1. ι? ???
  2. 特派員ブログ
  3. 武田ちょっこさん

  海外エリア: アフリカ > ケニア の他のブログはこちら|

サファリが楽しくなるブログ

~失敗しないケニア・サファリ旅行のためのとっておき情報を、“サファリおたく”がお届けします。~

プロフィール

ニックネーム:
武田ちょっこ
居住地:
神奈川県
性別:
女性
自己紹介:
アフリカのサファリ旅行のガイドブックを作っています。
・『 まるまるサファリの本』シリーズ
取材裏ばなしもブログで発信しています!
Note 武田ちょっこ で検索してね!
・『ちょっこの直行サファリツアー!』講談社
・『どうぶつちゃんLOVE紀行』山と渓谷社
・『野生動物発見!ガイド』築地書館
など。

カレンダー
11月<2012年12月>1月
1
23 45678
9101112131415
1617181920 2122
23242526272829
3031

記事一覧

1 - 2件目まで(2件中)

キリン
ケニア旅行の準備・持ち物3「予備のカメラバッテリー」
エリア:
  • アフリカ>ケニア
テーマ:旅行準備 
投稿日:2012/12/20 10:34
コメント(2)
年末年始に東アフリカを旅する皆さま、
サファリ旅行中、カメラバッテリーの充電は、“時間制限アリ”なので、気をつけてくださいね!

ケニアの広大なサバンナにポツーーンと建てられたロッジには、電気は来ていません。
各ロッジで、自家発電しています。

1サファリのロッジ
(↑アンボセリのロッジ。宿泊は、こんな別荘のようなロッジを、ひと小屋独占です!)

発電時間はロッジによってまちまちですが、暗くなる頃に発電し、寝静まる頃にはオフとなってしまいます。
昼間、ゲームドライブでみんなが草原に出払ってしまっている時間は、発電していません。
※近年(2020年)昼間でも発電するロッジも増えてきましたが、夜中はやはりオフになります。

というわけで……
夕方サファリから帰ってくる頃には発電しているので、カメラのバッテリーはすぐにでも充電を始めたほうがいいですよ。
夕食時に写真を撮らないのなら、その間にも充電しちゃったほうが、いいです。

「食事のあと、部屋に戻ってから充電しよう」なんて予定していても、
食後のコーヒーを飲みながらお喋りが始まり、そのままバーに流れ込み、タスカーで乾杯!
お喋りに熱中して部屋に戻ったら、間もなく電源オフ……なんて考えら得るパターンですね(^^ゞ

2タスカー
↑ケニアのビール“Tusker”。キバ=tuskを持つ者という意味です)。

食後に充電するのなら、いったん部屋に戻ってセットしてから、ゆっくりビールにしましょう!

自家発電は、早いところでは22時半頃、遅くても夜中にはオフになってしまいます。
時間を見計らって充電しておかないと、明日のサファリで写真が撮れなくなっちゃうかも。
できればバッテリーの予備があったほうが、なお安心だと思います!


3コンセント差込口
↑コンセントは、ケニア、タンザニアともB3、BF、Cタイプ。
電圧はケニア220〜240V/50Hz、タンザニア230V/60Hzです。


キャンピング・サファリの場合、各自の寝床はテントや質素な小屋なので、電源は食堂などにあります。混雑期は電源の取り合いになるので、やっぱりバッテリーの予備があったほうがいいと思います。

ケニア旅行の持ち物
ケニア旅行の持ち物「これがあるといい1」
ケニア旅行の荷物「これがあるといい2」
ケニア旅行の持ち物「予備のカメラバッテリー」
ケニア旅行の持ち物「持っていって欲しくないもの」
ケニアの荷物 スーツケースについて
蚊よけスプレーの注意
ケニア旅行の持ち物 機内持込バッグ
ケニア旅行の持ち物 受託荷物
ケニア旅行のカメラ
ケニアで米ドルは使えるの?

ケニア旅行でのカメラ
ケニアでかっこいい夕日の写真を撮るコツ
ケニア カメラの砂埃対策
サファリのカメラ 望遠でどのくらいアップになるの?
ケニア旅行の必需品 望遠レンズ
ケニア旅行でのカメラ デジカメ
ケニアの持ち物 予備のカメラバッテリー

キリン
ケニア旅行の持ち物「小さなノート」
エリア:
  • アフリカ>ケニア
テーマ:旅行準備 
投稿日:2012/12/03 20:38
コメント(7)
先日、アフリカで記録し続けた取材ノートを読み返してみました。
アフリカ初上陸が1991年で、200ページほどある取材ノートが16冊。
その他にも、レシートの裏やレストランのナプキンなど、とにかく気が付いた時に書きなぐったメモがファイルにいっぱい。

(↓まだまだドッサリあります。20年の歴史)
1サファリノート

これが、読み返してみると面白いんですよー!

帰国してからブログを書く方は、写真を整理しながら文章も書くと思いますが、
サファリ中に書いたものは臨場感があって、短い文章でも、その時の感動がダイレクトに残っていて、読み返すと面白いですよ。

体感型の旅行“サファリ”には、ぜひ日記帳を持って行くことをお勧めします!

ホテルの部屋で書くだけでなく、ゲームドライブ中にも気が付いたことをジャンジャン書き殴れるように、手持ちサイズの小さなものが良いと思います。

2サファリノート

↑窓の外の風景をメモってる。 メモ魔ですね(^^ゞ
揺れるサファリカーで書いているので、文字もフラフラ。
ガイドブックの地図を作るための記録ですが、でも、ケニア旅行の移動中って「とにかく草原」、という漠然とした記憶しか残らないものなので、こうしてメモっていると、移動中の風景でさえも、あの時の時間が克明に甦ってきますよ。
今となってはサファリの貴重な思い出です。


3サファリノート

動物の行動や仕草をイラストで描いたり、ドライバーさんの話や、ライオンを眼の前にして思ったことや、誰かが言ったセリフなど、なんでもメモっています。
意外と忘れちゃうもので、あとで読み返すと、サファリの感動が生々しく甦ります。

特に最初に見た動物について。
ケニアで最初に見た動物が例えばシマウマで、すっごく興奮したくせに、
そのうちゾウやライオンを見ると、シマウマの感動を忘れてしまいます。
感動したときの素直な気持ちを、その時メモっちゃいましょう!一言でもいいから!

私のアフリカ初上陸、野生動物初対面のキリンです↓
4キリン

写真だけでは、感動は記録されませんよね。
日記には、その時の感動を、その時の言葉で、メモってあります。
初めての動物だったので、サファリカーの中でも、皆、大騒ぎ。
「目が合っちゃったぁ♪」
「道路の脇にいるなんて!さすがケニアだね」
「野良キリンだ♪」
「コンタクトにしておけばよかった。メガネじゃ良く見えなーいっ!」
など皆の会話や興奮状態までメモってあります。
できるだけ感動が鮮やかなうちに書くのが重要です。後で思い出して書くのではなくて……。

ケニア旅行には小さな日記帳を持っていくことをお勧めします!

※上のキリンは、移動中の道路からです。今では動物を見つけても、車の往来が増えたので車を止めて見ることもできませんが、当時は、こうやってサファリしながら移動だったんですよー♪。動物も多かった。



ケニア旅行の持ち物
ケニア旅行の持ち物「これがあるといい1」
ケニア旅行の荷物「これがあるといい2」
持っていってはダメなもの
ケニア旅行の持ち物「予備のカメラバッテリー」
ケニア旅行の持ち物「持っていって欲しくないもの」
ケニアの荷物 スーツケースについて
ケニア旅行の持ち物 機内持込バッグ
ケニア旅行の持ち物 受託荷物
ケニア旅行のカメラ
ケニアで米ドルは使えるの?

1 - 2件目まで(2件中)