1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. 韓国
  5. ソウル
  6. 鑑賞・観戦
  7. 徳寿宮・守門将の交代式 (韓国)ソウル

イチローとジュンコの夫婦珍道中

~バックパッカー日記~

プロフィール

ニックネーム:
イチローとジュンコ
居住地:
東京都
自己紹介:
2000年9月 日本を旅立ったイチローとジュンコは、飛行機で、南アフリカ・ケープタウンに降り立った。
二人はそこから日本まで、飛行機を使わずに、陸路と船のみで帰る。
アフリカ大陸南端の喜望峰から日本まで、アフリカ、東西ヨーロッパ、中東、シルクロードとまるまる1年かけての、夫婦珍道中。
野宿もしました。ゴリラと挨拶もしました。サハラを越え、ヒマラヤを越え。。
大自然、世界遺産、カルチャーショック、紛争の傷跡、そして、多くの出会い。
2001年8月無事帰国した二人の旅を振り返って、番外編コラムを掲載します。

カレンダー
12月<2023年1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

徳寿宮・守門将の交代式 (韓国)ソウル

2001/08/04 12:29
徳寿宮・守門将の交代式  1
エリア:
  • アジア > 韓国 > ソウル
テーマ:
  • 鑑賞・観戦
 本日のソウル歩きのハイライトは、徳寿宮の門前で行われた守門将の交代式。
 すなわち、欧米の観光名所でも良く見られる衛兵の交代式である。

 我々のこの旅では、チェコのプラハ城の衛兵の交代式が面白かった。
 だがここのアジアの東、韓国。そのスタイルは欧米のものとは全く異なっている。

 カラフルだがやさしい染色の赤や紫や黄色の衣装を付けた守門将たち。日本人の我々から見ると、衣装は中国のものに近い気がする。
 楽隊にひきいられて現れた者達と交代し、大きな長いヤリを地につけ、門を守っている。

 その立ち姿は、時代劇などで見る日本のお城を守る兵たちの姿とそっくりだ。

徳寿宮・守門将の交代式  1徳寿宮・守門将の交代式  2

 観光客用のショーではあるが、朝鮮王朝時代をしのばせる韓国の伝統行事を見られて、中々楽しかった。

 蒸し暑い夏のソウルで、門を守る守門将達の額の汗に、
 「大変だねぇ。」

 大勢の観光客が、ひっきりなしに隣に立って、記念撮影に興じている。


【食事】

朝:カップメン(おととい買っておいたパンにはカビでポイ。日本と同じく湿度が高い夏の韓国、カビが発生するのも今まで以上に早いようだ。)
昼:桃
夜:プルコギクイ(韓国と言えばこれ!!うまかった☆)

【トラベルメモ】

1$≒1000W(韓国ウオン)
徳寿宮 入場料700W 交代式は土日のみ開催と聞いていたが、夏などの観光客が集まるシーズンは、毎日やっているそうだ。

徳寿宮・守門将の交代式  3徳寿宮・守門将の交代式  4

【宿】(ソウル)東山旅館 15000W/W一室
  • この記事が参考になった人(0)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない