1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. ヨーロッパ
  4. フィンランド
  5. 鑑賞・観戦
  6. 【夏旅2010】フィンランドの博物館事情

現役たびぃじょが語る!おちゃめな旅バナ通信

~かわいくて、おしゃれ・おちゃめなひとり旅女子を目指して日々奮闘中!~

プロフィール

ニックネーム:
たびぃじょ
居住地:
東京都
性別:
女性
会社名:
学生団体mof.
会社英字名:
会社所在地:
東京都
業種:
その他
自己紹介:
たびぃじょ=かわいくて、おしゃれ・おちゃめなひとり旅している女子!

そんなたびぃじょを応援しよう!
というコンセプトのもと、私たち学生団体mof.はフリーペーパーを作ったり、各種イベントを行ったりと活動をしています!

そんな現役たびぃじょが、女子ならでは学生ならではの旅の楽しさをたくさんレポートしていきます!
秘境大好き、世界中の美味しいもの大好き…たくさんのエピソードをどうぞお楽しみに♪

カレンダー
11月<2022年12月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【夏旅2010】フィンランドの博物館事情

2010/10/29 21:57
ムーミン谷
エリア:
  • ヨーロッパ > フィンランド > ヘルシンキ
  • ヨーロッパ > フィンランド > タンペレ
テーマ:
  • 鑑賞・観戦
旅行と言えば美術館・博物館めぐり!
という方も多いのではないでしょうか。(特にヨーロッパがお好きな方)

かくいうわたしもそうなので、今回のフィンランドも、
行きたい美術館がある都市を考えてスケジューリングしました。
ということで、今回はフィンランドの博物館について書きたいと思います!

行ってみると、フィンランドは
とても美術館・博物館が充実した国という印象。
ヘルシンキなどは中心部に見どころが集中しているので
(これはトラムなどの仕組みがよくわからない私にはありがたかったです)
歩いていける範囲に5つの博物館があります。

その中で、わたしが一番楽しんだのはデザイン博物館でした。
デザイン博物館

クラシックな外観ですが、中は意外とポップで、
何時間でも見ていたいような楽しい展示。
ガラス器にセラミック、椅子やテキスタイルなど、
多様なジャンルの『かわいいもの』がたくさん!

持って帰りたくなるようなデザインの世界。
写真撮影禁止だったのがほんとうに残念です。
服飾の企画展をやっていたのですが、こちらもとても楽しめました。

もうひとつ、さらに博物館が充実しているのが、
ヘルシンキの北にある都市タンペレ。
タンペレ2

フィンランド第二の都市らしいのですが、
都会のせわしなさなどは感じられず、ちいさくて落ち着いた印象です。

わたしはムーミン谷博物館を目当てに行ったのですが、
観光案内所でもらった冊子を見てびっくり。
大小合わせて20以上の博物館があるみたいです!

レーニン博物館や靴博物館、スパイ博物館など、
ユニークなものも多いみたいです。
博物館がお好きな方、是非制覇してみては?(笑)

そして、ずっと行きたかったムーミン谷博物館。
市立図書館の建物内にあり、少しわかりづらいかもしれません。
ムーミン谷

日本人が毎日来るらしく、日本語のパンフレットも完備。
そして日本の学生証しか持っていなかった私ですが、
学割で入れていただけました。感謝!

ここでは原作者トーベ・ヤンソンの原画と、
お話のシーンを再現した立体ミニチュア模型を見ることができます。

原画は思っていたよりずっと小さいサイズでしたが、
ムーミンたちの世界が確かに息づいています。
また、細部まで凝ったミニチュアはぬくもりのある仕上がり。
小さいけれどすてきな空間の博物館でした。

また、美術館はカフェを併設していることが多く、
そこもおしゃれでおいしい素敵空間です。

詳しくは次回書きたいと思います。
もうひとつ、ユヴァスキュラの美術館についてもそちらで!
  • この記事が参考になった人(4)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。