1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. イチローとジュンコさんのブログ
  4. ダルエス・サラムの快適安宿 (タンザニア)ダルエスサラム

  海外エリア: アフリカ > タンザニア の他のブログはこちら|

イチローとジュンコの夫婦珍道中

~バックパッカー日記~

プロフィール

ニックネーム:
イチローとジュンコ
居住地:
東京都
自己紹介:
2000年9月 日本を旅立ったイチローとジュンコは、飛行機で、南アフリカ・ケープタウンに降り立った。
二人はそこから日本まで、飛行機を使わずに、陸路と船のみで帰る。
アフリカ大陸南端の喜望峰から日本まで、アフリカ、東西ヨーロッパ、中東、シルクロードとまるまる1年かけての、夫婦珍道中。
野宿もしました。ゴリラと挨拶もしました。サハラを越え、ヒマラヤを越え。。
大自然、世界遺産、カルチャーショック、紛争の傷跡、そして、多くの出会い。
2001年8月無事帰国した二人の旅を振り返って、番外編コラムを掲載します。

カレンダー
1月<2020年2月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

ダルエス・サラムの快適安宿 (タンザニア)ダルエスサラム

2000/10/23 18:38
エリア:
  • アフリカ > タンザニア > ダルエスサラーム
テーマ:
  • ホテル・宿泊
 旅した国や場所の印象と言うものは、そこに居たわずか数日間に、どんな人に会って、どんな事が起きたかによる。 たまたまガラの悪い人にからまれたりしたら、もうその国の事は嫌いになってしまったという人も多い。

 昨日とんだサギにあってしまった我々だが、ここ、ダルエスサラムの印象はそれ程悪くない。それどころか居心地よく「沈没」してしまいそうな感さえある。どうして昨日あんな事があったのに、こう思えるかと言うと、今滞在している宿のおかげによる所が大きい。

 おとといは、深夜にダルエスサラムに到着した為、バス停近くの安宿に泊まったのだが、その評判をきいて、昨日より宿を中心街の北辺にあるYWCAに換えたのだが、評判通り、実に居心地が良いのだ。

 ダブルの部屋は決して広くはないが、清潔で、カヤも扇風機もある。共同トイレ・シャワーも広く、沢山あり、クリーンで使い易い。
 学食風の食堂では格安の定食が食べられ、禁酒禁煙、変なあばれん坊はいない。
 広いテラス風のオープンスペースの食堂は明るく、座ってゆっくりするのに丁度よい共同スペースになっている。
 洗濯場や屋上の物干し場まであって、朝食付きでダブルで一室たったの5000タンザニア・シリング(≒700円)。
 スタッフの人は皆、やさしく親切。周辺の治安も比較的良い。

 ここに宿を換えてすぐにこう思った。
 「この先旅するルワンダ、ウガンダのVISAをここダルエスで取っておこう。」

 ビザの取得にはそれなりの所要日数がいる。その間は特にする事もなく、数日間を過ごさなくてならないので、滞在費が安いとか、居心地が良い場所で取りだめしておきたくなるのだ。

 今日の朝、申請したルワンダのビザはあさっての受取り。
 それからウガンダのビザも取るから、楽園ザンジバルの海を拝める日は少し先に延びてしまうが、しばらくダルエスのYWCAにお世話になるとしよう。


【食事】

朝:パン、バナナ
昼:キャッサバとサツマイモ揚げ
夜:チキンとライス

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 800TS(タンザニアシリング)
・ルワンダビザ シングル30日間 30US$/1人 翌々日受取
受付は9:00〜午前中 トランジットビザを申請したら、このビザをくれた。料金はトランジット料金。通常は3ヶ月でもう少し高いらしい。

【宿】(ダルエスサラム)YWCA 朝食付きでダブルで一室たったの5000タンザニア・シリング 男性も宿泊OK。
  • この記事が参考になった人(1)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない