1. ι? ???
  2. 特派員ブログ
  3. アフリカ
  4. ケニア
  5. ナイロビ
  6. 観光地
  7. ナイロビの遊び「ナイロビ国立博物館」

サファリが楽しくなるブログ

~失敗しないケニア・サファリ旅行のためのとっておき情報を、“サファリおたく”がお届けします。~

プロフィール

ニックネーム:
武田ちょっこ
居住地:
神奈川県
性別:
女性
自己紹介:
アフリカのサファリ旅行のガイドブックを作っています。
・『 まるまるサファリの本』シリーズ
取材裏ばなしもブログで発信しています!
Note 武田ちょっこ で検索してね!
・『ちょっこの直行サファリツアー!』講談社
・『どうぶつちゃんLOVE紀行』山と渓谷社
・『野生動物発見!ガイド』築地書館
など。

カレンダー
5月<2022年6月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

ナイロビの遊び「ナイロビ国立博物館」

2012/07/04 18:50
キリン
エリア:
  • アフリカ > ケニア > ナイロビ
テーマ:
  • 観光地
ナイロビ国立博物館は、1929に開館し、リチャード・リーキー博士も館長を務めたという由緒ある博物館です。

以前はちょっと暗い雰囲気だったのですが、2008年にリニューアルオープンし、カフェやショップもできて、入りやすくなりました。

1ナイロビ博物館

ナイロビで時間があれば、特にバードウオッチャーにはぜひお勧めです!

鳥類の展示はケニアに生息するものに絞り、その数約900種。
オスとメスの両方が並べられていて、外見の違いも歴然と分かりますよ。
鳥のコーナーだけで、オタクな私は2時間も費やしてしまいました。

2ハタオリドリ
(↑ズグロウロコハタオリ。左がメス、右がオス。ガイドブックを作るとき、ここでずいぶんお勉強させていただきました♪)

「剥製にされた鳥を見るのは辛い」
とはじめ渋々だった北海道のネイチャーガイドさんも絶賛した、充実の展示ですよ。
剥製の状態も非常に良いです。


ゾウの剥製
(↑サファリカーを降りて、低い目線で見るゾウは迫力もの)

アフリカの動物は充実。ケニアの歴史が分かるコーナーもあります。
敷地内にあるスネークパークは、ヘビ好きの人はどうぞって感じのところですが(^^ゞ
スネークパークには、クロコダイルや陸ガメなどもいました。

ジラフセンターやお買い物も楽しいけれど、一見の価値あり!……の立派な博物館です。
  • この記事が参考になった人(7)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。