1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. ヨーロッパ
  4. フランス
  5. パリ
  6. 街中・建物・景色
  7. バラの花で窒息!? ローレンス・アルマ=タデマの「ヘリオガバルスの薔薇」

みゅう・フランス発信現地情報
プロフィール

ニックネーム:
みゅうフランス
居住地:
ヨーロッパ>フランス>パリ
会社名:
みゅうフランス
会社英字名:
会社所在地:
ヨーロッパ>フランス>パリ
業種:
旅行業
自己紹介:
パリを中心にフランス国内、ヨーロッパの旅行関連手配をしています。オリジナル定期観光バス・みゅうバス、通訳、ガイド、アシスタント、送迎サービスなどを手配しています。お気軽にご相談下さい!

カレンダー
7月<2022年8月    
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

バラの花で窒息!? ローレンス・アルマ=タデマの「ヘリオガバルスの薔薇」

2014/01/13 07:43
ヘリオガバルス
エリア:
  • ヨーロッパ > フランス > パリ
テーマ:
  • 街中・建物・景色
  • / お祭り・イベント
  • / 歴史・文化・芸術

こんにちは♪ pelicanfranceです。
今日も、パリから。

ジャックマール=アンドレ美術館で1月20日まで開催されている特別展「欲望と快楽 Desire et volupte」に出展されたイギリス・ヴィクトリア朝時代の代表的な画家、ローレンス・アルマ=タデマの「ヘリオガバルスの薔薇」。画面いっぱいにピンクのバラの花びらが舞い、一見バラを愛でる雅やかな宴会のようにも見えるこの場面は、実はとても残酷なシーンなのだ。

タイトルのヘリオガバルスは悪名高きローマ帝国第23代皇帝マルクス・アウレリウス・アントニヌス・アウグストゥスの通称。ローマ史上最悪の君主ともいわれるヘリオガバルスは、放縦と奢侈、性的に倒錯した退廃的な生活の限りを尽くしたと、歴史には残されている。特に有名なエピソードが「客人に薔薇の山を落として窒息死させるのを楽しんだ」この場面。

ヘリオガバルスが宴会に招いた客の上に、巨大な幕の上に載せていた大量の薔薇の花を一斉に落として客を窒息死させ、取り巻きたちと一緒にそれを見て楽しんだという。確かに右下の女性は、何かを訴えかけるような表情をしている。キャプションを見るのと見ないので印象が全く変わる作品。

Mus?e Jacquemart-Andr? ジャックマール=アンドレ美術館
158, boulevard Haussmann 75008 PARIS
http://www.musee-jacquemart-andre.com/fr/jacquemart/
特別展「欲望と快楽 Desire et volupte」1月20日まで毎日オープン10h ?から18hまで
月曜と土曜は20h30まで

タグ:
ジャックマール・アンドレ
欲望と快楽 
Desire et volupte
ローレンス・アルマ=タデマ
ヘリオガバルスの薔薇
  • この記事が参考になった人(8)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

PR
ぶどうの守護聖人、サンヴァンサンを奉るお祭り。
2月の初めにシャブリエリアのChich?e村で開催されるお祭りへご案内します。
ぶどうの守護聖人、サンヴァンサンを奉るお祭り。 2月の初めにシャブリエリアのChich?e村で開催されるお祭りへご案内します。
コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
ヨーロッパ
フランス(1,941)
イタリア(4)
ベルギー(2)
フィンランド(1)