1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. みゅうフランスさんのブログ
  5. 散歩・自転車記事一覧

特派員ブログ


  海外エリア: ヨーロッパ > フランス の他のブログはこちら|

みゅう・フランス発信現地情報

プロフィール

ニックネーム:
みゅうフランス
居住地:
ヨーロッパ>フランス>パリ
会社名:
みゅうフランス
会社英字名:
会社所在地:
ヨーロッパ>フランス>パリ
会社電話番号:
+33-(0)1 4450 1034
業種:
旅行業
自己紹介:
パリを中心にフランス国内、ヨーロッパの旅行関連手配をしています。オリジナル定期観光バス・みゅうバス、ホテル、レストラン、通訳、ガイド、アシスタント、送迎サービスなどを手配しています。何なりとご相談下さい。

カレンダー

12月<2018年1月    
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

記事一覧

1 - 5件目まで(76件中)

nanashi
パリ・弁当(BENTO)ブーム続いてます。マレ地区のNanashi。
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>パリ
テーマ:留学・長期滞在 グルメ 散歩・自転車 
投稿日:2017/01/07 00:00
コメント(0)

パリはここ最近お弁当(BENTO)ブームが続いていますが、その中でもひときわ、おしゃれなマレ地区にあり、BIO(有機栽培)、と、パリジャンに大人気のこちらのお店に行ってきました。

12時の開店直後に行かないと、かなーり待ちます。というのは、おしゃべり好きなパリジャン、パリジェンヌは話に花が咲いて、デザート、お茶までしっかり楽しむ人が多いから・・・。

 

私たちは、Chirashi Saumon bio (有機サーモンちらし)。

脂の乗ったサーモンはやわらかくてとっても美味しかった!刻み海苔とかも日本っぽいでしょう?この下にご飯が隠れています。

 

 

飲み物は、ほうじ茶、そして、黒ゴマシェーク(笑)

 

店内こんな感じで、新鮮野菜や果物がわんさか積まれています。

 

おしゃれピープルに混じってお食事。

 

 

Nanashi

57 Rue Charlot, 75003 Paris

毎日12時〜15時、曜日によって19:30または20:00〜23時

(他にも店舗あり)

 

(桃) 

タグ:
ランチ 有機 ななし パリ ブーム 

PR
フランスのオプショナルツアーはみゅうパリへ!
フランスのオプショナルツアーはみゅうパリへ!
magasinsgenereaux
エールフランスCM「France in the air〜♪」制作広告代理店の新社屋訪問★
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>パリ
テーマ:観光地 街中・建物・景色 散歩・自転車 
投稿日:2016/10/08 00:00
コメント(0)

日本でも、フランスでも流れているエールフランスの「France in the air〜フゥゥゥゥ〜♪」という楽しげなCM、耳にしたことがあるのではないでしょうか?

 

そのCMを作ったフランスの広告代理店、BETC社がこの度、新しいオフィスに引っ越したということで、新社屋の訪問をしてきました

 

コンクリート打ちっぱなしプラス木と緑、という作りです。

 

が、なんとここは数年前は、この写真のように、荒れ果て、ストリート・アートのメッカとなっている場所でした。1931年に、商工会議所が小麦などの大倉庫として、このマガザン・ジェネロー (Les Magasins Genereaux)を作り、活発に使われていましたが、時代の経済変化に伴い廃れていき、2000年には完全に封鎖、それ以降捨て置かれた建物には、ストリート・アートや落書きが所狭しとされるようになりました。

私は、実際に、近づきがたいこの荒れ果てた状態も見たことがあるので、きれいに改装された今の状態は、感動ものです!

 

 

改装は、「壊す」のではなく、元あるもの、残せるところを残しつつ、「建物の記憶を残す」改装だったそうです。

 

改装しても、建物の名前は変わらず、マガザン・ジェネローです。

 

建物の中、螺旋階段の中央に、最初に建物が作られたときのコンクリートの柱が残されています。コンクリートの中の鉄筋、また、コンクリートを固めるために木の枠で囲われていた木目も確認できます。

 

なんと、うらやましい!ビル内に社員用ジムが併設されています!休憩時間や就業後にちょっと筋トレできるんですね〜。

 

この日は日曜日だったので働いている人はいませんでしたが、オープンスペースの自由なオフィス 席は決まっていないので、今日は1階で、明日は3階で働く、なんてこともできるそうです。

 

最上階は、テラスと緑あふれる屋上庭園です。ここ、ただの緑ではなく、食用のものがたくさん植えてあるとのこと!

 

どれどれ・・・?

 

見えますか?右側、いちごがなっています!そしてその隣の細い葉は、にんじん! 他にも、りんごの木もありました。社員は、自由に収穫して食べても良いそう。なんて素敵・・・。もぎたて野菜とフルーツのランチ

 

屋上庭園からの眺め。ウルク運河沿いです。このまま運河沿いを行くと、ヴィレット公園に入ります。このあたりはパリのお隣、パンタン市で、シャネルのラボや、エルメスの工房も引っ越してきていて、再開発がどんどん進んでいるエリアです。

マガザン・ジェネローの下のコンクリート敷きエリアに、細いラインが何本かありますが、ここには、細〜く芝生が植えてあるそうです。このラインは、昔、大倉庫だったころの運搬用レールの記憶を残す措置だそう。泣かせますね〜。

 

外装も、コンクリートでのっぺり、ではなく、懐かしい感じのレンガ細工を施してあえてノスタルジックに仕上げています。運河の反対側に見えるのは、フランス国鉄SNCFのテクニカルセンター。

 

 

下には夕方オープンするバーがあり、帰る前に同僚と1杯!

こんな素敵なオフィスで働いてみたいです〜

 

地階は一般の人も入れるスペースで、近々、BIO(有機栽培)ショップや、イベントスペースも入居予定だそうです

 

BETC - Les Magasins Généraux

1 rue de l'ancien canal, 93500 Pantin 

(桃)

タグ:
エールフランス CM 広告 france in the air オフィス 

PR
フランスのオプショナルツアーはみゅうパリへ!
フランスのオプショナルツアーはみゅうパリへ!
フリックフラック
サンマルタン運河沿いの最新★おしゃれカフェ♪
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>パリ
テーマ:街中・建物・景色 グルメ 散歩・自転車 
投稿日:2016/10/07 00:00
コメント(0)

映画「アメリ」の主人公アメリが橋の上から水切りしていたシーンで、すっかりおなじみとなったサン・マルタン運河界隈は、おしゃれなカフェ、レストラン、ブティック等があり、いつ行っても新しい発見があります

 

先日、サンマルタン運河を散策中、また新しいお店ができているのを発見ました

 

内装とか、素朴なテーブルと椅子の感じとか、かわいい

 

 

ここのコーヒーやショコラ・ショーは、あの、クチューム・カフェ(Coutume Café)のものを使っています 早速、ショコラとカプチーノを注文。

 

小腹が空いている時にぴったりな、パン・ペルデュ (Pain Perdu)、すなわち、フレンチ・トーストがあるので、カフェだけのつもりが、ついつい・・・。こちらは、定番メープルシロップ添え。

 

 

こちらもフレンチ・トーストですが、りんごのキャラメリゼ、クレーム・アングレーズ添え

 

 

クリームをだーっと掛けて・・・甘党さんいらっしゃいですね。

サン・マルタン運河散策で疲れたら、ぜひ行ってみてください

 

 

軽食はクロック・ムッシュー押しで、中身のセレクトが豊富。お店の外にはテイクアウトの小窓があるので、こちらで買って、歩きながら散策もGood

 

FRIC-FRAC

79 Quai de Valmy, 75010 Paris, France

月曜定休

(桃) 

 

♪♪♪みゅうパリおすすめカフェブログ♪♪♪

パリで一番のカフェ「COUTUME」

パリ生まれのおしゃれカフェ Café Kitsuné

プロの焙煎カフェ Cafe Lomi 

アール・ヌーボーな内装のグラン・カフェ・カプシーン

 

タグ:
おしゃれ カフェ サンマルタン アメリ 流行り 

PR
フランスのオプショナルツアーはみゅうパリへ!
フランスのオプショナルツアーはみゅうパリへ!
PONT
夏だけ架かる、水に浮かぶ橋☆
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>パリ
テーマ:街中・建物・景色 ビーチ・島 散歩・自転車 
投稿日:2016/08/12 00:00
コメント(0)

夏になると、パリには砂浜(→パリプラージュ)が現れたりしますが、「橋」も現れるのをご存知ですか?

 

これです 

 

ヴィレット公園を通る、ウルク運河に夏の間だけ出現します☆

ウルク運河には橋はいくつか掛かっているんですが、ベビーカーや自転車だと、いちいちエレベーターを登ったりしなくてはならないので、この地上の橋は大人気♪

 

こんな風に、自転車は降りて渡ります。

芝生風で暑さ和らぎますね。

 

けれど、夏の間は、ウルク運河では、レンタルボートも大人気。

あ、ボートがやってきました。

 

橋があるから通れない・・・。

 

 

いいえ、心配ご無用。

 

この橋には、常時、担当の素敵なお兄さん(手前の緑の服)がもれなく付いていて、船がやってくると、このように、まずは、橋への入り口をストップ。

 

 

最後の人が渡り終わると、橋が・・・

 

ゴゴゴゴ・・・。

 

 

動いてます。

 

なんと、この橋の端っこに、モーターボートでよく使われているモーターが付いているので、船が来ると、モーターで橋を動かしてるんです。

 

はい、向こう岸に並行になりました。

船も問題なく通れてます。

 

船の行き来が終わると、またモーターにて橋が掛かります。

 

アナログでいいでしょ?笑

 

デジタル、機械化もいいけど、このゆる〜い、時代に逆行する橋、大好きです。

 

Pont flottant mobile

Canal de l’Ourque (ヴィレット公園内)

2016年は5月20 日〜9月11日

毎日14時〜20時

 

(桃)

 

 

タグ:
橋 夏 パリ 運河 移動 

PR
フランスのオプショナルツアーはみゅうパリへ!
フランスのオプショナルツアーはみゅうパリへ!
クスクス
モロッコ料理・美味しいクスクスが味わえるレストラン!
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>パリ
テーマ:グルメ 散歩・自転車 
投稿日:2016/05/29 00:00
コメント(0)

こんにちは。今日フランスは母の日ということもあり、どのレストランもファミリーでの予約が多かったのではないでしょうか。そんな中、私たちも家族でパリ近郊のモロッコ料理レストラン・Riad Salamに行きました。花束を持って母の日ランチを楽しんでいる家族ばかりでした。
モロッコ料理といえば、クスクス、タジンですね。迷った末に子羊のブロシェット(串焼き)のクスクスにしました。

 クスクスにして大正解!ここのクスクス粒はとっても細かい。また野菜スープもとっても濃厚で大きめの野菜がごろごろたっぷり入っていて、どちらもとっても美味しかったです。 

 子羊の串焼きも焼き加減がいい感じで量も大満足でした。クスクス、野菜、肉と一緒に食べるともう止まりません。

食べ続けたかったですが、お腹がいっぱいになってしまい、途中で断念。残念! 胃袋を交換して、また食べ続けたいくらい美味しかったです。私が食べたクスクスの中でナンバー1,2くらいに美味しいクスクスでした。

タジンも一口もらいましたが、おいしかったです。が、次もクスクスに決定です。

 

 RER A線のLa Varenne - Chennevieres駅から徒歩で10分くらいのところ、マーヌ川沿いにあるレストランです。川沿いのテラス席もあるので、天気が良い日はテラスなんか気持ち良いですね。
スープが本当に美味しかったので、クスクス好きな方は是非行ってみてください。

Riad Salam
101 Quai Winston Churchill, 94210 Saint-Maur-des-Fossés
01 42 83 40 66

(茶)

タグ:
モロッコ料理 クスクス スムル 家庭料理 美味しい 

PR
旅のコンシエルジュみゅう
旅のコンシエルジュみゅう

1 - 5件目まで(76件中)

▲ このページのトップへ


国一覧

ヨーロッパ
フランス(1941)
イタリア(4)
ベルギー(2)
フィンランド(1)