1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. 武田ちょっこさんのブログ
  4. チーターとツーショット!:南部アフリカ

  海外エリア: アフリカ > ナミビア の他のブログはこちら|

サファリが楽しくなるブログ

~失敗しないケニア・サファリ旅行のためのとっておき情報を、“サファリおたく”がお届けします。~

プロフィール

ニックネーム:
武田ちょっこ
居住地:
神奈川県
性別:
女性
自己紹介:
南アフリカガイドブック、東アフリカガイドブックを作っています。
著書:『ケニア・タンザニア旅ガイド
まるまるサファリの本ver.3』
『南部アフリカ旅ガイド
まるまるサファリと大自然の本』サワ企画
『ちょっこの直行サファリツアー!』講談社
『どうぶつちゃんLOVE紀行』山と渓谷社
『野生動物発見!ガイド』築地書館
など。
ブログ:地球まるまるサファリの旅

アフリカ旅行を楽しむには「動物の生態や自然」が重要。ガイドブックには載っていないアフリカ旅行のコツも併せてご紹介します。

カレンダー
1月<2020年2月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

チーターとツーショット!:南部アフリカ

2019/10/19 10:32
チーターと2ショット
エリア:
  • アフリカ > ナミビア > ナミビアその他の都市
テーマ:
  • 観光地
  • / 動物
“野生”ではないけれど、、、可愛い過ぎたので、チーターパークをご紹介します。

場所はナミビア、エトシャ国立公園の西南。
数を減らし続けているチーターを救わねば!と始めた施設です。

木登りチーター
↑施設の庭で放し飼い。
まるで大型犬のように、普通にお庭をウロウロしています。
犬のようにジャレてはこないけれど。

チーターの保護を始めた経緯と、チーターについてのお話を聞きつつ、チーターに大接近。

で、ツーショット!

チーターと2ショット
(↑なんか、ビビってる? 注意を守れば大丈夫)

写真撮影の時間制限とか、写真を撮る人は追加料金を払え、とかありません。

お庭ではこの状態ですが、パークの広い敷地で、ほぼ野生の状態で保護されています。

↓こんな感じ。
チーターパークで野生状態のチーター

毎日餌やりをしていて、その時間に訪問すると見学ができます。
サファリカーではなく、トラックの荷台に立ち乗り。

↓来た来た♪
チーターパークのチーター

トラックの荷台から肉の塊を投げると、お腹をすかせたチーターが集まってくる。
チーターの餌やり

野生動物が好きな私としては、ちょっと悲しい光景だけど、こうでもしないとチーターはもう地球上からいなくなってしまうほど数を減らしているのです。


南部アフリカにはケニアやタンザニアとは違う楽しみがたくさんありますよ♪
なんてたった広い!しっかり計画を立てて楽しいサファリを!
タグ:
南アフリカ
チーターパーク
ナミビア
  • この記事が参考になった人(5)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
アジア
香港(3)
アフリカ
ケニア(218)
南アフリカ共和国(15)
ボツワナ(12)
タンザニア(10)
ジンバブウェ(6)
ナミビア(6)
ザンビア(3)
北米
カナダ(3)