1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. 武田ちょっこさんの旅行ブログ

  海外エリア: アフリカ > タンザニア の他のブログはこちら|

サファリが楽しくなるブログ

~失敗しないケニア・サファリ旅行のためのとっておき情報を、“サファリおたく”がお届けします。~

プロフィール

ニックネーム:
武田ちょっこ
居住地:
神奈川県
性別:
女性
自己紹介:
ケニア旅行、サファリおたくの旅ライターです。
著書: サファリガイドブック↓
『ケニア・タンザニア旅ガイド
まるまるサファリの本ver.2』
サワ企画
『ちょっこの直行サファリツアー!』講談社
『どうぶつちゃんLOVE紀行』山と渓谷社
『野生動物発見!ガイド』築地書館
など。

ケニア・サファリ旅行を楽しむコツは、「動物の生態や自然環境を知る」こと。10余年にわたるサファリ経験から、サファリに役立つエピソードや旅情報をお届けします!

Facebook ↓
https://www.facebook.com/choco.takeda

カレンダー
4月<2019年5月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

記事一覧

1 - 5件目まで(229件中)

ライオンの子供
年末年始はタンザニア日和!
エリア:
  • アフリカ>タンザニア>セレンゲティ
テーマ:観光地 動物 
投稿日:2018/11/30 11:12
コメント(0)
最近タンザニアの人気が高まっているようですね〜。
年末年始にタンザニアへ行く方はラッキー。ちょうどヌーがセレンゲティの中心部セロネラに戻ってくる頃です。

セロネラは、様々な環境が凝縮しているところです。
1 セロネラ川の周りのリバーラインフォレスト
2 開けた草原
3 ヒポプール
4 大きな岩山コピエ


1 リバーラインフォレストでは、こんな動物が見られます。
木といえば、そう、これ↓
セレンゲティのヒョウ
ヒョウが見られる確率が高い所なのです。
葉っぱを食べるキリンが多いのもこのあたり。川の近くならウォーターバックに会えるかも。


2 開けた草原といえば、とうぜん草食獣!
セレンゲティのシマウマの群れ
バッファロー、ガゼル、ヌー、イボイノシシなども開けた草原でよく見られます。


草原にはもちろんライオンもいる!
セレンゲティのライオン
チーターも木や起伏が少ない見晴らしの良い所を好みます。足で勝負のチーターは、獲物を追うときに障害物がない方が良いんですね。


3 そしてセロネラにはヒポプールもあり!
セレンゲティのかば

4 ちょっと南にいけば大きな岩山。Kopjeコピーと言います。
セレンゲティの岩山コピー

ここにもライオン達が暮らしています。
セレンゲティのコピーのライオン

年末年始は小雨季で少々雨も降るかと思いますが、良い季節ですよ!

次回は、ンゴロンゴロを詳しく紹介します。

ケニアのビール
ケニアの治安 最新3つの注意
エリア:
  • アフリカ>ケニア>ナイロビ
テーマ:その他 
投稿日:2018/04/24 16:32
コメント(4)
ケニア旅行を装った覚せい剤の密輸が発覚しました。

報道によるとこの事件は意図的な犯罪のようですが、知らず知らずのうちに運び屋をやってしまった……という事件もあるので、注意してくださいね。

「日本にいる友達にコーヒーを送ってあげたいんだけど、ケニアから送ると高いから、成田で投函して欲しい」といった感じでお願いされるのでしょうか。
(以前、インドでこのような依頼をされている日本人を目撃しました)
親切心で引き受けたつもりが、コーヒーの中に覚せい剤が隠されており、関空で逮捕、だそうです。

ケニアのコーヒー
(↑お土産にケニア山のふもとで栽培されたケニアコーヒー。さっぱりとしたフルーティな味わいでおいしい)

注意1
中身が分からないものは、絶対に預からないでくださいね。コーヒー紅茶のパッケージでも、中身は分かりません。
ケニアでお世話になったガイドさんやホテルのスタッフ等だと断りにくいかもしれませんが、
「日本大使館に、物を預かることは禁止されている」とでも言って、キッパリ断りましょう。


注意2
警察官に呼び止められ、パスポートを携帯していないことを理由に逮捕されそうになった事件も起きているようです。(実際には、見逃して欲しければお金を払え、という脅し)
パスポートは盗まれると大変なので、ホテルの金庫にしまっておく人もいるようですが、ケニアでは常に携帯してください。

その3
上記のような警官による脅しは、残念ながらケニアではよくある話。私自身も、警官、アーミー、出国審査官に、計3回脅されました。冷静に対応すれば大丈夫ですが、とりあえず、そういう目に遭いたくないですよね。
そのために、まずはケニアのルールに触れるようなことはしないこと。
以下はうっかりしがちなので、注意してください。
・歩きタバコ
・シートベルトの不着用(ゲームドライブのときはしなくてもいいですが、移動中は必ずすること。特に街中では注意)
・空港、政府機関の建物、警官、軍人等などの撮影

それから、スーパーやショッピングセンターで写した写真を、旅ブログにアップしている人もいますが、本来は撮影禁止です。ずいぶん前になりますが、ショッピングモールでテロ事件が起きて以来、警備が厳しく、写真撮影は禁止。
ちなみに私は、ショッピングモールで買い物して、商品の値段を忘れないようにその場でメモっただけで、警備員に呼び止められました。


ただ今ケニアは、恵みの雨で大地が青々としているようです。
GWは気持ちよい季節のようですよ。
車がスタックしちゃったら、それはそれで楽しんでね♪

以前の記事もご参考に!

アフリカゾウの道路標識
ヌーが好き! 特にケニアのヌー
エリア:
  • アフリカ>ケニア
テーマ:自然・植物 動物 
投稿日:2018/01/09 13:27
コメント(0)
“ヌーの大移動”で、地球の絶景(しかも動画)を見せつけてくれるヌー。
そんな大感動のヌーも、ケニアをちょろっと旅行すれば、お腹いっぱい見られます。(特に7月〜10月初)

昨年南部アフリカを旅したときも、たくさんのヌーに会えました。
でも南部のヌーは、ケニアやタンザニア(東部)のヌーとはちょっと違うんですよ。

これ南部↓ エトシャ国立公園(ナミビア)にいたヌー。
エトシャ国立公園のヌー


そしてこれは東部↓ ンゴロンゴロ(タンザニア)のヌー。
ンゴロンゴロのヌー

ね、違うでしょ。
何が???(?゜∀゜) (?゜∀゜) ふ・ふ・ふ。

答え:ヒゲの色。
厳密に言うと、東部アフリカのヌーは、シロヒゲオグロヌー。
南部アフリカのは、クロヒゲオグロヌー、と言います。

けっ、たいした違いじゃないじゃん、と思うかもしれませんが、
朝陽の頃、早朝サファリで見るシロヒゲのヌーは、美しさがぜーーんぜん違うのです。

↓ね♪
早朝サファリのヌー

ヒゲガ黒いと、“朝陽でキラキラなヌー”は見られません。
ヌーなんてたくさんいて、すぐ見飽きちゃうかもしれないけれど、朝陽、夕陽の頃は改めて注目してみてください (⌒o⌒)v


ちなみに……、
タンザニアの“南部サーキット”と呼ばれる地帯は、南部アフリカに生息する動物もチラホラ見られるエリアです。例えばグレータークドゥ。数は少ないけれど、セーブルアンテロープも生息しています。

そしてその南部サーキットで見たヌーは……。
どっちでしょう?
ふ・ふ・ふ。
ルアハ国立公園のヌー

クロヒゲでした〜。同じタンザニアでも違うんですね。
南部アフリカのより、ちょっとヒゲが少なかったけど。

アフリカで見られる野生動物の数々。
「鹿みたいなの」で終わらせないで(←アフリカに鹿はいないのですが)、ガイドブック片手にちょっと知ってみると、面白いですよ。
生態などがわかると、シャッターチャンスも狙えます!

マサイマラのゾウ
マサイマラ国立保護区の電波
エリア:
  • アフリカ>ケニア>マサイマラ
テーマ:観光地 
投稿日:2017/08/30 22:44
コメント(1)
最近マサイマラ国立保護区で、ヒョウやクロサイといったレアな動物の目撃率が上がっています!

というのも、ケータイが普及してからというもの、無線を積んでいないサファリカーのドライバーさん達でも動物の情報を交換できるようになったからです。文明の利器よ、ありがとう♪

実はマサイマラ国立保護区にはアンテナが立てられているのですが、サバンナにアンテナなんか立てられていたら、風景的にがっくりですよね。
そこで、木の振りをして、実はアンテナ……というのがあるのだそうです。
木を装っているというのか……。

サバンナの木
(↑これは本物の木。ヒョウが寝ているの、分かる?)

私もまだ見つけたことはないのですが、一度見てみたい!

アンテナ探し。ヒョウやクロサイを見つけるより難しそう。
マサイマラを訪れる方、ぜひ探してみてください。

ウガンダキリン
緊急!ケニアの持ち物 レジ袋等の持込禁止になりました
エリア:
  • アフリカ>ケニア
テーマ:旅行準備 
投稿日:2017/08/28 13:19
コメント(2)
ケニア旅行に出発する皆さま、最新の注意事項です。

アフリカ諸国では環境問題の点からレジ袋禁止とする国が多く、ケニアもついに全面禁止とりました。(2017年8月)

私のガイドブックの「ケニア旅行の持ち物」には、一応この展開を見越してレジ袋とは書かず”ビニール袋”としたのですが、スーパー以外でもショップなどでもらえる袋(Plastic bag)もアウトということなので、ビニール袋も微妙かなと心配になりました。

基本的には、お店で使い捨ての袋を出すのをやめようという発想からだと思うのですが、市販のビニール袋がセーフとは言い切れないので、アフリカ旅行では布製などの代用品にしておくことをお勧めします。

以前の記事もご参考に……
プラごみについて

昔は食べ物とかをバナナの葉っぱで包んでいたからね〜。使い終わったらポイしても土にかえった。
カンガを使う人も減っちゃったしね……。

1 - 5件目まで(229件中)


国一覧
アジア
香港(3)
アフリカ
ケニア(214)
タンザニア(9)
北米
カナダ(3)