1. ι? ???
  2. 特派員ブログ
  3. 武田ちょっこさん
  4. その他の記事一覧

  海外エリア: アフリカ > ケニア の他のブログはこちら|

サファリが楽しくなるブログ

~失敗しないケニア・サファリ旅行のためのとっておき情報を、“サファリおたく”がお届けします。~

プロフィール

ニックネーム:
武田ちょっこ
居住地:
神奈川県
性別:
女性
自己紹介:
南アフリカガイドブック、東アフリカガイドブックを作っています。
著書:『ケニア・タンザニア旅ガイド
まるまるサファリの本ver.3』
『南部アフリカ旅ガイド
まるまるサファリと大自然の本』サワ企画
『ちょっこの直行サファリツアー!』講談社
『どうぶつちゃんLOVE紀行』山と渓谷社
『野生動物発見!ガイド』築地書館
など。
ブログ:地球まるまるサファリの旅

アフリカ旅行を楽しむには「動物の生態や自然」が重要。ガイドブックには載っていないアフリカ旅行のコツも併せてご紹介します。

カレンダー
12月<2022年1月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

記事一覧

1 - 5件目まで(11件中)

ヒョウ
コロナ禍のサファリの状況 ご報告
エリア:
  • アフリカ>ケニア
テーマ:旅行準備 その他 
投稿日:2021/12/23 14:34
コメント(0)
コロナで海外渡航が難しくなってもうすぐ2年。
観光大国ケニアのサファリは今どうなっているのでしょうか?

ケニアでは2020年9月から観光客の受け入れが始まりました。
もちろん入国には幾つかの条件があります。入国72時間前までの陰性証明書、健康状態の質問票、ワクチン接種証明書等で、それを提出すれば入国後の隔離はありません。

■ケニアでのコロナルール
マスク、手指消毒など主な内容は日本と同じです。常識を持って行動すれば問題ありませんが、日本と違うのは「お願いベース」ではなく、違反すると罰金等あり。
※詳しいルールはケニアの観光局がPDFにまとめていますので、検索してみてください。
<Magical Kenya Tourism and Travel Health and Safety>
※ケニアの陽性者の多くがナイロビ在住者で、マサイマラNRなど地方での陽性者は少ないです。

■3密について
サファリをしたことがある方なら想像はつくと思いますが、サファリ中の換気は抜群です。
サファリカー

サファリカーはルーフが開くため、空気がよどむということはないでしょう。車の客席は9つありますが、通常全員が窓際に座れるようにするので、中央の席でディスタンスがとれます。すると6人座れますが、今は前後も空けて4人までにしたほうがいいかな。
ケニアのコロナルールでは、車内は7人までとなっています(ドライバーさん含む)。

2021年2月、9月の取材の感じでは、お客さんの多くは欧米人で、サファリ中マスクをしていない人が多かったです。
ケニアのルールでは、「プライベート空間以外ではマスク着用」としているので、サファリカーの中をプライベート空間とすればOKなのか、微妙なところ。私は車に1人でしたが、マスクは常にしていました。ドライバーさんもマスクを外す人がいますが、言えばちゃんとしてくれます。

■ロッジについて
ロッジに到着したらまずは手洗い。入口に新たに水道が設置されていました。消毒液も必ず置いてあります。
サファリのロッジのコロナ対策

ロッジでも個室以外ではマスク着用です。「シーツ、枕カバーなどは60度以上で洗濯しています」など、各ロッジでもコロナ対策をしています。
たまに気が緩んでマスクを外しているスタッフも見られましたが(ロッジの庭など外の空間で)、近くで喋る時は「マスクしてね」とお願すれば、すぐしてくれます。

■ロッジでの食事
ロッジのレストラン入口にも水道か消毒液が用意されています。
アンボセリのロッジのレストラン

レストランは窓ガラスが無くてオープンな所がほとんど。換気の心配はあまりないと思います。
サファリのコロナ対策
↑テーブルの横は外です!

広々としているのでテーブル間隔は通常1.5m以上あり、ソーシャルディスタンスは必然的に守られています。特に今は観光客が少ないので、隣のテーブルに人がくることもありませんでした。ハイシーズンの9月でも、宿泊していたのは私以外に2組みぐらい。
ただ街から近いナクル湖は、週末を過ごすケニア人でにぎわうため少々混んでいました。ちょっと気になったので私はテラス席にしてもらいました。週末を外せば少し空いているとは思います。

サファリロッジのレストラン

食事はビュッフェが多いのですが、今はオーダーを取りにくるスタイルにしていました。お客さんが少ないからかもしれません。ロッジによってはビュッフェの所もありましたが、もちろんマスク着用。料理皿と共に使い捨て手袋が用意されていました。料理の前には透明のアクリル板も設置してあります。

サファリでは密な状況になることはまずないので、その点は安心でした。

観光客の受け入れは他国でも始まっていますが、今はまだ帰国後2週間の自主隔離がハードルですよね。

オミクロン株の出現で今後どうなるかも分かりませんが、いつか安心してサファリが出来る日のために、ガイドブックの改訂版の準備は着々と進めています。
しばらくブログをお休みしていましたが、新しい情報、状況が分かり次第、更新します。楽しい東アフリカ旅行に備えて、サファリの情報もボチボチあげていく予定です。

早くサファリができるといいね〜!

アフリカゾウアップ
南アフリカ サファリのチップの相場
エリア:
  • アフリカ>ナミビア
  • アフリカ>ボツワナ
  • アフリカ>南アフリカ共和国
テーマ:その他 
投稿日:2020/01/07 11:23
コメント(0)
日本にはチップの風習がないので、海外を旅行するときチップには少々戸惑いますよね。

レストランでは料金の15%ぐらいなどだいたいの目安はありますが、アフリカにしかないサファリにガイドさんには幾らぐらいお渡ししてようものか迷うところです。

ウォーターホール
(↑サファリの目撃率、案内はガイドさんによってかなり違います)

クルーガーでサファリをしたとき、ロッジでは「チップは気持ちなので自由ですが、80ランドぐらい」としていたので、私はこの額を目安にしています。$5.5相当。ケニアやタンザニアの相場とも近いので妥当ではないかと思います。

マングース
(↑小さな動物も見逃さない。ガイドさんの腕です!)

もちろんナミビアやジンバブエなどでも同様。
ロッジ出発のゲームドライブで見ていると、車を降りると何も言わずいなくなっちゃう人もいますが、なんかちょっと失礼な感じがします。
気持ちの問題なので、Thank youと笑顔で“お礼”を手渡せれば、次のゲームドライブも楽しくなりますよ。

何日かに渡る宿泊ツアーでドライバーさんがサファリのガイドも兼任している場合は、ツアーが終わってお別れするタイミングでお渡しします。
相場×日数分で良いと思います。良いガイドさんであればプラスアルファで。

ちなみにケニアやタンザニアではちょっと手抜き気味のガイドさんに当たっちゃうこともありますが、私の経験上では南アフリカでは一度もありません。知識も豊富でプロフェッショナル、会話も豊富。動物を見るだけのサファリに終わらず、様々な知識や体験を得ることができる充実したサファリが楽しめますよ。
楽しアフリカ旅行のお礼は忘れずに!
タグ:
サファリのチップ サファリチップの相場 ボツワナ  南アフリカ ナミビア 

タイトル
ケニアの治安 最新3つの注意
エリア:
  • アフリカ>ケニア>ナイロビ
テーマ:その他 
投稿日:2018/04/24 16:32
コメント(4)
ケニア旅行を装った覚せい剤の密輸が発覚しました。

報道によるとこの事件は意図的な犯罪のようですが、知らず知らずのうちに運び屋をやってしまった……という事件もあるので、注意してくださいね。

「日本にいる友達にコーヒーを送ってあげたいんだけど、ケニアから送ると高いから、成田で投函して欲しい」といった感じでお願いされるのでしょうか。
(以前、インドでこのような依頼をされている日本人を目撃しました)
親切心で引き受けたつもりが、コーヒーの中に覚せい剤が隠されており、関空で逮捕、だそうです。

ケニアのコーヒー
(↑お土産にケニア山のふもとで栽培されたケニアコーヒー。さっぱりとしたフルーティな味わいでおいしい)

注意1
中身が分からないものは、絶対に預からないでくださいね。コーヒー紅茶のパッケージでも、中身は分かりません。
ケニアでお世話になったガイドさんやホテルのスタッフ等だと断りにくいかもしれませんが、
「日本大使館に、物を預かることは禁止されている」とでも言って、キッパリ断りましょう。


注意2
警察官に呼び止められ、パスポートを携帯していないことを理由に逮捕されそうになった事件も起きているようです。(実際には、見逃して欲しければお金を払え、という脅し)
パスポートは盗まれると大変なので、ホテルの金庫にしまっておく人もいるようですが、ケニアでは常に携帯してください。

その3
上記のような警官による脅しは、残念ながらケニアではよくある話。私自身も、警官、アーミー、出国審査官に、計3回脅されました。冷静に対応すれば大丈夫ですが、とりあえず、そういう目に遭いたくないですよね。
そのために、まずはケニアのルールに触れるようなことはしないこと。
以下はうっかりしがちなので、注意してください。
・歩きタバコ
・シートベルトの不着用(ゲームドライブのときはしなくてもいいですが、移動中は必ずすること。特に街中では注意)
・空港、政府機関の建物、警官、軍人等などの撮影

それから、スーパーやショッピングセンターで写した写真を、旅ブログにアップしている人もいますが、本来は撮影禁止です。ずいぶん前になりますが、ショッピングモールでテロ事件が起きて以来、警備が厳しく、写真撮影は禁止。
ちなみに私は、ショッピングモールで買い物して、商品の値段を忘れないようにその場でメモっただけで、警備員に呼び止められました。


ただ今ケニアは、恵みの雨で大地が青々としているようです。
GWは気持ちよい季節のようですよ。
車がスタックしちゃったら、それはそれで楽しんでね♪

以前の記事もご参考に!

タイトル
海外旅行、パックツアー中のトラブルの対処
エリア:
  • アフリカ>ケニア
テーマ:その他 
投稿日:2016/08/14 11:07
コメント(0)
前回も書いたように、大自然を回るケニア旅行ではちょっとしたトラブルはつきもの。
ぬかるんだ道路で車がスタックしたり、ガタガタ道でタイヤがパンクしたり……。
ケニア旅行の体験談として笑い話で終わるならそれも楽しいけれど、それが原因で飛行機に乗り遅れそう等、ツアーに支障がでた場合は、即、その場で旅行会社に連絡するのが鉄則です!

海外でトラブったとき、「帰国したら旅行会社に文句を言ってやろう」 なんて思っていても、帰国してからの報告では、ほぼ補償されないのです。
旅行会社側にすれば、
「すぐにご連絡くだされば、代わりの車を手配できたのですが……」など、対処できたかもしれないのだから。

1サファリでスタック
(↑マサイマラNRでスタック。仲間のサファリカーが助けに来てくれる。自然が原因なので保障対象外)

何らかの事情でツアー内容が変わってしまったなどのケースも、すぐにその場で申し出ないと、同じです。
※天候不順等による変更等、保障が適用されないケースもわりと多いです。

旅行約款にも、「旅行地において速やかに申し出て……等々」と書かれています。文句を言うべきトラブルは、帰国してからでは遅いんです。

ケニア旅行は大自然を巡る旅なので、様々なハプニングは旅の楽しみのひとつと考えていただきたいのですが、トラブルの原因が旅行会社の不備によるものだったら、すぐその場で連絡しないと対処してもらえませんよ。
携帯はドライバーさんにお願いすれば貸してくれます。(前回をご参照に)


海外旅行保険を請求する場合も、トラブった時はすぐに電話したほうが懸命だと思います。ケースによっては保険がおりない事もあるので、その確認も含めて連絡すれば、現地で用意しておくべき必要書類などを教えてもらえます。

私は幸い保険請求が必要なトラブルに巻き込まれたことがないので、実体験からは語れないのですが、盗難なら現地警察の証明書が必要だし、怪我等の場合は保険会社に連絡すればキャッシュレスで治療してくれる病院を紹介してくれる等のサービスがあるので、一応すぐに保険会社に連絡をするのが懸命です。

注意!Plastic bag レジ袋等をケニアに持ち込み禁止

タイトル
スタック、パンク、大渋滞!飛行機に乗り遅れないように。
エリア:
  • アフリカ>ケニア
テーマ:その他 
投稿日:2016/08/03 14:51
コメント(3)
国際空港へは離陸時間の2〜3時間前には到着しているように。
---------ということは分かっていても、不可抗力な理由で遅れてしまうこともありますよね。

ケニアは自然を残した未舗装道路が多いので、スタック、タイヤがパンクなど車のトラブルはもちろん、ナイロビの大渋滞など、想像もしない理由で空港到着が遅れることがあります。
特に帰国前日がナイロビ泊ではなく、マサイマラNR等から直接空港へ向かう場合、時間に充分余裕を持って出発しましょう!

1ナイロビ渋滞
(↑ナイロビの大渋滞)

【万が一、遅れそうになったら】
パックツアーの場合は、とにかく早めに旅行会社に連絡すること。
電話はドライバーさんに事情を説明すれば、携帯を貸してくれます(チップを忘れずに)。ナイロビにオフィスがない会社なら日本のオフィスへ。国際電話の通話料はそんなに高くありません。通話料も含めて、ちょっと多めにお礼しましょう。
個人旅行の場合は、航空会社へ連絡します。

ツアー、個人旅行、いずれの場合でも、どのくらい遅れそうか、また遅れる理由等によって対処が違いますが、とにかくギリギリになる前に、早めに連絡するのが一番です。

2青空マーケット
(↑青空マーケットが並ぶ細い道路。まったく動けない)

【ウェブチェックイン(オンラインチェックイン)をしておく】
空港のチェックインカウンターは、通常離陸時間の1時間前にはクローズしてしまいます。航空会社によっては90分前等もあり)。
これを過ぎると搭乗手続きができず乗れなくなってしまいますが、前もってネットでチェックイン手続きをしておくと、ぎりぎり30分前(航空会社によっては45分等もあり)まで大丈夫なので安心です。

ただ、空港へ向かう移動中にウェブチェックインをしようとしてもネットが繋がらないので、必ず国立公園のロッジで手続きしておきましょう。

3シマウマ横断中
(↑シマウマが横切る車道。こんなところでネットは無理)

注意!Plastic bag レジ袋等をケニアに持ち込み禁止

1 - 5件目まで(11件中)