1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. ラオス
  5. パクベン
  6. 観光地
  7. 【春旅ススメ】ラオスのアドベンチャー♪

現役たびぃじょが語る!おちゃめな旅バナ通信

~かわいくて、おしゃれ・おちゃめなひとり旅女子を目指して日々奮闘中!~

プロフィール

ニックネーム:
たびぃじょ
居住地:
東京都
性別:
女性
会社名:
学生団体mof.
会社英字名:
会社所在地:
東京都
業種:
その他
自己紹介:
たびぃじょ=かわいくて、おしゃれ・おちゃめなひとり旅している女子!

そんなたびぃじょを応援しよう!
というコンセプトのもと、私たち学生団体mof.はフリーペーパーを作ったり、各種イベントを行ったりと活動をしています!

そんな現役たびぃじょが、女子ならでは学生ならではの旅の楽しさをたくさんレポートしていきます!
秘境大好き、世界中の美味しいもの大好き…たくさんのエピソードをどうぞお楽しみに♪

カレンダー
1月<2023年2月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728

【春旅ススメ】ラオスのアドベンチャー♪

2010/12/10 23:09
い
エリア:
  • アジア > ラオス > パクベン
テーマ:
  • 観光地
こんにちは♪

前回に続いてタイ・ラオス・カンボジア初ひとり旅、
学生団体mof.の吉田が担当させてもらいます♪

今回はラオス、バンビエンでの
アドベンチャー体験について紹介したいと思います^^

首都のビエンチャン、世界遺産のルアンパバーン。
その移動の間にある小さな町、バンビエン。
ビエンチャンからはバスで3時間くらいで到着です♪

正直、目玉な建物や遺産などははありません。
しかしナムソン川をタイヤチューブなどを使った川遊びが体験でき、
近くには洞窟が多く、まさにアドベンチャーが楽しめます。
そしてほとんどの観光客が欧米人。


私はそのなかでもカヤッキングを体験しました!
ツアーの内容は、洞窟のなかをチュービング、洞窟探検
そしてそのあとカヤックで川降りという盛りだくさんの内容。


カヤッキング1
こんな乗り物でゲストハウスにお迎えがきます。

このあとカヤックのこぎ方や緊急事態に備えての
かっこいいお兄さんによるレクチャーを受けて、さっそくカヤッキング!!
ちなみにこのレクチャー、もちろん英語のレクチャーです。
ですが英語わかんなくても添乗員さんたちが手取り足取り
教えてくれるのでご安心を♪


通常参加者2人とベテランの添乗員さんが
一台のカヤックにのります。
この日は川の流れがはげしく、てんてこまい。


そのあとみんなで洞窟に向かうために、散歩。
カヤッキング2

こんな感じでヘルメットとライフジャケットを着ています。
カメラなどの自分の持ち物は
それを入れるビニールバックのようなものを
貸してくれるので安心です♪



この日はあいにく水量が多くて、洞窟のチュービングはできず
みんなで洞窟探検をしました。

日本の夏の時期はラオスでは雨季の時期で、
前日は一日中雨が降っていたので
地盤はよくなく、しかも洞窟のなかは暗く
洞窟体験はとてもハードでした(;_;)


そのあとはおまちかねのカヤッキング!!
カヤッキング中はあたふたして写真はとれなかったのですが
ぜひ実際に見てほしい!
景色がめちゃめちゃいいんです。
高くそびえる岩山とそれにかかる雲と、
一面にひろがる川と、まわりをかこむ森。

おもわず「わー」とでてしまいです。
私はカヤックにのるのがはじめてだったのですが、
添乗員さんがついていてくれるので無理なく進むことができました!
でも川の水量が増えていたり
水の流れが激しいときは転覆も十分にありえるようです。
実際に転覆してしまったメンバーもいました;



カヤッキングが終わってからは川遊び!

どろんこバレーボールをしたり
バンビエン1
もう汚れるとか汚いとか関係なし^^

ジャンプ台からジャンプしたみたり
バンビエン2


つなひきをして水溜りに落ちたり
バンビエン3
国籍を超えたバトルでしたw



まさに自然をつかったあそび、とても楽しかったです♪
ラオスの添乗員さんたちも加えて遊んだり
ツアーが同じだった欧米人ともすぐになかよくなれました^^





こんな一日ツアー、いかがでしょうか?
ちなみにこれはお昼ご飯もついています!!
どろんこになるのは確実なので
バンビエンに行くときはビーチサンダルや水着は
もっていかれるのがベストです^^





次回はいよいよ最終回♪
おたのしみにー^^!
  • この記事が参考になった人(5)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。