1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. 武田ちょっこさんのブログ
  4. アフリカに鹿はいません!

  海外エリア: アフリカ > ケニア の他のブログはこちら|

サファリが楽しくなるブログ

~失敗しないケニア・サファリ旅行のためのとっておき情報を、“サファリおたく”がお届けします。~

プロフィール

ニックネーム:
武田ちょっこ
居住地:
神奈川県
性別:
女性
自己紹介:
南アフリカガイドブック、東アフリカガイドブックを作っています。
著書:『ケニア・タンザニア旅ガイド
まるまるサファリの本ver.3』
『南部アフリカ旅ガイド
まるまるサファリと大自然の本』サワ企画
『ちょっこの直行サファリツアー!』講談社
『どうぶつちゃんLOVE紀行』山と渓谷社
『野生動物発見!ガイド』築地書館
など。
ブログ:地球まるまるサファリの旅

アフリカ旅行を楽しむには「動物の生態や自然」が重要。ガイドブックには載っていないアフリカ旅行のコツも併せてご紹介します。

カレンダー
1月<2020年2月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

アフリカに鹿はいません!

2016/04/30 14:00
インパラ
エリア:
  • アフリカ > ケニア
テーマ:
  • 動物
GW真っ只中。もしかしたらケニアでこのブログを読んでいる方もいるかも。
サバンナ(草原)でゲームドライブ中はwifi利用できませんが……ヘ(・_・ヘ)ヘヘ

「今、まさにゲームドライブ中」であれば、必要なのはレストランやショップが載っているガイドブックではなくて、動物に詳しいガイドブックのはず!

ガラゴ、ブッシュベイビー
(↑謎の生命体も出現)

ケニアの見所は、ずばり"野生動物”。
サファリカーの中で、「これ、何ていう動物?」
と動物ガイドが必要になると思います。

家に帰って写真を見ながらも、「これ、この鹿みたいなヤツ、何だっけ?」と。


アフリカに鹿はいません!!
目の前にいるのは、ぜんぶウシ科です。

これもウシの仲間↓
グランツガゼルの親子
(↑グランツガゼルの親子)

ウシ科は、オスもメスも両方とも角を持っているのが特徴です。
鹿はオスしか持っていません。

でも……、インパラやウオーターバックなどは例外。
インパラのハーレム
↑インパラのハーレム。メスは角がありません。右の角持ちがオス。

ウシ科の角は骨のようなものなので、一生もの。
鹿の角は秋頃落ちますよね。

シカ科とウシ科の違い
(↑分かりやすく説明すると、こうです。私のガイドブックの原稿下書き)

ケニア旅行の「見所」は「動物」。
ちょっとなオタクな動物ネタも、旅行中は盛り上がりますよ。



ちなみにシカ科の中で例外はトナカイさん。オスもメスも角があります。
ややこし〜〜!

注意!Plastic bag レジ袋等をケニアに持ち込み禁止
  • この記事が参考になった人(9)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
  • チュニジアにシカ生息してますけど?

    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/アカシカ Posted by 通りすがり 【2019/01/03 01:30:02】
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
アジア
香港(3)
アフリカ
ケニア(218)
南アフリカ共和国(15)
ボツワナ(12)
タンザニア(10)
ジンバブウェ(6)
ナミビア(6)
ザンビア(3)
北米
カナダ(3)