1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アフリカ
  4. ザンビア
  5. ルサカ
  6. 旅行準備
  7. ルサカで一日 (ザンビア)ルサカ

イチローとジュンコの夫婦珍道中

~バックパッカー日記~

プロフィール

ニックネーム:
イチローとジュンコ
居住地:
東京都
自己紹介:
2000年9月 日本を旅立ったイチローとジュンコは、飛行機で、南アフリカ・ケープタウンに降り立った。
二人はそこから日本まで、飛行機を使わずに、陸路と船のみで帰る。
アフリカ大陸南端の喜望峰から日本まで、アフリカ、東西ヨーロッパ、中東、シルクロードとまるまる1年かけての、夫婦珍道中。
野宿もしました。ゴリラと挨拶もしました。サハラを越え、ヒマラヤを越え。。
大自然、世界遺産、カルチャーショック、紛争の傷跡、そして、多くの出会い。
2001年8月無事帰国した二人の旅を振り返って、番外編コラムを掲載します。

カレンダー
7月<2022年8月    
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

ルサカで一日 (ザンビア)ルサカ

2000/10/06 15:32
エリア:
  • アフリカ > ザンビア > ルサカ
テーマ:
  • 旅行準備
 今日はお隣のマラウィのビザを取らなくてはならない。実は昨日、ガイド本の地図を頼りに、マラウィ・ハイコミッションまで行こうとしたのだが、地図に記されてあったその場所に、目的のハイ・コミッションは見つからない。近くのツーリスト・インフォメーションにて尋ねると、マラウィ・ハイコミッションは、かなり遠くに引っ越してしまっているとの事。暑い中、わざわざ歩いてきたのに! 仕方ないので、今日は朝から、インフォメーションで教えてもらった場所へ、マラウィ・ハイコミッションを訪ねる。

 ミニバスや道行く人に道を聞きながら、ハイコミッションに到着し、ビザの申請をすると、ビザ代はUS$では受け付けず、ZK(ザンビアクワチャ)でないとダメとの事。その額は2人で540000ZK(≒180US$)。「えー! US$なら用意してきたけど、そんな大金のZKは持ってないよー!!」と声を上げると、「待ってるから、街まで行って両替して来なさい。」
 仕方ないなぁ、もう。バス代ももったいないので、Junkoをハイコミッションに残し、一人でバスに乗って銀行のある市街まで行き、両替してUS$を手にし、またバスでトンボ返り。今日は金曜日、土日はハイコミッションは休みだ。なるべく今日中にビザを取っておきたい。

 そんなこんなで何とかマラウィ・ビザの取得に成功。ホッとして宿までのバスに乗ったら、宿の近くを通り過ぎ、鉄道の線路を越えて、ルサカの中心街のカイロ通りまで乗り過ごしてしまった。バスの車掌さんに地図を見せて、「ここら辺で降ろして」って言っておいたのに、車掌さん、すっかり忘れてる。仕方なく、カイロ通りからは歩って宿に帰る事に。

 宿は線路の反対側。ぐるっと回り込んで高架の陸橋を渡って越えて行かなくてはならない。暑い中、ゼエゼエしながら陸橋を上って行くと、眼下には平気で線路の上を歩って横断する大勢の人の姿が。線路の両脇の金網は所々穴が空いていて、皆そこから通り抜けている。「なんだ。あっちの下を通れば楽ちんだったんだ。」

 すっかり疲れきって、午後は2人で宿で休憩。夕食後、マラリア予防薬を飲み、明日のマラウィに備える。


【食事】

朝:パン
昼:パン
夜:(自炊)野菜炒め

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 3000ZK(ザンビア・クワチャ)
・マラウィ・ビザ 270000Z/1人(6ヶ月。マルチ)(シングルは180000ZK) 即時発給。9:00〜 午前のみ。事前に両替して行く必要がある。US$払い不可。
 マラウィ・ハイコミッションは「旅行人」や「ロンリープラネット」の地図とは違う「Kabulonga(カブロンガ)」という地区に移っている。中心街から4〜5kmある。バスで片道1000ZK。乗務員にカブロンガと言えば連れていってくれる。カブロンガで降りると、マラウィ・ハイコミッションの大きな看板がすぐ目に入るし、そこら辺の人に聞けば道を教えてくれる。

【宿】 (ルサカ)チャチャチャ・バックパッカーズ ドミトリー 20000ZK/1人
 中心街から遠い。キッチンもあり、悪くはないがキレイとも言えず、スタッフの態度もイマイチ、価格の割には良くもない。平均点以下。他に手頃な宿があったら、そちらの方がいいと思う。
  • この記事が参考になった人(2)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない