1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. 韓国
  5. 街中・建物・景色
  6. 慶州へ (韓国)ソウル→慶州

イチローとジュンコの夫婦珍道中

~バックパッカー日記~

プロフィール

ニックネーム:
イチローとジュンコ
居住地:
東京都
自己紹介:
2000年9月 日本を旅立ったイチローとジュンコは、飛行機で、南アフリカ・ケープタウンに降り立った。
二人はそこから日本まで、飛行機を使わずに、陸路と船のみで帰る。
アフリカ大陸南端の喜望峰から日本まで、アフリカ、東西ヨーロッパ、中東、シルクロードとまるまる1年かけての、夫婦珍道中。
野宿もしました。ゴリラと挨拶もしました。サハラを越え、ヒマラヤを越え。。
大自然、世界遺産、カルチャーショック、紛争の傷跡、そして、多くの出会い。
2001年8月無事帰国した二人の旅を振り返って、番外編コラムを掲載します。

カレンダー
9月<2022年10月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

慶州へ (韓国)ソウル→慶州

2001/08/10 14:06
エリア:
  • アジア > 韓国 > ソウル
  • アジア > 韓国 > 慶州(キョンジュ)
テーマ:
  • 街中・建物・景色
  • / 鉄道・乗り物
 今はまだ南北に分断されている朝鮮半島、その南半分の韓国の国土は広くない。
 そんな韓国の旅の移動に最も便利なのがバスだ。

 首都ソウルのバスターミナルからも、韓国内の各方面へのバスがひっきりなしに発着している。
 本日これから目指す慶州までは、5時間余りの道のりで14600W(1460円)と安い。

 午前中、ソウルのバスターミナルでバス待ちをしている時のこと、一見立派なターミナルビルのエスカレーターに乗って上の階へ昇ってみると、ここでもコリアン・パワーに驚かされる。

 ビルの1フロア全てが花市場になっていて、所狭しと並べられた花束を売買する人でごった返し、花の鮮度を保とうとまかれる水、胴長グツをはいた卸売人と、まるで日本の魚市場さながらのものすごい活況なのだ。

 夕方バスで着いた韓国随一の古都、はるか2000年前の新羅の都、慶州(キョンジュ)。
 古都とは言っても今や押しも押されぬ先進国、韓国の一都市だから、東京と変わらぬあのソウルの大都会ぶりを拝まされた我々は、すっかり慶州も京都並の都会かと思っていたが、意外にその街並は物静かで落着いている。

 「13000Wでいいよ。」
 ハルモニ(おばあさん)の流暢な日本語で通された民宿の広いオンドル部屋。
 「なかなか居心地が良さそうな所だね。」

 ソウルの都心のけんそうを離れ、ホッと一息の古都慶州の第一夜を迎える。


【食事】

朝:パン
昼:ジャージャーメン、キンパプ、揚ギョーザ
夜:カップメン、パン

【トラベルメモ】

1$≒1000W(韓国ウオン)
ソウル→慶州(バス)5時間 14600W/普通バス。(他に広い座席の割高な高等バスもあり、そちらの方が本数は多い。)

【宿】(慶州)西川旅人宿 13000W/W1室
  • この記事が参考になった人(0)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない