1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. 観光地
  5. 【春旅ススメ】インド・スリランカの交通事情〜憧れの列車へいざ!〜

現役たびぃじょが語る!おちゃめな旅バナ通信

~かわいくて、おしゃれ・おちゃめなひとり旅女子を目指して日々奮闘中!~

プロフィール

ニックネーム:
たびぃじょ
居住地:
東京都
性別:
女性
会社名:
学生団体mof.
会社英字名:
会社所在地:
東京都
業種:
その他
自己紹介:
たびぃじょ=かわいくて、おしゃれ・おちゃめなひとり旅している女子!

そんなたびぃじょを応援しよう!
というコンセプトのもと、私たち学生団体mof.はフリーペーパーを作ったり、各種イベントを行ったりと活動をしています!

そんな現役たびぃじょが、女子ならでは学生ならではの旅の楽しさをたくさんレポートしていきます!
秘境大好き、世界中の美味しいもの大好き…たくさんのエピソードをどうぞお楽しみに♪

カレンダー
12月<2023年1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

【春旅ススメ】インド・スリランカの交通事情〜憧れの列車へいざ!〜

2011/04/15 23:51
エリア:
  • アジア > インド
  • アジア > スリランカ
テーマ:
  • 観光地
  • / 街中・建物・景色
  • / 鉄道・乗り物
こんにちは!
学生団体mof.谷本です^^

三回目となる今回は「交通事情」についてご紹介していきたいと思います!

まず呼び方は様々ですが、アジア各地で見かける「リキシャ」。
街のいたるところを走っていて、とにかく安いです!
コツはとにかく大勢で乗り合いをすることと(バックパッカー5人で乗ったら道に投げ出されそうになりました!)、強気で運転手に立ち向かうことです!
リキシャの運転手は1ルピーでも多く稼ごうと必死なのでわざと濁らせたしゃべり方をしてきたり、遠回りをしたり、あの手この手を使って言いがかりをつけてきます。体力と余裕があれば自分の意見を主張してください。私のときは町の人も警察もみんな味方してくれました!
りきしゃ
「俺の奥さんは世界一だ!」と自慢してきたリキシャワーラー。
はいはい^^;

5時間くらいまでの移動でしたら鉄道のほかに、バスやタクシーも視野に入れてください。
今回私はバスを一度も利用しなかったのですが、5時間を越えると座りっぱなしになってしまうためバスはきついそうです。タクシーは停まりたいときに停まれますし、ある程度プライバシーが守られますがとても高くつきます!私はデリー〜アーグラまで往復で一万円を三人で乗り合いしたので3000円くらいかかってしまいました><
けれども鉄道もバスも満席で他に交通手段がないのであれば、時間とお金どちらをとるかはあなた次第です。
このような事態を避けるために、インドでは早めに鉄道のチケットを予約することをお勧めします!私は行った先々で何が起こるかわからないと思い、チケットを予約せずに行ってしまいましたが、インドの鉄道のチケットなんて10時間くらい乗っても500円くらいです。(クラスにもよりますが)
最悪乗らないことになったとしてもそれほど大きな額ではないと感じる方は、ぜひ早めの予約を!インドにはインターネットカフェがいたるところにあり、コピー機があればそこでe-チケットを印刷することができます^^
機械オンチの私にもできるほど簡単でした!

インドの鉄道は今はもうそれほど遅れないと聞いていたのですが、やはり1時間くらいは遅れるときがありました。始発駅から遠い駅ほど遅れる可能性が高いので、ローカルな駅を利用する際は注意してください。
ほーむ

遅れがでてホームが変わると聞き、あたふたしていたらホーム中の方が助けてくれました。
おばちゃん
おやつもくれて、あったかすぎるよインド!

おんがくか
車内もあったかかったです。年齢や性別、国を超えてすぐに仲良くなりおしゃべりしたりチャイを飲んだり。

らんち
仲良くなったおじさんが降り際に窓から手渡してくれたランチボックス。
今考えるとあやしさ満点ですが、あのときはうれしくてすぐに完食してしまいました!
そしてとってもおいしかったです^^

べっど
3A(3段ベットでエアコンつき)というクラスはこんな感じです。
3月上旬くらいまでならエアコン無しでも全然気にならないと思います^^
むしろ寒くて配られたブランケットの上に色鮮やかなサりーをかけて寝ていました^^;

はみがき
もうやりたい放題です。。。
iphoneの充電をしたり、歯磨きしたり、顔洗ったり。
見ていてあまり気持ちの良い光景ではないので、女の子は控えた方が良いと思います。


寝台列車は思っていたよりもずっと快適でした!
どこでも眠ることができる私には向いていたのかもしれません。
宿代が浮きますし、友達もできるのでお勧めです。
なんといっても列車の窓から吹いてくる風が気持ちいいです!

ただ、夜の移動ですので駅でも車内でも十分に気をつけてください。
ホームにチェーンが売っていましたが、つける意味を感じない安物でした;;明るいうちに車内の何人かとお友達になっておくといざというとき助けてくれます><


スリランカではひたすらタクシー生活だったので他の交通手段事情が分かりませんが、見た感じ現地の人の主な交通手段はバスのようです。
とてもデンジャラスな運転をするバス。
リキシャの数はインドや東南アジアに比べると少なく感じました。
タクシーは一日7000円程度でチャーターできます!

あじーっと
funnyなスリランカ人ドライバーAjitさん

次回はいよいよ最終回!
大好きな村カジュラホーをお送りします^^
  • この記事が参考になった人(4)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。