1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アフリカ
  4. 鉄道・乗り物
  5. 13カ国目、エチオピア (ケニア)モヤレ→(エチオピア)モヤレ

イチローとジュンコの夫婦珍道中

~バックパッカー日記~

プロフィール

ニックネーム:
イチローとジュンコ
居住地:
東京都
自己紹介:
2000年9月 日本を旅立ったイチローとジュンコは、飛行機で、南アフリカ・ケープタウンに降り立った。
二人はそこから日本まで、飛行機を使わずに、陸路と船のみで帰る。
アフリカ大陸南端の喜望峰から日本まで、アフリカ、東西ヨーロッパ、中東、シルクロードとまるまる1年かけての、夫婦珍道中。
野宿もしました。ゴリラと挨拶もしました。サハラを越え、ヒマラヤを越え。。
大自然、世界遺産、カルチャーショック、紛争の傷跡、そして、多くの出会い。
2001年8月無事帰国した二人の旅を振り返って、番外編コラムを掲載します。

カレンダー
11月<2022年12月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

13カ国目、エチオピア (ケニア)モヤレ→(エチオピア)モヤレ

2000/11/26 16:45
エリア:
  • アフリカ > ケニア > ケニアその他の都市
  • アフリカ > エチオピア > エチオピアその他の都市
テーマ:
  • 鉄道・乗り物
  • / ホテル・宿泊
 「ドンドンドン」。ロッジの我々の部屋の扉がたたかれる。
 疲れが取り切れぬまま、眠気覚めやらぬまま、早朝6時前、ローリーはエチオピア国境に向かって再出発。

 「ガタン、ガタン、ガタン。ゴン、ゴン、パンッ、バンッ、バンッ!!」
 まるで、鉄板に引かれた熱く熱せられた油の上に投げ入れられた、細かく切られた具材のように、ローリーの鉄製の荷台の上で人も荷物もはじける。

 午前10:30、顔も体も砂だらけになった我々を乗せたローリーは、エチオピアとの国境の街、モヤレに到着。

 「早くシャワーを浴びたい!!」切にそう思う。
 あと一踏ん張りと、荷物を背負って砂だらけの額に泥の汗をしたたらせながら、1.5km程歩いて国境を通過。

 ところが、ケニアの出国はスムーズに済んだものの、今日日曜日はエチオピアのイミグレは午後2時にならないと開かないという。
 仕方無く3時間近く待つも、午後2時になると、今度は3時にならないと開かないという。
 結局、イミグレが開いたのは午後3時半過ぎ。 入国の手続きを終え、宿に入ったのは午後5時前。

 宿にチェックインして部屋に荷物を置くと、即、シャワーをリクエスト。

 シャワーの蛇口をひねると、「ザー」と水はふんだんに砂だらけの頭に体にふりかかる。
 これまで水に困った所も多かっただけに、これにはホッと一安心。髪を洗った後の泥だらけのアワを放り捨て、シャワーの水で体中さっぱり、生き返る。

 さっぱりした後は、ホテルの従業員の少年に教えてもらいながら、アムハラ語(エチオピア語)のアンチョコを作成。
 これからのエチオピアの旅に備える。


【食事】

朝:チャイ(茶)、マンタジ
昼:チャパティ、ジャガイモと肉の塩味スープ
夜:パン

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 75Ks(ケニア・シリング)
1US$ ≒ 8B(エチオピア・ブル)
・エチオピアのVISA 必要。 我々はケニアのナイロビで取得。

【宿】
・(エチオピア・モヤレ)Ethiopia-Kenya Hotel
12B/1室 スタッフは親切、水の出も良く、部屋もそれなりにクリーン。But 併設のバーが深夜までうるさい。バーの客が部屋の前まで入ってくる。
  • この記事が参考になった人(3)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない