1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. ラオス
  5. 観光地
  6. 【春旅ススメ】ラオス南部をめぐる移動手段

現役たびぃじょが語る!おちゃめな旅バナ通信

~かわいくて、おしゃれ・おちゃめなひとり旅女子を目指して日々奮闘中!~

プロフィール

ニックネーム:
たびぃじょ
居住地:
東京都
性別:
女性
会社名:
学生団体mof.
会社英字名:
会社所在地:
東京都
業種:
その他
自己紹介:
たびぃじょ=かわいくて、おしゃれ・おちゃめなひとり旅している女子!

そんなたびぃじょを応援しよう!
というコンセプトのもと、私たち学生団体mof.はフリーペーパーを作ったり、各種イベントを行ったりと活動をしています!

そんな現役たびぃじょが、女子ならでは学生ならではの旅の楽しさをたくさんレポートしていきます!
秘境大好き、世界中の美味しいもの大好き…たくさんのエピソードをどうぞお楽しみに♪

カレンダー
1月<2023年2月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728

【春旅ススメ】ラオス南部をめぐる移動手段

2010/12/30 23:50
タイだよ〜
エリア:
  • アジア > ラオス > パクセ
  • アジア > ラオス > ラオスその他の都市
テーマ:
  • 観光地
  • / 街中・建物・景色
  • / 鉄道・乗り物
こんばんは。
学生団体mof.の水野です^^

私の連載も第3回目、今回はラオス南部をめぐる際の
交通手段や移動方法についてお伝えしていこうと思います!

今回のルートとしては、成田からバンコクから入って
バンコクからは飛行機でラオスの首都ヴィエンチャンまで行きました。

初めて訪れた時は鉄道でゆら〜り、12時間ほどかけて。
2回目は夜行バスで同じく12時間ほどかけて国境を越えました。

陸路での国境越えが私の旅の醍醐味ではあるのですが、
時間も限られているこの旅では、仕方なく空路を選択。
ラオス航空の飛行機は小さいながら機内食もきちんと出るので
以外に私は、好き好んで使っています^^

ヴィエンチャンのワッタイ空港からは、
日本人の方々とタクシーをシェアして来ました。
だいたいひとり2〜3ドルだったような気がします。

ラオス国内は、鉄道が通っていないので
バスでの移動がメインになります。
もちろん!近場の移動はトゥクトゥクが一番ですが…。

先日の記事に書いたチャムパーサックへ行くには、
まず南部最大の街パクセーに行く必要があります。
首都ヴィエンチャンからは夜行バスに乗って8時間ほど。

バスの外観自体は、そんなに日本のものと変わらないので
油断して中に入ってみたらびっくり仰天!!!
ばす
なんと、寝台列車ならぬ寝台バス。

日本の夜行バスの内装は普通のバスと変わりませんよね?
座席を後ろに倒せますが、それでも限界があって長旅ではつらいところ。
ラオスでも北部に行く時は、ごくシンプルなバスだったんです!
ところが、なぜか南部行きは寝ることができるようになっています(笑)
ばーす
ばすー
よくわからないかもしれませんが、荷物置きも毛布も完備。
しかも水とウエハース、飴とおしぼりが配られます。
おかし
ひとつのベッドにふたりまで寝られるようです。
私は、ひとりで占領していましたがw

道はガタガタしているところもあり、途中で揺れるのですが
足を伸ばしてぐっすり熟睡できるのがとてもありがたいです!
荷物や貴重品はさすがに抱っこして眠りました。

ぜひぜひラオスを訪れたら、乗ってみてくださいね^^

早朝にパクセー到着。
パクセー自体にこれといった見どころはないのですが、
チャムパーサックやコーン島といった南部の観光地の起点になります。
パクセ
ヴィエンチャンよりも広いだだっぴろい道路かも。

デパート
小さなショッピングモールで、スカートを仕立ててもらいました。

といざらす
街の一角には、なんとトイザラスまであります(笑)

カフェーおしゃれカフェも。南部はコーヒーがとてもおいしいのです!

チャムパーサックは、
そこからさらにバスで1時間ほどかけたところにあります。

私はパクセーに1泊してから向かおうかと思ったのですが
朝6時頃パクセーに到着して時刻表を見ていたら、
ちょうどチャムパーサックに行くバスが朝早く出ていたので、
バスターミナルで1時間ほど暇をつぶして行ってみました!

たーみなる
上の写真は、パクセーの早朝のバスターミナル。
ターミナルは他にもたくさんあるのですが、ここは時間がきっちり!
なんか仕事ができそうな男の人が仕切っていましたもん(笑)

バスにはたくさん人が乗っていたので、
「あぁ、やっぱり世界遺産だし見に行く人がたくさんいるじゃん!」
と思っていたら、チャムパーサックだよ!と声をかけられて
降りたのはなぜか私ひとり。

しかも他には何もない空き地で。

ええええええ、とさすがに驚き心細くなりました。
近くにはポツンと小さなお店と民家があるだけ。
バスは私だけを置いて行ってしまいます。。。

すると、どこからかおじさんが現れ「こっちに来い!」という合図を。
ついて行ってみるとボートに乗れ、と。
まさかまさかの、ボートでチャムパーサックまで行くということだったのです。
ボート
特に景色はよくないのですが、一応(笑)

対岸に渡ると、船頭のお兄さんだという人が現れ
「うちのゲストハウスに来い!」と車で連れて行ってもらいましたw
なんだかできすぎた感じですが、いい人だったので大丈夫。
結局2泊しました。

チャムパーサックからパクセーまで戻るのに、またボートか!?と思いきや。
実は乗り合いソンテオで帰れることが判明しました。
ただ、道路がまだ舗装されていないのに加え、地元の人々用なので観光客は皆無。

でも私は、その方が好きだったりします!
ソンテオというのはこんな乗り物。ゲストハウスの前に置いてあるのをパチリ。
ソンテオ
トラックの後ろが座れるようになっていて、その上に荷物を預けられるのです。

まだ舗装されていない道路は、砂埃がひどくてじゃりやら砂やらで
ソンテオの中はひどいことになっていました。
口を押さえても髪の毛に砂がこびりつくのがわかるという…。
まぁ、1時間ほどだったので我慢できましたが><

パクセーに戻ってきてからは1日過ごし、
その後はまた、バスでタイの国境を渡りました。

ラオスのワンタオというところからタイのチョーンメックまで。
イミグレーションはこじんまりとしていて、なかなかわかりづらいですw
いみぐれ
こちらはタイ!
タイだよ〜ウボン市内まではそんなに時間もかからないで着きました。
ウボンラーチャターニーは、特に見どころのない街(笑)

中国系カナダ人の方にごはんをごちそうになったり、
日本人の方のおうちでゆっくりさせてもらったりして、
大好きな夜行列車でバンコクを目指しました。
寝る〜
(タイのこの列車がとにかく大好きなのです!)

ラオス南部、時間が足りずに島の方まで行けなかったのが心残り。
次回はコーン島やデット島、そしてパクセーの北部にある、
サワンナケートやターケークにも足を運びたいと思います!

次回は、どんどん近代的になるタイのお話をしていきますね。
お楽しみに!
  • この記事が参考になった人(7)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。