1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. イチローとジュンコさんのブログ
  4. オンボロバスでムワンザ (タンザニア)アルーシャ→ムワンザ

  海外エリア: アフリカ > タンザニア の他のブログはこちら|

イチローとジュンコの夫婦珍道中

~バックパッカー日記~

プロフィール

ニックネーム:
イチローとジュンコ
居住地:
東京都
自己紹介:
2000年9月 日本を旅立ったイチローとジュンコは、飛行機で、南アフリカ・ケープタウンに降り立った。
二人はそこから日本まで、飛行機を使わずに、陸路と船のみで帰る。
アフリカ大陸南端の喜望峰から日本まで、アフリカ、東西ヨーロッパ、中東、シルクロードとまるまる1年かけての、夫婦珍道中。
野宿もしました。ゴリラと挨拶もしました。サハラを越え、ヒマラヤを越え。。
大自然、世界遺産、カルチャーショック、紛争の傷跡、そして、多くの出会い。
2001年8月無事帰国した二人の旅を振り返って、番外編コラムを掲載します。

カレンダー
12月<2020年1月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

オンボロバスでムワンザ (タンザニア)アルーシャ→ムワンザ

2000/11/05 12:28
エリア:
  • アフリカ > タンザニア > アルーシャ
  • アフリカ > タンザニア > タンザニアその他の都市
テーマ:
  • 鉄道・乗り物
 アルーシャからムワンザへのバスのルートは3つある。

 1つは、ケニアのナイロビ経由。
 国内の2都市を移動するのに、何故か外国を経由するこのルートが一番早いそうだ。道が良く整備されているのだろう。
 だが、我々のタンザニアでのビザはシングル、一度出国したら再入国できないのでパス。

 2番目は、ンゴロンゴロ、セレゲンティの2つの自然保護区、国立公園を突っ切るルート。
 ただし、ただバスで通り過ぎるだけなのに、それぞれの入場料を併せて1人当たり50US$をバス代とは別に払わなければならないという事なので、これもパス。

 残る我々が選択した3番目のルートは、最も道も悪く、所用時間も30〜48時間はかかるそうだ。
 朝、恐る恐るバスに乗車する。
 バスの外見も、中身も見るからにみすぼらしい。不安がつのる。

オンボロバスでムワンザへ1

 バスがアルーシャを出ると、間もなく道はダートのラフロードに。道はどんどん悪くなり、先日サファリで走った道の方が良い程で、こんな道を大型バスが走るなんて信じられないと言った感じ。

 ラフロードに入ってしばらくして、後から来た赤い小ギレイな大型バスにサッサと追い抜かれてしまう。どうやらあちらもムワンザ行のようだ。

 どう見ても、見かけはこっちのより良さそうなバスだ。
 「 何だ、わかっていれば少し位高くても、あっちのバスにしていたのに。」
なんて思っていたのだが、どうしてどうして、我々のオンボロバス、なかなか良く走っている。

 悪い道で速度が遅い分、お尻への負担も軽く、雄大に広がるサバンナの景色も素晴らしく、ストレスは意外に少ない。

 日が落ちて間もなく、前方で大型バスが道の真ん中に停まり、周囲で乗客がボー然としている姿に出くわす。見ると、朝、我々のオンボロバスを快調に追い越して行ったあの赤いバスだ。
 タイヤを外して何やら修理をしている、パンクだろうか。

 ボー然としていたその赤いバスの乗客が、大挙してこちらのバスに乗り換えてくる。
 こちらでは、大変不条理なのだが、こういう場合バス代は払い戻されない。バスを乗り換えた場合、またそのバスで運賃を払わなければならないのだ。

 どうみても我々のバスの方がオンボロなのに、
 「こっちのバスは、見掛けだけではわからないものだ。」
と、思うと同時に
 「いつこういう目に会うか分からない。余裕をもって両替しておかないと。」
と思い知らされる。バス代の支払いは現地通貨のみである。


【食事】

朝:パン
昼:ご飯、肉スープ
夜:バナナ

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 800TS(タンザニアシリング)
・夜行バス アルーシャ→ムワンザ 1800TS/1人+荷物代 1000TS/1個  9:00発 (我々のバスは)翌10:30着
  • この記事が参考になった人(1)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない