1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. ヨーロッパ
  4. フランス
  5. パリ
  6. 街中・建物・景色
  7. 1925年、アールデコが世界を魅了した時

みゅう・フランス発信現地情報
プロフィール

ニックネーム:
みゅうフランス
居住地:
ヨーロッパ>フランス>パリ
会社名:
みゅうフランス
会社英字名:
会社所在地:
ヨーロッパ>フランス>パリ
業種:
旅行業
自己紹介:
パリを中心にフランス国内、ヨーロッパの旅行関連手配をしています。オリジナル定期観光バス・みゅうバス、通訳、ガイド、アシスタント、送迎サービスなどを手配しています。お気軽にご相談下さい!

カレンダー
1月<2023年2月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728

1925年、アールデコが世界を魅了した時

2013/12/16 06:29
アール・デコ
エリア:
  • ヨーロッパ > フランス > パリ
テーマ:
  • 街中・建物・景色
  • / 鑑賞・観戦
  • / 歴史・文化・芸術

こんにちは♪ pelicanfranceです。
今日も、パリから。

1925、QUAND L’ART DECO SEDUIT LE MONDE 「1925年、アールデコが世界を魅了した時」が、エッフェル塔の向かいに立つアール・デコ様式の建築遺産博物館で開催されている。

1920年代から1940年にかけて代表的な芸術様式であったアール・デコを決定的にしたのは、1925年にパリで開催された現代産業装飾芸術国際博覧会Exposition Internationale des Arts D?coratifs et Industriels Modernesだった。

この時Arts D?coratifs は文字通り一つの「装飾芸術」でしかなかったものが、この時の芸術様式が「アール・デコ」という固有名詞になったのだ。

第一次世界大戦が終結して平和と活気が戻り、自動車や飛行機が発達し、「粋な」女性が出現した華やかな時代が残したもの。

圧倒的で威圧的な直線とシンプルなカーブを特徴とする様式は、ヨーロッパだけでなく、アフリカ、日本、中国、北米、南米にも影響を与えたことがよくわかる。細部の美しさを見るもよし、勢いのある時代の空気を吸い込むのもまた楽しい特別展。

1925、QUAND L’ART DECO SEDUIT LE MONDE 「1925年、アールデコが世界を魅了した時」
建築遺産博物館で2014年2月17日まで開催。
11h から19h 火曜休館
木曜 11h から 21h

タグ:
アール・デコ
1925年
現代産業装飾芸術国際博覧会
建築遺産博物館
万博
  • この記事が参考になった人(7)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

PR
【クリスマスバス アルザス号】クリスマスで華やぐ美しい夜を♪ ストラスブール2泊3日
有名なストラスブールのクリスマスを満喫したい人に!ストラスブールのホテル2泊が付いたパッケージをご用意しています。
【クリスマスバス アルザス号】クリスマスで華やぐ美しい夜を♪ ストラスブール2泊3日 有名なストラスブールのクリスマスを満喫したい人に!ストラスブールのホテル2泊が付いたパッケージをご用意しています。
コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
ヨーロッパ
フランス(1,941)
イタリア(4)
ベルギー(2)
フィンランド(1)