧

1 - 5件目まで(67件中)

メトロチョコ
パリの地下鉄(メトロ)でチョコのおすそわけ♪その訳は・・・?
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>パリ
テーマ:鉄道・乗り物 グルメ 
投稿日:2017/04/07 00:00
コメント(0)

先日、メトロ9番線でこんなものが配られていました!

 

 

なんでしょう?

 

開けてみたら、なんとチョコレートでした

 

 

メトロ9番線に、最新車両が導入されたお祝いのチョコレートでした チョコの図柄はそれぞれ「冷房完備」、「自動開閉扉」、「車両間を行き来できる」、「停車駅情報」を意味しているようです。日本からすると当たり前ですが、古い車両がまだまだ現役のパリにおいては、超画期的なことなんです!

メトロ2番線メトロ5番線に次いで導入となる、「MF2000」という車両で、Bombardier(ボンバルディエ)社Alstom(アルストム)社の開発です。 

(桃)

タグ:
メトロ 地下鉄 パリ 車両 チョコ 

PR
フランスのオプショナルツアーはみゅう!
フランスのオプショナルツアーはみゅう!
poisson davril
フランスのエイプリルフールの様子♪
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>パリ
テーマ:街中・建物・景色 お祭り・イベント 鉄道・乗り物 
投稿日:2017/04/01 00:00
コメント(0)

フランスのエイプリルフール、毎年、企業も頭を捻ってがんばってます

私が大好きなのは、パリの地下鉄(メトロ)のエイプリルフールです

 

メトロ5番線、BASTILLE(バスティーユ)

 

Une BASTILLE pour la gorge

のどが痛いときに舐めるトローチですが、フランス語で Pastille(パスティーユ)というので、それにかかってます。

 

メトロ2番線、5番線、JAURES(ジョレス)

Si j'aurais su, JAURES pas venu

「知ってたら来なかったのに!」

1960年代のフランス映画「ボタン戦争」に出てきた少年が発したセリフ「Si j'aurais su, j'aurais pas venu」です。文法的には間違っていますが可愛いので当時フランスで一世風靡した言い回しだそうです

 

メトロ5番線、LAUMIERE(ロミエール)

Qui a étaint la LAUMIERE?

「電気消したの誰?」

電気(ランプ)の、LUMIERE(ルミエール)にかけてます。

 

RER線もあります。

A線、AUBER(オーベール)

Une tartine AUBER salé

「塩バタートースト」 au beurre (バター)にかかってます。

 

B線、GENTILLY(ジョンティイ)

De la GENTILLY sur tes fraises?

「いちごにホイップクリームかける?」

ホイップクリームのことをフランス語でCrème Chantilly(クレーム・シャンティイ)というので、それとかかってます。

 

まだまだあるので、本日パリにいらっしゃる方、探してみてはいかがでしょうか♪ 

(桃)

タグ:
地下鉄 ジョーク エイプリル・フール パリ バスティーユ 

PR
フランスのオプショナルツアーはみゅう!
フランスのオプショナルツアーはみゅう!
オルリー空港西ターミナル
オルリー空港西(Ouest)ターミナル出発ロビーのお店♪
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>パリ
テーマ:買物・土産 鉄道・乗り物 その他 
投稿日:2017/01/30 13:36
コメント(0)

普段日本<=>パリの場合はシャルルドゴール空港を利用されると思いますが、フランス国内や近郊ヨーロッパ、アフリカ等に行かれる際はオルリー空港を利用することが多いです。

小旅行に行った際、オルリー空港を利用したので、今回はどんなお店があるかをご紹介したいと思います。

通常搭乗ゲートに入ってからブランドショップやお店がありますが、オルリー空港はゲートの外に沢山のお店があります。

 

まずはバッグやアクセサリーなどのブランドショップ。
LONGCHAMP、SWAROVSKI、MICHEL CORSをはじめ、化粧品のM.A.Cやオーディオ&本を販売しているFNACがありました。でも一番ビックリしたのはパリ市内にまだ進出していないVICTRIA'S SECRETのお店があったこと!市内にないのでここまで買いに来ようかしらと思ったほど。あ、NESPRESSOもありました!

次にお菓子やレストラン。
キヨスクもありますが、ここでは本格スイーツや食材をGET出来ます!
まずフランスと言ったらマカロン、マカロンと言ったらLADUREEですよねー。もちろんあります!そしてマカロンだけを売っているワゴンタイプのお店の向かいに生菓子&マカロンが売っているお店タイプ。こちらは他のお店に比べて人が入っていました。

他にも紅茶のMARIAGE FRERES、MAISON DE CHOCOLAT、CAFE POUCHKINE等パリ市内の人気店が勢揃い。

またフランス全土のお土産を販売しているお店もありました。ここではフランスの地域ごとにブースがあり、地域の特産品を買うことができます。また大きなチーズやハムもありましたよ。一体これらを購入していく人がいるのでしょうか。。。

キャビア専門店もありました。お店の雰囲気はとっても豪華でシック。でもこんなところでキャビアを買っていく人なんているのでしょうか?
レストランはありましたが、見る限り2軒だけ。あとは軽食がほとんどでした。ちなみに到着ロビーにはMONOPというコンビニがありました。

どのお店もシャルルドゴール空港に比べ、お客さんがいなく、ガラガラ。やはりヨーロッパだとどこでも同じような価格で購入することができるのであまり人気がないのでしょうか。

ショッピングモールのようなオルリー空港。ショッピングとしてでも楽しめそうです♪

 

yuimar


PR
ツアーご予約はみゅうショップで♪
ツアーご予約はみゅうショップで♪
feu marrant
パリで見つけた面白いもの おもしろい信号
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>パリ
テーマ:街中・建物・景色 鉄道・乗り物 
投稿日:2016/09/26 00:00
コメント(0)

お待たせしました!

大好評の信号シリーズ第三弾。

以前の信号ネタは、こちら

パリで見つけた面白いもの かっこいい信号

パリで見つけた面白いもの いけてない信号

 

まずは、こんな信号。

え、ただの赤信号?しかし、よく見ると、かるく会釈をしている女性が。「あ、どうもお世話になっています!」

 

極めつけは、これ。

 

正面から見ても、信号の色が見えません。

しかし、マンションの壁を見ると!そう、なんと関節照明の信号です。

建物の壁に信号が映ることによって、赤かどうかがわかるという。さすが、フランス。おしゃれですねー!

 

 

(渦)


PR
旅のコンシエルジュみゅう
旅のコンシエルジュみゅう
格安チケット
格安TGVチケット、OUIGO(ウィゴ)
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>パリ
テーマ:街中・建物・景色 鉄道・乗り物 
投稿日:2016/09/18 00:00
コメント(0)

フランスの高速鉄道といえば、TGVですが、そのTGVに格安高速列車OUIGOが誕生しました。

 

どれくらい安いのかというと、パリから、モンサンミッシェルに行く時の経由駅レンヌまで、通常のTGVであれば、2等席で71ユーロ(時期、時間帯、キャンセル条件によって値段は前後します)。OUIGOだと、なんと15ユーロ!この価格、破格ですよ!さらに、3か月前に予約すれば、さらに安くなんと、なんと、「はい、10ユーロです!」

日本で言えば、東京-名古屋間を新幹線でいって、2000円というイメージです。信じられない料金です。3か月前予約だとさらにやすく、1500円ですよ!JR中央線で、東京駅から八王子駅までいけば、すでに1500円ぐらいはする記憶が…

残念ながら、まだOUIGOでフランス全国行けるわけではありません。

パリを起点にして、Lyon, Avignon, Aix en Provence, Marseille, Montpellier, Nîmes, Valence, Lille (Par Tourcoing), Nantes, Rennes, Amiens (par TGV Haute Picardie), Angers et Le Mansなどに行くことができます。今後ストラスブールなどにも行けるようになるそうです。待ち遠しいですね。

 

また、パリも、パリ市内の駅からは発車していません。パリ市内から、RER B線で30分ぐらい行ったMassy TGVという駅まで行かなければいけません。上の写真は、Massy TGV駅。

価格を抑えるために、路線使用料の高いパリを避けているのです

また、本数も限られています。パリ-レンヌは、13時38分発 Paris Massy TGV 発15時45分 Rennes着の1日1本です。

 

それ以外にも人件費を抑えるために、OUIGOでは車内検札を廃止し、乗り場にてチェックイン制度を導入しています。そのため、出発時間の30分前までに乗り場行かなければいけません。

車内は、できるだけ乗客席を作るために、荷物を置く場所があまりありません。そのため、持ち込み手荷物は乗客1人当たり1人1個(55cm×27cm×15cm)まで。2個目以降、あるいは一つでも大きな荷物を持っている場合は、チケット購入時にオプションで5ユーロを支払います。もし、このオプションを支払わずに、大きな荷物を持っていったら、当日チャックイン時に20ユーロの罰金。

TGVでは、一等席と二等席がありますが、OUIGOでは、1カテゴリーしかありません。そして、すべてDUPLEXという2階建て車両。TGVではサンドイッチや飲み物を購入できるレストラン車両がありますが、OUIGOではありません。レストラン車両も2階建て車両にして、集客キャパシティーを上げているのです。

と、安いわけには理由があるわけですが、同じ場所に格安で行けるので、これくらいの不都合はどうでもいい、と思う方は多いはず。

 

ちなみに、車内にはトイレはもちろんありますし、車内もとてもきれいです。

これからの貧乏旅行(?)には必須になる移動手段になりそうです。

(渦)


PR
旅のコンシエルジュみゅう
旅のコンシエルジュみゅう

1 - 5件目まで(67件中)

▲ このページのトップへ


国一覧

ヨーロッパ
フランス(1941)
イタリア(4)
ベルギー(2)
フィンランド(1)