1. ι? ???
  2. 特派員ブログ
  3. 武田ちょっこさん

  海外エリア: アフリカ > ケニア の他のブログはこちら|

サファリが楽しくなるブログ

~失敗しないケニア・サファリ旅行のためのとっておき情報を、“サファリおたく”がお届けします。~

プロフィール

ニックネーム:
武田ちょっこ
居住地:
神奈川県
性別:
女性
自己紹介:
アフリカのサファリ旅行のガイドブックを作っています。
・『 まるまるサファリの本』シリーズ
取材裏ばなしもブログで発信しています!
Note 武田ちょっこ で検索してね!
・『ちょっこの直行サファリツアー!』講談社
・『どうぶつちゃんLOVE紀行』山と渓谷社
・『野生動物発見!ガイド』築地書館
など。

カレンダー
10月<2011年11月    
12345
6 78 9101112
131415161718 19
20212223242526
27282930

記事一覧

1 - 3件目まで(3件中)

キリン
ナイロビの庶民の足“マタツ”
エリア:
  • アフリカ>ケニア>ナイロビ
テーマ:鉄道・乗り物 
投稿日:2011/11/18 15:26
コメント(0)
ナイロビの治安の悪さを語るとき、必ず言われるのが、
「マタツには絶対に乗っちゃだめ」
ということ。

マタツとはナイロビを走る庶民の足です。ワゴン車タイプの小型バス。

マタツ
以前は、車体が派手な色にペイントされ、車内ではレゲエが大音量で流れていて事故も多く、この頃に「マタツは危険」が定着してしまったようです。
しかし、政府の政策によりペイント、音楽は禁止。立ち乗りも禁止になり、乗車人数が設定されました。
お陰で事故は愕然と減ったそうです。

マタツ内のスリまで取り締まっているわけではないので、治安面では安全になったとはいえませんが、そんなに悪口ばかり言われると擁護したくなってしまいます。


私は知人に会いに行く時やナイバシャ湖に遊びにいく時、マタツを利用しています。
(女ひとり旅です)


マタツ2
(↑車掌の持っている番号がバスの系統)

危険回避の基本、「大きなお金は見せない」を守って、小銭だけをジャラジャラ持っているのですが、あるとき5シリングを狭いマタツの車内に落としてしまったのです。
拾おうと手を伸ばしたくても、狭くてかがむこともできない。
「たかが5シリング(5円くらい)。ま、いいか」
とあきらめたら、隣に座っていたムゼー(おじいさん)がガタガタと激しく揺れる狭い車内にかがみこみ、手を伸ばして拾おうとしてくれるのです。
危ないし、「いいです、いいです」
と制したのですが、四苦八苦して拾ってくれました。5シリング玉ひとつです。
マタツは庶民の足。ごく普通の市民が乗っている車内での話です。


ナイロビの治安にふれたブログなどでは、「ケニア人ってどんなに悪人よ」って思うようなことばかり書かれていますが、決して悪い人ばかりではなく、
逆に「隣は何をする人ぞ」の日本に比べ、助け合いの気持ちの高い人が多いです。

ただ、一部の悪い人の格好のターゲットが観光客である私達で、被害遭遇率は高いということ。そして残念ながら、やっぱり決して安全といえる街ではありません。

「マタツに乗っても大丈夫だよ」とは言えませんが、「ケニアは悪い人達ばかりじゃなく、ほとんどが親切で優しい人達なのだよ」と言えます。

自分のことは自分で責任を持ち、旅を楽しみましょう!

キリン
アフリカのどうぶつ「ダチョウの掟」
エリア:
  • アフリカ>ケニア>マサイマラ
テーマ:動物 
投稿日:2011/11/08 16:53
コメント(0)
ダチョウのお話、続きです。

草原にひときわ目立つショッキングピンクのダチョウがいたら、それはヤル気満々のオスです。

ダチョウのダンス
(↑見るからにエロイ)

オスはクネクネと体をよじらせメスを誘惑し、そして、いざ。

ダチョウの交尾
(↑これまたエロイ動き)

オスはあちこちでメスをたぶらかし、結果、複数のメスによってたくさんの卵が産み落とされます。
でも、抱卵するのは第一婦人とオスだけで、孵化する卵も一部だけ。

ダチョウの家族
(↑ダチョウの赤ちゃんったら、ラブリー♡)

子連れのダチョウ家族が、別の子連れのダチョウの家族と遭遇すると、しばしば争いが起きます。このとき戦いに勝った家族は、なんと、よそのお子さんを連れてきちゃうそうです。
なんてことをっ!

ダチョウの掟

大・小の子どもを連れているダチョウがいたら、そいつは誘拐魔ですっ。
これがダチョウ界のしきたり。(T◇T)
このほうが、ヒナが生き残れる確率が上がるからだ。と考えられているようです。

キリン
アフリカのどうぶつ「ダチョウの卵」
エリア:
  • アフリカ>ケニア>マサイマラ
テーマ:動物 
投稿日:2011/11/06 14:36
コメント(0)
なかなか更新できずにすみません!
ただいま、サファリのガイドブックを作っていて、校了間近。てんやわんやなのです。
ガイドブックに載せようと出し惜しみしていたネタも、ここで書いちゃいますので、見捨てないでご訪問ください。


今日は、
『保護区のダチョウの卵を食べちゃったであろうレンジャーさん。』のお話です。

マサイ・マラ国立保護区でゲームドライブしたとき、レンジャーさんを車に乗っけてあげました。
保護区を管理しているレンジャーさんのヒッチハイクは、時々あることなのです。ガイドとして雇うとお礼を支払わなければならないので、こういうのはラッキーですよ。
申し出があったら、「どうぞ、どうぞ。乗って!」と招き入れ、質問しまくっちゃいましょう。


ゲームドライブ開始後、さっそくダチョウの卵を発見!

ダチョウの卵

あたりを見回しても、親ダチョウの姿は無し。
「なんで? 親はどこ? 卵を放棄しちゃったの?」
質問しまくると、レンジャーさんはしばらくあたりを見回して考えていたのですが、やおら車を降り……

レンジャーさん

卵、持ってきちゃいました。
レンジャー:「いやぁ、プロテクト、プロテクト(笑)」 (←ほっ、保護?……って?)
保護するなら、持って帰っちゃわないだろーがっ。

「アレ、食べるね……絶対」
サファリカーに乗っていた全員が、暗黙の相槌を打ったのは申すまでもない。

ダチョウの卵は鶏の卵の約10倍。地上最大のかわいい雛が生まれるはずだったのに(泣)、食うなー!(←放棄されていたから、いずれにしろ孵化しないか……)

さて、この巨大な卵で目玉焼きを作ったら、いくつできるでしょう?


答え:1個
め・だ・ま・焼き♪

1 - 3件目まで(3件中)