サンディエゴSan Diego

アメリカ

海外ツアー格安旅行からプレミアムなツアーまで。燃油サーチャージや空港諸税等、子供を含む参加人数の総額で比較可能

    • 気候・服装・
      ベストシーズン

      気候
      サンディエゴ沿岸部の気候はステップ気候に属しており、1年を通じて温暖で乾燥している。夏の暑さは、最も暑くなる8月頃でも平均最高気温は25度ぐらいまでしか上がらず、空気も乾燥している為、過ごしやすい。冬も日本の冬ほど寒くはなく、最も寒くなる12月~1月頃でも平均最低気温が10度を少し下回る程度で、日中は18度ぐらいまで上がり、比較的温暖に感じられる。内陸部・砂漠地帯は沿岸部よりも夏に気温が高くなるのが特徴で、山岳部の冬は沿岸部よりも寒くなり、積雪もありスキーやスノーボードが楽しめる。

      服装
      1年を通じて温暖なサンディエゴでは、半袖、長袖のTシャツを着ることが多い。基本的には4月頃~10月頃までは半袖、寒くなり始めた11月頃~3月頃は長袖を着るイメージである。ただし、夏場でも室内のエアコンが効きすぎて寒く感じることがあるので、上から羽織るもの等を用意して温度の変化に対応できるようにしたい。また日差しも強い為、サングラスや日焼け止めクリーム等で紫外線対策はした方が良い。12月~2月の1年で最も寒い季節は、ジャケットやセーターなどを上から着た暖かい服装をしたいが、しっかりとした厚手の防寒着はあまり必要ではない。

      1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
      旅行ベスト
      シーズン
      服装
      《旅行シーズン》 ◎:ベストシーズン ○:適シーズン 
      《服装》 :半そで :長そで :要上着 :要防寒着
    • 平均気温・降水量


    • 平均旅行日数
      5日間
    • 平均ツアー料金
      215,235円
    • ツアー代金
      最安値変動※2018/01/01(月)時点
      • 東京発 5日間
      • ベストシーズン
      ※2017年のツアー最安値グラフです。
※在庫確認のタイムラグが生じるため、遷移先の料金とは異なる場合がございます。

海外ホテル格安プランも五つ星ホテルも、リゾートフィーや子供を含む宿泊人数の総額で比較して予約

    • 気候・服装・
      ベストシーズン

      気候
      サンディエゴ沿岸部の気候はステップ気候に属しており、1年を通じて温暖で乾燥している。夏の暑さは、最も暑くなる8月頃でも平均最高気温は25度ぐらいまでしか上がらず、空気も乾燥している為、過ごしやすい。冬も日本の冬ほど寒くはなく、最も寒くなる12月~1月頃でも平均最低気温が10度を少し下回る程度で、日中は18度ぐらいまで上がり、比較的温暖に感じられる。内陸部・砂漠地帯は沿岸部よりも夏に気温が高くなるのが特徴で、山岳部の冬は沿岸部よりも寒くなり、積雪もありスキーやスノーボードが楽しめる。

      服装
      1年を通じて温暖なサンディエゴでは、半袖、長袖のTシャツを着ることが多い。基本的には4月頃~10月頃までは半袖、寒くなり始めた11月頃~3月頃は長袖を着るイメージである。ただし、夏場でも室内のエアコンが効きすぎて寒く感じることがあるので、上から羽織るもの等を用意して温度の変化に対応できるようにしたい。また日差しも強い為、サングラスや日焼け止めクリーム等で紫外線対策はした方が良い。12月~2月の1年で最も寒い季節は、ジャケットやセーターなどを上から着た暖かい服装をしたいが、しっかりとした厚手の防寒着はあまり必要ではない。

      1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
      旅行ベスト
      シーズン
      服装
      《旅行シーズン》 ◎:ベストシーズン ○:適シーズン 
      《服装》 :半そで :長そで :要上着 :要防寒着
    • 平均気温・降水量


一流ホテルでゆったり!5つ星ランクホテル ハネムーンや誕生日、特別な日を過ごすならこのホテル!贅沢なひとときをお過ごしください。

※2018/12/10(月)現在

お金を抑えてちょっとリッチに泊まるなら、4つ星ランクホテル 贅沢に過ごしたいけどお金も抑えたいという方には、4つ星ランクホテルはいかがですか?

※2018/12/10(月)現在

価格重視派の方にはコレ!コスパ◎な3つ星ランクホテル ショッピングや観光重視でホテル代は抑えたいという方に!人気の3つ星ランクホテルはこちら。

※2018/12/10(月)現在

海外航空券燃油サーチャージや空港諸税等、子供を含む人数総額で一括検索して予約! LCCも比較可能

    • 気候・服装・
      ベストシーズン

      気候
      サンディエゴ沿岸部の気候はステップ気候に属しており、1年を通じて温暖で乾燥している。夏の暑さは、最も暑くなる8月頃でも平均最高気温は25度ぐらいまでしか上がらず、空気も乾燥している為、過ごしやすい。冬も日本の冬ほど寒くはなく、最も寒くなる12月~1月頃でも平均最低気温が10度を少し下回る程度で、日中は18度ぐらいまで上がり、比較的温暖に感じられる。内陸部・砂漠地帯は沿岸部よりも夏に気温が高くなるのが特徴で、山岳部の冬は沿岸部よりも寒くなり、積雪もありスキーやスノーボードが楽しめる。

      服装
      1年を通じて温暖なサンディエゴでは、半袖、長袖のTシャツを着ることが多い。基本的には4月頃~10月頃までは半袖、寒くなり始めた11月頃~3月頃は長袖を着るイメージである。ただし、夏場でも室内のエアコンが効きすぎて寒く感じることがあるので、上から羽織るもの等を用意して温度の変化に対応できるようにしたい。また日差しも強い為、サングラスや日焼け止めクリーム等で紫外線対策はした方が良い。12月~2月の1年で最も寒い季節は、ジャケットやセーターなどを上から着た暖かい服装をしたいが、しっかりとした厚手の防寒着はあまり必要ではない。

      1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
      旅行ベスト
      シーズン
      服装
      《旅行シーズン》 ◎:ベストシーズン ○:適シーズン 
      《服装》 :半そで :長そで :要上着 :要防寒着
    • 平均気温・降水量


旅行アレンジ派はこちら!海外航空券 宿泊先が既に決まっていたり、ツアーより個人旅行派の方に!航空会社や時間を自由に選択!

    • 東京発2019/01/10(木)
    • サンディエゴ発2019/01/13(日)
    116,093円~(燃油・諸税等込)
※2018/12/10 14:39時点
※2018/12/10 14:39時点の情報です。遷移先の料金とは異なる場合がございます。

海外オプショナルツアー人気サイトのオプショナルツアーをまとめて検索・比較!

    • 気候・服装・
      ベストシーズン

      気候
      サンディエゴ沿岸部の気候はステップ気候に属しており、1年を通じて温暖で乾燥している。夏の暑さは、最も暑くなる8月頃でも平均最高気温は25度ぐらいまでしか上がらず、空気も乾燥している為、過ごしやすい。冬も日本の冬ほど寒くはなく、最も寒くなる12月~1月頃でも平均最低気温が10度を少し下回る程度で、日中は18度ぐらいまで上がり、比較的温暖に感じられる。内陸部・砂漠地帯は沿岸部よりも夏に気温が高くなるのが特徴で、山岳部の冬は沿岸部よりも寒くなり、積雪もありスキーやスノーボードが楽しめる。

      服装
      1年を通じて温暖なサンディエゴでは、半袖、長袖のTシャツを着ることが多い。基本的には4月頃~10月頃までは半袖、寒くなり始めた11月頃~3月頃は長袖を着るイメージである。ただし、夏場でも室内のエアコンが効きすぎて寒く感じることがあるので、上から羽織るもの等を用意して温度の変化に対応できるようにしたい。また日差しも強い為、サングラスや日焼け止めクリーム等で紫外線対策はした方が良い。12月~2月の1年で最も寒い季節は、ジャケットやセーターなどを上から着た暖かい服装をしたいが、しっかりとした厚手の防寒着はあまり必要ではない。

      1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
      旅行ベスト
      シーズン
      服装
      《旅行シーズン》 ◎:ベストシーズン ○:適シーズン 
      《服装》 :半そで :長そで :要上着 :要防寒着
    • 平均気温・降水量


sm_1270677530_1189.jpg
画像提供:株式会社 エイチ・アイ・エス
画像提供:ベルトラ 株式会社

イルカ&アシカショーは必見!「シーワールド」へ行くツアー イルカ&アシカショーに水しぶきを浴びるコースターなど興奮間違いなし。海の街を満喫しよう!

※情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、重要な事項につきましては事前に関係機関にお問い合わせください。

最終更新日:2018/12/10(月)

サンディエゴとベストシーズンが同時期の都市はこちら

<

>

サンディエゴと同エリアの都市はこちら