1. ι? ???
  2. 特派員ブログ
  3. アフリカ
  4. ケニア
  5. 動物
  6. アフリカのどうぶつ「コビトマングースの探し方」

サファリが楽しくなるブログ

~失敗しないケニア・サファリ旅行のためのとっておき情報を、“サファリおたく”がお届けします。~

プロフィール

ニックネーム:
武田ちょっこ
居住地:
神奈川県
性別:
女性
自己紹介:
アフリカのサファリ旅行のガイドブックを作っています。
・『 まるまるサファリの本』シリーズ
取材裏ばなしもブログで発信しています!
Note 武田ちょっこ で検索してね!
・『ちょっこの直行サファリツアー!』講談社
・『どうぶつちゃんLOVE紀行』山と渓谷社
・『野生動物発見!ガイド』築地書館
など。

カレンダー
5月<2022年6月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

アフリカのどうぶつ「コビトマングースの探し方」

2011/09/27 16:10
キリン
エリア:
  • アフリカ > ケニア
テーマ:
  • 動物
今回はちょっと……いや、かなりマニアックなどうぶつのお話です。
コビトマングース。

猛毒を持ったハブを退治するために、沖縄に移入されたマングース。恐ろしいハブでも、この通り!とばかりに、「ハブVSマングースショー」なんてのもやっていましたね( ̄ヘ ̄;

マサイ・マラ国立保護区などの草原でよく見られるマングースは、ほぼ間違いなくシママングースです。体のシマシマが名の由来で、体長は60センチほど。

シママングース
草原を走り抜けたり、時にロッジで見かけることもありますが、アリ塚をよーく観察してみると、ここにもいるかも。

アリ塚
↑ほら。\(^O^)/
働き者のアリが建てた豪邸ですが、ちゃっかり自宅にしていました。


ケニアには、ほかにコビトマングースもいます。
私の経験ではツァボ国立公園での目撃率が高いのですが、名前のとおり、ちっこくてラブリンなのに、すばしっこく、なかなかじっくり見られません。
こっちはアリ塚ではなく岩間などに棲んでいるので、じっくり見たければ……

↓こんなトコを、探してみてください。
ツァボのイラスト

道しるべの石積みが巣に最適のようで、利用していることがあります。地上に出ているときは警戒して機敏だけれど、巣穴で見つかればチャンス!ラブりんな目で見つめられちゃう♡
コガタマングース

ライオンやゾウばかりでなく小動物も探し始めると、サファリが何倍も楽しくなりますよ♪
  • この記事が参考になった人(13)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。