1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. ラオス
  5. ホテル・宿泊
  6. 【ラオス】女の子も安心して泊まれる宿!

現役たびぃじょが語る!おちゃめな旅バナ通信

~かわいくて、おしゃれ・おちゃめなひとり旅女子を目指して日々奮闘中!~

プロフィール

ニックネーム:
たびぃじょ
居住地:
東京都
性別:
女性
会社名:
学生団体mof.
会社英字名:
会社所在地:
東京都
業種:
その他
自己紹介:
たびぃじょ=かわいくて、おしゃれ・おちゃめなひとり旅している女子!

そんなたびぃじょを応援しよう!
というコンセプトのもと、私たち学生団体mof.はフリーペーパーを作ったり、各種イベントを行ったりと活動をしています!

そんな現役たびぃじょが、女子ならでは学生ならではの旅の楽しさをたくさんレポートしていきます!
秘境大好き、世界中の美味しいもの大好き…たくさんのエピソードをどうぞお楽しみに♪

カレンダー
11月<2022年12月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【ラオス】女の子も安心して泊まれる宿!

2010/08/08 18:11
バンビエンふうけい
エリア:
  • アジア > ラオス
テーマ:
  • ホテル・宿泊
こんにちは。
たびぃじょブログ担当、本日も水野です^^

前回の日記には、予想以上の反響をいただき
とても嬉しく思います。ありがとうございました!

さて、初回は「ヴィエンチャンのカフェ巡り」をテーマに
おしゃれスポットをご紹介していきましたが、

第二回目のテーマは「女子にオススメできる宿inラオス」ですヾ(。・ω・。)

東南アジア好きの私ですが、よく
「どういう宿に泊まるの?」という風に聞かれます。

アジアは値段も質も本当にピンキリで、例えばタイなら、
マンダリン・オリエンタル等の超高級ホテルから
カオサン付近にあるゲストハウスまで
その値段差は10倍以上だったりすることも。

一方ラオスは?というと、こちらも高級ホテルが立ち並んできてはいます。
ただ土地柄のせいか、高層ホテルというよりは、
リゾート地のようなゆったりできるところが多いのです。

そして私は、ここまで言っておきながら安いゲストハウスに泊まります!
もちろん学生という身分なのでお金がないこともありますが、
圧倒的に他の国の旅人との出会いが多い!というところが嬉しい(*^∀^)

ひとり旅だと、トゥクトゥク等の移動代が高くつくのですが
宿で知り合った方たちと、割って一緒に観光したり、
ひとりでなかなか入れないご飯屋さんに行きたいときがあったら、
声をかけて一緒に食べに行ったり…。

もちろん、他の旅人もひとりで来ている方が多いので、
ずっとべたべたしているわけではなく、とても気がラクです(o'ω')

ただ、やはり女のこのひとり旅ということで、
ドミトリーに泊まったことは一度もありません。
もちろん危険ということと、ひとりの時間が欲しいから(笑)
一日観光してきてくたくたになったら、ひとりで癒されたいですよね。

ラオスの宿は、安い割にコストパフォーマンスの高い宿が多いと思います。
例えば、下の写真はバンビエンで泊まった宿。
「マウンテン・リバービュー・ゲストハウス」
バンビエン宿
床は素足でも歩けるほどきれいで掃除されている印象。
ベッドのシーツも真っ白で清潔、そしてふかふかしているのが嬉しい!
ホットシャワーも出て、バスタオルやペットボトルの水も備え付けられており
何よりバルコニーからの眺めが素晴らしいの一言なのです(o^-^o)
バンビエン宿から

これでお値段、いくらだと思いますか??


1泊12万キープ。


つまり、約8ドルですΣ(・ω・ノ)ノ!w
12万という単位を聞くと、毎回焦るのですが(笑)
今年の春旅では、このゲストハウスに勝るものはありませんでした。
宿の方も親切で優しく、女性にオススメできる宿だと思います。


続いて、世界遺産の街ルアンパバンからバスやボートで4時間あまりのところに、ノーンキヤウという村があります。
ここ数年さらに静けさや田舎の良さを求め、欧米人観光客を中心に人気のある場所なのですが、その宿がバンガロータイプのゲストハウスでした。
「サンライズゲストハウス」
ノーンキヤウ宿
設備はそこまで整っていないし、水回りもそこまで清潔ではないのですが
蚊帳つきベッドなので、虫が嫌という方はいいのではないでしょうか?
なんといってもバルコニーのハンモックに揺られるのが最高に気持ちいい!
宿バルコニー
読書したり、ひたすらぼーっとしたり、夜にはここでビールを飲んだり…
目の前の圧倒的な自然を見ていると、嫌なことも忘れられる気がしてきます。
ノンキヤウ宿から
値切って、1泊7万5000キープ。確かもとは8万キープだった気がします。


今のところ、私の一押しはこのふたつの宿。
9月には南部の方に足を運ぶので、またコストパフォーマンスの高い女子旅にオススメの宿があったら紹介していきますね^^

実は私、なぜか宿で外したことってあまりないのです。
いつも現地調達なので、行き当たりばったりなのですが、
必ず決める前に部屋を見させてもらっていて、
選ぶ基準というものは最低限自分の中で決めています(・∀・)

1、鍵がきちんとかかるかどうか
2、24時間宿の人が受付にいるかどうか
3、シーツはきちんと洗濯されているかどうか
4、水回りの掃除がされているかどうか

この上記の4つが私にとってはとても大切なこと!
1に関してだと、鍵が壊れていたりドアの閉まりが甘かったら要注意。
ちなみに鍵は宿の人に預けるのではなく、自分で持っていることをオススメします。

2については、男性の方だと、
ひまな時間帯はよーく受付で寝ているのですが(笑)
逆にこの様子を見ると毎回ひと安心します。
気休めかもしれませんが、やはり大事なことですよね!

3、4、に関しては個人的なものですが
アジアだと汚い宿では南京虫が出て朝起きると
体がかゆくて真っ赤!ということもあるので、チェックは大切。
水回りはある程度汚くても我慢できるし、水シャワーも大丈夫ですが
なんとなく掃除されているっていう気休めがこれまた必要だったりも(笑)

後悔しない宿選びをするためにも、ぜひぜひ参考にしてみてくださいね。

では、3回目の連載をお楽しみにヾ(o・ω・)ノ
  • この記事が参考になった人(15)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。